現場建築日誌

現場建築日誌TOP > M様邸(岡山市北区今)

M様邸(岡山市北区今) の一覧

2019-02-15

 

M様邸の ちょっとした小物などをご紹介。

 

1階ウィンターガーデン(本来の目的とは少々異なる

コンセプトですが)天井にビルトインされる

物干し金物。

使わないときは格納されます。

 


 

 

ご主人の趣味のひとつを 屋内で出来る様に

「飾り梁」にセットされた専用のロープと

複数個のボルト式フック。

 


 

 

遮断機のような ペーパーホルダー。


 

 

木目とゴールドが 豪華な印象の ペーパーホルダー。

 


 

色んなデザインが有るものです。

posted by コスミックガーデン | 2019/02/15 - 20:54 |
2019-02-11

 

「キッチンハウス」製のオーダーメイドL型キッチンの

お披露目です。

 

ブラックの大理石カウンターが目を惹きます。

木製面材は精密な造りと

美しい塗装が施されています。

 

 


 

SIセンサーコンロと ガスオーブンが

コンビします。

 


 

同じくオーダーメイドのカップボード。

取手も面材もキッチンと同一です。

 


 

 

ダブルボウルの洗面化粧台も

同じく「キッチンハウス」のオーダー品。

 


 

家族の為だけでなく

ゲストの為にも 必須のアイテムでした。

posted by コスミックガーデン | 2019/02/11 - 18:20 |
2019-01-29

 

急ピッチでクロス張りを進めています。

 


 

紙のベースクロスを張って

その上から「薄く塗り」をする仕上げを採用しています。

艶消しのしっとりした表情が魅力です。

 


 

 

足場を落とす前に雨樋を取り付けます。

 

雨樋用の取付金物も下から見えない

吊り下げ式。

金物なので 勿論ステンレス製となります。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/29 - 20:40 |
2019-01-24

 

段ボールで養生していて

姿は見えませんが 最高級カスタムキッチンメーカー 「キッチンハウス」製の特注キッチンが

納入設置されました。

 


 

L型に センターキッチン(作業台)を追加した

形状となります。

 

天井までの吊戸棚も

原寸に合わせての製作です。

 


 

 

ダイニング方向には吊戸棚は付かず

解放感を持たせていますが

壁面側には吊戸棚が設置されます。

 


 

 

2階のドレッサーも「キッチンハウス製」です。

 

ダブルボウルのカウンターで

水栓の頭が養生されてのぞいています。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/24 - 12:52 |
2019-01-19

外部の塗装に入ります。

 

足場が有る今の状態でも

その重厚感溢れる感じが伝わります。

 


 

 

カーテンや家具でお世話になっている

「トータルナカニシ」さんが

造作家具の納品取付の作業中です。

 


 

 

ほぼすべての石膏ボード張りが完了し

下地調整とパテ処理を済ませました。

 


 

 

 

キッチンの床には 本物の磁器タイルを張ります。

目地のクリアランス調整や 不陸調整で

「樹脂製フロアタイル」と比較すると

かなりの手間と時間を要します。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/19 - 19:20 |
2019-01-13

 

外壁のスライスレンガの終了が見えてきました。

専用の目地モルタルを詰めていきます。

 


 

この目地モルタルは 色のバリエーションが有るのですが

今回の黒の場合

非常に硬い調合となり

特に冬場の作業としては

やり辛いとの事です。

 


 

写真のように ケーキのデコレーションをするような

袋に入れて目地に押し出しますが

決して柔らかいと言う状態ではないので

疲れます。

 

 


 

職人さん 数人で手分けして 作業を進めます。

 

 

屋内では 飾り手すりが完成です。

プラン的に少々複雑に見えるアングルで撮ってみました。

 


 

 

1階リビングから見上げる吹き抜けの上部には

飾りの梁が固定されています。

 

ここに 専用のロープをかけて

ロープクライミングのトレーニングを行うそうです。

 

高さは約5m少々あります。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/13 - 19:01 |
2018-12-25

 

飾り手すり工事に取りかかった

河原大工。

 


 

既成品とは言え、細かなすり合わせや

調整が必要です。

 

本数もかなりあります。

 


 

太さやデザインのちがうモノが数種類使い分けされます。

 


 

将来的に すぐにぐらつくようでは困るので

しっかりとした取付と固定が必須です。

 

繊細なデザインを壊さない様な

加工も必要な工事となります。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/25 - 16:48 |
2018-12-21

 

外壁が「日本セラミカ」のスライスレンガの

M様邸。

 

一番濃いブラウンを選択です。

 


 

 

黒い窓枠の樹脂サッシと相まって

重厚感が溢れます。

 


 

 


 

建具全てが広島市の「ユダ木工」製の

ホワイト塗装品となります。

 

サザンアッシュ材やパイン材を

使った製品が主になります。

 

少し クラシカルな雰囲気を持つ

デザインですが、細部まで 高品質な造りで

満足度の高い製品です。

 


 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/21 - 16:28 |
2018-12-04

 

吉川大工と、石膏ボード専門職 竹野内内装さんが

何やらごそごそ。。。

 

黙々と採寸しているのは

社外コーディネーターのIさん。

 


 

ダウンライトやスライドコンセント、埋め込みLED照明などの

下準備が整ってきた天井周り。

 


 

枠の取付も終わり、つり込みを待つ

「ユダ木工」のペイントドア。

 


 

床はダーク系ですが

建具やサッシのカラーはホワイトです。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/04 - 20:11 |
2018-11-20

 

あまり時間的に余裕のない工期の

M様邸。

ドンドン進めていきます。

 

山本大工が ブラックウォールナットのフローリングを

張って行きます。

 


 

見えない所で複雑な納まりを要求される

階段造作。

奥まった狭いところで

河原大工が頑張ります。

 


 

 

吊り天井地を作り

石膏ボードを張りたい 吉川大工。

 

この間 セキュリティの会社の担当者さんも

現場入りして打ち合わせを行いました。

 


 

外部では スライスレンガを施工する為の

前工程を進める「久保タイル」の職人さん。

 


 

お互いに 干渉しない程度に

それぞれの持ち場で精いっぱい頑張ってくれています。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/20 - 19:05 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp