現場建築日誌

現場建築日誌TOP > K様邸(玉野市山田)

K様邸(玉野市山田) の一覧

2017-07-11

 

縦胴縁を施工し終わったK様邸。

ツーバイはあちこちに 金属製の「帯金物」が

取り付けられているため、胴縁をカットして

金物をかわしたり、ビスが打てなかったりするので

マーキングが必須です。

 


 

 

今回の外壁は 「旭化成」のパワーボードの目地なしフラット仕上げの

「フラメジ」です。

 


 

ビス穴やボード間の目地を埋めてしまい 表面を平滑にして

と塗装するという工程です。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/07/11 - 19:14 |
2017-07-10

2階はフローリングの前に 「高密度石膏ボード」を

捨て貼りしています。

 


 

食器棚や下足入れ、小物アクセサリー類が

設置される予定の壁面には、コンパネで下地補強をしておきます。

 


 

K様邸では、大きな吹き抜けもあるので

構造用合板で壁面補強をしておきます。

 

剛性が格段に上がるのと引き換えに

壁厚が少しだけ増えるので、細かな収まりに影響が出ますが

耐震強度重視です。(耐震に関してはこれで充分と言う事はできないのです。)

 

posted by コスミックガーデン | 2017/07/10 - 14:32 |
2017-07-07

中間検査や電気配線工事も終わり

現場発泡ウレタン吹き付けによる

断熱工事になります。

 


 

おなじみ 「(有)マルフジフォーム工業」さんが

施工します。

 

外部に面する構造体には

隙間なく 冷凍倉庫用硬質ウレタンが吹き付けられています。

 

 


 

勾配の有る屋根裏面も 壁面より厚みを持って吹き付けています。

 


 

 

断熱施工後は 全棟検査を行う 「気密測定」です。


 

断熱材が良くても、施工精度が良くても

気密が取れていなければ 本当の断熱性能は発揮できません。

 

 


 

ドイツ製 透湿防水シート 「デルタベント」を纏い

黒くなったK様邸。

 

大工さんたちが入って 造作工事を進めていきます。

posted by コスミックガーデン | 2017/07/07 - 18:42 |
2017-06-29

 

三州瓦の中でも上級品となる「カパラス」を葺いています。

 


 

切妻屋根の妻側にかかる「ケラバ瓦」が他の製品と違うので

「瓦割り付=屋根全体に対して何列に吹いて均等に振り分けるか」が

簡単に調整できない為 屋根地(構造体)から瓦のサイズ(はたらき寸法)に

合わせて製作します。

 

よって、一般的な瓦から 急遽カパラスに変更と言うのは

対応しかねる状態になってしまいます。

カパラス採用に関しては(和型も)

早めの決定が必要になります。

 


 

 

 

屋内では、電気配線工事も完了です。

 


 

上棟時 間に合わなかった 高性能樹脂サッシ APW も

取り付けが完了しました。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/29 - 09:52 |
2017-06-25

 

 

上棟際として 久々の「餅投げ(地域によっては餅撒き)」を

執り行った K様邸。

 

ご近所さんは勿論、友人知人の方々も

たくさん駆けつけて下さいました。

 


 

一生に一度ある無しの 大勢の人々に向かっての

餅投げ体験。

 

喜びのおすそ分けですので、撒く方も受け取る方も

幸せな気分になれます。

 


 

 

 


 

それなりに 「餅投げ」の費用は掛かりますが

施主としてはかけがえのない経験が出来たのではないでしょうか。

 

事故やけがもなく 無事にイベントが修了出来て

スタッフも一安心。

 

 


 

本日はおめでとうございました。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/25 - 16:58 |
2017-06-20

 

屋根の二重化工事も終盤です。

 


 

最初の屋根地を造った後、熱反射性能の高い「タイベックシルバー」を

屋根全体に施工し、ホウ酸塩を塗布した縦胴縁を流し

通気層を確保。

 

その上に再度 構造用合板(屋根地用)を張っていきます。

 


 

ルーフィングも、屋根瓦も断熱材もまだですが

この時点で、輻射熱をある程度制御出来ているため

屋根裏が暑く感じません。

 


 

ここから 断熱・気密工事

細部の仕舞や高性能樹脂サッシの取付が完了すると

居室と同等の快適性を備えた小屋裏空間が誕生します。

 

 

 

トップライト(天窓)も ガラス性能の高さと

コーキングレスの雨漏り性能を実現した

「ヴェルックス」が取付を待っています。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/06/20 - 18:34 |
2017-06-16

小屋組みが出来れば 家らしくなってきます。



屋根地用のホウ酸処理した構造用合板を足場に上げておきます。







大断面の集成材を3本渡した 大きな吹き抜けがあるK様邸。

ツーバイシックス工法と合わせて、剛性の高い頑丈な家の雰囲気が

すでに醸し出されています。





屋根の二重通気層を作るための胴縁ですが

現場にて全てホウ酸塩を塗布します。

4面全てを 手塗りしているので

手間は非常にかかりますが

市販されている木材ではないので仕方ありません。



posted by コスミックガーデン | 2017/06/16 - 18:34 |
2017-06-13

 

1階の床下に フェノール樹脂断熱材をはめ込んだら

ホウ酸処理した構造用合板を張って

プラットホーム作成です。

 


 

 

足場を組んだら、建て方開始です。

 

先ずは、外周の壁パネルから立ち上げます。

ツーバイシックスなので それぞれに厚みが有って

トラックに積載できる枚数が ツーバイフォーの時より

少なくなってしまいます。

 


 

今しか見る事の出来ない 間取りが解る 「鳥観図」状態です。

 


 

2階の床を組んでいきます。

こちらにも ホウ酸処理した構造用合板を張って

プラットホームと同じく「面」を造ります。

 

床・壁・天井の6面体が組み合わされて

モノコック構造たる 強度が生まれます。

 


 

引き続き、2階の壁を起こしていきます。

posted by コスミックガーデン | 2017/06/13 - 19:32 |
2017-06-09

基礎の型枠撤去も終わり、土台敷&プラットホームを造ります。





薬剤を加圧注入した桧の土台と

ホウ酸処理したツーバイ材でプラットホームを形にします。





決められた 寸法にカットを済ませた

床下断熱材 ジュピーがはめ込まれるのを待っています。



posted by コスミックガーデン | 2017/06/09 - 15:44 |
2017-05-28

 

第三者機関による 配筋検査も無事合格しましたので

立ち上がりの枠を組んで、コンクリート打設です。

 


 

最近は 打設後の養生期間が極端に短い現場も見かけますが

コスミック・ガーデンでは、規定よりも長めに養生期間を置いています。

 

(コンクリの配合や添加剤を入れる等 適正な方法で型枠を早く撤去する方法も

あるので、「手抜き」や「違法」と言う訳ではありませんので、誤解なき様。)

 

 


 

この日、型枠を撤去しました。

 

天端の調整や 「餃子の羽根」のような 「バリ取り」という

作業も有ります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/05/28 - 12:10 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp