現場建築日誌

現場建築日誌TOP > B様邸(総社市三輪)

B様邸(総社市三輪) の一覧

2018-01-16

 

施工待ちの 無垢フローリングが山積みです。

 


 

小屋裏2階建てなので、勾配天井の居室になります。

 


 

大きな丸窓が目を惹きます。

 

樹脂サッシのAPWでは設定がないので

「ウィンスター」となります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/01/16 - 19:03 |
2018-01-11

 

屋根の仕舞が付きました。

 

急こう配の屋根に ビルトインされた

べルックスのトップライトが目を惹きます。

 


 

ドイツ製デルタベント(透湿防水シート)の施工中。

小雪が舞うなか 寒さに耐えながらの外の作業は

大変で頭が下がります。

 


 

 

陶性外壁 ツイーゲルⅡ 用のアルミレールも搬入されています。

YKKap製です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/01/11 - 18:57 |
2017-12-18

 

屋根瓦の施工を引き続き進めているB様邸。

 

ヴェルックス製のトップライトが沢山あるので

瓦割りや収まりに時間がかかります。

 

この製品は、ビスやコーキングで処理するのではなく

あくまで乾式の収まりをするのが特徴です。

 

数十年前から基本設計を大きく変えることなく

雨漏りと背中合わせの天窓を 安全なものとして供給し続けています。

 


 

大きなアーチを描く瓦形状なので

鳥やコウモリが侵入しにくいように

樹脂製のカバー(ストッパー)を

軒先に収めていきます。

 


 

 

 

最近は 立体感を抑えた

「平板瓦」と呼ばれるフラットな形状の

瓦が主流となる中、非常に重厚感のある

濃いグリーンの 瓦です。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/18 - 19:34 |
2017-12-15

 

瓦葺きが進む B様邸。

凹凸が大きな スパニッシュ系のデザインの瓦です。

 


 

ウレタン吹き付け迄に、各スリーブや

電気配線工事を完了させておきます。

 


 

大きく広い B様邸なので

西本電業さんも 大変だと思いますが

黙々と作業し続けます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/15 - 11:52 |
2017-12-06

屋根の構造体が組み上がったところです。

トップライト(天窓)様の枠材が入るので

幾何学的に見えます。





垂木を流して ・・・。





構造用合板(屋根用コフィ―ルーフ)を張って

1枚目の屋根地を製作。







通気層内を輻射熱が上昇することを促進するために

「タイベックシルバー」を張ります。



タイベックシルバーは 生地にコーティングする方式ではなく

編み上げる前の繊維にコーティングしているのが

特徴です。





この後 屋根用胴縁を流して 再度合板を張って

二重屋根を完成です。



防水用アスファルトルーフィングを張って

瓦桟を止めて 雨仕舞したのち

瓦でじっくり荷重を建物に掛けていきます。

posted by コスミックガーデン | 2017/12/06 - 18:34 |
2017-12-03

 

建て方工事が始まったB様邸。

一部小屋裏に相当するところに個室が有りますが、基本的には

平屋のコンセプトで設計されています。

 


 

 

1階の壁が立上ると 2階の床に当たる

パネルが到着です。

 


 

2階床が組み上がれば、構造用合板を張って

2階用のプラットホームにしていきます。

 


 

 

階段室や、吹き抜けのエリアが

四角く穴あきになっています。

 


 

矢切のパネルの一部には

あらかじめ この様な細工をしたモノが有ります。

 


 

 

三角形の矢切&間仕切パネルをおこして

小屋裏2階の空間を創ります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/12/03 - 17:53 |
2017-11-25

 

建て方工事に向けて

プラットホームを造ります。

 

桧の土台を基礎に緊結したのち

床パネルとして 根太を渡していきます。

 


 

 

455mm ピッチの根太の間に

旭化成のフェノール樹脂断熱材「ジュピー」をはめ込んでいきます。

 

 


 

 

穴が開いていて、他の面より少々下がっているエリアは

畳敷きの「和室」となります。

 

これで 「床断熱」の出来上がりです。

 


 

その上から、ホウ酸塩処理をした構造用合板を張って

いちまいの大きな「盤」を造った状態で

プラットホーム完成となります。

 

 


 

 

足場を組んで ブルーシートで全体を養生し

建て方を待ちます。

 


 

 

 

トップライトを多く採用のB様邸。

「ヴルックス」の段ボール箱が たくさん積まれていました。

 


 

posted by コスミックガーデン | 2017/11/25 - 11:46 |
2017-10-17

 

先行配管のスリーブ入れや、立ち上がりの

鉄筋組も完了したところで。。。

 


 

第三者機関 「ハウスプラス」の担当者さんが

「配筋検査」を行います。

 

 


 

 

合格を貰ったところで、全ての型枠を組み上げて

コンクリート打設です。

 


 

大きな玄関ポーチ柱が並びます。

 


 

養生期間をしっかり取っておきます。

posted by コスミックガーデン | 2017/10/17 - 18:37 |
2017-09-30

 

地盤調査の結果 改良不要との結果が出たB様邸の敷地。

早速に 基礎工事に取り掛かります。

 


 

現状の地盤面よりも鋤取りするところと

盛っていくところとがあり

場内の土を動かしたり新しく搬入したり。

 

 


 

 

基礎の床掘が終わって砕石を敷き詰めたら

ビニールシートで水分上昇を止めておきます。

 


 

 

この上に 床板部分の鉄筋を組んで

ベタ基礎としていきます。

 


 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/30 - 20:29 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp