現場建築日誌

現場建築日誌TOP > T様邸(倉敷市中島)

T様邸(倉敷市中島) の一覧

2018-01-19

大工さん2人が頑張るT様邸。





フローリングも搬入済ですが

先ずは吊り天井。

上階が居室の場合、振動の伝達を緩和するために

「防振吊り木」という 樹脂製ダンパー的なモノを

使い2階床根太と1階天井地の縁を切ります。



posted by コスミックガーデン | 2018/01/19 - 18:04 |
2017-12-11

 

外壁工事の完了が見えてきた T様邸。

櫛引調の柔らかい表情のサイディングです。

 


 

階段の造作も進んでいます。

 


 

システムバスの組み立ても完了です。

タカラスタンダードのホーローパネルに囲まれた浴室は

お掃除が簡単で、傷などにも強いモノです。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/11 - 18:48 |
2017-11-22

 

急勾配と呼ばれる 8寸勾配の瓦葺きが進んでいます。

棟瓦を残すのみです。

 


 

この位になると、屋根足場が必須となります。

労働基準法でも定められています。

 

作業としては 動きづらくなるのですが

踏ん張りがききにくく、転落防止はもちろんですが

作業してみると 足首やふくらはぎなど

不自然な力が掛かるので 足腰への負担は 6寸までの勾配屋根とは

比較になりません。

 

 

屋内では ウレタンの吹付断熱工事が

完了しています。

 

 


 


 

 

2階へ配線を抜いたところも

1液ウレタンで塞いでおきます。

 

外部に接するところではありませんが

コンセントやスイッチボックスから空気が抜けていくのを

防止するためです。

 


 

 

スイッチボックスも 外壁面に取り付けるものは

ウレタンの発泡時に押し出す力に負けないように

金属製を使います。

 

 

且つ、ボックスの裏にウレタンの厚みが不足することの無いように

追加して吹き込んでおきます。

 


 

ボックス内に見える黄色いパーツは

石膏ボード張りで見えなくなった壁面から

磁石を使ってボックスの中心が発見できるように

するための 金属板が付いています。

posted by コスミックガーデン | 2017/11/22 - 20:10 |
2017-11-08

 

屋根瓦を三州の「丸栄陶業」製 「カパラス」にされた

T様邸。

 


 

 

久々の8寸勾配の急傾斜屋根です。

 

屋根の上にも 足場が必要になります。

 


 

事実、上に登ると 急傾斜角に足がすくみます。

屋根足場の分だけ 割高にはなりますが

同じ2階建てでも 棟の高さは 他と比較になりません。

 


 

屋根葺き工事が続きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/08 - 19:03 |
2017-10-27

台風一過の貴重な秋晴れの中

T様邸の建て方工事開始です。

 


 

工場から事前に組まれた ツーバイシックスのパネルが

運ばれてくるので、段取りよく、クレーンのムーブが

動かしやすい敷地状況だと テキパキと気持ちよく進行します。

 

 


 

 

玄関ポーチの形状も姿を現しました。

 


 

屋根は二重通気層を持ち、

構造用合板もホウ酸塩処理を施したものなので

長きに渡り アメリカカンザイシロアリなどの被害を受ける心配から

開放されます。

 


 

この後 金物類の取り付けや、雨仕舞の為の養生などの

作業になります。

posted by コスミックガーデン | 2017/10/27 - 21:01 |
2017-10-24

土台の敷き込みとプラットホームの施工となりました。




ひのきの土台は加圧注入の防蟻処理をしています。







パネル工場から運ばれてくる、1階床のプラットホーム用の床根太は

ホウ酸塩処理をしています。



アンカーボルトで基礎と緊結された土台は

そのあと、床根太と大量の釘で緊結されます。



posted by コスミックガーデン | 2017/10/24 - 19:55 |
2017-09-26

 

 

玄関や洗面脱衣室、バスエリアに

埋め殺しするボード状断熱材 「押出法ポリスチレン(商品名ミラフォーム)」です。

 


 

コンクリートを打設しても その重量や圧力で

押しつぶされにくい硬い性質です。

 

こういった断熱材を埋め込んでもなお、冬場の地面と接するコンクリートは

冷えてしまいます。

 

 

型枠も撤去され 天端のレベルも微調整が終わった状態です。

 


 

先行配管と土台敷前の 「墨出し」が待っています。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/26 - 19:29 |
2017-09-21

 

雨の中、第三者機関による基礎配筋検査が行われました。

 


 

 

コンクリートを打ってしまうと 見えなくなってしまう

鉄筋の状態を確認します。

 

太さ、本数、ピッチ、緊結部の重ねの長さなどなど

チェックポイントは多岐に渡ります。

 


 

 

検査に無事合格すると、ミキサー車&ポンプ車が来て

コンクリート打設です。

 

 

柔らかいうちに アンカーボルトの位置などを

治具を使って しっかり微調整します。

 


 

基礎の天場は 「レベラー」を流し込み

mm単位の調整をします。

 


 

立ち上がりが打ち終われば しばらく養生期間となります。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/21 - 14:01 |
2017-09-18

 

地盤改良工事も終わり 基礎にかかります。

ベタ基礎の外周部の掘削を行います。

 


 

 

床板部分にタイガーパイルの杭頭がいくつか見えます。

 

外周部は それよりも低い位置に頭が来るように設定して施工します。

 


 

外周部の鉄筋を組みながら 砕石の上にのベタ基礎床板部分の

鉄筋を井桁に組んでいきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/18 - 17:38 |
2017-09-14

トラバースさんによる 地盤改良工事が始まりました。



柱状改良のパイル杭に リブ付鋼管杭を加える

「タイガーパイル工法」を採用。







比較邸 浅いところで 地盤の支持力が得られたため

早く完了することが出来ました。



posted by コスミックガーデン | 2017/09/14 - 19:37 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp