現場建築日誌

現場建築日誌TOP > F様邸(倉敷市平田)

F様邸(倉敷市平田) の一覧

2019-04-16

 

ケイミューのサイディングが搬入されました。

 


 

基本的に、建物全体をダークトーンでまとめた

F様邸。

 


 

屋内用に石膏ボードが搬入です。

 


 

一部クロス巻きの アール開口もできました。

 


 

石膏ボードは大供ではなく、専門職チームが入るため

ものすごい 作業の速さと、無駄のない動きで 効率の良さに

驚きます。

 

後工程の クロス屋さんからの評価も高いチームなので

安心できます。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/04/16 - 18:13 |
2019-04-06

 

ケイミューの15厚 サイディングが納品です。

 

基本的にダーク色でまとめています。

 


 

透湿防水シート 「タイベックシルバー」を巻いた

あと、縦胴縁を打ちます。

 

基礎の水切り上に

「スターター」と呼ばれる

専用金物を止めつけて

それに乗せるような格好で

サイディング施工は始まります。

 


 

「K-WIND」 という樹脂製

ペアガラス丸窓を取り付けました。

 

大手アルミサッシメーカー品だと

樹脂アルミ複合、もしくはアルミ枠サッシになってしまうため

セミオーダーも対応するこのメーカーに

発注しました。

 


 

 

窓枠など 大工造作で使う部材は

あらかじめ 大工さんが適寸にカットしておきます。

 


 

後は、一気に効率よく作業です。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/04/06 - 20:22 |
2019-03-30

 

玄関框も施工が終わり 石膏ボード張りを待つ状態です。

 

コスミック・ガーデンの建物は

外周壁だけでなく

X軸・Y軸方向にそれぞれ 構造用合板を追加して

張って行きます。

 


 

下地としても補強は勿論

やはり 耐震強度も上がります。

 

 

この写真でもわかる様に

食器棚用下地補強を兼ねて合板を張っています。

 

また 大きな開口部が並びやすい

南側の外周壁も 構造用合板でサンドイッチ状態にしてから

内側に石膏ボードを張ります。

 


 

 

階段も 1階から2階はほぼ出来上がり

小屋裏に向かう階段を掛ける途中です。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/30 - 19:28 |
2019-03-21

もう少しで階段掛けが終わります。



長めのビスを多用して

がたつきが出ないように、耐久性を高めておきます。





ヨーロピアンオーク 15mm厚 130mm幅

を採用しました。







玄関框の取付です。

フローリングを張り始める起点となる

部位にもなるので、慎重に作業します。



posted by コスミックガーデン | 2019/03/21 - 15:42 |
2019-03-16

 

断熱工事前に 電気配線工事は済ませておきます。

 

外壁に面する配線、配管類は

断熱工事後 一切変更、移動は不可となります。

 


 

外部に抜ける配管や 吸気口、換気扇のスリーブも

塩ビ管の廻りは 一液ウレタンを吹いて

隙間は 潰しておきます。

 


 

福山市から、ウレタン断熱のエキスパート

「マルフジフォーム工業㈱」さんが

約2日間かけて 断熱工事を行います。

 


 

 

屋根勾配の部分は 天井ではなく 屋根の裏側で断熱します。

 


壁面も同じく ウレタン吹き付けです。

 

屋根面の最低厚さは 80㎜が標準。

壁面は最低厚さ 60㎜が標準。

 

ツーバイシックスの構造体なので

懐は有ります。

 

ご要望の有る施主さんには

それぞれ 厚増する事も可能です。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/03/16 - 13:33 |
2019-02-28

瓦葺き中です。

三州の釉薬瓦で 多少の凹凸が有るタイプです。

色によって、「和」でも「洋」でもある程度対応できる感じです。





凹凸のあるタイプだと

瓦の裏の部分に隙間が出来るため

スズメやコウモリなどが住み着く事があります。

それを防止するために 樹脂製の蓋を

設置します。

身内内では「ちゅんちゅん止め」と呼んでいます。



ケラバ瓦(切妻屋根の場合 両端にのるエル字型の瓦)の

したには ステンレス板金による

捨て樋(すてどい)を設置します。



平面の瓦とケラバ瓦の間から浸入する

雨水をここで受けて 軒樋に導きます。



posted by コスミックガーデン | 2019/02/28 - 20:00 |
2019-02-20

 

F様手も引き続き建て方工事です。

写真のクオリティが低く

申し訳ありません。

 


 

屋根の二重通気層を作って

雨仕舞出来る様にしていきます。

 


「棟」の一部に 隙間のようなものが見えますが

屋根裏の湿気と熱気を排出するための

「棟換気システム」取付用の排気口となる隙間です。

 


 

 

出来るだけ速やかに 屋根防水となる

「ルーフィング」貼って行きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/02/20 - 19:59 |
2019-02-14

建て方工事が始まりました。

 

かなり冷え込みの強い朝です。


 

岡山市南区藤田のパネル工場から

ドンドン運ばれてくるツーバイシックスのパネルです。


 

 

ツーバイフォーのパネルの時代と比べて

1台のトラックに載せられる枚数がどうしても

少なくなってしまいます。

 


 

稼働する台数も増えてしまうので

色んな所にコストがかかってしまいます。

 


 

レッカーのオペレーターと

大工さんも無線でコミュニケーションを取りながら

適切な位置にパネルを分配していきます。

 

 

ドンドン 家の形になっていきます。

posted by コスミックガーデン | 2019/02/14 - 18:55 |
2019-02-08

 

建て方工事開始です。

 

先ずはプラットホーム作成です。

桧の土台を置いて、基礎と緊結。

その上に、根太・大引きを組んで

プラットホームを作ります。

 


 

スタイロホーム厚さ100mmのパネルを

はめ込んで、その上にホウ酸処理をした

構造用合板を敷き詰め 完成となります。

 

 


天井や 石膏ボードの張り方と同様に

全て「千鳥」で 隣り合う合板やボードの

端部が並ばないようにするのが鉄則です。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2019/02/08 - 19:44 |
2019-01-15

 

脱衣室と浴室エリア、玄関土間部分には

基礎のコンクリートの抱き合わせる様に

樹脂系断熱ボード 「カネライト」が入ります。

 


 

 

土台を敷き込む前に ボードと基礎立ち上がり部分の隙間に

雨水が溜まると 何かと面倒なので

コーキングを隙間を埋めておきます。

 


 

1階床面積の一部ではありますが

慎重な作業でそれなりの手間を食いますが

疎かにはできません。

 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/15 - 20:18 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp