現場建築日誌

現場建築日誌TOP > U様邸(倉敷市船穂町船穂)

U様邸(倉敷市船穂町船穂) の一覧

2018-12-10

大工工事が進む U様邸。

天井の石膏ボードも完了しました。

 


 

15mm厚の無垢フローリングを1枚づつ張って行きます。

フローリング材同士のクリアランスを確保する為

樹脂製のスペーサーを挟みながら

固定していきます。

 


 

 

河原大工が一番の年季が入った大工なので

和室や階段と言った手間のかかる箇所を

担当です。

 

階段が鳴くのは 修正が難しく

住み心地も安っぽく感じてしまうので

鳴かないように側げたから、がっちり固定します。


 

 

一部ドアのないかいこうぶをアーチ状にするための

部材が搬入されました。

 


取付待ちです。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/10 - 20:10 |
2018-11-29

 

外壁のサイディング(ケイミュー 光セラシリーズ 15mm)の

施工が進んでいます。

 


 

外壁留め付け金物用兼通気用の

縦胴縁が施工し終わりました。

 

胴縁同士は1cm以上離す様にしています。

万一 水が侵入した場合

胴縁が近すぎると(1mmから2mm程度接近した場合)

表面張力で水が滞ってしまい

腐朽の原因になることがあるからです。

 


 

南面も1階部分はポーチ柱を除き

張り終えた感じです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/29 - 12:17 |
2018-11-24

ウレタン断熱工事が完了しました。

 

ウィンターガーデンの床面も「半分は外部」と

解釈して床に当たる1階天井部には吹付を

しています。

 


 

樹脂サッシと構造躯体の隙間にも

ウレタンを充填しておきます。

 

木製の窓枠の奥に隠れた部分なので

結露を起こすと後が大変になります。

先手を打つことが重要です。

 


 

 

玄関框(土間と床面の段差部分)は

特に気密漏れが起こり易いところなので

要注意です。


 

 

「くり」の15mm厚無垢フローリングです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/24 - 16:04 |
2018-11-19

 

ウレタン吹き付けの真っ最中です。

 

視界が悪くなるほどの ウレタン粒子が舞います。

 


 

規定以上の厚さになるように。

かつ、厚みが均等に。

欠損部分が出ないように。

 

吹き付けるにも 技術が必要です。

 


 

窓を閉め切り 隙間などを含め

マスキングし、タイベックスーツを着て

マスクとゴーグル装着の状態での作業です。

 

夏場はどれほど過酷な作業か想像できます。

今の時期 数少ない 苦しくない状態での作業です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/19 - 20:00 |
2018-11-16

 

エアコンスリーブや換気扇、吸気口用の

穴開け後、塩ビパイプを取り付けますが

外壁面に穴開けをした場合、ウレタンで気密をしっかり取っておきます。

 


 

 

CD管なども同様です。


 

 

ウレタンの吹付断熱工事に入ります。

吹き付ける前に、ガムテープと

ビニールシートで養生をしっかりしておきます。

 

非常に強力な接着力を持つウレタンなので

不要な部分に付着すると面倒です。

 


 

 

透湿防水シートの外部側には

今回初採用の、「LS パイプスハット」という

防水パッキン的な素材を使います。

スリーブパイプと 透湿防水シートとの微妙なすき間からの

水の侵入を防ぎます。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/16 - 20:20 |
2018-11-09

 

西本電業さんによる 配線工事が完了です。

 


 

絶縁部分、接続部分、配線延長留め部分

どこをとっても 美しくキレイにまとめられています。

 


 

社外の電気や電話など工事業者さんが

入った時に 違いが分かります。

 

問題は 電話やガス、ケーブルテレビなどの

作業時に このクオリティを落とさないように

細かなところを納めてくれるかどうかですが。。。。

 

 

二重通気層の流入口が見えるのは

このタイミングだけです。

 

ホウ酸処理した構造用合板の

一重目の屋根地に 輻射熱対策用の

「タイベックシルバー」を張って

その直上に胴縁による 通気層が確認できます。

 


 

乾式工法による瓦葺きをするのであれば

殆どの工法で造ることが可能です。

大手住宅メーカーさんやプレハブメーカーさんでは

なにかと融通が利かないのかも知れませんが

一般的な工務店であれば、在来軸組み工法でも

ツーバイフォー&シックスでもやれるはずです。

 

屋根裏を使わない設計でも

2階居室の快適性は格段に向上する筈です。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/09 - 19:34 |
2018-11-02

 

三州の釉薬瓦を 屋根上にどんどん上げていきます。

 

屋根上に しっかり荷重を掛けて

金物類を固定していきます。

 


 


 

図面上で検討しておいた 電気配線。

実際の建物が建ち上がった時に

現物を目の前に確認すると

確実に実感できます。

 


 

家具の配置予定や 家電製品の置き方・使い方

小屋裏など高さの無いところなども

現場ならではの イメージのふくらみが

あって解り易くなります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/02 - 14:32 |
2018-10-27

 

緑色に着色された 「ホウ酸塩処理済」の

木材が大量に搬入されます。

屋根の小屋組み他 様々な部位に使用します。

 


 

 

 

二日目の建て方工事 スタートです。

 


 

2階壁面までは既に組み上がっているので

矢切パネルを立てたら

1重目の屋根地を組んで アルミ蒸着の 「デュポン社製 タイベックシルバー」を

輻射熱反射用として張ります。

 


 

ホウ酸塩処理した 縦胴縁を施工したら

二重目の屋根地を張ります。

 

棟の部分に ところどころ隙間が

有りますが 通気層からの空気を排出する

為のモノで

瓦葺き工事の途中で 棟換気装置が付きます。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/27 - 18:16 |
2018-10-23

順調な建て方工事が続くU様邸。

 

1階が起き上がって

2階の大引きを組むところです。


一般的な在来工法と比べても

約2倍の木材量となります。

 

一般的なツーバイフォー工法と比較しても

コスミック・ガーデンのツーバイシックスは

木材の材積は約1.5倍程度にはなります。


 

まだ仮止めの 受け金物。

 

 

沢山の木材に囲まれると

安心感があります。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/23 - 20:14 |
2018-10-16

土台の上にツーバイエイトを井桁状にくんで・・・。


 

 

根太間にスタイロホーム厚さ100mmを

セットしていきます。

 

コスミック・ガーデンは「床断熱」です。

 


 

ホウ酸処理を済ました構造用合板で

大きな「面」を造ります。

 


 

これで「プラットホーム完成」です。

雨養生の後、足場を組んで。

 

さあ、建て方工事(上棟)開始です。

 


 

斜め向かいの敷地を借りることが出来、

大型重機や、工事関係車両が入れます。

 


 

施主さんのご親族や 近隣の皆様の

暖かいご協力を頂き、順調に棟上げが進みます。

ありがとうございます!

posted by コスミックガーデン | 2018/10/16 - 16:22 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp