現場建築日誌

現場建築日誌TOP > K様邸(倉敷市福島団地)

K様邸(倉敷市福島団地) の一覧

2018-04-28

お引渡しから約3カ月。

既に完成していた土留めブロックの上に

フェンスを設置しました。

 


 

 

縦の配筋を出しっぱなしにしておいたので

利用してブロックを追加。

その穴にフェンスの足を固定していきます。

 


 

小型のプランターなどを

引掛けやすくする意味もあり

格子状の形材フェンスを採用しました。

 

建物サッシ色に合わせてホワイトをチョイスです。

 

 

また、お手持ちだった 樹脂製の「建仁寺垣(けんにんじがき)」を目隠し代わりに

設置しました。

強風でも問題ないように、地面にしっかり固定しておきます。

 

竹垣には その目的と 竹の組み方によって

様々な様式が有ります。

 

 


 

写真の形状としては 胴縁を数段(これは5段)渡して

堅子垣を取りけて割竹で押さえた目隠し垣です。

 

建仁寺創建当時(鎌倉時代)にこの形式のモノが

造られていたとされるので、「建仁寺垣」と呼ばれます。

 

 

地窓のような 低い位置にFIX窓が有る

K様邸。

そこから見える境界塀に もう1セット

建仁寺垣を設置し、風情を感じられるようにしています。

 

 


 

 

 

入居後初めての春。

早速 「ツバメ」が玄関先に巣作りを始めました。

 

糞や泥、小枝などで

建物を汚されてしまいますが

優しいK様一家は、そのまま見守っていらっしゃいます。

 


 

ヒナがかえると、お子様も喜ぶし

近所の子供たちも興味を持って観察することでしょう。

 

 

また 迷信かも知れませんが

「火事にならない」

「良い運気がやってくる」

「金運が良くなる」

などなど いろいろ世間では言われるようですので

実際そうなると良いなあと見守って頂きたいと思います。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/28 - 19:20 |
2018-01-09

明けましておめでとうございます。

本年も「現場建築日誌」をよろしくお願い致します。









昨年末ギリギリのお引渡しになったK様邸。

モスグリーンの屋根瓦と 深い赤系のスライスレンガの

マッチングが伝統的なヨーロッパの雰囲気を滲ませます。







見る角度によって、光の強弱によって

少し表情を変えて 魅せてくれるのもレンガの良いところです。







大きな吹き抜けのリビングダイニングエリア。

樹脂サッシ真空トリプルガラスも

高さ2200mmのハイサッシです。



フローリングは無垢のオーク 「ヘリンボーン張り」で

一段と高級感を演出します。





飾り手すりを多用した階段から小屋裏2階のホールまで

一つの大きな空間で 上方向に解放感を持たせます。





ヘリンボーン張りと同様、大工の手間はかかりますが

ゴージャスな演出にはもってこいの飾り手すり。



経年変化で 一段と深みのある味わい深い木目が出てきます。







カーテンレールも全体のイメージに合わせたモノをチョイス。

多少のエイジング感を出した製品です。




 

 
トイレと脱衣室の間に据えられた

タカラスタンダードの特注ドレッサー。



クウォ―ツトップの幅広カウンターが特徴です。







引き渡し当日は、ガスの開栓や 器具の取扱説明などが有ります。

今回も岡山ガスの担当者さんが 解説して下さいます。



奥様とお嬢様で「ダッチオーブン」や 「ココット」の使い方を聞きます。





途中からご主人も加わり説明を聞きます。







土地購入から、プランニングの練り直し、

着工~完成まで 御夫妻で力を合わせて頑張ってこられた

K様夫妻。





長い打ち合わせの間も退屈と戦いながら

姉妹で「場」を和ませてくれました。





年末年始 結構な冷え込みが来るとの予報です。

一日も早く 温かく快適な我が家にお引っ越しください。



ありがとうございました。

そして おめでとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2018/01/09 - 19:26 |
2017-12-12

 

クウォ―ツトップ(人造水晶)の特注ドレッサーに

スッキリした3面鏡の組み合わせです。

 


 

 

主に飾り手すりのK様邸ですが

一部 壁手すりの部分があるので

一般的な使いやすさ重視のモノを設置しています。

 


 

 

第三者機関による、完了検査を受けました。

もちろん合格を頂いたので、 「適合証明書」が

発行されます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/12 - 18:43 |
2017-12-08

 

都市ガス工事中です。

 

「Rinnai エコジョーズ」を設置中です。

 

サイディングや、パワーボードと違い

レンガやツイーゲルなど 焼き物は

金物の取付に注意が必要です。

多少時間がかかります。

 


 

 

キッチンや床などの養生を撤去し

ハウスクリーニングをはじめます。

 


 

Rinnai ガラストップの「デリシア 3V」タイプと

ご主人の身長にも考慮した 高めの位置に

レンジフードを取り付けました。

 

 

 

サッシのレールやガラス面を掃除していきます。

 

工事中に溜まった ほこりや木粉が

綺麗に除去されていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/08 - 19:48 |
2017-12-05

 

足場が外れた K様邸。

スライスレンガとホワイトサッシのコントラストが映えた印象です。

 


 

 

屋内でも追い込みが始まっています。

洗面化粧台やシステムキッチンが組み立てられていきます。

水道や排水の接続は 後日水道業者さんが

行います。

 


 

タカラ純正ではありませんが

トクラスの浄水器一体型 グースネックシャワー水栓の

取付も完了です。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/05 - 20:08 |
2017-12-03

雨樋を取り付ける前の専用金物です。

樋が付くと下からは見えなくなります。



ステンレス製の金物で

耐久性も高いモノです。







タカラスタンダードの職人さんたちも

キッチンの組み立てに入っています。





ホーローパネルを張って、キャビネットの据付・組立になります。





引き出しが積み重ねられています。





K様邸のキッチンは 天板が 「クウォ―ツ仕様」なので

かなり高級感が出るはずです。







デザインで施工予定の 輸入タイル。

無地とデザインタイルを組み合わせます。







玄関ポーチのタイルも コーディネーターと一緒に

真剣に選ぶK様。

posted by コスミックガーデン | 2017/12/03 - 17:42 |
2017-11-27

 

玄関ポーチのタイル張りが始まりました。

300角の大判タイルです。

 


 

 

パテ処理済の屋内に

クロスをどんどん張っていきます。

 


 

 

大きな吹き抜けが有るので

屋内足場を使って作業していきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/27 - 19:31 |
2017-11-23

 

 

大きな吹き抜けのあるK様邸。

 

クロスを張るために 屋内用の足場を組みました。

既にボード用のパテ処理は終わっています。

 

 


 

床面積には算入されませんが、施工費としては足場も含めて

経費が掛かるので多少割高感は出てしまいます。

 

 

その足元では

飾り手すりの施工を 河原大工が頑張っています。

 

 


 

石膏ボードで隠れるので

ビスをたくさん打ち込んで固定するという方法が

取れないので、結構細かな作業となります。

 


 

 

デザインを観てもらう足でもあるので

垂直を常に計測しながら

地味な作業が続きます。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/23 - 17:23 |
2017-11-13

 

この日は 現場で打ち合わせです。

 

大きな吹き抜けがあるK様邸の

ペンダント型照明器具の 高さ設定で協議します。

 


 

K様も虫取り網を持参し 電球の取替が普通に出来るか

検証します。

 

レーザー測定器とかを使うことなく

随分アナログな感じですが、ご自身の身長や

ストロークを確認するには

非常に解り易く しかもお手軽です。

 

 


 

 

1階では 川野大工も 仕事の手を止めて

お子さんと 一緒に折り紙大会です。

 


 

お子さんにとっては 退屈な時間です。

ボードの粉まみれになりますが、大人たちに折り紙の力作を

見せてくれて 紛らわせれば幸いです。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/13 - 19:54 |
2017-11-09

急ピッチでスライスレンガ張り(引っ掛け)が進みます。





既に終わった 南面以外に

職人さんが張り付き、微調整しながらスライスレンガをはめ込んでいきます。





コーナー役物を先行して位置決めする

玄関ポーチ柱。





顔となる玄関ドア付近も ほぼレンガで埋め尽くされました。

レールを隠すための 専用目地を詰めていく作業が残ります。



posted by コスミックガーデン | 2017/11/09 - 20:33 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp