現場建築日誌

現場建築日誌TOP > Y様邸(岡山市北区津島南)

Y様邸(岡山市北区津島南) の一覧

2017-04-16

 

年度末ぎりぎりに 工事を何とか終わらせることが出来、

4月に入ってから お引渡しのY様邸。

 

コンパクトなプランながら 居室を必要以上に大きく取らない事で

多くの収納スペースを確保しました。

 

LDKも シーンに応じて 仕切る使い方が可能なように

複数枚の引戸で構成します。(この部分の壁厚はかなりの寸法になりますが。)

 


 


 

 

2階の個室も計1間半のスペースを確保。

 


 

 

玄関もホールを含め 広くはないモノの

採光窓を取ることで 明るく広く感じます。

 

シューズクロークは床面積を広げる大きな原因にもなる為

扉付の一般的な 「下足入れ」タイプを採用。

 


 

可動棚は樹脂製で水洗いが出来、軽い為

簡単棚板の移動、取り外しが出来ます。

靴に限って言えば 「生活雑貨」を上手に追加することで

メーカー発表よりも多く収納できるはずです。

 


 

事情により、ほとんど工事中に現場にお越し頂く事が出来なかった

Y様ご一家も 新しい環境と快適空間で

新生活をスタートされることでしょう。

 


 

おめでとうございました!

 

posted by コスミックガーデン | 2017/04/16 - 10:47 |
2017-04-01

 

お引渡し直前のY様邸。

キッチンはクリナップの 「S.S」にステンレスヘアラインの

面材と大型食洗機の「ミーレ」をセットしたもの。

 

メーカー純正採用はしていない 食洗機なので

手配は別になってしまいます。


 

カップボード(?)もクリナップ「S.S」シリーズから。

ステンレスの表情なので、キッチンと合わせて

「厨房」のような雰囲気を醸し出します。


 

リビングから奥の間のフロア張りまで

コンパクトなプランながら 視覚的には

かなり広々した印象です。

 


 

小屋裏には収納スペースが有りますが

アクセスは 収納階段になります。

 

久々にこの絵を見る気がします。


 

高さはそれなりですが、横方向の広さはあります。

ここに4.0kwのエアコンを設置し

2階全体を 空調します。


 

 

帰国された施主さんが当社にご挨拶にいらっしゃいました。

 

お土産も頂き、担当者はじめ スタッフで頂きました。

 


 


 

ありがとうございました。

 

これから お引っ越しなどで バタバタされると思いますが

本当の高気密・高断熱住宅の住み心地を堪能して下さい。

 

おめでとうございました!

posted by コスミックガーデン | 2017/04/01 - 17:58 |
2017-03-28

 

建物はほぼ完了です。

屋外の給水・排水工事の接続を頑張ってくれています。

 


 

総二階ながら、建物を真上から見たシルエットは

「T形」のY様邸。

 

 


 

ホワイト系のあっさりした カラーリングの外観に

木調の玄関ドア 「YKKap・ヴェナート23」が

アクセントとなります。

 


 

 

外壁は 旭化成 へーベルパワーボード + AKピラスター を

組合せ 単調になりがちな壁面に 立体感を持たせました。

 


 

この後 すぐに完了検査に入ります。

 

引き渡しが迫っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/03/28 - 19:14 |
2017-02-04

 

脱衣室の床は 樹脂系「フロアタイル」を施工しますが

フローリングとの厚みの「差」を埋めるため

先んじて コンパネの捨て貼りをしておきます。

 

また、ここの床には配管点検用の点検口ハッチが付くので

それ用に養生しておきます。

 


 

集成オーク材の 階段が組み上がりました。

 


 

しっかりとした踏み心地と たわみの無い階段の造りは

安心感と共に きしみ音防止にも役立ちます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/02/04 - 15:32 |
2017-01-31

 

旭化成の軽量気泡コンクリート

「へーベル パワーボード」 の施工が進んでいきます。

 


 

外装材としての 「基板」 の耐久性と、

材自体に通気性能が有ること、

メーカー指定の塗装を施すことで 長期に渡る防水性能を発揮し

準防火地域などにおける 耐火性能の高さを持つ

優れた外壁材のひとつです。

 

 


 

板全体が張り上がれば、目地のコーキング処理をして

少し養生期間が必要となります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/01/31 - 19:49 |
2017-01-23

外壁材取付用の 胴縁の施工が完了しました。





胴縁の厚みの分だけ 壁体内通気のための

「空気層」になります。





壁面の輻射熱の影響を緩和するのは勿論

湿気対策や万一の際の防水の機能もあります。



構造躯体に直接 外壁材を張ったり

モルタル塗りをする旧来の工法だと

防水の面から見てかなりのリスクが有ります。



ちなみにコスミック・ガーデンでは、胴縁は加圧注入による

防腐処理をした「松」を使用しています。

posted by コスミックガーデン | 2017/01/23 - 11:10 |
2017-01-11

 

昨年末に 断熱ウレタンの吹き付け施工を行う前工程で

細かい個所の「仕舞」を付けていきました。

 


 

小屋裏も 構造材がむき出しですが。。。


 

ウレタンを吹きつけた直後はこのような感じです。

構造材からはみ出したり、ウレタンの粒子(?)が

飛散し、舞っていますので マスクの着用が必要なくらいです。

 


 

 

作業は上から降りていく順番になるので

階下で ホースを持った職人さんが

吹き付け作業中です。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/01/11 - 17:01 |
2016-12-13

 

ちょっと遅れ気味ですが

やっと瓦葺きに入りました。

 


 

5枚程度が一束として 瓦を屋根面に分散して

配置します。

 

しっかり建物躯体に 荷重を掛けたところで

帯金物など 留め付けます。

 


 

谷樋(たにどい)から手前は

葺きおわったところ。

谷樋はじめ、瓦に隠れて見えなくなるところも

18-8 ステンレス板金を使います。

 

posted by コスミックガーデン | 2016/12/13 - 18:27 |
2016-12-10

 

たくさんの垂れ下がる電気配線の向こう側で

作業する 西本電業さん。

 


 


 

高電圧・専用回路用の CD管とともに

2芯配線も キチンと整列して流れています。

 


 

配線を通すために どこでも穴開けして良いわけでなく

ツーバイフォー工法の事を理解していないと困ります。

 

その辺りの事があるので、作業しやすく簡単な

在来工法は出来ても ツーバイだと尻込みする

電気工事店や 大工さんが存在する理由です。

 

posted by コスミックガーデン | 2016/12/10 - 18:21 |
2016-12-01

建て方が小屋裏と屋根の仕舞に移ります。

 


 

 

小屋裏の床になる部分に構造用合板を張って

床面を作った後は、小屋束を建てて

棟を支える準備です。

 


 

多少複雑な形状の 屋根構成なのですが

たくさんの垂木を流します。

 


 

 

先ずは一枚目の屋根地を作ります。

 

他から飛んできて 加害する アメリカカンザイシロアリ対策で

屋根合板も ホウ酸塩処理をしたモノを使います。

 


 

この日はここで時間切れです。

大型のブルーシートで、屋根養生しておきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2016/12/01 - 11:18 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp