現場建築日誌

現場建築日誌TOP > I様邸(岡山市北区西古松)

I様邸(岡山市北区西古松) の一覧

2017-09-16

外壁は軽量気泡コンクリートのパワーボードを採用の

I様邸。



外壁固定用の 縦胴縁を施工しています。





隣り合った胴縁同士の間隔(すきま)はコスミックガーデン内で

〇〇mm以上開けるという規定があります。



万一水が回ってしまったとき、胴縁間が狭いと

表面張力で水が残ってしまうので

こういったところの注意が 長い目で見た時 家の寿命にも

影響してきます。







システムバスが設置される エリアも断熱工事完了で

バスの設置を待つばかりです。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/16 - 17:26 |
2017-09-10

外壁のパワーボードを張る前の

準備工程です。





窓周りや 配線の露出部 などなど

ブチルテープでしっかり留めて 防水処理としていきます。









真っ黒い 透湿防水シートの「デルタベント」は

下地が透けたりしないので、事前に金物がある場所を

マーキングしておきます。







通気胴縁など釘打ちする場合

この印の場所は外しておきます。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/10 - 17:25 |
2017-09-07

内部の造作材や 階段材、フローリング材が搬入されたI様邸。






15mm厚の 無垢フローリングです。

樹種は「カバ」です。






サッシの取り付け後、躯体とのわずかな隙間には

1液式のウレタンを注入し、断熱の欠損部分を埋めてしまいます。






2階のフローリングを張る前に 床の音や振動が1階に伝わることを

軽減させるために 「高密度石膏ボード」を

捨て貼りします。




一般的な石膏ボードと比較して 1枚当たりの重さが1.5倍以上になるので

移動させる作業が重労働となります。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/07 - 19:41 |
2017-09-01

ウレタンの吹付断熱工事です。





屋根断熱か? 天井断熱か? という質問がありますが

コスミックガーデンの現在の仕様は

小屋裏利用の有無に関わらず

屋根の勾配面で断熱を取ります。











スタッドやコンセント回りなど

養生を撤去していきます。



スタッドからあふれたウレタンは

削り取っていきます。





「入り隅」などは断熱材の厚みが少なくならないように

撒き込むように吹くのですが、そうすると

どうしてもスタッド(ツーバイシックス材の柱)に

かかってしまいます。

そのままだと 石膏ボードが張れなくなるので

「削る」と言う作業が必要になる訳です。





ガムテープや 養生のビニールシート、削ったウレタンなど

かなりの量の 廃棄物が出てきます。



posted by コスミックガーデン | 2017/09/01 - 18:35 |
2017-08-27

 

上棟際の後には、第三者機関による 「中間検査」を

受けることになります。

 


 

外部、内部共にチェック項目は多岐にわたります。

 


 

図面通りなのかは当然として、枠組壁工法(ツーバイフォー&シックス)独自の

チェック箇所があります。

 

釘類の適切な使用本数と場所。

金物類の取付具合や場所と数。

などなど・・・・

 

もちろん 無事合格です。

 

次は ホウ酸塩処理を行います。

 

 


 

窓周りなど開口部は養生しながら

吹き付けていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/27 - 16:28 |
2017-08-21

 

世間では帰省の大渋滞や乗車率200%かという

混雑の中、お日柄が善いので I様邸の上棟際を執り行いました。

 


 

 

足場の関係で 建物の外側を通るのが

難しく 今回は屋内からの四方のお清めです。

 


 

鬼門方向から時計回りで 御神酒・塩・お米で

清めていきます。

 

 

工事の安全と、I様ご一家の発展を祈願する

祝詞奏上。

 


 

お子さんにはお茶を入れて、大人は御神酒で乾杯です。

 


 

 

I様のご厚意により、お食事を用意頂き

職方を含めたコスミック・ガーデンのスタッフと

会食をしました。

 


 

猛暑の中、連続の建て方が続いたので

大工さんたちも少々お疲れでしたが

予定通り 盆休み前に I様邸を問題なく

無事に立ち上げることが出来て一安心です。

 

 

ここからの工事は 少々時間がかかりますが

しっかり 確実に進めていきますので

よろしくお願いします。

 

本日はおめでとうございました。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/21 - 20:01 |
2017-08-18

建て方も完了して、サッシが入りました。





窓などの開口部周りには、ホウ酸塩処理をしておきます。



外部から飛来して 屋根地や窓周りに「巣」を作ろうとする

「アメリカカンザイシロアリ」対策です。





今しか確認できない 二重通気層を持つ 屋根構造の通気層入口です。

白い紙のようなものが見えますが

タイベックシルバーを張って 熱反射させるためです。





「準防火地域」に建つ I様邸は 防火の為のシャッターや

網入りガラスを使用することが義務付けされるため

一般的な「防火無指定」エリアに建つお宅より

サッシ関係だけでも かなりコストアップになります。





シャッター本体が入る、ボックスのみ先付となります。





大都市圏では ほとんどの建築地が「防火」または「準防火」になっていて

ある意味 郊外や田舎は 何も制限を受けないで良いのです。

posted by コスミックガーデン | 2017/08/18 - 19:21 |
2017-08-09

 

I様邸 建て方の続編です。

2階の床面を構造用合板で張っていきます。

L字の穴の様に見えるのは階段室です。

 


 

釘やビス類もほとんどが機械打ちですが

要所要所は 金槌を持って手打ちで確認しながら

留めつけていきます。

 


 

矢切のパネルと垂木を流せば

家らしくなってきます。

 


 

夏場はどうしても作業ペースが落ちてしまいますが、

その日のうちにどうしても養生しておかなければならない区切りが

有るので、大工さんたちも体力の限界を感じながらも

頑張ってくれます。

 


 

ホウ酸処理した二重屋根用の通気胴縁が並びます。

 


 

アメリカカンザイシロアリは 飛来してすぐその場で

「巣」を作ろうとするので、外部に面した木部には

必須です。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/09 - 18:22 |
2017-08-06

 

快晴と言うより猛暑の中の建て方開始となりました。

 

敷地内にクレーン車を固定することが出来ない為

警備員さんも付けての建て方です。

 


 

 

次々と ツーバイシックスのパネルが運ばれて来ます。

 


 

 

2階の床面が組み上がったばかりのI様邸。

 


 

6人の大工さんたちが酷暑の中

頑張ってくれています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/06 - 17:38 |
2017-08-03

 

土台の敷き込みと プラットホーム作成をします。

ホウ酸塩処理をした床根太に 「オメガピン」と呼ばれる金物を固定し

これに樹脂系板状断熱材を受ける形で留め付けます。

 


 

 


 

 

床根太間に挟むフェノール樹脂系 断熱材66mmを

適寸にカットします。

 


 

オメガピンによって 下にずれ落ちないようになっているので

少しきつめのサイズにカットした「ジュピー」を

はめ込んでいきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/03 - 17:47 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp