現場建築日誌

現場建築日誌TOP > S様邸(総社市清音)

S様邸(総社市清音) の一覧

2017-06-23

上棟も終わって、第三者機関による

「中間検査」を受けます。

 


 

図面と相違は無いかはもちろん、

金物の数や位置、「枠組み壁工法(ツーバイフォー&シックス)」独特の

規制や基準がありますのでそれらに適合しているかの

チェックも有ります。

 


 

もちろん、無事合格を頂き、次の工程に移ることが出来ます。

 

 

電気配線も少しご紹介します。

 

 

整然と 配線が入り乱れたり、絡みついた状態でなく

しかも 電線の節約として斜めショートカットさせることなく

将来的な入替やトラブルシューティングしやすい

工事を行います。

 

 


 

 

壁面の断熱材のウレタンに埋もれてしまう電線は

通電による蓄熱トラブル防止のために

CD管を使い その中に電線を通す仕様です。

 


 

コスミック・ガーデンでは、標準的なコンセントや

分電盤回路数も多めに標準設定していますが

追加をご依頼頂く施主さんが多くなっています。

 

特にIT系の環境の為の追加が増えています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/23 - 11:03 |
2017-06-20

 

 

建て方も完了し、ついに上棟際を迎えることになった S様邸。

朝から 電気配線図を基に 位置や高さなどの確認と

最終決定です。

 


 

 

午前中だけでは 全ての決定が仕切れなかったので

関係者全員が揃っていることもあり

上棟際を執り行います。

 

 

建物の四方を 御神酒・塩・洗い米で

お祓いです。

 


 

工事の安全祈願と、S家の皆様の家内安全・発展を祈願して

乾杯です。

 


 

 

S様のご厚意で 昼食を用意して頂いたので

自己紹介を兼ねて 会食です。

 


 

 

見た目以上のボリュームでお腹いっぱいいただきました。

 


 

 

お祝いのお土産までご用意頂き 大工はじめスタッフ全員有難く頂戴しました。

感謝です。

 

 

サッシがまだ設置されていないので、

ブルーシートで囲んで養生しています。

 


 

軒天下地を張ったり、細かい仕舞を大工さん達も作業して

この日終了しました。

 

上棟際までは あっという間に現場が進むのですが

ここからは 時間がかかりますが

じっくり作業していきたいと思います。

 

本日はおめでとうございました。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/20 - 18:09 |
2017-06-15

 

建物の形が出来上がってきたところで

パネルとパネルの隙間や

プラットホームと壁面の隙間などを

硬質ウレタン1液で松本監督が埋めていきます。

 


 

 

それと同時に、屋根瓦を 1束ごと分散させて

屋根上に置いていきます。

 

1トン以上の重量を屋根全体にかけて

荷重をしっかり受けてから 帯金物など 緊結していきます。

 


 

 

三州瓦(栄四郎瓦) のUU40 を葺いていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/15 - 19:22 |
2017-06-09

 

2階の床面を造れば 1階の6面体がモノコック構造として

出来上がります。

 


 

2階パネルを立ち上げると

ドンドン背が高く大きく見えるようになります。

 


 

二重通気層の屋根を造ります。

構造用合板を張ったら、「タイベックシルバー」を施工し

輻射熱が小屋裏に伝わりにくいようにします。

 


 

ホウ酸塩処理した通気用胴縁(垂木兼用)を

流して、再度屋根合板を張っていきます。

 

 


 

 

小屋裏は 外部の熱の影響を受けにくくしてあるので

一般的な小屋裏収納とは格段に快適性は向上しています。

 

 

ホウ酸処理した 屋根合板を張り終ったところです。

 


 

この後、ルーフィングを張って、瓦桟を取り付けます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/09 - 14:06 |
2017-06-05

 

建て方開始です。

朝から、ツーバイシックスの壁パネルが

工場からピストン輸送で ドンドン搬入されて来ます。

 


 

1階の外壁&間仕切り壁が立上りました。

 

2階床に当たる面をがまだ出来ていないので

青空が見える状態です。

 


 

 

ここから、2階床根太にホウ酸処理した構造用合板を

張っていきます。

 


 

階段室にはまだ床や屋根に当たる部分がないので

さんさんと光が入ってくる様子が分かります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/05 - 15:58 |
2017-06-01

 

土台とプラットホーム作成に入った S様邸。

 

基礎のアンカーボルトに緊結する為の穴を現地で「座掘り」します。

その穴には手作業で ホウ酸塩を塗布していきます。

 


 

土台自体は ヒノキの乾燥材で 加圧処理の防蟻防腐処理は

既にされていますが、なおかつホウ酸塩でシロアリ対策を施しておきます。

 

 

 

薄いグリーンにになった 構造用合板は

事前にホウ酸処理を済ませている証です。

 


 

根太の間にはめ込むのは 「フェノール樹脂系断熱材・旭化成ジュピー」です。

 

刃物で切り易いのですが、厚みが有って 切り口断面が平滑に

なっていないと駄目なので 丸ノコを使用します。

 


 

ジュピーをはめ込んだら ウレタン系ボンドを使って

構造用合板を張ってプラットホーム完成です。

 


 

根太に沢山付いている金属パーツは

ジュピー脱落防止の 「専用留め金具」です。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/01 - 18:02 |
2017-05-27

 

基礎の型枠が外れて 全体が姿を現しました。

 

土台敷き込み前に行う、基礎天端のビニールシート敷き込みが

完了です。

 

コンクリートからの水分が、ヒノキの土台に直接影響を

及ぼさないように、縁切りの為のシートです。

 


 

シートを敷く前に「墨出し」と言われる

基礎に対する土台の位置と長さを

マーキングしておきます。

 


 

次は土台とプラットホームを創ります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/05/27 - 14:29 |
2017-05-14

 

基礎立ち上がりのコンクリート打設の前に

被り厚(かぶりあつ=鉄筋の廻りに規定のコンクリートの厚みが有るか)を

チェックします。

 


 

内陸部(田園地帯)では 空気中耐腐蝕耐用年数 114年 と言われる

ドブ漬け溶融亜鉛メッキ Z55 (日本工業規格)

のアンカーボルト(コスミック・ガーデン特注品)を

鉄筋に固定します。

 

コンクリートで守られていない部位もあり、

後からやり替えが利かない部品でもあるので

コストはかかりますが コスミック・ガーデンではこれを標準仕様としています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/05/14 - 11:51 |
2017-05-11

 

基礎立ち上がりの配筋も終わり、第三者機関の検査も

無事合格を頂きました。

 


 

この状態から、ベタ基礎の床板部分(水平面)に

コンクリート打設をしていきます。

 

 


 

その後、外周、内部のアンダーウォール部分に型枠を組んで

再度、コンクリートを打って しばらく養生期間を置くようになります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/05/11 - 18:43 |
2017-05-08

 

基礎のベース 捨コンが終わりました。

 

玄関ポーチを作る中心部に

タイガーパイルの頭が見えます。

 


 

 


明日は ベースと立ち上がりの鉄筋を組みます。

 


 

それが終われば、第三者機関による

「配筋検査」を受けることになります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/05/08 - 18:04 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp