現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2018-12-28

 

「新東 セラム21 アイビーグリーン」という

瓦を採用です。

 

陽の当たり具合や 時間帯によって

その表情(色合い)に違いが出る 釉薬瓦です。

 


 

 

ケラバ瓦下には ステンレス製「捨て谷」を設置するのが

標準仕様となります。


 

8寸勾配という 急勾配屋根なので

屋根足場が必要です。

 

瓦を置いて荷重を掛けておきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/28 - 18:17 |
2018-12-28

 

上棟祭前に半日かけて

電気配線図の確認打ち合わせです。

 

図面だけでは感じ取れなかった

位置や高さ 使い勝手など現場で

確認頂きながら 最終決定して頂きます。

 


 

外壁面のウレタンを吹きつける個所に取り付ける

コンセントやスイッチボックスは

ウレタン発泡時に後ろから押されても

変形しないように金属ケース付きになります。

 


 

 

間仕切りなど 壁内が空洞の箇所に取り付けられる

ものは プラスチック製のボックスとなります。

 


 

 

建て方が終われば、金物で固定する前に

屋根上に瓦を分散配置させて 建物全体に

しっかりと荷重を掛けておきます。

 


 

 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/28 - 16:41 |
2018-12-28

開口部用アーチ状枠を

設置しました。





塗り壁仕様の場合、枠材を使わないで施工できますが

クロス張りの場合、仕上がりが美しくなることから

この様な部材を使用します。



リビングの壁面には

ニッチ状の収納スペースが設けられています。







1階の建具はウッドワンの

無垢ドア ピノアースが採用されています。



引戸なので ストッパー付の吊り金物が

組み込まれています。



posted by コスミックガーデン | 2018/12/28 - 16:33 |
2018-12-25

 

基礎配筋です。

 


 

主筋16mmなので

鉄筋の太さは一目瞭然です。

 


 

溶融亜鉛ドブ漬けメッキ Z55のアンカーボルトを

セットし終わりました。

番線と、樹脂クリップと

基礎天用レベルマーカーが見えます。

 


 

立ち上がりの型枠も組み上がり

コンクリート打設を待つばかりです。

 


ここ最近 ミキサー車の予約も取るのが

大変と言う事をよく聞きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/25 - 17:08 |
2018-12-25

 

工事用仮設の水道を立ち上げます。

既存のメーターから

敷地内の邪魔にならない位置に配管、立ち上げます。

 


 

基礎工事の「ベースワークス」さんが

基礎工事着工です。

 

 


 

 

道路とGLとの勾配なども考慮して

この後掘り方工事にかかります。

 

年内に捨コンまで行けると良いかなと

目論みます。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/25 - 16:54 |
2018-12-25

 

飾り手すり工事に取りかかった

河原大工。

 


 

既成品とは言え、細かなすり合わせや

調整が必要です。

 

本数もかなりあります。

 


 

太さやデザインのちがうモノが数種類使い分けされます。

 


 

将来的に すぐにぐらつくようでは困るので

しっかりとした取付と固定が必須です。

 

繊細なデザインを壊さない様な

加工も必要な工事となります。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/25 - 16:48 |
2018-12-24

建て方が完了しました。

 

構造体が全て組み上がりました。


 

 

大屋根の一部を2階として使用する間取りです。

 


 

大屋根も二重通気工法の為

タイベックシルバーを張った一重目の通気層の上に

胴縁を流し、二層目の瓦地を張ります。

 


 

ルーフィングを張ったら、瓦桟を打って

瓦葺きの工事にかかります。

 


 

瓦葺き工事も、陶製外壁ツイーゲルも

両方こなせる数少ない職人、「入江」さんが

瓦の梱包を開きます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/24 - 13:03 |
2018-12-23

 

化学系薬剤を使っての防蟻処理をしています。

土壌、躯体(床から1m屋内外)には

薬剤処理を施します。

それ以外の開口部や、屋根などは主に

ホウ酸塩処理となります。

 


 

防蟻防腐処理が終わると

直ぐに電気配線工事を西本電業さんが行います。

 


 

斜めショートカットやたるんだり

絡まったままの配線ではなく

直角、直線、垂直でまとめます。

見えなくなるモノですが

後々のメンテナンスや増改築時にも

メリットがあります。

 


 

 

キッチンの換気扇のダクト配管も

電気屋さんの仕事です。

可動時にビビらない取付、

外壁に穴を開けるため

気密がダウンしない様な

隙間を埋める処理等、よくよく高気密・高断熱住宅を

理解した職方達がいないと

高性能の実現は机上の空論となってしまいます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/23 - 17:21 |
2018-12-23

 

石膏ボードが張り進む O様邸。

 


 

採寸して、ボードをカット、切り口を整えて

躯体に留め付けていく作業が繰り返されます。

 


 

対面キッチンが据わる

造作壁&カウンターも出来上がります。

食洗機用の電線と、手元用コンセントの配線が覗きます。


 

 

吹き抜けがあるO様邸では

露出の梁が有ります。

 

構造用の木材に照明用の配線を流した後

化粧材で蓋をする形です。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/12/23 - 16:57 |
2018-12-22

建て方が始まりました。





小屋裏を利用した勾配のある2階建てです。





生活は1階で全て完結する

平屋の考え方です。





1階部分にかかる荷重は大したことはないのですが

やはり 建物強度と耐震性を考えて

ツーバイシックス工法となります。









これは 西面(北はかなり振っていますが)。

東面の屋根には 太陽光発電システムを予定しています。

posted by コスミックガーデン | 2018/12/22 - 12:38 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp