現場建築日誌

現場建築日誌TOP > S様邸(岡山市北区今1丁目) > 異形鉄筋の太さの違い。
2018-11-04

 

一定の形状で プレ加工された

基礎の鉄筋が搬入されました。

 


 

ベタ基礎の外周部を手作業で

組んでいきます。

 


 

 

床板部分と立ち上がりも

組み上がりました。

 


 

コスミック・ガーデンの標準仕様として

「主筋」と呼ばれる 異形鉄筋はD16(直径16mm)を

使います。

 

最近は13mmをダブルで使うところも

出てきましたが、強度でいうと

やはり断面積の大きな方が強いと言う計算から

16mmを採用しました。

 


 

 

縦方向に見えるのは13mm。

その下に細く見えるのが一般的に多用される

10mm径。

太さの違いは一目瞭然です。

posted by コスミックガーデン | 2018/11/04 - 11:04 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp