現場建築日誌

現場建築日誌TOP > S様邸(岡山市南区中畦)

S様邸(岡山市南区中畦) の一覧

2018-06-18

お引き渡し間近のS様邸。

浄化槽の仕上げや アプローチまでの砕石敷きなど

建物周辺もスッキリ出来ました。

 

 

田園地帯の中に ひときわ目に付く 新型性製 ツイーゲルⅡ 釉薬ホワイトの

外観です。

 


 

キッチンは、「ナスラック」のSUS304 オールステンキャビネットが

売りの「セスパ」です。

 

清掃性と水の仕舞がよい 3方立上げトップも

特徴の一つです。

 


 

大量に一気に協力洗浄できる

ドイツ製食洗機 「ガゲナウ」をビルトインしています。

 

 

食器棚も吊戸と合わせて

ナスラック製。

取手デザイン 扉のフィニッシュも

キッチンとコーディネートしています。

 


 

 

1.25坪のシステムバス TOTOサザナに

合わせて 隣接する洗面・脱衣室も3畳分なので

ワイドタイプの 洗面台と

洗濯機を取り込むような形の収納棚を

造作しています。

 


 

洋室のクロスの中に

「バレエのトゥシューズ」デザインしたものがあります。

 


トップライトの光を落とし込む筒状の

壁面にも 同クロスを採用しています。


 

 

1階から小屋裏に向かって縦方向に伸びる

書庫スペース。

 


 

 

本だけでなく ゲーム類など

非常に大量の搬入予定のモノが有るそうです。

 

 

ロフト用のハシゴも常備して

図書館的に 高所の本も取り出せるようにしています。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/06/18 - 14:36 |
2018-05-28

 

ウィンターガーデンの床のタイル施工中です。

 


 

クロス工事もどんどん進みます。

 


 

テシードやウィリアムモリスなど

個性的なデザインではなく

大人しめの ホワイト基調でまとめられています。

 


 

 

内装と同じく 外装もホワイトです。

「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」の白釉薬仕様です。

 


 

近隣でもひときわ目を惹く 光沢のある外壁。

足場が外れたので、屋外給排水工事に

かかります。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/28 - 18:53 |
2018-05-14

「ガゲナウ」食洗機を採用したS様邸。

 

 

メーカーとして 正式に「ガゲナウ」対応可能な

「ナスラック(旧ナスステンレス)」オールステンレスシステムキッチン

「セスパ」が鎮座します。

 


 

吹き抜けの勾配天井近くまで

「そびえたつ」と言う表現が適切と思われるほどの

本棚エリア。

 

ツーバイ材(シックス材&エイト材)を

混合で大工造作しています。

 

 


 

 

 

トイレ廻りやアクセサリー類が納品され

取り付けを待つ 「TOTO製品」たちです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/05/14 - 18:34 |
2018-04-23

陶製外壁がほぼ貼りあがりました。



全面黒色から一転、艶のある白色に

縦横の細い目地のラインが走り、

寺社仏閣のような清浄さを

感じさせる外観です。


 
内部には、お施主様肝いりの書庫が施工されているところです。


 
相当冊数を収納予定で荷重もかなりかかるため、

構造的な補強が加えられています。


 
本棚自体も、本の重さを支えるためツーバイの

構造材をふんだんに使用して組んでいきます。





1階天井高を超え、吹抜けの空間の

四方の壁を覆いつくす本棚は圧巻です。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/23 - 20:23 |
2018-04-04

 

白い釉薬のツイーゲルⅡが張り進む

S様邸。

 


 

採寸して瓦用のカッターで現場に合わせて

切って調整しながらの取付を行う納まりの部分では

かなり手間と時間を取ってしまいます。

 

ゴムヘッドのハンマーで

小刻みに叩いて微調整をかけていきます。

 


 

 

「いぶし」や「練り込み」とはまた違った

ぬめっとした表情が特徴的です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/04 - 20:13 |
2018-03-27

1階の天井は 床根太と天井地の間にわずかなすき間を設ける

「吊り天井」仕様です。



黒い「樹脂製防振吊り木」を取り付けながら

天井地を大工さんが組んでいきます。







吊り天井施工前の様子です。



西本電業さんの整理整頓された

配線配管工事は 「美しい」といえるレベルだと感じます。





「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」の釉薬ホワイトカラーの

第二弾です。

 

 

艶のあるゆるく波打つ表情が

独特の壁面を表現してくれそうです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/27 - 18:17 |
2018-03-24

 

順調に大工工事が進行中のS様邸。

階段も付いて 下地補強も入っています。

 


 

 

「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」用のレールの

取り付けが終わりました。


 

部分的に試し張りしながら 各部のクリアランスを確認していきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/24 - 12:38 |
2018-03-15

 

屋根瓦が葺きあがりました。

北側には何もなくフラットな感じの三州の釉薬瓦。

 


 

 

南面には 「支持瓦」が規定の位置に設置されています。

 

その支持瓦に 架台を取り付けます。

屋根に穴を開けることなく

コーキングだけに頼った防水方法でない

ソーラーパネルの取付です。

 


 

今回 発電効率と、紫外線までも発電に変換する

「長州産業株式会社製 Gシリーズ プレミアムブルー」を採用のS様邸。

 


 

発電しない夜には黒いパネルですが

紫外線を変換する発電時には

「単結晶」でありながら「多結晶」の様なブルーになります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/15 - 19:34 |
2018-03-12

 

屋根瓦葺きが終了しました。

 

ソーラーパネルを設置するS様邸では

新築時ならではの 「支持瓦」を葺いたうえでの

パネル取付となります。

 


 

三州瓦の中でも ある特定のブランドやデザインに限られますが

写真のような「支持瓦」を設定しているモノがあります。

 


 

瓦に穴を開けたり、コーキングで防水処理を終わらせたりする

不安要素から解放されます。

 

後付の金物差込よりも 当然耐久性・信頼性も上がります。

 

 

屋内では 大工造作が順調に進みます。

 


 

階段もかけ終わり、2階床面には

高密度石膏ボード捨て貼りの上に

15mm厚 無垢フローリング材を張っていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/12 - 19:00 |
2018-03-08

 

陶性外壁 「ツイーゲルⅡ」を施工する為の

レールの施工です。

 


 

レンガやパワーボード等と比べると工期にある程度余裕を

見なければならないのですが、それを除けば

仕上がりも 存在感も 別格な外壁となります。

 

 

換気扇や給気口などの開口部周りには

ブチルテープでしっかり防水兼気密施工をしておきます。

 


 

 

様々な部位の造作材が搬入されており

施工箇所や部屋ごとに分類されています。

 


 

「HBK」製の無垢フローリング材も

搬入済です。

 

 

大手メーカー品とはまた違ったクオリティを

持っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/03/08 - 14:54 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp