現場建築日誌

2018年04月 の一覧

2018-04-24

完成見学会を目前に追い込みをかける Y様邸。

工事中利用した 産廃用コンテナの回収や

建物廻りの土入れをお願いしている 「㈱インテックス」さんが

頑張ります。







玄関とポーチのタイル張りをしています。

施工中・完了直後は入れないので

リビングの掃き出しや勝手口から 皆出入りします。







建物の廻りでは 屋外給排水工事中です。



沢山の 汚水桝や雨水枡を接続していきます。

各地方自治体によって 排水の勾配や

汚水桝の仕様など 規格が違いそれぞれの指定に

合わせた内容で施工しなければなりません。







同じく キッチンや洗面化粧台などの

接続も水道業者さんの仕事となります。







クリナップの「SSシリーズ」ならではの

SUS304 ステンレスのキャビネットが輝いています。









脱衣室の洗濯機上部に

ウッドワンンのダンパー付開閉ボックスを

川野・山本両大工で 取り付けます。









「トータルナカニシ」さんは Y様と事前に打ち合わせして

決めて頂いた カーテン&レール&タッセルを

取り付けます。







それぞれの ポジションで 各職人さんたちが

頑張ってくれています。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/24 - 20:35 |
2018-04-23

陶製外壁がほぼ貼りあがりました。



全面黒色から一転、艶のある白色に

縦横の細い目地のラインが走り、

寺社仏閣のような清浄さを

感じさせる外観です。


 
内部には、お施主様肝いりの書庫が施工されているところです。


 
相当冊数を収納予定で荷重もかなりかかるため、

構造的な補強が加えられています。


 
本棚自体も、本の重さを支えるためツーバイの

構造材をふんだんに使用して組んでいきます。





1階天井高を超え、吹抜けの空間の

四方の壁を覆いつくす本棚は圧巻です。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/23 - 20:23 |
2018-04-23

 

垂木を流して 小屋組み完成。

 


 

取り付けを待つ 断熱サッシや

断熱玄関ドアたちです。

 


 

外周のパネルの隙間には

ウレタンを注入して 気密性能向上を目的として

隙間をつぶしておきます。

 


 

 

屋根瓦を乗せて荷重を掛けたり

ハリケーンタイなど 金物類を止めつけていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/23 - 20:12 |
2018-04-20

 

 

溶融亜鉛メッキよりも耐蝕性に優れたメッキを施したレールの

 

取付が終わり、煉瓦を施工する工事が始まりました。

 

 

 

内部の工事も

 

いったん大工さんの仕事が終わり

 

内壁の下地材の石膏ボードを貼っていく専門の業者さんが入っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/20 - 11:55 |
2018-04-18

 

 

基礎着工しました。

改良杭の上に 基礎のベースがのります。

砕石を敷き詰め 転圧をかけて

ベタ基礎床板部分を造ります。

 


 

 

ある程度 プレで作成した鉄筋を現場で組み立てながら

つなぎ、緊結していきます。

 


 

 

立ち上がりや 基礎換気口廻り、人通口廻り等

補強が必要な部分がよく分かる状態で

第三者機関による 「配筋検査」を受けます。

 


 

無事 合格を頂きましたので

コンクリートの打設に移ります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/18 - 20:15 |
2018-04-17

 

 

今だけ見る事の出来る

二重通気層の軒先開口部です。

 

緑色のなっているのは

ホウ酸塩処理が終わっている証です。

 


 

屋根には防水の為のルーフィングが張られています。

ケラバ瓦が有るタイプの瓦をチョイスされている

Y様邸では SUS304 ステンレス製「捨て樋」を

設けます。

 

ケラバ瓦から回った雨水をこの樋を

使って 屋根の雨どいまで流します。

 

瓦が葺きおわると先端部以外は見えなくなりますが

ガルバリウムやカラー鉄板ではなく

高耐久性を実現する為

コストは高いですが、ステンレスを使います。

 


 

 

屋ねん先端 棟部分には、屋根の通気層から

あがってきた 熱や湿気を排出する為の

「棟換気(棟風=むねかぜ)」を取り付けます。

 

 

棟瓦がのってしまうと 見えなくなってしまいますが

重要な役目を担います。

 


 

 

愛知県 三州の瓦 「丸栄陶業」の製品です。

 


 

 

ルーフィングには瓦桟 (ホウ酸塩処理済)を設置し

束になった瓦を 間配って

建物に荷重を掛けて 落ち着かせます。

 


 

しっかり荷重が掛かったら

帯金物などを 固定していきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/17 - 19:49 |
2018-04-17

 

朝からクレーン車出動で建て方工事が進みます。

 


 

総二階のシンプルなシルエットと言う事も有り

スムーズに進みます。

 


 

外周パネルはツーバイシックスなので

厚みが有って、天井根太も細かいピッチで入っているので

木材量も多く しっかりした強さが

この段階でも伝わってきます。

 


 

小屋(屋根)を組んでいきます。

写真左上の合板は

小屋裏収納スペースの床に当たる部分です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/17 - 19:36 |
2018-04-16

タイガーパイル工法で 地盤改良工事中です。





コンクリート製の柱(パイル)を地中に形成し

その中心にリブ付鋼管を差し込みます。







直径 400㎜のパイルに 48.6mm径&肉厚2.8mmの鋼管を

埋め込んだ頭の部分です。







この様な杭が Y様邸の場合44本施工する形になります。



posted by コスミックガーデン | 2018/04/16 - 20:05 |
2018-04-16

タイル職人さんが 細かい作業で

デザインタイルを施工しています。





B様邸は さまざまなタイルを採用されており

見どころが多くあります。





5月には 完成見学会を予定していますので

詳細はその時に。







キッチンはL型のタカラホーローキッチン。「レミュー」です。

ホーローの扉でも 他グレードと違い

かなりの高級感が有ります。

posted by コスミックガーデン | 2018/04/16 - 20:05 |
2018-04-14

 

透湿防水シート「デルタベント」を施工中です。

 


 

一般的に普及している製品より

かなり重量が有るので 大変です。

 


 

 

今回はパナソニック製のソーラーパネル「HIT」を

採用された K様邸。

 


 

ウレタン吹き付けの前段階の養生作業です。

 

大量のビニールシートとガムテープを使用し

強固な接着力を持つウレタンが付着すると困る

部位を徹底的に養生しておきます。

 

 


 

ウレタン吹き付けが終わった

屋根勾配裏面です。

 


 

外壁面の断熱も完了です。

 


 

 

外壁にあるコンセントをはじめとする電気設備品は

吹き付けを行うため断熱工事後の移動や増設は基本的には

「不可」なので 事前にしっかり検討・検証することが必要です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/04/14 - 16:56 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp