現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2017-10-02

 

床根太を組み始めたY様邸。

出来るだけ 床束(金属も樹脂製も)は

使わないように アンダーウォール(コンクリートの内部間仕切り用基礎)を

たくさん通しているコスミックガーデンの基礎です。

 


 

旭化成の「フェノール樹脂断熱材・ジュピー」を

床根太間に専用留め金具を使って

はめ込んでいきます。

 


 

ウレタンボンドを使って 構造用合板を張って

気密を取りながら プラットホームを作り上げていきます。

 


 

床の合板も ホウ酸処理を施しています。

 

 

建て方を前に、週末はY様ご夫妻は

電気配線工事の図面打ち合わせです。

 

ここで決まったことを

上棟時に現場で確認して最終決定とします。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/02 - 19:16 |
2017-10-02

 

引き続き、「ヘリンボーン」張りの作業が続きます。

1mmの狂いが 張り進むと数センチになることも

有りうるので1枚1枚を削りながら微調整していきます。

 


 

フロア同士がぶつかり合う 先端の角度もしっかり確認しながら

カットします。


 

張り上がりです。

 

すぐに養生してしまうので、見えなくなってしまいますが。

 


 

 

この仕上りにお目にかかるのは、引き渡し直前の

「美装工事」完了時になります。

 

 

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/10/02 - 18:57 |
2017-09-30

 

地盤調査の結果 改良不要との結果が出たB様邸の敷地。

早速に 基礎工事に取り掛かります。

 


 

現状の地盤面よりも鋤取りするところと

盛っていくところとがあり

場内の土を動かしたり新しく搬入したり。

 

 


 

 

基礎の床掘が終わって砕石を敷き詰めたら

ビニールシートで水分上昇を止めておきます。

 


 

 

この上に 床板部分の鉄筋を組んで

ベタ基礎としていきます。

 


 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/30 - 20:29 |
2017-09-30

 

大工造作が進み、化粧手摺の階段が姿を現しました。

 

リビングの吹き抜けに接する階段です。

 


 

 

キッチンのコンロ側には 細身のタイルを

あしらいました。

 


 

 

床も玄昌石のような風合いを持つタイル張りとし

高級感を演出しています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/30 - 20:19 |
2017-09-29

土台敷き込みが始まったY様邸。





乾燥材である桧の防腐剤加圧注入の 土台を基礎に緊結していきます。





文字が反対になっているのは、その木材個体の

「反り」具合に合わせて 反対にしたりしなかったりを決めながら

使うためです。





溶融亜鉛ドブ漬けメッキ Z55仕様のアンカーボルトに

緊結する「座掘り」したところには、手作業で ホウ酸塩を塗付してから

同メッキのワッシャーとナットを留め付けていきます。







床下断熱に使う 「フェノール樹脂」断熱材を

積み上げています。







そうこうしているうちに、1階プラットホームの部材が

搬入されて来ました。







防腐処理と共に ホウ酸処理を既に終わらせています。



薄いグリーンになっているので判別できます。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/29 - 15:50 |
2017-09-29

 

階段がかかりました。

 


 

階段の下(裏側)の天井に当たる石膏ボード用の

下地を組みました。

 


 

 

2階のフローリングの下には 捨て貼りとして

高密度石膏ボードを使います。

 


 

密度が高く、重量の有るものを

敷き詰めることで 重量衝撃音を緩和する効果が期待できます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/29 - 15:39 |
2017-09-26

 

 

玄関や洗面脱衣室、バスエリアに

埋め殺しするボード状断熱材 「押出法ポリスチレン(商品名ミラフォーム)」です。

 


 

コンクリートを打設しても その重量や圧力で

押しつぶされにくい硬い性質です。

 

こういった断熱材を埋め込んでもなお、冬場の地面と接するコンクリートは

冷えてしまいます。

 

 

型枠も撤去され 天端のレベルも微調整が終わった状態です。

 


 

先行配管と土台敷前の 「墨出し」が待っています。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/26 - 19:29 |
2017-09-26

大工工事が進んでいきます。



壁面の下地用合板の貼り付けや、

X軸方向・Y軸方向の間仕切り壁を耐力壁化して

更なる耐震性能向上を目的とした

工程もあります。







限られた 作業スペースを確保する為

材料を床に置かないようにする 仮設の棚なども作っておきます。







K様邸の 見どころの一つでもある

「オーク材 ヘリンボーン張り」フローリング。

「ヘリンボーン(魚のニシンの骨)柄」と言うのは

写真を見て頂ければ解って頂けるはずです。



一枚一枚をキレイに張っていき、歪まないように

ずれないように進めていくのも難しい作業となります。







広い面積で仕上がると 高級感も含めて「圧巻」といった感じになります。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/26 - 19:21 |
2017-09-22

 

ウレタンの吹付断熱工事にかかり始めた

S様邸。

 

養生など下準備をしていきます。

 

外部から導入するCD管や 電線の場合

穴開けをしたところを 1液ウレタンスプレーで

隙間を塞いでおきます。

 


 

 

コンセントボックスやスイッチボックスの

ケースやスタッドは養生テープやビニールシートで ウレタンが付着しないように

養生しておきます。

 


 

 

樹脂サッシの窓枠と 躯体の間にわずかな隙間が出来ますが

ここも1液ウレタンで埋めていきます。

 


 

写真のようにはみ出したウレタンは、後ほど削っておきます。

 

 

 

間仕切りを含め 断熱エリアとは関係の無いスタッドや

木材など ビニールシートで写真のような養生を施します。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/09/22 - 16:05 |
2017-09-22

電気配線工事と2階からの排水管設置工事が終わりました。







CD管と合わせて 整理整頓 真っ直ぐに伸びる電線は

気持ちのいい仕上がりです。



電線などを節約するために

最短距離を適当に流してしまう 電気屋さんが多い中

一味違います。







換気扇や 吸気口のスリーブなどを入れるのも

西本電業さんの仕事です。

posted by コスミックガーデン | 2017/09/22 - 10:37 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp