春夏秋冬藤井の目

春夏秋冬藤井の目TOP
2012-06-14

先日、宮城県仙台市に行ってきました。

 

津波にも耐えた住宅があると聞いたので

是非観て参考にしたいと思ったからです。

 

仙台空港はもう整備されていましたが、

空港へのエントランスの屋根には、津波の

痕跡が残されていました。

 

仙台市内から 女川(おながわ)、南三陸町と

海岸沿いにクルマを走らせて頂き、最後に阿武隈川(あぶくまがわ)の

河口付近の住宅地を案内してくださいました。

 

海岸沿いの町というか集落には、学校や病院とかの

大きな建物は形が残っているものの、住宅はほぼ壊滅状態です。

 

このような状況が 津波に襲われた沿岸部

約300kmに渡って 延々と続いてるそうです。

 

今回 仙台に行って観た事は

今後の「コラム」で写真を交えて、ご報告させていただきます。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2012/06/14 - 15:22 |
2012-02-21

先日、基礎型枠のメーカーの方との

お話で重要な情報を聞かせていただきました。

 

最近の住宅は、ベタ基礎が主流なのですが、

「基礎パッキン」 で施工した住宅の基礎の

耐圧盤(ベタコンクリートの部分)コンクリートの

「中性化」 が床下換気口で施工した基礎と比べて

早く進むという内容です。

 

 

 

耐圧盤のコンクリートが中性化すると

内部の鉄筋が錆びて腐食してしまい、

基礎の強度が低下してします。

 

中性化が早く進む理由は換気口に

比べて基礎パッキンは床下の空気が

入れ替わらないため、床下に比重の大きい

二酸化炭素が溜まり、その二酸化炭素が

コンクリートの中性化を早めているのだそうです。

 

この論理で考えると、床下の換気の

システムを設置していない「基礎断熱工法」の

ベタ基礎も、耐圧盤コンクリートの中性化が

早く進むものと考えられます。

 

ですから、住宅の耐久性を上げるためには、

基礎パッキン工法と、基礎断熱工法は

コンクリートの中性化を防ぐ方法を

考える必要があるでしょう。

posted by 藤井 | 2件のコメント | 全体 | 2012/02/21 - 15:40 |
2012-01-07

遅くなりましたが、新年明けましておめでとう御座います。

 

今年も去年からの続きで

住宅をより良くするための新たな試みがいっぱいです。

 

地道に、ひとつづつ 現実化して行こうと

思っています。

 

また、家創りの技術等、様々な情報を

月2回 FM岡山から、ラジオ放送することになりました。

 

FM岡山 76.8MHZ 

毎月 第二・第四 木曜日

午前8時20分より。

 

住宅に関する、曖昧な情報や

誤った情報が錯綜しているので

本当に正しい情報、具現化している情報を

お伝えしようと思っています。

 

そして、家はそこに住む人の

生活・命・そして将来までも左右する

重要で大切なものであることを

知っていただきたいと思っています。

 

1年間は続けてますので

是非一度 聴いてみてください。

 

ご批評を、お待ちしています。

本年も皆様、宜しくお願い致します。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2012/01/07 - 16:05 |
2011-12-27

9月2日から、滞っていました久しぶりの

「コラム」 です。

 

その時に、神棚の 「榊(さかき)」 が 長持ちする

理由をお話しますと 書きましたが、

 平成23年 12月27日 今日現在で

一昨年の榊は、2年が経過しましたが3枚の葉が

健在で、昨年の榊は1年が経過しましたが

写真の通り、まだ多くの葉を付けています。

 

 

 

この理由ですが、当社の事務所の壁紙には、

ある天然石のパウダーを混入させています。

 

このパウダーは、遠赤外線を放射しており

その効果で、マイナスイオンも生成しています。

 

このマイナスイオンが、室内に拡散していることが榊を

長持ちさせている 大きな要因です。

 

この効果は、アトピー、アレルギー、喘息

鼻炎、花粉症にも及び、症状をやわらげてくれます。

 

 

十数年前から、コスミック・ガーデンの室内には

このパウダーを施工しており、お客様から

上記症状がやわらいだという 実際のお言葉を頂いております。

 

 

 

今年も 後数日を残すのみとなりました。

この一年も、良い空間を作るための

試みを行なって来ました。

 

来年も、より一層の努力をして

より良い空間を創って行こうと思っています。

今年一年 コスミック・ガーデンと私達を

支えてくださった皆様に 心より感謝いたします。

 

「ありがとうございました。」

 

来る2012年も、ご指導・ご鞭撻くださいますよう

宜しくお願い致します。

 

また、皆様にとりまして、来年が良い年と

なりますように 心より願っております。

 

 

 

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2011/12/27 - 07:48 |
2011-09-02

当社 事務所には 神棚があり

そこには 榊(さかき)をお供えしています。

 

この榊は、実は去年の12月(平成22年の12月)に

お供えしたもので、すでに8ヶ月が経過したものです。

 

 

 

さらに、下のこの写真は 一昨年の12月(平成21年12月)に

お供えしたもので、驚異の20ヶ月が経過したものです。

 

 

この20ヶ月経過した榊は、13ヶ月目が過ぎた時に

テレビにも出演しました。

 

コレだけ永く、植物が元気な秘密は

何でしょう?

「榊立て」 の中の水では有りませんよ。

 

次回は、その秘密(アトピー・アレルギー・花粉症にも

有効) のお話をします。。。。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2011/09/02 - 18:08 |
2011-08-26

 久しぶりに、このコーナーへの筆をとります。

私はと言うか、コスミックガーデンは、一昨年の1月から

毎週土曜日の午後1時に始まる、30分間の、FM放送の番組を

主催しています。

 

番組の名称は、「プロフェッショナルと語る 幸せへのレシピ」

と言います。

 

毎回、各方面のプロフェッショナルの方に

出演して頂き、お話を聞くと言う番組です。

 

プロの方の 「考え方」 「生き様」 等々を

お話していただき、リスナーの方への

新しい情報の提供ができたらうれしいな。

と 思っています。

 

この番組のなかに、2~4分間を

「ケンチック君の住まい うんちくコーナー」 を設けて

少しだけ住宅に関する 情報の提供もしています。

(コーナー名称は、前身番組の時からの流用ですが。)

 

放送は、レディオモモ、 FM79.0 Mhz で

毎週土曜日の午後1時から 

1時30分までです。

 

よろしければお聴き下さい。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2011/08/26 - 04:28 |
2011-03-23

東北・関東大震災で、亡くなられた方の

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

また、被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

この度の災害を、映像で見る度に

自然を前にして、人間の無力さを痛感しています。

 

特に、家創りを志す者として、

家創りにどう取り組んでいくべきか

どのような家を創れば良いのか

毎日考えています。

 

この大きな出来事は、人の命の大切さを

より深く心に焼き付けることはもちろん、

人の優しさ、たくましさ、美しさ、純粋さを

見せてくれました。

 

これら全てを、深く深く心に刻み込んで

今後の、自分の行うべき仕事、

することの出来る事を、粛々としていこうと

思っています。

posted by 藤井 | 2件のコメント | 全体 | 2011/03/23 - 20:01 |
2009-12-28

今年も、お蔭様で無事に歳の暮れを

迎えることが出来ます。

私は、ブログを怠けてしまい、

今になって スタッフに促されて、今年最後の

ブログを書いています。

 

一年が大変短く感じられるのですが、

コスミック・ガーデン品質の家創りは、

大きく変化・進化しています。

このことは、職人さん、そしてスタッフみんなの

意識の向上の賜物だと思っています。

 

新しい年も、住む方が 心より幸せを感じて

頂ける家を創らせて頂ける様に

愚直な努力をしていこうと思います。

 

皆様、今年も本当に有難うございました。

新しい年も 皆様にとって良い年になりますように

祈念いたします。

 

㈱コスミック・ガーデン  代表取締役 藤井好雄

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2009/12/28 - 16:21 |
2009-02-20

昨年の11月頃から建築中の現地に、

「見ためよりも中身を重視! 施工に絶対の自信あり!」

という看板を設置しています。

最初に設置した現地で、その建物のお施主様とお会いした際に

「この看板、工事監督さんは、プレッシャーを感じて

大変でしょう。」

と声をお掛けいただきました。

その通りなのです。

この看板は、通りがかりの方々への

宣伝と言うよりも、自社のスタッフへの

メッセージであり、職人の方々に素晴らしい技術を見せて

下さい。 誇りある心のこもった仕事をお願いします。

というメッセージなのです。

先日も、建築中の現場で壁紙を施工して下さっている

職人さんと話をした時、

「あの看板を見ると気が引き締まるわ。

ええ仕事せんといけんわなあ。

特にコスミックの仕事はクロスの素材が違うから

忙しいときは出来んわ。

じっくりやらんとなあ。」

と言っていただきました。

私は本当にうれしくて感謝の気持ちで一杯に

なりました。

建物の施工品質に関して、基本となる

基準は必要です。

しかし、それで良しとしてしまえば

その基準が品質下限であり上限になってしまいます。

 

物創りの心、より良い仕事を残そうという意志による、

職人さんの創意工夫、臨機応変の対応に任せた品質は

無限だと思います。

コスミック・ガーデンの品質は、この職人さんたちにより

支えられています。

職人さんたちに高いモチベーションを維持してもらい、

高い能力を発揮して頂く為には、コスミック・ガーデンが、

代表である私が常に正しく、高い目標を持ち、

日々、研鑽を重ねていかなければならないと

思っています。

 

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2009/02/20 - 11:47 |
2009-02-04

先日 風呂と洗面所の断熱施工の方法を

改良した工事中の住宅の気密測定を行いました。

今まで施工してきました住宅の隙間係数C値は1.7 C㎡/㎡以下でしたが

改良した住宅のC値は、0.83 C㎡/㎡となりました。

中国地方において、住宅の熱損失は、C値が2 C㎡/㎡以下であれば

あまりC値によって影響されないので、1.7 C㎡/㎡以下でやってきました。

基礎断熱にするとC値を小さくすることが出来るのですが

当社の様に床断熱で、C値が1.7 C㎡/㎡という数値は、かなり優秀なのですが

ちょっとした改良で得られました。

0.83 C㎡/㎡という数値は、すごい数値ですが

測定に立ち会ってくださった断熱工事会社の社長に

「コスミック・ガーデンともあろう会社がC値が1.0 C㎡/㎡を切ったからといって

喜ぶのはおかしい、0.5C㎡/㎡に近づけないと駄目でしょう」と

はっぱをかけられました。

早々に工事監督とその社長と私とで、0.5 C㎡/㎡にする為の対策を話し合いました。

このように、助言をしてくれ、はっぱをかけてくれる業者さん、職人さんに取り巻いてもらい、

支えて頂いている、コスミック・ガーデンは

「本当に幸せだなあ」 と改めて感じました。

 

コスミック・ガーデンを支えてくださっている業者さん、職人さんに感謝です。

「いつも有難うございます」

ところで今後、着工する住宅は改良した工法で施工しますので、

C値0.83 C㎡/㎡以下になります。

そして、0.5 C㎡/㎡にチャレンジです。

posted by 藤井 | コメントなし | 全体 | 2009/02/04 - 10:37 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp