現場建築日誌

現場建築日誌TOP > Y様邸(岡山市南区立川町)

Y様邸(岡山市南区立川町) の一覧

2009-11-02

キッチンにトップライトがあるY様邸。

さすがに、夏場は暑いということで、

トップライトに室内側から取り外しできる「蓋」を

取り付けました。

 

先ずは、アルミのCチャンを加工した「レール」を

トップライトのある天井に取り付けます。

あらかじめ、採寸しておいたので

クロスを貼った蓋(2枚セット)をすぐにはめ込むことが

できます。

1枚目と2枚目がかみ合って、がたつきや

光の漏れを防止します。

手動のスクリーン用の紐は後から

隠します。

取っ手も付いて、出し入れ(抜き差し?)も楽にしています。

奥様の腕力でも出来るように、可能な限り軽く作りました。

また、来年の春頃には、蓋をして

日射と熱をカットしますが、これからの季節は

トップライトからの陽射しを有効に利用してくださるでしょう。

posted by コスミックガーデン | 2009/11/02 - 19:41 |
2008-08-25

Y様は本当に勉強熱心な方です!!

これまで、何十人とお世話をさせて頂きましたが

ショールームはもちろん、着座して数センチの位置決めを繰り広げたのは初めてでした。

室内の、隅々の寸法を割り出し、

便座の位置、紙巻器、タオルかけの位置、将来つけるであろう手すりを想定して

図面の上で、何度となく

奥様は、様々なメーカーさんのカタログを隅々まで研究し

その行動力には、頭が下がるほどでした。

 

その努力が実って、トイレが完成です♪

 

  

 

細かいところにまで、配慮をしているので

使用する際に、使いやすいことはいうまでもありません。

 

       

posted by コスミックガーデン | 2008/08/25 - 14:41 |
2008-08-23

今月末に完成予定の、Y様邸

足場もはずれほぼ完成の状態に近づいてきました。

        

足場がなくなると、平屋建てのどっしりとした風格が漂ってくるようです

posted by コスミックガーデン | 2008/08/23 - 16:17 |
2008-07-31

内部の大工工事が完成しました。

オーダーでテレビ台も検討、 

場所にもよりますが

やはり、ピッタリと場所にマッチする家具は難しいみたいです。 

 

posted by コスミックガーデン | 2008/07/31 - 09:44 |
2008-07-24

     
     外壁の塗装が完成しました。

 

 

色は薄いピンクとアイボリーの中間のようなやさしい感じの色合いです。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2008/07/24 - 16:34 |
2008-06-30

あらかじめ、「ダンテン」 を施工するための下地

(ステンのラス網と特殊モルタルがプレで加工されたもの)を、

通気胴ぶちを打った上に止めつけていきます。



以前のラス網を一から止めていく方式に比べて

格段にスピードアップです。

いろいろな意味で画期的で優れものの 「ダンテン」。

左官仕上げで、テクスチャーも様々なものが選択できます。

最近、似たようなノンクラックモルタル外壁が登場してきています。

いつか比較して見ます。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/30 - 20:16 |
2008-06-23

タカラスタンダード製のユニットバスを組み立てています。

タカラのお風呂はステンレスの架台方式のため、

コンクリートの土間の仕上げを高いレベルで要求されます。

ステンレスの洗い場(本物の磁器タイル張り)が見えます。

カラーステン製の浴槽が組み込まれるのを待っています。

外側には、発泡ウレタンを吹き付けているため、お湯が冷めにくくなっています。

ウレタンで囲まれた建物内に再度ウレタン吹きの浴槽が入るわけです。

これは同じく組み立てを待っている、ホーローの浴室壁です。

表面がガラスのホーロー製のため、あらゆる洗剤や研磨剤に対して強く、非常に掃除が楽な壁です。

他社のユニットバスに比べ、デザインや高級感ではかないませんが、

高い耐久性と強度、それに掃除などのメンテナンスが簡単というお勧めのモノです。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/23 - 20:04 |
2008-06-20

Y様邸の断熱工事が完了しました。

壁面、天窓の側面は、発泡ウレタンを吹きつけ、

天井面はセルロースファイバーを180ミリ吹き込みます。

コンセント廻りも隙間無くウレタンがふさぎます。

壁面のウレタンは、水で発泡させたり、原液を100倍に

発泡したりするやわらかいタイプではなく、

指で押してもかなり硬い硬質のものです。

断熱材内部の気泡が独立しており、

熱が一段と伝わりにくいのです。

トップライト(天窓)の側面も外部に面した空間であるため

ここもウレタンで吹き付けています。

次回ユニットバスの組み立てを報告します。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/20 - 16:54 |
2008-06-14

Y様邸の棟上も終わり、防蟻工事(シロアリ・防虫)が完了し、

現場発泡のウレタン断熱工事を待つばかりとなりました。

この写真でも解るとおり、床から1メートルの高さまで防蟻処理をしています。

また、スタッド(柱のようなもの、ツーバイフォーの壁面を構成する材)が通常の2倍入っています。

スタッドダブル組と呼びます。

2×4材を抱き合わせで2本づつ使用するととで

もともと地震に強いツーバイフォーを一段と強くしています。

Y様邸のダイニングにはトップライト(天窓)があります。

骨組み状態のトップライト周りと、明るいキッチン・ダイニングの写真です。

次回断熱工事が完了したらお知らせいたします。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/14 - 20:36 |
2008-06-11

Y様の現場も棟上を迎えました。

在来の木造軸組みではないので、ツーバイフォーの

パネルを組み上げていきます。

平屋なのでそれはほど時間はかかりません。

平屋ですが、屋根裏を利用した 「小屋裏収納」 がある為、

この段階の写真では、二階建てに見えます。

次の日、屋根の垂木を組みながら、足場を立てていきます。

敷地状況が角地なので、大変よく目立ちます。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/11 - 17:03 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp