現場建築日誌

現場建築日誌TOP > H様邸(倉敷市加須山)

H様邸(倉敷市加須山) の一覧

2019-02-25

 

西本電業さんが 配線工事に入りました。

 


 

枠組み壁工法の建物の電気配線の仕方を

熟知する電気業者さんははっきり少ないと思います。

 

在来木造と違い 面と面で構成する為

隙間がもともと少なく 穴を開けて良い場所とそうでない場所

「材」に対して欠損させても大丈夫な

範囲や割合など 通常の作業以上の知識と

技術が要求されます。


 

 

代表の藤井の自宅と近い感じの

トップライト4連窓。

 


 

圧巻です。

posted by コスミックガーデン | 2019/02/25 - 19:12 |
2019-02-08

建て方工事も終わり

断熱工事前のサッシ取付と外周部の

仕舞工事です。



大開口のAPW430が枠とともに

取り付けを待ちます。







玄関ドアも 高断熱ドア(実際には枠も含めた気密性能が

向上しているモデル)「イノベストD50・D70シリーズ」を採用

した H様邸。



ドアの開閉は 少々重くなりますが

性能はワンランクアップになります。



お馴染み 世界的なトップライトのメーカー

「ヴェルックス(デンマーク製)」の

天窓が数セット 搬入されています。



posted by コスミックガーデン | 2019/02/08 - 19:25 |
2019-01-31

 

大屋根を掛けます。

H様邸もトップライトが複数設置されるため

それ用の開口部を造っています。

 


 

二重屋根の一層目です。

 


 

何とか 屋根構造部が出来て

雨仕舞の為ブルーシートがかかり養生が終わりました。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/31 - 19:57 |
2019-01-26

建て方工事に入った H様邸。

1階床面積のの大きな 大屋根の2階建てデザインです。

 


 

パネル工場から ドンドン ツーバイシックスの壁パネルが

運ばれて来ます。

 

クレーン車のオペレーターも いつもの顔なので

連系もスムーズに進んでいます。

 


 

2階床根太パネルが組まれていきます。

 


 

構造的にかかる 荷重を「面」で受け止め

外周部に流すというイメージの枠組み壁工法。

開口部の多いな面や

屋根・上階の荷重が乗る箇所には

集成材も含め しっかりとした高さを確保した断面の

部材を使います。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/26 - 16:23 |
2019-01-22

土台の敷き込みが始まりました。

防蟻防腐処理した ヒノキの乾燥材が土台として

基礎に緊結されます。







床根太の間に専用金物を使い

100㎜厚の スタイロフォームを

隙間なくはめ込んでいきます。





陽が傾き始めましたが

順調に床断熱工事が進んでいきます。





2日目。

構造用合板床用が 1階床面(浴室・脱衣室除く)に

張りつめられます。



ウレタンのボンドを併用することで

床下の気密性もアップしています。





合板が薄緑色なのは

事前にホウ酸処理を済ませているからです。

posted by コスミックガーデン | 2019/01/22 - 13:10 |
2019-01-15

 

型枠が撤去された H様邸の基礎。

この段階では 通常かなり小さい(狭い)印象を

与えるのですが、ここは大きく感じるくらいの

ボリュームがあります。

 


 

いつも通り、天端のレベルも均一かつ正確です。

 


 

この後 給水・給湯・排水の先行配管を行います。

 

posted by コスミックガーデン | 2019/01/15 - 20:11 |
2018-12-20

敷地に対する建物の位置を表示する

「地縄張り」。

 

一般的には 地縄の段階では

凄く小さく、狭く感じるのですが

H様邸は この時点でも広く感じます。

 


 

基礎工事にかかりました。

先行配管スリーブや

立ち上がり、床板部分の鉄筋が出来上がった時点で

一旦 「待ち」になります。

 

 


 

第三者機関による、配筋検査を受けました。

 


 

勿論 合格を頂けたので 次に進めます。


 

ベタ基礎床板部分の土間打ちしたら

立ち上がり部分の型枠を組んでおきます。

 


 

この後、アンカーボルトをセットして

コンクリートを打ちます。

 

しばらく養生です。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/20 - 18:54 |
2018-10-18

 

建築予定地に有った 納屋を解体整地後

生憎のお天気ですが、地鎮祭を執り行う事が出来ました。

 

傘をさしながらで 不自由しますが

四方竹を立てて 結界を作ります。

 

 


 

今回は、浅口市寄島町の競馬神事で有名な

「大浦神社」さんにお越し頂きました。

 

女性神職(権禰宜)さんと一緒に

敷地の四方をお祓いです。

 


 

祝詞奏上から降神の儀のあと

「鍬入れの儀」です。 施主さん、工事人がそれぞれ

砂山に鍬や鋤を入れます。

 

 

当然乍ら 皆さん初めての作業なので

所作が分からず、戸惑ったりします。

 


 

奥様も 神官に寄り添ってもらいながらの

作業となります。

 


 

「エイ!エイ!エイ!」と3回大きな

掛け声とともに鍬を振り下ろすのですが

馴れないと 中々難しいと思います。

 


 

参列者全員 祭壇に手を合わせた後 記念撮影です。

 


 

諸手続きがまだなので、すぐに着工は出来ませんが

細かなところを煮詰めて行きながら 進めていきたいと思います。

 

本日はおめでとうございました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 19:00 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp