現場建築日誌

現場建築日誌TOP > M様邸(岡山市北区今) > 断熱施工と気密測定。
2018-11-02

 

現場発泡のウレタン断熱工事を開始しました。
サッシや 開口部など

不要な個所はビニールシートで

しっかり養生しておき、

30倍発泡の硬質ウレタンを吹きつけます。

 


 

水発泡や100倍発泡と比較すると

どうしてもコストは上がりますが

水蒸気の移動が無い事や

建物の強度あっぷなど

価格以上のメリットはあります。

 

 

 


 

ダクトや換気用の穴開け部周辺、

外気に直接面するエリアは

必ず 断熱施工を行います。

 


 

 

全邸 気密測定を実施しています。

床断熱仕様は基礎断熱住宅より

気密性を上げるのは 高い技術が必要になりますが

床断熱を採用し続けるのは意味があります。

 


 

プランや 床面積によっても 気密性能 C値は左右されますが

「0.5」以下は保証しています。

 

実質 岡山南部だと「1.0」以下であれば

充分な気密性能だと言われます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/11/02 - 13:39 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp