現場建築日誌

現場建築日誌TOP > Y様邸(倉敷市児島元浜町)

Y様邸(倉敷市児島元浜町) の一覧

2018-01-13

天井の石膏ボード張りが進行中です。




採寸の上、カットして切断面を削って

いきます。

重いボードを頭上に上げて留め付ける

結構な重労働な工程です。








玄関廻りには 「ユダ木工」製のドアを採用した

Y様邸。



細かな造形や 表面仕上げも含めて

高級・高品質感が漂うモノです。



先行して取り付けているドア枠を

見ただけで 高級感が伝わってきます。

posted by コスミックガーデン | 2018/01/13 - 18:39 |
2017-12-19

養生ボードで見えにくいのですが

マットウレタン仕上げの無垢フローリング。

 

奥の合板捨て貼りはフロアタイル用です。

 


 

階段ももう少しで 全てがつながります。

 


 

 

システムバスは TOTO製 「サザナ」を選択されたY様。

キズ防止用養生シートのお蔭で

特徴的なバスタブ形状がよく分かります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/19 - 19:22 |
2017-12-01

 

メインの大工チームが 入り始めたY様邸。

 

早速 リビングの 「オーク材 ヘリンボーン張り」に

取り掛かっています。

 


 

 

構造用合板のプラットホームに

縦横に割り付けの墨出しを行います。

 


 

均等に 僅かなすき間が張り進んでいくうちに

大きな全体の歪みになって

仕舞が付かなくなる事態に陥ります。

 

 

 


 

ボンドと釘を併用することは

一般的なフローリングと同じです。

 

 

 

2階では 高密度石膏ボードを張った面に

山本大工がフローリングを張っています。

 


 

上下階で 二手に分かれて ドンドン行きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/01 - 19:03 |
2017-11-08

 

相変わらず 整然と美しい仕上がりの電気配線工事が

完了しました。

 

電気工事業者さんの多くは、電線も含めて工事を請け負っていることが

多く、斜めに電線を渡すことによって 総延長の短縮(原価圧縮)、

作業時間の短縮と 仕上がり具合と相反するも

最終的に見えなくなってしまうため

それが普通となっています。

 


 

 

将来的な 配線のやり替えや

トラブルシューティング時に 威力を発揮する

コスミック・ガーデンの配線工事のクオリティは

このタイミングまでしか 確認できません。

 


 

 

現場に於いての硬質発泡ウレタン断熱工事も完了です。

 


 

コスミック・ガーデンの現在の標準として

壁面最低60mm厚。

屋根勾配面 最低80mm厚 と指定します。

 


 

壁面に懐の有る ツーバイシックス工法なので

まだ吹き付けしろがあり、薄く見えるかもしれません。

 


 

二重通気層の屋根構造と ウレタン断熱により

夏でも 暑くならない小屋裏が実現できるのです。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/08 - 18:55 |
2017-10-30

 

屋根瓦が葺き進む Y様邸。

 

高級瓦のランクになる 「カパラスKS40」の葺きあがりまで

あと少し。

 


 

棟(むね)の換気部材の仕舞を付けます。

 


 

軒先の瓦には 鳥などが侵入するのを防ぐため

瓦に合わせた 樹脂板が付きます。

 

ルーフィングの下に見える

軒先水切りも 18-8ステンレスを使った

板金仕事です。

 

瓦に負けない 長期耐久性を持たせています。

 


 

 

下屋の瓦は 片流れになるので

建物に接続する部分は 「南蛮漆喰(なんばんしっくい)」を使い

すきまや不陸を埋めながら

ステンレスビスとステンレスワイヤーを使って

固定します。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/30 - 20:04 |
2017-10-17

上棟際の日です。

平日ではありますが、お日柄としてはかなり善き日を

設定できました。

 

朝から電気配線の確認打ち合わせです。

 


 

 

Y様ご夫妻に 西本電業さん、監督の代わりに

電気配線図を作成した スタッフの内藤が入りました。

 


 

図面だけではイメージできない細かな収まりや

実際の動線などに合わせて 変更と確定を繰り返していきます。

 

 

お昼になって、式典を開始します。

先ずは、建物の四方払い。

 

お子様も一緒に 御塩とお米で

建物四隅をお清めしていきます。

 

 


 

 

工事の安全と Y様家の今後の発展を祈願し、祝詞奏上と

御神酒で乾杯を行いました。

 


 

 

 

Y様のご厚意でお昼をご用意して頂き

職方を含めた関係者で頂きます。

 

ご両親様の手作り 「豚汁」も大変美味しく頂きました。

 

施主さん、代表藤井の順番で

一言ご挨拶を頂きます。

 


 

 

大人の長話に付き合って きちんと待ってくれる娘さん。

 


 

可愛らしく、美味しそうな手作り弁当です。

 

この日 上棟際初参加の OB施主であるスタッフの内藤も

前回自身が経験した上棟祭とは

逆の立場でこの場所に居るという事を不思議でもあり

嬉しく参加できたのではないでしょうか。

 

 

 

本日は おめでとうございます。

posted by コスミックガーデン | 2017/10/17 - 18:57 |
2017-10-14

Y様邸。 建て方工事の続きです。

 

矢切パネル(妻側の三角形の壁面部分)が

やって来ました。

 

 


 

この角度からだと、平屋の様に見えます。

 


 

 

 

二重通気層を持つ屋根構造ですが

一層目の屋根地の上に、熱反射透湿防水シート 「タイベック・シルバー」を

張りました。

 


 

 

屋根の防水の為 ルーフィングを張ったところで

屋根瓦が搬入しました。

 

「カパラス・プラウドプレイン」のノルディック・ブラックを

採用です。

 

 


 

瓦同士で緊結しあい、横ずれしにくい「防災瓦」として

認定されています。

 

 


 

全ての瓦を屋根上に上げて、荷重を掛けておきます。

 

その後 落ち着いたら 帯金物やハリケーンタイを

固定します。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/14 - 18:21 |
2017-10-10

 

Y様邸の建て方が始まりました。

本当に気持ちのいい 「秋晴れ」と言うにふさわしい天気です。

 

 


 

前々日の雨で、敷地内は多少水たまりやぬかるみも残りましたが

プラットホームの上は いたって綺麗で、パネルの立ち上げもスムーズに進行します。

 


 

 


 

今この瞬間しか見る事の出来ない

鳥観図と同じ構図です。

 


 

1階のパネルが全て立ち上がり、天井根太が組み上がると

家らしくなり、木材の多さも認識できる状態になります。

 


 

事前に組まれたパネル同士をさらに

現場で緊結します。

 

 


 

釘だけでなく、多くの金物類も

併用して留め付けます。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/10 - 17:45 |
2017-10-02

 

床根太を組み始めたY様邸。

出来るだけ 床束(金属も樹脂製も)は

使わないように アンダーウォール(コンクリートの内部間仕切り用基礎)を

たくさん通しているコスミックガーデンの基礎です。

 


 

旭化成の「フェノール樹脂断熱材・ジュピー」を

床根太間に専用留め金具を使って

はめ込んでいきます。

 


 

ウレタンボンドを使って 構造用合板を張って

気密を取りながら プラットホームを作り上げていきます。

 


 

床の合板も ホウ酸処理を施しています。

 

 

建て方を前に、週末はY様ご夫妻は

電気配線工事の図面打ち合わせです。

 

ここで決まったことを

上棟時に現場で確認して最終決定とします。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/02 - 19:16 |
2017-09-29

土台敷き込みが始まったY様邸。





乾燥材である桧の防腐剤加圧注入の 土台を基礎に緊結していきます。





文字が反対になっているのは、その木材個体の

「反り」具合に合わせて 反対にしたりしなかったりを決めながら

使うためです。





溶融亜鉛ドブ漬けメッキ Z55仕様のアンカーボルトに

緊結する「座掘り」したところには、手作業で ホウ酸塩を塗付してから

同メッキのワッシャーとナットを留め付けていきます。







床下断熱に使う 「フェノール樹脂」断熱材を

積み上げています。







そうこうしているうちに、1階プラットホームの部材が

搬入されて来ました。







防腐処理と共に ホウ酸処理を既に終わらせています。



薄いグリーンになっているので判別できます。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/29 - 15:50 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp