現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2008-07-22

 地鎮祭を前に、地盤調査に入りました。

 もともと、切土なので地盤に不安は感じていませんでしたが

 調査に入って安心しました。

 まだ、キチンとした調査結果は来ていませんが、

 SS(スウェーデン式サウンディング)では

 地表から数十センチ程度でそれ以上管入出来ませんでした。

 

   

  この日も、33度を超える猛暑の中、 「トラバース」 のスタッフは

  頑張ってくれています。

 

      

posted by コスミックガーデン | 2008/07/22 - 11:51 |
2008-07-19

外壁の下地材「ダンテンラス」が張りあがりました。


  この素材は

ラスと下地材を製造段階で一体化させている商品です。

施工性が良いのはもちろんとして

ラスの錆を防ぎ、ひびが入らず 

耐久性、コストの削減にも効果があります。 


   凹凸があることで通気ロスも出来ません。

 

posted by コスミックガーデン | 2008/07/19 - 15:15 |
2008-07-09

N様邸のクロスが張りあがりました。

玄関ホールには、「紙」 をベースにした高級品で、

一般価格m当たり 5,000円を超えるクラスのものです。

 

2階にある書斎のクロスも 「シルク」 で、㎡20,000円の最高級品で、

有名な高級ホテルのスウィートルーム並みの仕上がりとなります。

写真は次回にアップしますのでしばらくお待ち下さい。

 

主寝室の天井のクロスも 京都のエリモ工業さんで特注したもので、

デザインは既製の千代紙を元に、

「色」を指定したものに寸分たがわず再現をお願いしました。

玄関ホールの照明もちょっとだけご紹介しておきます。 

上記のクロスの価格は一般市場の価格であり、

今回は特殊なルートにより格安にてご提供できました。

在庫に限りがありますので沢山は使えませんが、現物の質感は凄いですよ。

posted by コスミックガーデン | 2008/07/09 - 16:53 |
2008-07-08

本日、タカラスタンダードのお風呂の取り付け作業です。

いつも御世話になっている職人さんが

丁寧に取付作業を行ってくれました。

通常より洗い場のほうが高いのは、

この後、一階の床高が上がるためです。

タカラのお風呂は、断熱がしっかりとされているので

冬場洗い場でも、寒さを感じることはありません。

posted by コスミックガーデン | 2008/07/08 - 19:48 |
2008-07-07

解体工事が始まるのをまっていたかのように

梅雨が明け、暑さが厳しくなってきました。

 それまで、こちらにお住まいになっていた、O様のご両親   

 ご両親の住まい作りのスタートは

解体ではなく、解体前からスタートを早々と切っておりました。

 

        
          

 

実は建具屋さんでもあるお父様

ご自身で、サッシを取り外し、フローリングをはがし仮住まいへ持ち込み

キッチンを撤去したかと思うとこれまた、仮住まい先へ・・・・・

 

何を隠そう「仮住まい」

作業場を改装したお父様の手作り

だけど凄いんです!!

見せてもらうと、座上げを行い、水もご自身で引き込み

キッチンの取り付けから、サッシの設置、

仏壇置き場や、フロアーの張り、壁の処理

はたまた、お洗濯物が干せるようにと

ベランダまでお手製・・・・ここまでくると「職人技」

こちらの方が感服いたします。

これからは、新築工事のスタートです。

楽しみですね♪ 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2008/07/07 - 17:54 |
2008-07-02

実際の工程よりかなり遅れての報告になりますが。

N様邸、電気温水器が設置されました。 

建物内もクロスを張る下作りのパテ作業も

殆ど完了しました。

一般の紙クロスやエコクロスとともに、

特注品の高級クロスも一部に採用しています。

格段に高い質感に、われわれも期待しています。

posted by コスミックガーデン | 2008/07/02 - 15:11 |
2008-06-30

あらかじめ、「ダンテン」 を施工するための下地

(ステンのラス網と特殊モルタルがプレで加工されたもの)を、

通気胴ぶちを打った上に止めつけていきます。



以前のラス網を一から止めていく方式に比べて

格段にスピードアップです。

いろいろな意味で画期的で優れものの 「ダンテン」。

左官仕上げで、テクスチャーも様々なものが選択できます。

最近、似たようなノンクラックモルタル外壁が登場してきています。

いつか比較して見ます。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/30 - 20:16 |
2008-06-23

タカラスタンダード製のユニットバスを組み立てています。

タカラのお風呂はステンレスの架台方式のため、

コンクリートの土間の仕上げを高いレベルで要求されます。

ステンレスの洗い場(本物の磁器タイル張り)が見えます。

カラーステン製の浴槽が組み込まれるのを待っています。

外側には、発泡ウレタンを吹き付けているため、お湯が冷めにくくなっています。

ウレタンで囲まれた建物内に再度ウレタン吹きの浴槽が入るわけです。

これは同じく組み立てを待っている、ホーローの浴室壁です。

表面がガラスのホーロー製のため、あらゆる洗剤や研磨剤に対して強く、非常に掃除が楽な壁です。

他社のユニットバスに比べ、デザインや高級感ではかないませんが、

高い耐久性と強度、それに掃除などのメンテナンスが簡単というお勧めのモノです。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/23 - 20:04 |
2008-06-20

Y様邸の断熱工事が完了しました。

壁面、天窓の側面は、発泡ウレタンを吹きつけ、

天井面はセルロースファイバーを180ミリ吹き込みます。

コンセント廻りも隙間無くウレタンがふさぎます。

壁面のウレタンは、水で発泡させたり、原液を100倍に

発泡したりするやわらかいタイプではなく、

指で押してもかなり硬い硬質のものです。

断熱材内部の気泡が独立しており、

熱が一段と伝わりにくいのです。

トップライト(天窓)の側面も外部に面した空間であるため

ここもウレタンで吹き付けています。

次回ユニットバスの組み立てを報告します。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/20 - 16:54 |
2008-06-20

本日は、お風呂の設置作業

設備で一番に入ってくるのがお風呂です。

 

      

 

タカラスタンダードさんのお風呂は、足回りがしっかりしていて

断熱が浴槽にきちっとウレタンで施工されているので

冬場にお風呂に入っていても

 

       

 

 

暖かく入浴が出来ます。

職人さんもいつも当社を担当してくださっている方で

手馴れたものです。

posted by コスミックガーデン | 2008/06/20 - 10:20 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp