現場建築日誌

現場建築日誌TOP > Y様邸(玉野市東紅陽台)

Y様邸(玉野市東紅陽台) の一覧

2018-05-28

 

階段が設置されました。

石膏ボードを張って扉を付けないオープンな

収納スペースとして利用する予定です。

 


 

 

システムバスも設置完了です。

TOTOの「サザナ1616」です。

 

「ホッからり床」が特徴の一つです。

 


 

 

15mm厚フローリング 幅130mmのウレタンマット仕上げの

カバ材です。


 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/28 - 19:17 |
2018-05-21

 

 

サッシの取付枠の隙間にもウレタンを注入して

隙間と断熱欠損になりそうな個所をを徹底的に

潰していきます。

 


 

1階では大工さんが 吊り天井用の下地を準備しています。

 


 

2階では 小屋裏収納部の直下部分に「吊り天井用下地」

それ以外の天井は 石膏ボード用の下地を

造っていきます。


 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/21 - 21:07 |
2018-05-15

 

日程的な事情により、断熱工事が終了し

大工造作が始まっていますが

今回 上棟祭を執り行う事が出来ました。

 


 

 

この日は 気持ちの良い快晴で

5月ならではの清々しさです。

 

建物の四方に 御神酒・塩・洗い米で

お祓いして清めていきます。

 


 


 

 

今後の工事の安全と Y様家の発展を祈願し

上棟祭を終えます。

 

その後 Y様のご厚意で 食事などをご用意頂き

大工職、電気工事を含めた

関係者で会食です。

 

この場で ご家族や ご実家のこと

建物とは関係ない 色んな情報などを

知ることが出来るうえ、一段とコミュニケーションを

深める良い機会となっています。

 


 

 

この日は 上棟祭後も 大工職は 引き続き仕事をしていきますが

一旦 きちんと区切りがついた感じで

後は 完成に向けて しっかり工事していきます。

 

「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」をご採用頂いた事も有り

少々 工期はかかってしまいますが、今しばらくお待ちください。

 

おめでとうございました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/15 - 10:47 |
2018-05-07

ウレタンの吹付断熱の施工に入りました。

お馴染み (有)マルフジフォーム工業 さんの

作業車登場です。





先ずは ビニールシートを使っての養生から。

床や窓などしっかり養生します。



ウレタンの持つ 強力な接着力は

付着しても簡単には取れないので

要注意です。







スタッドなど木部でも 石膏ボードを留め付ける

「面」にウレタンが付着すると

そぎ取るのが大変なので ガムテープで養生です。







写真のように スタッドが隠れるくらいウレタンが盛り上がります。

厚み最低 60mmを吹くのですが ツーバイシックスの懐でも

表面に迫ってきます。



勿論、30倍の低発泡硬質ウレタンです。







上の状態から、ガムテープやビニールシートを

剥がして完了です。







それでも 専用の刃物を使って

オーバーしたウレタン表面を

削り落として石膏ボードの邪魔にならないように

しておきます。





「天井断熱」ではなく 「屋根断熱」方式なので

小屋裏の勾配部分はこのような感じに仕上がります。

posted by コスミックガーデン | 2018/05/07 - 09:20 |
2018-04-17

 

 

今だけ見る事の出来る

二重通気層の軒先開口部です。

 

緑色のなっているのは

ホウ酸塩処理が終わっている証です。

 


 

屋根には防水の為のルーフィングが張られています。

ケラバ瓦が有るタイプの瓦をチョイスされている

Y様邸では SUS304 ステンレス製「捨て樋」を

設けます。

 

ケラバ瓦から回った雨水をこの樋を

使って 屋根の雨どいまで流します。

 

瓦が葺きおわると先端部以外は見えなくなりますが

ガルバリウムやカラー鉄板ではなく

高耐久性を実現する為

コストは高いですが、ステンレスを使います。

 


 

 

屋ねん先端 棟部分には、屋根の通気層から

あがってきた 熱や湿気を排出する為の

「棟換気(棟風=むねかぜ)」を取り付けます。

 

 

棟瓦がのってしまうと 見えなくなってしまいますが

重要な役目を担います。

 


 

 

愛知県 三州の瓦 「丸栄陶業」の製品です。

 


 

 

ルーフィングには瓦桟 (ホウ酸塩処理済)を設置し

束になった瓦を 間配って

建物に荷重を掛けて 落ち着かせます。

 


 

しっかり荷重が掛かったら

帯金物などを 固定していきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/17 - 19:49 |
2018-04-14

 

Y様邸の建て方の続きです。

 


 

2階壁パネルを立ち上げていきます。

真ん中の四角い穴は階段室の一部です。

 


 

 

屋根パネルを流します。

 

小屋裏の収納スペースが生まれてきます。

 


 

垂木の「ハリケーンタイ」を全て緊結し終わりました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/14 - 16:18 |
2018-04-09

 

ついに 本格的に建て方工事が始まったY様邸。

クレーン車でパネルをドンドン吊り上げていきます。

 

建築地が パネル工場からも非常に近いと言う事も有り

待機車両が並びます。

 


 

プラットホームに外周パネルを立ち上げて

留め付けていきます。

 


 

 

1階の天井パネルが組み上がりそうです。

 


 

ホウ酸塩処理をした構造用合板を張っていき

2階床面をつくります。

 


 

 

階段室を除き、面構成が出来た2階床に

2階壁面パネルを立ち上げていきます。

 


 

風も強くなく 天気も快晴に恵まれ

順調です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/09 - 19:41 |
2018-03-30

 

プラットホーム製作にかかったY様邸。

 


 

溶融亜鉛メッキZ55のアンカーボルトを緊結するため

「座掘り」した穴には手作業で 「ホウ酸塩」を塗付していきます。

 


 

 

あらかじめパネル工場でホウ酸塩を塗付した

構造用合板と釘類を含めた金物など副資材が

搬入されています。

 

床断熱施工が終われば、足場を組んで

建て方工事を迎えます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/30 - 18:25 |
2018-03-16

 

基礎の配筋が終わり、第三者機関による「配筋検査」を受けます。

 


 

太さやピッチ、緊結の仕方やその長さなど

多岐に渡って検査項目があります。

 

無事に合格を頂き 早速にコンクリート打設にかかります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/16 - 11:36 |
2018-03-13

 

基礎着工したY様邸。

基礎床板部分に砕石を敷き詰め

ビニールシートで地面からの水分上昇を止めます。

 


 

基礎外周と立ち上がり

床板部分の鉄筋を組み上げていきます。

 


 

 

後は、第三者機関の配筋検査を受けて合格すれば

コンクリート打設となります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/13 - 17:50 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp