春夏秋冬藤井の目

2015年02月 の一覧

2015-02-12

ここに、冬に撮影された2枚の

サーモグラフィーの写真があります。


(東京大学 前准教授 講演会スライドより)



どちらも、東日本大震災で建築された仮設住宅です。

左は、大手住宅メーカーの鉄骨住宅です。

床は青く、天井は黄色からオレンジ色に写っており、

床と天井で大きな温度差があり、鉄骨の柱は特に

温度が低く濃い青色になっています。



右は、地元の工務店の建築した仮設住宅です。

床、壁、天井ともほぼ同じ黄緑色に写っており、

温度差が床から天井まで小さいことを表しています。



どちらが被災された方にとって優しい住宅でしょうか。

まちがいなく地元の工務店の建築した住宅の方です。

たぶん、地元の工務店の皆さんは、地元の気候が

良く解っていて、被災された方を思いやり、

暖かい住宅を造られたのだと思います。



大手住宅メーカーの方も、数多くの仮設住宅を

建築するには、画一的な住宅を建築する必要が

あったのだと思います。



ただし、建築した後に、また冬を向かえることは

わかっていたはずです。それならば、一旦建築した

後でも、追加で住宅の断熱性能を高くする工事を

していただきたかったと思っています。



住宅は、住む人に対する思いやりの深さに応じて、

その住宅の出来ばえが左右されます。



住宅の建築にたずさわる者として、私も、

住む人に深い思いやりを持ち続けようと

思っています。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/02/12 - 19:14 |
2015-02-10

高気密・高断熱の住宅といっても、

気密性能は測定できるのですが

断熱性能は計算のみなので、

本当に計画通りの断熱性能が

あるかどうかは簡単には見抜けない

と思っていました。



ですが、昨年の11月に講演をして頂いた

東京大学の前准教授の使用されていた

広角のサーモカメラを使うと、その家の

高気密・高断熱の本当の実力が、

一目瞭然に写し出されます。



これを用いられたら、化けの皮が

はがされてしまいます。

次の写真はその一例です。

(前准教授の講演会のスライドより)

上の写真は、国の定めた省エネルギー性能を

有しているはずの住宅ですが、写真で見ると

床は青色、天井は赤色、壁の中間部は黄色と、

美しくカラフルに映っています。

これは床の温度は低く、天井の温度は高いという

ことを表していて、床と天井で大きな温度差を

生じていることを明らかにしています。





本来、高気密・高断熱の性能を本当に有して

いるのであれば、床、壁、天井の温度に

大きな差が無く、サーモグラフィーの写真は

画面全体がほぼ同じ色に写し出されるはず

なのです。



ですから上の写真の住宅は、本当は

高気密・高断熱の性能を有していないのです。



では、次の写真です。

(前准教授の講演会のスライドより)

この写真は、床、壁、天井がほぼ同じ黄色となっています。

この住宅の気密性能C値は0.15(cm2/m2)、

断熱性能Q値は1.2(W/m2K)で、サーモグラフィーの

写真から見ても、本物の高気密・高断熱住宅です。



参考に、昨年11月に前先生に撮って頂いた私の家の

サーモグラフィー写真も掲載しておきます。


 

この続きは次回へ。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/02/10 - 19:10 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp