春夏秋冬藤井の目

春夏秋冬藤井の目TOP
2016-03-01

 

 

当初は、家全体の建材(床材、壁材) にも
 

 
水分を含ませるために 24時間 2台の加湿器
 

 
フル稼働させましたが、相対湿度 50%に

なるまでにほぼ3日間を要しました。
 

 

 
加湿器はその間、フル稼働です。
 

 

 
それ以降は、自動で強弱運転をしていました。
 

 

 

 
小屋裏の面積を算入すると、ほぼ70坪の住宅全体
 

 
加湿器(12畳〜14畳用) 2台で相対湿度

40%〜50%程度に保つことが出来ています。
 

 

 

 

 
次回は 加湿の為の 消費電力について
 

 
お話します。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/03/01 - 15:26 |
2016-01-26

 

長い間ご無沙汰していました ブログをスタッフの皆から

叱咤され続け、やっと再び書きます。。。

 

今年 初めてのアップとなります。

 

先日と言うか、1月18日に 初めて加湿器を購入し、

その日の夜から 始動させました。

 

購入のきっかけは、ピアノを調律して頂いたときに調律師の方から

室温 20℃  湿度 45% 程度が ピアノには

善いと言われたことです。

 

我が家は室温は20℃以上 あるのですが、相対湿度は 30%程度と低いので

加湿器で どの程度改善できるのか、興味も湧いてきました。

 

 


 

始動させて、翌日より変化が出てきました。

私の妻は 島根県生まれで、岡山の冬は乾燥して肌が

カサカサになると言っていたのですが、

その肌が 見事にスベスベになってきました。

 

たった1日で です。

 

相対湿度も まだ45%程度なのに。

 

 

色々な状況を調べてみたいという 欲求が出てきました。

内容を少しづつ ブログに書いていきます。

 


 

乞う ご期待。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2016/01/26 - 13:42 |
2015-06-19

昨日、やっと新しい外壁材の設計図が描きあがりました。

 

5か月遅れです。

私が、なかなか設計に着手しなかったからです。

(しかし、当社のスタッフは誰も私を責めたりしません。

優しい、スタッフに囲まれて幸せです。)

 

しかし、遅れた甲斐があって、取付金物の素材を変更する時間が有り

変更した結果、外壁材の細かいところの

設計を単純化出来ました。

 

 

来週は、この設計図を持って製造会社と打ち合わせに

出かけてきます。

 

 

早く、実物を送って 皆様にお見せしたいと思います。

期待しておいてください。

 

これは、プロトタイプ(試作品)です。

表面のデザインも 参考程度です・・・・。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/06/19 - 17:34 |
2015-02-12

ここに、冬に撮影された2枚の

サーモグラフィーの写真があります。


(東京大学 前准教授 講演会スライドより)



どちらも、東日本大震災で建築された仮設住宅です。

左は、大手住宅メーカーの鉄骨住宅です。

床は青く、天井は黄色からオレンジ色に写っており、

床と天井で大きな温度差があり、鉄骨の柱は特に

温度が低く濃い青色になっています。



右は、地元の工務店の建築した仮設住宅です。

床、壁、天井ともほぼ同じ黄緑色に写っており、

温度差が床から天井まで小さいことを表しています。



どちらが被災された方にとって優しい住宅でしょうか。

まちがいなく地元の工務店の建築した住宅の方です。

たぶん、地元の工務店の皆さんは、地元の気候が

良く解っていて、被災された方を思いやり、

暖かい住宅を造られたのだと思います。



大手住宅メーカーの方も、数多くの仮設住宅を

建築するには、画一的な住宅を建築する必要が

あったのだと思います。



ただし、建築した後に、また冬を向かえることは

わかっていたはずです。それならば、一旦建築した

後でも、追加で住宅の断熱性能を高くする工事を

していただきたかったと思っています。



住宅は、住む人に対する思いやりの深さに応じて、

その住宅の出来ばえが左右されます。



住宅の建築にたずさわる者として、私も、

住む人に深い思いやりを持ち続けようと

思っています。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/02/12 - 19:14 |
2015-02-10

高気密・高断熱の住宅といっても、

気密性能は測定できるのですが

断熱性能は計算のみなので、

本当に計画通りの断熱性能が

あるかどうかは簡単には見抜けない

と思っていました。



ですが、昨年の11月に講演をして頂いた

東京大学の前准教授の使用されていた

広角のサーモカメラを使うと、その家の

高気密・高断熱の本当の実力が、

一目瞭然に写し出されます。



これを用いられたら、化けの皮が

はがされてしまいます。

次の写真はその一例です。

(前准教授の講演会のスライドより)

上の写真は、国の定めた省エネルギー性能を

有しているはずの住宅ですが、写真で見ると

床は青色、天井は赤色、壁の中間部は黄色と、

美しくカラフルに映っています。

これは床の温度は低く、天井の温度は高いという

ことを表していて、床と天井で大きな温度差を

生じていることを明らかにしています。





本来、高気密・高断熱の性能を本当に有して

いるのであれば、床、壁、天井の温度に

大きな差が無く、サーモグラフィーの写真は

画面全体がほぼ同じ色に写し出されるはず

なのです。



ですから上の写真の住宅は、本当は

高気密・高断熱の性能を有していないのです。



では、次の写真です。

(前准教授の講演会のスライドより)

この写真は、床、壁、天井がほぼ同じ黄色となっています。

この住宅の気密性能C値は0.15(cm2/m2)、

断熱性能Q値は1.2(W/m2K)で、サーモグラフィーの

写真から見ても、本物の高気密・高断熱住宅です。



参考に、昨年11月に前先生に撮って頂いた私の家の

サーモグラフィー写真も掲載しておきます。


 

この続きは次回へ。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/02/10 - 19:10 |
2015-01-17

今日は、阪神淡路大震災から20年です。



亡くなられた方々の、御冥福をお祈り致します。



㈱コスミック・ガーデンは、阪神淡路大震災の後に

設立しました。



この大きな震災を心に刻み、設立当初より、住宅の構造強度は

建築基準法の基準を大きく超えるで、建築し始めました。



しかし、日々 今の強度で良いのかを

考え続け、特に震災の記念日には

その思いを強くして、今迄に構造強度を

上げる構造変更を 6度実行してきました。



それでも、自然の偉大な力を前にすると、

どこまで構造強化を・強度向上を

図っても 自身の小ささと無力さを

思い知るだけです。



しかし、己の全力で

住む人の安全と安心を確保できる

住宅を創り続けて生きたいと思います。

住宅の建築を考えていらっしゃる皆様に

お願いが有ります。



住宅は住む人の生命も健康も左右するものです。



地震の脅威も念頭に置いて、

真剣に家創りに取り組んでください。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/01/17 - 13:18 |
2015-01-13

新年、明けましておめでとうございます。

御挨拶が遅くなり申し訳ありません。



昨年は、3回しかブログを書いておらず、

この件で当社の特に2人のスタッフから

強く叱咤されました。



Sスタッフからは

「ブログのネタはいくらでもあるはずなのに」

と発破をかけられております。



本年は、心を入れ替えて、少なくとも

月に一度はブログを書く決意です。



あまり読みごたえは無いと思いますが、

読んでいただければ幸いです。



皆様、本年もどうぞよろしくお願い致します。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2015/01/13 - 18:23 |
2014-12-27

新居に住んで1年が経過しました。


途中経過は何も書きませんでしたが、

本当に居心地のよい住宅です。



この様な住宅を創ることができるとは。

私たちがいつもお世話になっている職人さん、

業者さんの技術は本当にすばらしいと、

皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。





コスミック・ガーデンに家創りをまかせてくださる

お客様には、私の住宅以上にさらに良質な住宅を

提供できるように、来年も、日々研鑽を重ねて

いきたいと思います。





本年も皆様、本当にお世話になりました。

ありがとうございました。



posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2014/12/27 - 16:43 |
2014-02-09

コスミック・ガーデンでは、本年より

レンガの外壁を採用します。



その施工方法など、細部の収まりまで

教えて頂く為に、先日当社工事責任者の

平尾さんと愛知県の住宅会社 「スタイルカンパニー」さんを

訪問してきました。





社長の吉岡さんが、丁寧に色々な

話をして下さるとともに、

9邸の住宅を案内してくださいました。



レンガ外壁は、質感も良く

住宅に風格が備わるように感じました。







今後の当社の住宅の進化が楽しみです。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2014/02/09 - 17:22 |
2014-01-06

明けましておめでとうございます。



新しい家に住み始めて2カ月、


この家に引っ越す前に、当社のOB施主様に


「住んだら、家の良さがよく判りますよ。」と


言われたことが、本当に身をもって理解できました。




朝、起床して、「部屋が寒くない」というより


家全体が寒くない、お風呂も寒くない。




体験して初めて解る心地良さ。


保湿剤がなくても体の痒みが無い、快適さ。


毎年、冬になると春が待ち遠しく思えたのですが、


今年の冬は、冬を、冬の寒ささえも、


楽しく味わうことができます。




今年も、精一杯、住宅性能の大切さを訴えていく


とともに、住む人にとって、より良い住宅を


楽しく開発していこうと思います。




皆様、本年もよろしくお願い致します。




posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2014/01/06 - 16:37 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp