現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2008-03-06

 本日、K様邸のお引渡しが無事行われました。 

テープカットにビックリされながら

そのお顔は、嬉しそう♪ 

花束をみながら、「かわい~~」

 

残念ながら、お子様はお越しになることが出来ませんでしたが

きっと思い出深い記念の日になったことでしょう♪

 

K様とは、お母様を通しての出会いでした♪

出会いから言うと何年たっているのでしょう~~

ご主人様とお会いしたのは、下のお子様がまだ奥様のお腹にいるとき・・・

そのお子様が、三歳なのですから

かれこれ三年以上にはなるわけです。

時の流れは、本当に早いものですね~

今日からは、このK様の人生の中に

「家」と いうかかわりの中で、コスミック・ガーデンも刻まれていくのでしょう・・・・・

 

K様もずっと御覧下さっていたので

この場をお借りしまして、本当に御世話になりました。

私自身本当に楽しく「家創り」をさせて頂くことができました。

ありがとうございました。 

posted by コスミックガーデン | 2008/03/06 - 11:55 |
2008-02-28

本日より美装工事の為、

 室内の養生を取りました。

養生とは、床材を工事中傷つけないよう

保護するため、床材の上に設置するボードです。

養生を取ると無垢材の素敵なフロアーが見えます。

当社では、後々の傷のことを考え

床材は無垢を基本仕様としているのですが

K様邸の床材は、「レッドオーク」の無垢材の

15mmを使用しています。

posted by コスミックガーデン | 2008/02/28 - 17:23 |
2008-02-27

待ちに待った陶製外壁が、現場に搬入されてきました。

O様も早速御覧になられ、メールで「素晴らしい」とご報告を受けました。

ここに積み上げられた、陶製外壁はほんの一部

今回の建物では、三つの釉薬がかかった、陶製外壁を使用し

あるパターンを用いて、張り上げていきます。 

 

下の写真は、陶製外壁を写したもの

張りあがると分からないのですが、

貼り上がって実際目に見えている部分より

隠れてしまっているほうも、結構面積があります。 

造る段階で、雨の際の水の流れ

構造体に打ち付ける際のビスの設置の問題など

当初課題は山済みでした。

本当に、1ミリ単位で計算された陶製外壁「ツィーゲル」

出来上がるのが楽しみです。

posted by コスミックガーデン | 2008/02/27 - 19:06 |
2008-02-27

 N様邸の2階間仕切り壁です。

  

   一般的に、間仕切り壁は、骨組みの上に

   PB(プラスターボード:石膏ボード)だけを張ります。

   クロスを貼る下地ですし、耐火の関係もあります。

   その上、構造上も 「係数1」 と言って強度のあるもの

   として見てくれます。(法規上)

   しかし、石膏ボードは地震があったとき、1回目は耐えてくれますが

   2回、3回めの余震の時耐え抜いてくれません。

   止めているビスの廻りが地震の力でボロボロになってしまい

   「面」として支える強度は無くなってしまいます。

   そこで、コスミック・ガーデンは外部と同じ構造用合板を張った上に

   石膏ボードを張ります。   構造計算上も石膏ボードをカウントしません。

   無くても、基準を優にクリアできるように設計します。

   同業者の方達からは、「そこまでせんでも・・・。」  「コストがあがってしまう・・・。」

   「オーバークオリティ過ぎる。」   などと言われてしまいます。

   「住宅にオーバークオリティは無い!」 という弊社 藤井 の

   考えでこのような仕様にしていますが、昨今の構造計算偽装や

   強度不足問題を見聞きすると、やはりこの考え方、仕様でよかったんだと

   思います。

    

   ちなみに、これは1階の床の捨て張りです。

   特殊な施工がこのあとに控えているため、

   このような工事をしています。    

posted by コスミックガーデン | 2008/02/27 - 11:31 |
2008-02-26

本日、めでたく地鎮祭を迎えられたS様

この日は、小雨がパラパラと振っておりました。 

そこに、可愛く三つ子ちゃんたちが、

初めての長靴と傘を嬉しそうに やってきました。

  ご主人様が、四方を清められています。

 

     鍬入れも堂に入ったものです。

皆さんでそろって記念撮影♪

ハイチーズ!!

ここでもお子様は、傘をけしてはなしませんでした♪ 

これから、宜しく御願いします♪

posted by コスミックガーデン | 2008/02/26 - 19:42 |
2008-02-26

外壁を施工する前に

どうしてもしなくてはならないのが下地処理

 これは、これから張ってく、陶製外壁の下地になって行きます。

陶製外壁は、ビスを四点止めしています。

ですから、地震がおこってもずれたり、落ちたりという心配はありません。

しかし、割ってしまうと取替えしかないという

悲しい結果になりますので、ご注意下さい

posted by コスミックガーデン | 2008/02/26 - 18:33 |
2008-02-26

  FRPの防水工事をしていたN様邸。

  屋根部分の工事完了しました。

  雨が降った直後なのでキチンと防水できているのを

  確認できましたし、ワックスを掛けたばっかりの

  クルマのようなコロコロの水の玉が出来ていました。

  

  

  半分腐りかけていた排水ドレンも新しく交換したので

  雨水が溜まることなく流れ去ってくれます。

 

   

  次は、外壁の防水と屋内のリフォームの準備に入ります。

posted by コスミックガーデン | 2008/02/26 - 18:22 |
2008-02-26

 玄関タイルが張りあがりました。

当初は150角タイルを使用する予定でしたが

今回は、K様のご希望で300角タイルを施工することとなりました。

外壁の色合いによくマッチした仕上がりになりました。

タイルは、大きさによって金額が違いますが

仕上がりの雰囲気もそれによって異なってきます。

 金額を取るか、仕上がりの質感を取るかと言うのは、

本当に難しい問題ですね~。 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2008/02/26 - 17:11 |
2008-02-22

 K様邸の外観

よく御覧になって頂くと解りますが

実は、下の写真のように樋の色を変えています。

通常と、樋の色は一種類

しかし、今回は外観の雰囲気を出来るだけ変えずにという

ご希望だったもので、業者さんに無理を御願いして

色を変えていただきました。

その分、樋の色で外観の色が分離されることなく

仕上がっています。

小さなこだわりですが、

このこだわりが建物が完成したときに

大きな違いになってきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2008/02/22 - 17:48 |
2008-02-21

 岡山市東古松のN様邸(コンクリート造)の屋根防水工事です。

 もともとの防水層に無数のヒビが入り

 雨漏りがありました。

 古い防水皮膜をケレン(掃除・削除)し、FRP防水をかけます。

  

 

 ここ数日、天気もよいのでしっかり乾燥した下地の上に施工します。

 仕上げは後日になりますが、しっかり雨漏りが止まれば、

 被害にあった居室の改装に着手できます。

   

posted by コスミックガーデン | 2008/02/21 - 19:48 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp