春夏秋冬藤井の目

春夏秋冬藤井の目TOP
2017-02-17

昨年、住宅を建築していただいたお客様より、

「思ったより住宅が暖かくない」という指摘を

いただき温度計を住宅の数部屋にしかけて

計測をしたのですが、なぜなのか解からず

当社の岡本君がお客様の家を何度か訪問させて

いただき、新たに温度を計測すると確かに

床付近の温度がエアコンの設定温度より

2~3℃低くなっていました。



エアコンの付近は設定温度とほぼ同じです。

こちらのお客様の住宅は、内玄関から直に

リビングが接続しており、内玄関とリビングの

間の扉は開放されていました。



結論は土間で冷却された空気が開放されている

扉からリビングへ侵入し、床に沿って流れ、

一階の床を冷やしていたため、足元の温度が

上昇せず暖かさを感じられなかったようです。

この後、リビングの扉を閉じていただくと、

格段に暖かくなったそうです。



当社の土間は、土間の下に30mmの高発泡

ポリスチレンを施工しているのですが、土間と

地中は断熱材を挟んで物理的につながっており、

「伝導」により熱を奪われるため、その熱損失量

は(断熱材を介していても)大きく、小さな面積

の土間であっても冷却装置のような効果が生じて

しまうことが解りました。


今後、土間からどの程度の熱が地盤面に流れて

いるのかを、熱流量計を設置して計測する予定

です。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/02/17 - 18:33 |
2017-02-03

昨日、ある会社の主催するセミナーに

行ってきました。



セミナーの対象は、建築会社、設計事務所

等です。セミナーの講師は3名で、1名は

セルロースファイバーで断熱施工をされる

会社の方、1名は太陽光を利用する暖房

システム等を提供する会社の方、1名は

換気システム、建物の気密用の部材等を

販売する会社の方です。



3名とも、高断熱・高気密住宅の専門であり、

3名とも今回は基礎断熱工法の利点とそれに

適した部材の紹介を各々話されました。



基礎断熱の方が床断熱よりも優れていると

いう話だったので、床断熱の方が優れている

と考えている私としては、話の内容が納得

できないので、こちらの有している情報と

データに基づく質問するのですが、まともな

回答はありません。



特に冬の暖房時に基礎断熱は床断熱に

比較して床の温度が2℃程度低下する

話をすると、2名の方は全くそのことを

御存知ありませんでした。

北海道出身の1名の方のみ、そんなことも

ある様だ程度の情報はご存知でした。



専門家としてセミナー講師を全国で行う

のであれば、もっと、もっと確実で正確な

情報を有する必要があるのではと思い

ました。



私ももっともっと多くの情報を集約して

その情報を分析し、正しい内容として

皆さんに伝えなければならないと痛感

しました。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/02/03 - 17:12 |
2017-01-27

トランプ氏のニュースを観ていて、

昨日まで、少しの小競り合いは有っても

心の底からの憎み合いや大きな争いが

なかったものが、たった一人の指導者の

発言で人々が憎み合うだけでなく、国と

国との争いに発展して行くのだなあと

感じています。



多くの人は、人と人とは仲良くしたい、

争いたくないと思っているものだと思います。

しかし、一人の指導者の振る舞いで、

民族と民族の争い、国と国との戦争が

本当に起こって来たのだということを

実感しています。

 

何者にも振り回されることがなく、

良心に寄り添った個となりたいものです。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/01/27 - 18:26 |
2017-01-20

今年の元旦にテレビを見ていると、悪性腫瘍の治療法として、

光免疫療法(ひかりめんえきりょうほう)という治療法を、

日本人がアメリカで研究されており、すでに臨床試験を

行なっていて、3年先にはアメリカで実用化されるという

内容が報道されていました。

これからは、免疫療法がガン治療の大きな柱の一つと

なりそうです。



免疫は、治療にも用いられますが、免疫を高めること

により病気を予防することが出来ます。

冬の住空間の温度を高くすることにより、様々な病気の

罹患率(病気にかかる度合)が低くなることが確かめら

れています。すなわち、室内の温度を高くすることで

免疫力が高くなったと言えるのです。



温度だけではなく、住空間を構成する様々な要素と

免疫との関係を調べることで、より良質な空間を

創りたいなーと、年初に正月気分で空想していました。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/01/20 - 17:23 |
2017-01-12

今年も、目白が小さな庭にやって来ました。

 

毎年12月から写真のようにみかんを半分に切って

棒の先に刺し、目白の来るのを待っています。

毎年、今頃になるとやって来ます。多い時は、

6~8羽ぐらいがいっしょにみかんをついばみに

来ます。

 

去年来てくれた目白はまだ来ていませんが、

今まで見かけたことのない、羽が少し暗い

色合いの新人さんが来てくれました。

 

庭に来る鳥を見ていると飽きることがありません。

目白もこれから毎日来てくれます。

でもある時からぱったりと来なくなります。

そうすると、入れ替わるように春がすぐそこに来るのです。

 

当分の間、目白を暖かい家の中から眺めて、

楽しませていただきます。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/01/12 - 13:55 |
2017-01-07

皆様明けましておめでとうございます。



御陰様で、新たな一年を無事に迎えさせていただきました。

ありがとうございます。



今年も新たな志をもって、日々精進して生きたいと思います。



皆様におかれまして、本年が良い年でありますことを

祈っております。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2017/01/07 - 19:00 |
2016-12-28

お陰様で本年も良い年となりました。 ありがとうございました。



今年も住宅に関する 新しい技術、素材の採択、

新しい建材の開発、室内環境の実測等を

実行し、少しづつでも より良き物に

することが出来たと思います。



今年の様々な経験によるり 新たな課題も鮮明に

なってきました。

来年もこれらの課題を解決していくと共に

住宅の本質を忘れることなく まだまだ 「より良い住宅とは何であるのか」

言うことを追求していこうと思います。



重ねて、今年も皆様のお世話になりました。

ありがとうございました。



新年が 皆様にとって 良い年になります様

願っております。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/12/28 - 16:12 |
2016-12-24

私は、美術工芸品が大好きで、

美術工芸のテレビ番組があれば、

小学生の頃から熱心に観ていました。



美術工芸のジャンルにはこだわらず、

美しい作品、技巧の素晴らしい作品には

心が魅かれます。



昨年7月に、出張で金沢と富山に行くことが

ありました。ちょうどその時に金沢のある

ギャラリーで気になるガラス作家の作品の

展示があったので、足を向けました。



そして、そのギャラリーの姉妹店にも足を

延ばしたところ、素晴らしい螺鈿細工の

香合に目が止まりました。



作家の住所と連絡先を聞き、住所が翌日の

仕事先と同じ富山だったので、連絡をして

作家の方と会うことにしました。



作家は橋本千毅さんで、工房でお話を伺い、

作品、作業場も拝見させていただきました。

お話も、作品も、技術も、凄いの一言に尽きました。



その場で、橋本さんの創りたい作品を創って

下さいとお願いして帰りました。

それから1年と5か月が経過して、作品が

創り上がり、送られて来ました。



来年から、この作品の写真も掲載して

私のコレクションを少しずつ紹介させて

いただきます。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/12/24 - 17:02 |
2016-12-15

今年の春先に発生した熊本地震の報告会で

枠組壁工法(ツーバイ工法)の住宅が倒壊した

という情報を、報告会に出席した当社スタッフ

からの報告によって聞いたのが今年の9月でした。



倒壊の内容は、写真を見ると一階が完全に

潰れた状態でした。

阪神淡路大震災でも、新潟中越地震でも、

東北の大震災でも、枠組壁工法の住宅は

全壊も半壊も起こっていないのに「ナゼ」、

それも一階が潰れるなんて、枠組壁工法では

ほとんど有り得ないことなのに、どんなことが

起こったんだろうという思いでした。



規則通りに建築された枠組壁工法の住宅が

一階が潰れるような倒れ方をするなんて、

どう考えても想像できませんし、論理的に

考えても、倒壊の過程を考えられません。



ですから、もっと倒壊した建物の状況を

知りたいと思い、情報の収集を図りました。

しかしなかなか情報が収集できず、悶々と

して2か月が経過したころの11月11日に

大阪で熊本地震の現地調査をした一級建築士

の佐藤氏のセミナーがあることを知り、

私を含め4人で聴講に行きました。



そこで明らかになったのは、5棟の枠組壁工法

(ツーバイ)が倒壊したという情報の中で、

一階が潰れた4棟は正式な枠組壁工法ではなく、

同工法の特徴である、強固な壁がまったく

形成されていない、枠組壁工法に似せた、

まったく別物の木造住宅でした。



5棟のうち1棟は、増築された二階建ての

細長い建物で、建物の構造は枠組壁工法に

まちがいなく、強固な構造の住宅です。

しかし建物本体は強固なのですが、建物と

基礎の結合が規則通り施工されておらず、

建物が地震で基礎からはずれて倒れていました。

けれど建物の構造は強いので、建物が直方体

のまま、横に倒れただけで、建物はほぼ壊れて

いません。



このことは、正しく造られた枠組壁工法の

建物の強さを証明していると言えるでしょう。

下記に各地震による被害状況の表を掲載します。

どの地震でも枠組壁工法による構造の強さを

表していると言えるでしょう。



阪神・淡路大震災 マグニチュード7.3 (最大震度7 神戸市須磨区・長田区他)

人的被害 死者6,434名、行方不明者3名、負傷者43,792名

住宅 全壊:約10万4,906棟、全焼6148棟、半壊:約14万4,272棟、半焼69棟

※内閣府発表資料より

阪神・淡路大震災のツーバイフォー住宅の被害状況


※日本ツーバイフォー協会より


新潟県中越地震 マグニチュード6.8 (最大震度7 新潟県川口町)

人的被害 死者68人、負傷者4795人

住家被害は全壊3175棟、半壊1万3810棟、一部破損10万4510棟

※内閣府発表資料より

新潟県中越地震のツーバイフォー住宅の被害状況

※日本ツーバイフォー協会より



東日本大震災 マグニチュード9.0 (最大震度7)

人的被害 死者1万5859人、負傷者6107人、行方不明者3021人

住家被害は全壊12万9914棟、半壊25万8591棟、一部破損71万1376棟

※内閣府発表資料より

東日本大震災のツーバイフォー住宅の被害状況


※日本ツーバイフォー協会より





 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/12/15 - 18:29 |
2016-12-06

1年は早いもので、もう師走になりました。

 

私は今月よりも11月の方が忙しく走り回っていました。

 

11月は、

関西への日帰り出張が3回、

一泊二日の九州出張が1回、

二泊三日の九州出張が1回、

二泊三日の浜松~横浜~東京出張が1回、

最終日の30日に東京への日帰り出張が1回

という状況でした。

走り回った成果は納得できるものでした。

 

成果の内容は、

(1)枠組壁工法(ツーバイ工法)の構造強度の再確認

(2)制振装置の性能の優劣

(3)基礎断熱の想定外の問題点

が大きなものでした。

これらの内容は、これから徐々に書いていきます。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/12/06 - 14:52 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp