現場建築日誌

現場建築日誌TOP > M様邸(岡山市北区今)

M様邸(岡山市北区今) の一覧

2018-10-20

2階の床面を造ります。

6面体で強度を持たせるモノコック構造なので

2階床面の剛性も非常に重要です。

 


 

床構造に使用する 「針葉樹 構造用合板」はすべて

ホウ酸処理を施しています。

 

 

1階の下屋の屋根組です。

 


 

正面からの建物の姿が少しづつ

現れてきました。

 


 

2階小屋組みです。

小屋裏収納&エアコンの無い仕様なので

「方形屋根(ほうぎょうやね)=全ての棟が同じ角度で中心に

向かって登っていく形状」となりました。

 


 

 

リビングの上部には 大きなベルックス社製 トップライトが

設置されています。

 

プラン上 外壁に面していないリビングなので

天空のあかりを階段ホールから落としています。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/20 - 14:15 |
2018-10-18

 

プラットホーム作成中です。

 

土台を敷いたら、その上に床根太・大引きを組んで

断熱材をはめ込んだら、構造用合板で

面構成してプラットホーム出来上がりとなります。

 


 

天候に変化があっても ホウ酸が流れないように

大型ブルーシートで養生します。

(大型のブルーシートは結構高額です。 使用後は穴が開くので

他の現場で再利用、と言うのが難しいのです。)

 


 

大型クレーンが来て ツーバイシックスのパネルを

吊り上げていきます。

 


 

 

間仕切り壁が多く 複雑なプランニングの上

床面積も大きめなので

普段より時間はかかります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 17:54 |
2018-10-15

型枠を組んで コンクリート打設をまちます。

 

鋼製型枠で精度は上がっていますが

それでも 細かいところの微調整やチェックは欠かせません。

 


 

 

コンクリート打設打設後

しっかりした養生期間を置いた後

型枠撤去です。

白い綺麗な基礎のお目見えです。

 


 

全てのアンカーボルトが

「溶融亜鉛ドブ漬けメッキZ55仕様」です。

 


 

 

基礎の天場もサンダーを使い

+-(プラスマイナス)2mm以下で

最終調整しておきます。


 

キッチンの真下に当たる部分の

給排水管工事が見えます。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/15 - 19:30 |
2018-10-11

 

基礎工事の「掘り方」に着手。

砕石を敷き詰め ビニールシートで

地面からの湿気を塞げば

地業の一区切り。

 


 

 

ビニールシートと床板部分の鉄筋の間に

コンクリのキューブをはさみ

ベタ基礎床板の厚みを確保。

 


 

主筋16mm異形鉄筋を組む

一般住宅としては 強靭な仕様となりますがこれが標準仕様です。

 

 

基礎が一部斜めに渡る箇所もあるため

基礎屋さんは大変だったと思います。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/11 - 19:53 |
2018-10-02

 

地盤改良工事にかかります。

柱状改良(セミパイル)+鋼管の

ハイブリッド工法 「タイガーパイル」です。


 

専用の機械で コンクリートミルク(固化剤)を

打って 地中に杭を成型します。

 


 

猛暑の中、手作業もあります。

かなり過酷な重労働かと・・・。

 


 

パイル杭の中心には リブ付鋼管杭が

打込まれ、横方向からの荷重に耐えるという

設計です。

 


 

基礎外周部は深い位置に

杭頭が来るようになります。

 

パイル杭の中心に小さな穴があるのは

鋼管を入れた後のキャップのせいです。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/02 - 18:16 |
2018-09-27

 

 

解体整地が終われば 善き日を選んで

地鎮祭を執り行います。

 


 

 

M様が手配頂いた 神社さん(出雲)に

取り仕切って頂きます。

 


 

 

四方の竹を起こし

結界を張ります。

 

多少の所作が違っても

「神道(しんとう)」であれば 概ね似た感じの進行具合になります。

 


 

お祓い、御神酒、塩、米で

時計回りに敷地の隅を清めたあとは

鍬入れの儀。

 

 


 

 

 

施主さんに次いで 施工側代表で

藤井社長が鋤をいれます。

 


 

M様ファミリーと一緒に記念撮影。

この時点では まだプランなどが決まっていなかった

ため 地盤調査に入るまで

少々時間が空きますが、宜しくお願いします。

と言う事でした。

 


 

 

それから約2カ月後、プランの大枠も決まり

地盤調査を行う事が出来ました。

 


 

岡山市の南エリアよりは

強い結果が出るとは思います。

 


 

それにしても この並びの住宅地は

皆さん道路に対して 地盤を嵩上しているお宅の多いコト。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/09/27 - 19:32 |
2018-09-22

 

手壊しがある程度終わったところで

広くなったガレージ部分から

重機を搬入。

 

最初は小型重機で

慎重に崩していく感じです。

 


 

ガラス、金属、コンクリート、木材・・・

ある程度の範囲で 分別は必要です。

石膏ボードを とにかく剥がしていきます。

 


 

 

和室は塗り壁なので

剥がしていません。


 

大きなサイズの重機に変えて

ドンドン解体は進み、盛土からの整地となります。

 


 

境界ブロックを残し

「更地」になりました。

 

ブロック塀も 高さがあるものの

きちんと「バックレスト=控え壁」が

施工されている 安全なものなので

残しました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/09/22 - 18:29 |
2018-09-18

 

閑静な住宅街の中

今回 建て替えの為解体予定(更地にする) 現地の下見です。

 


 

 

門型シャッター付のガレージや

スッキリポール(電気や電話線の引き込み用ポール)があります。

 

鋳物門扉やタイル張りの門柱など

しっかりコストのかかった外回りや・・・


 

 

綺麗な屋内の状態を見ると

勿体無い気がしますが、

冬寒く、夏暑い 典型的な過去の一般住宅の性能しかありませんので

やってしまいます。


 

中庭も有るお宅でしたが

M様のご希望により

一定の数の樹木は 植木屋さんによって

仮住まいに避難してもらうようになりました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/09/18 - 17:20 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp