春夏秋冬藤井の目

春夏秋冬藤井の目TOP > 全体 > 表に出ない情報
2012-02-21

先日、基礎型枠のメーカーの方との

お話で重要な情報を聞かせていただきました。

 

最近の住宅は、ベタ基礎が主流なのですが、

「基礎パッキン」 で施工した住宅の基礎の

耐圧盤(ベタコンクリートの部分)コンクリートの

「中性化」 が床下換気口で施工した基礎と比べて

早く進むという内容です。

 

 

 

耐圧盤のコンクリートが中性化すると

内部の鉄筋が錆びて腐食してしまい、

基礎の強度が低下してします。

 

中性化が早く進む理由は換気口に

比べて基礎パッキンは床下の空気が

入れ替わらないため、床下に比重の大きい

二酸化炭素が溜まり、その二酸化炭素が

コンクリートの中性化を早めているのだそうです。

 

この論理で考えると、床下の換気の

システムを設置していない「基礎断熱工法」の

ベタ基礎も、耐圧盤コンクリートの中性化が

早く進むものと考えられます。

 

ですから、住宅の耐久性を上げるためには、

基礎パッキン工法と、基礎断熱工法は

コンクリートの中性化を防ぐ方法を

考える必要があるでしょう。

posted by 藤井 | 2件のコメント | 全体 | 2012/02/21 - 15:40 |
  1. 熊城 より:

    ベタ基礎と基礎パッキンのブロクで 二酸化炭素の話しがありましたが、どこから発生するのでしょうか。
    二酸化炭素は確かに空気より重いはずですが、
    発生しない限り、溜まらないと思いますが。
    基礎型枠屋さんの話としても、あり得ないように感じます。

    • 藤井 より:

      熊城 様

      ご質問への返事が 大変遅くなり申し訳有りません。

      床下へは、床もあるのでco2が蓄積されないのでは?
      とのご質問ですが、確かに短期間ではそれほど蓄積されないと
      思いますが 5年・10年・20年と
      長い時間が経過すれば、液体の中の液体よりも比重の
      重い物質が下部に沈殿するように、co2 が床下を
      透過するだけでなく、様々な隙間から透過して
      床下へ蓄積されると物理的には考えられます。

      100年間 住宅を維持するには、住宅を
      劣化させる可能性のある要素は、小さなことでも
      ひとつづつ排除していく必要があると思っています。

お名前
メルアド
コメント
 

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp