現場建築日誌

現場建築日誌TOP > Y様邸(倉敷市児島元浜町)

Y様邸(倉敷市児島元浜町) の一覧

2018-04-24

完成見学会を目前に追い込みをかける Y様邸。

工事中利用した 産廃用コンテナの回収や

建物廻りの土入れをお願いしている 「㈱インテックス」さんが

頑張ります。







玄関とポーチのタイル張りをしています。

施工中・完了直後は入れないので

リビングの掃き出しや勝手口から 皆出入りします。







建物の廻りでは 屋外給排水工事中です。



沢山の 汚水桝や雨水枡を接続していきます。

各地方自治体によって 排水の勾配や

汚水桝の仕様など 規格が違いそれぞれの指定に

合わせた内容で施工しなければなりません。







同じく キッチンや洗面化粧台などの

接続も水道業者さんの仕事となります。







クリナップの「SSシリーズ」ならではの

SUS304 ステンレスのキャビネットが輝いています。









脱衣室の洗濯機上部に

ウッドワンンのダンパー付開閉ボックスを

川野・山本両大工で 取り付けます。









「トータルナカニシ」さんは Y様と事前に打ち合わせして

決めて頂いた カーテン&レール&タッセルを

取り付けます。







それぞれの ポジションで 各職人さんたちが

頑張ってくれています。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/24 - 20:35 |
2018-04-13

大小のTOTO製品が搬入されて

取り付けを待ちます。





便器やアクセサリー、洗濯機パンなどなど

部品点数が多くなります。








最近 標準採用になった 「感震ブレーカー」が組み込まれます。

地震の際、ブレーカーを落として

安全を確保しますが、人が不在時に 電気復旧後

通電して火災になるのを防ぎます。






2階に小屋裏収納が有ります。

居住区ではないので、CF張りの床にしています。






4月21日・22日の完成見学会を

目指して追い込みに入ります。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/13 - 17:45 |
2018-04-04

 

スライスレンガが張り進みます。

焼き物なので、当然色ムラがあります。

職人さんは、何枚かを持って色のバランスを見ながら

振り分けていきます。

 


 

Y様が選択された色の目地モルタルです。

 


 

 

ケーキの生クリーム絞りのような袋に入れて

同様に絞り出しながら目地埋めしていきます。

 


 

ある程度乾いたところで、タイル表面からはみ出した

モルタルを掻き落としておきます。

 

下の写真の面では、上部は乾いた目地。

下部は施工した直後。

 

水分を含んでいる間は 少々濃い目に見えてしまいます。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/04 - 20:04 |
2018-03-16

 

スライスレンガの施工が本格的に始まりました。

コーナーを起点に 窓周りや水切りのスターター部、軒天の

接続部などをはじめに割り付け施工し、その後範囲を広げていく

イメージです。

 


 

レンガらしい色目の赤が強い品番です。

 


 

 

土の中の鉄分が焼成され、黒っぽく光るような

色合いが出るのも特徴です。

 


 

コレが終わると一気に 高級感が建物全体から発せられます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/16 - 11:32 |
2018-02-15

 

「ハルミファインクラフト」さん製作の特注カウンターを

取付中です。

 


 

 

仮止めと微調整を繰り返しながらの作業です。

 


 

 

建材メーカーのモノより

醸し出す高級感が違います。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/02/15 - 19:36 |
2018-02-03

 

レンガ用レールの装着です。

 

まだ 半分くらいの進行状況ですが、水平がきちんと出ていないと

後で困るので、割り付けを細かくしてズレを防止します。

 


 

軒天井の施工も終わり

通気ガラリ(準防火仕様=標準)がセットされました。

 


 

この面は 塗装となります。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/02/03 - 18:53 |
2018-01-13

天井の石膏ボード張りが進行中です。




採寸の上、カットして切断面を削って

いきます。

重いボードを頭上に上げて留め付ける

結構な重労働な工程です。








玄関廻りには 「ユダ木工」製のドアを採用した

Y様邸。



細かな造形や 表面仕上げも含めて

高級・高品質感が漂うモノです。



先行して取り付けているドア枠を

見ただけで 高級感が伝わってきます。

posted by コスミックガーデン | 2018/01/13 - 18:39 |
2017-12-19

養生ボードで見えにくいのですが

マットウレタン仕上げの無垢フローリング。

 

奥の合板捨て貼りはフロアタイル用です。

 


 

階段ももう少しで 全てがつながります。

 


 

 

システムバスは TOTO製 「サザナ」を選択されたY様。

キズ防止用養生シートのお蔭で

特徴的なバスタブ形状がよく分かります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/19 - 19:22 |
2017-12-01

 

メインの大工チームが 入り始めたY様邸。

 

早速 リビングの 「オーク材 ヘリンボーン張り」に

取り掛かっています。

 


 

 

構造用合板のプラットホームに

縦横に割り付けの墨出しを行います。

 


 

均等に 僅かなすき間が張り進んでいくうちに

大きな全体の歪みになって

仕舞が付かなくなる事態に陥ります。

 

 

 


 

ボンドと釘を併用することは

一般的なフローリングと同じです。

 

 

 

2階では 高密度石膏ボードを張った面に

山本大工がフローリングを張っています。

 


 

上下階で 二手に分かれて ドンドン行きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/01 - 19:03 |
2017-11-08

 

相変わらず 整然と美しい仕上がりの電気配線工事が

完了しました。

 

電気工事業者さんの多くは、電線も含めて工事を請け負っていることが

多く、斜めに電線を渡すことによって 総延長の短縮(原価圧縮)、

作業時間の短縮と 仕上がり具合と相反するも

最終的に見えなくなってしまうため

それが普通となっています。

 


 

 

将来的な 配線のやり替えや

トラブルシューティング時に 威力を発揮する

コスミック・ガーデンの配線工事のクオリティは

このタイミングまでしか 確認できません。

 


 

 

現場に於いての硬質発泡ウレタン断熱工事も完了です。

 


 

コスミック・ガーデンの現在の標準として

壁面最低60mm厚。

屋根勾配面 最低80mm厚 と指定します。

 


 

壁面に懐の有る ツーバイシックス工法なので

まだ吹き付けしろがあり、薄く見えるかもしれません。

 


 

二重通気層の屋根構造と ウレタン断熱により

夏でも 暑くならない小屋裏が実現できるのです。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/08 - 18:55 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp