現場建築日誌

現場建築日誌TOP > O様邸(総社市西坂台)

O様邸(総社市西坂台) の一覧

2018-12-02

小屋裏収納部分の階段手すり

笠木が付きました。

当然乍ら下階よりも低い手摺になります。


 

小屋裏の断熱材が見えます。

石膏ボードを張ってしまう前の今だけ見える

光景です。

 

 

30倍の硬質ウレタンです。


 

 

この日、足場の解体が行われました。

ネットも外れるので、家の中が一気に

明るくなりました。

 


 

エアコンの外部配管カバーなど

足場が有るうちの方がやり易い工事は済ませておきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/02 - 15:50 |
2018-11-24

フローリング張りも進んでいます。

無垢フローリングは 季節によって伸びチジミする

生きている素材なので、いつの季節に施工するかによって

微調整が必要となります。



薄い樹脂製スペーサーを使って フローリング材同士の隙間を

確保しておきます。









小屋裏エアコンシステム採用のO様邸。

エアパスファン吹出し口が見えます。



石膏ボードも 張り進んでいます。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/24 - 15:24 |
2018-11-19

 

大工造作が進む O様邸。

階段もかかり 上下階の行き来が楽になりました。

 


 

 

小屋裏収納部もそれらしくなりました。

収納とは言え、石膏ボードを張って

断熱材が見えなくなるようにしなければならないので

ここもウレタンが見えなくなります。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/19 - 19:46 |
2018-11-07

 

木目調サイディング(kmew)のデザインで

グリーン系の非常に落ち着いた カラーを纏うO様邸。

 


 

玄関ポーチには 打って変わって多色刷りの

「小端石」調のデザインを採用です。

 


 

親水セラ の「ピクセラシリーズ」で

「フルカラーセラジェット塗装」なので

リアルな表情を再現できています。

 

 

 

 

屋内では 「吊り天井」が出来ています。

「joto」製 防振吊り木を使って

2階床面と1階天井地が共振しないようにしています。

 


 

 

6プライ(薄板を線維方向を直交し貼った合板で6層)の

階段側げたが取付を待っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/07 - 14:06 |
2018-11-04

一口に発泡ウレタンの断熱といっても

ウレタンの種類や特性の違いがいくつも有ります。





同じウレタンを吹きつけたとしても

作業員の「吹き付けの仕方」によって

性能も厚みのムラも大きく変わってきます。



数年前から 吹き付けの仕事の粗さから

いろんなところで問題が起きているそうで、

仕上がりの良さというところでの

差別化、仕事の依頼先が選別されてきているそうです。





20年以上前から ずっとウレタンを確実に吹き続けている

マルフジフォーム工業さんなら 安心して任せられます。





断熱が終わると 設備機器としては

一番に収まるのが システムバスです。

O様邸では 「TOTO サザナ」が採用されました。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/04 - 10:50 |
2018-10-29

 

屋根瓦が乗ってしっかりと荷重が

全体に掛かったところで 帯金物など補強金物類を

本止めします。

 


 

外壁パネルとプラットホームの隙間

パネルとパネルの接続部など

「気密テープ」を使って

しっかり塞ぎます。

 

 


 

お馴染み 断熱専門業者の

「(有)マルフジフォーム工業」さんの 作業車が

入ります。

 

養生から仕上がりまで 2日から3日程度かかります。

 

 

透湿防水シート「デルタベント」で

家全体をラッピングするので 真っ黒な家になります。

 


 

外壁を貼るまでは この様な状態で

別の意味で目立っています。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/29 - 16:24 |
2018-10-26

 

電気配線工事完了のO様邸。

システムバスの空間の上に

外部からの引き込みも含めた配線が

集中しています。

 


 

基本的に 斜め配線をしない。

と言うのが見て取れます。

 

コストや作業時間短縮なら

斜め配線で済ませればいいのですが

見た目だけの問題ではなく

将来的なメンテナンスや

異常個所が出た場合の発見のし易さなど考慮すると

こうなります。


 

 

配線・配管も外部に繋がる箇所には

気密性保持の為

ウレタンで塞ぐ仕様です。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/26 - 18:53 |
2018-10-22

上棟祭が終われば電気配線工事と

並行して屋根の瓦葺きも始まります。



O様邸では 標準の三州瓦の中でもよりグレードアップの

「カパラス」を採用。







棟の先端には複数の 「棟換気」用部材「青空」が

取り付けられています。



屋根裏の 湿気や熱気をここから上昇気流として

排気します。

棟瓦が乗ると見えなくなります。





大きめのアールを描く 洋風瓦や和瓦は

隙間からスズメなどの小動物が侵入しないように

樹脂製の蓋をします。



内輪では「ちゅんちゅん止め」と呼ばれています。









二重通気層の構造が解る個所です。



アルミ蒸着のシートが有ります。

軒天井を張ってしまうとここも見えなくなります。



二重通気層構造にすれば

小屋裏の輻射熱による温度上昇を

劇的に抑えることが出来ます。



夏場の小屋裏でその差は実感できます。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/22 - 20:25 |
2018-10-18

上棟祭を迎えたO様邸です。

 

施主さん一家と 大工さんはじめ関係スタッフが

揃います。


建物の四隅を 御神酒、あら塩、洗い米で

清めていきます。


 

お子さんも一緒にお清めを手伝ってくれます。

 

 

上棟祭の時に 工事安全祈願と

O様一家の発展を祈願した

「御幣」を小屋裏にお祀りしておきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 18:22 |
2018-10-08

屋根の雨仕舞、ルーフィングと

瓦桟の施工が終わりました。

 


 

搬入された釉薬瓦を

屋根上に上げて 均等に分散させます。

 


 

瓦の重量で しっかり荷重を掛けたら

「帯金物」など 補強金物類を

本止めします。

 

毎週末に台風が近づいてくるので

ブルーシートの脱着が大変です。

 

団地の入口から見える

ブルーシートにくるまれたO様邸が

ひときわ目に付きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/08 - 11:50 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp