現場建築日誌

現場建築日誌TOP > M様邸(倉敷市連島町鶴新田)

M様邸(倉敷市連島町鶴新田) の一覧

2019-04-12

クロス工事も大詰めを迎えている状態です。

布クロスや

「テシード」「ウィリアムモリス」も

多用されたM様邸。

 


 

メンテナンスの簡略化を考えて

「フロアタイル(樹脂製タイルの一種)」も

広範囲に使いました。

 


 

 

ある角度から狙うと このような「絵」になります。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/04/12 - 19:35 |
2019-04-05

 

内装工事が始まったM様邸。

 

小屋裏二階のデザインなので

天井の一部に勾配が付きます。

 


 

コスミック・ガーデンの場合、クロスのノリにも指定があります。

 

「トキワ エコタック100」

 

一般的に普及しているタイプと異なるのは

希釈しないということ。

 

水で薄めて使わないので

接着力も安定します。

職人によって 剥がれやすくなるとか

現場で勝手にコストダウンするとか

がありません。

 


 

その分、コストアップにはなっていますが

ずっと昔から この指定があります。

 

 

 

玄関ポーチのタイルは

一般的に市販されているモノではなく

少し特殊で 数量限定のモノです。

 

 


 

 

 

足場も落ちて 外観が姿を現しました。

軒天井は ホワイトで塗装しました。

 

雨どいをはじめ、外部のフードや竪樋は

ブラウン色で統一。

 


 

 

長州産業のプレミアムソーラーパネルも

紫外線を発電できるよう変換し

ブルーに輝いています。

 

 

発電効率の良さと、シリコンウエハーから各種パーツ類

組み立て至るまで すべて国内産。

 

つまり、オールメイドインジャパンの

信頼性が魅力となるソーラーパネルです。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/04/05 - 20:02 |
2019-03-25

 

近く 軒天の塗装に入れそうなM様邸。

外壁は完了し、フードや屋外コンセント類も

取付完了しました。

 


 

 

屋内では ほぼクロス工事待ちです。

家の中心にある 畳の部屋です。

決して「和室」と言うほど 和室造作を施している訳では

有りません。

 


 

玄関ホールから繋がる 1mを超える幅の広縁と

リビングと接続する畳の部屋。

 


 

 

小屋裏に設計された 2階の個室。

一部 勾配天井となりますが

それ以外は 天井高さ2400mmを確保しています。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/25 - 19:43 |
2019-03-17

 

内部造作工事が進んでいます。

 

コスミック・ガーデンの建物は 開口部の多い

南面などは壁量が少なめになることがあるので

計算上問題が無い場合でも

室内側の補強として 構造用合板を張って

その上に石膏ボードを張る様にしています。

 


 

外壁側と室内側を合板でサンドイッチすることで

更なる耐震強度を保つことが可能となります。

 

 

 

 

M様邸では 床の間があるので

少し手間を余計にかけています。

 


 

 

屋外では、西本電業さんが

「高所作業車」を使って

電線の引き込み工事を行いました。

 


 

NTTや光ファイバー、ケーブルテレビなどなど

その他 引込ケーブル工事が有る場合

この位置に合わせて頂くようにします。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/17 - 11:44 |
2019-03-07

 

外壁の透湿防水シート

「タイベックシルバー」を張ったら

胴縁を打ちます。


 

 

今回 M様が選択されたのは

kmewの光セラ 16mm厚 「カンビオⅡ」です。

 


 

重量軽減の意味も有り

中空になります。

 

表面の 塗装も多色で特殊な方法で

かなりリアルな表情を出します。

 


 

酸化チタンを利用した 光触媒で

汚れを太陽光で分解

雨で流してしまうという機能を持ちます。

 


 

サイディングと言えど やはり厚みのあるモノは

それなりにしっかりした重厚感を演出してくれます。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/07 - 20:35 |
2019-02-22

ソーラーパネルの設置が完了したM様邸。

「長州産業製 プレミアムブルー」です。

波長変換技術によって、今まで利用できなかった

紫外線(UV)も取り込み可能にした製品です。

 


 

変換効率21.7%のオールメイドジャパンです。

 


 

コスミック・ガーデンの場合 ソーラーパネル搭載にあたり

屋根瓦の選定にある程度制限がかかります。

 

パネル架台用にアルミ製支持瓦を

取付(瓦を葺くときに混ぜて施工)し

それに写真のようなアダプターを取り付け

パネルを固定します。

 


 

よって、瓦や屋根地にビス止めなどの

穴開けをすることもなく

防水層に傷を付ける事も無く

水漏れ対策でコーキングに頼ることもない

安心な状態が作れます。

posted by コスミックガーデン | 2019/02/22 - 19:03 |
2019-02-10

 

1階の天井石膏ボードを張る為の

下地が出来ています。

木材を井桁に組んで 黒い樹脂製「防振吊り木」を

取り付けます。

井桁の部分は 床根太など構造躯体に

直接緊結されていない為

2階の振動などが1階天井に伝わりにくくなっています。

 


 

珍しいカットです。

防振吊り木の取付状態を上から撮影することは

滅多にありません。

理由はお判りになるかと思いますので

詳しく書きませんが。。。

 


 

 

2階の音対策の方法として

もう一つ。

 

ドンドンと体重が掛かる歩行音(振動)は

「重量衝撃音」といい この対策には

密度のある重量物で吸収させるしかありません。

 


 

「高密度石膏ボード」と呼ばれる

見た目同じでも 持つと非常に重い石膏ボードを

2階床に捨て貼りします。

 

その上に 無垢フローリングを張ると言う工程です。

 

他にも 特殊な吸音効果をもつボンドを塗付、櫛引して

フローリング張りする方法も有りますが

多少 歩行感に違和感が出ますので

コスミック・ガーデンとしては

メジャーな手法とはしていません。

 

 

 

玄関ドアの上部に

電源用ボックスがありますが

施主さんが生活する中で

触ることは有りません。

 


 

コスミック・ガーデンの家では 標準でカードキー若しくは

ポケットキー(最近の車の鍵と同じ要領。)を採用しています。

 

電気を使うので その結線、サービス用としての

ボックスがこれです。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/02/10 - 19:59 |
2019-01-31

上棟祭が終われば

断熱工事です。



その前に当然 中間検査はパスしています。







壁面、屋根の勾配面

それぞれ厚みを変えて吹き付けています。





垂直な壁面よりも

勾配のある天井(屋根裏側)の方が

夏場の熱射量や輻射熱量が多いので

断熱の厚みを増やしておきます。





屋根の瓦葺きが始まりました。







フラットなデザインなのですっきりしますが

瓦の上での作業は足首に負担が掛かるのです。



posted by コスミックガーデン | 2019/01/31 - 20:16 |
2019-01-28

 

ウレタン断熱工事が完了しました。

 


 

コスミック・ガーデンの標準仕様であれば

硬質発泡ウレタン(冷凍倉庫用)壁面厚さ60mm。

屋根勾配面 厚さ80㎜。

を最低限として確保。

部分的には どうしてもこの厚さを超える

個所は出てしまいますが

性能は下がることは無いので オーバーするのは

許容しています。

 


 

 

小屋裏2階からの撮影です。

1階天井の「吊り天井」用、

防振吊り木(黒い樹脂パーツ)が見えます。

 


 

 

全棟 気密測定をかけるようにしています。

C値は「0.5」は 保証しますと言いきっています。

 


 

実測では 現場にもよりますが

「0.25」〜「0.3」の後半くらいの

数値が多いように思います。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/28 - 18:38 |
2019-01-13

 

電気配線の確認が終わり、

建物の区切りも一旦ついたところで

上棟祭を執り行います。

 

建物の四方を、鬼門の方向から

時計回りに 塩・米・御神酒で清めていきます。

 


 

M様に続き 代表の藤井と

監督の平尾がそれぞれの役目をこなします。

 


 


 

工事の安全祈願と M様一家のの発展を祈願し、乾杯をしました。

 


 

M様ご夫妻の ご厚意にあずかりました。

食事や手土産・ご祝儀などを

ご用意下さり、スタッフや職方達の労をねぎらってくださいました。

 


 

 

断熱工事がまだなので 決して暖かい屋内ではありませんが

サッシさえ取り付けが終わって居れば風は防げます。

 

今後を 非常に楽しみにして下さるM様と一緒に

食事を美味しくいただきました。

 


 

 

ここから 今年の初夏までは時間がかかりますが

よろしくお願い致します。

 

おめでとうございます。

posted by コスミックガーデン | 2019/01/13 - 18:48 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp