現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2018-10-19

 

天候に恵まれ

 

上棟祭の日を迎えました。
 

式までの間、朝から現場での電気配線の確認を行いました。

 

 

 

式の方は

 

施主様と一緒に建物の四方を清める四方払い、

 

 

 

建物内へ戻って、

 

設けた祭壇に向かって祝詞奏上、参拝とすすみ、

 

無事に式の方を終えることが出来ました。

 

 

 

お昼になり、

 

施主様の方でご用意いただいたお昼ご飯を参列者全員で頂きました。

 

 

午後は施主様にもうひと頑張りいただき、

 

電気配線の打合せの続きでした。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/19 - 14:34 |
2018-10-18

 

建築予定地に有った 納屋を解体整地後

生憎のお天気ですが、地鎮祭を執り行う事が出来ました。

 

傘をさしながらで 不自由しますが

四方竹を立てて 結界を作ります。

 

 


 

今回は、浅口市寄島町の競馬神事で有名な

「大浦神社」さんにお越し頂きました。

 

女性神職(権禰宜)さんと一緒に

敷地の四方をお祓いです。

 


 

祝詞奏上から降神の儀のあと

「鍬入れの儀」です。 施主さん、工事人がそれぞれ

砂山に鍬や鋤を入れます。

 

 

当然乍ら 皆さん初めての作業なので

所作が分からず、戸惑ったりします。

 


 

奥様も 神官に寄り添ってもらいながらの

作業となります。

 


 

「エイ!エイ!エイ!」と3回大きな

掛け声とともに鍬を振り下ろすのですが

馴れないと 中々難しいと思います。

 


 

参列者全員 祭壇に手を合わせた後 記念撮影です。

 


 

諸手続きがまだなので、すぐに着工は出来ませんが

細かなところを煮詰めて行きながら 進めていきたいと思います。

 

本日はおめでとうございました。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 19:00 |
2018-10-18

上棟祭を迎えたO様邸です。

 

施主さん一家と 大工さんはじめ関係スタッフが

揃います。


建物の四隅を 御神酒、あら塩、洗い米で

清めていきます。


 

お子さんも一緒にお清めを手伝ってくれます。

 

 

上棟祭の時に 工事安全祈願と

O様一家の発展を祈願した

「御幣」を小屋裏にお祀りしておきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 18:22 |
2018-10-18

 

地盤改良工事前に現地で 位置や地盤の高さ設定などの

最終確認です。

 

 


 

午前中から関係車両が続々集結します。

 


 

プラント車両も到着です。


2~3日掛かる 改良工事となります。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 18:09 |
2018-10-18

 

プラットホーム作成中です。

 

土台を敷いたら、その上に床根太・大引きを組んで

断熱材をはめ込んだら、構造用合板で

面構成してプラットホーム出来上がりとなります。

 


 

天候に変化があっても ホウ酸が流れないように

大型ブルーシートで養生します。

(大型のブルーシートは結構高額です。 使用後は穴が開くので

他の現場で再利用、と言うのが難しいのです。)

 


 

大型クレーンが来て ツーバイシックスのパネルを

吊り上げていきます。

 


 

 

間仕切り壁が多く 複雑なプランニングの上

床面積も大きめなので

普段より時間はかかります。

 

posted by コスミックガーデン | 2018/10/18 - 17:54 |
2018-10-16

 

隣接する水路への転落防止に

ブロック+フェンスの境界工事は

引渡し前に完了させる工程です。

 


 

フェンスのなかでは ベーシックでコスパの高い

YKKAP シンプレオ T2型を使います。

 

APW樹脂サッシの外装色と同じく

プラチナステン色で合わせました。


 

 

外壁は陶性外壁ツイーゲルⅡで

少しでもエアコンの配管カバーが

目立たないように 「隠蔽配管仕様」にしています。

 


 

配管カバーが伸びてないので、隣のエコキュートのヒートポンプ(室外機)と

ほぼ同じに見えます。

 

 

ウィンターガーデンの奥行き1820mm(1間)

なのですが、外壁がツーバイシックスで

厚みがあるため これでも程よいと感じるくらいになってしまいます。

 


 

タカラスタンダードの「グランディアI型 2550㎜」です。

 

人造大理石の天板と ラジエントヒーターが特徴です。

 


 

カップボードも同じくタカラスタンダード グランディアシリーズです。

 

天袋の無い仕様で

表面に波のある光沢有の磁器タイルが

目を惹きます。

 


 

 

 

少しづつ 製品の精度が上がってくるツイーゲルⅡ。

初期のモノより 軽量化も出来ました。

 

光の当たりかげんによって

日中か? 夕陽か?によっても表情が大きく変わって見えます。

 


 

 

割れない限り 半永久的な耐久性を持つ陶性外壁シリーズ。

初期投資はそれなりにかかりますが

定期的な塗り替え工事などが 不要となります。

 

経年により「傷む」のではなく「味わい深くなる」変化を

楽しむこともできます。

 


 

 

今後エクステリア工事の打ち合わせを重ねていくことになりますが

ここで一旦区切りをつけて

F様にお引渡しです。

 

 


 

エコキュート等 設備機器の取説と

玄関キーを工事用からマスターキー、カードキーに

切り替えます。

 

 

 


 

気候の善い中間期ですが

これから冬に向かって 寒くなって行くとき

本物の高気密・高断熱住宅の性能を

堪能して頂けると確信しています。

 

今後とも宜しくお願い致します。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/16 - 17:08 |
2018-10-16

土台の上にツーバイエイトを井桁状にくんで・・・。


 

 

根太間にスタイロホーム厚さ100mmを

セットしていきます。

 

コスミック・ガーデンは「床断熱」です。

 


 

ホウ酸処理を済ました構造用合板で

大きな「面」を造ります。

 


 

これで「プラットホーム完成」です。

雨養生の後、足場を組んで。

 

さあ、建て方工事(上棟)開始です。

 


 

斜め向かいの敷地を借りることが出来、

大型重機や、工事関係車両が入れます。

 


 

施主さんのご親族や 近隣の皆様の

暖かいご協力を頂き、順調に棟上げが進みます。

ありがとうございます!

posted by コスミックガーデン | 2018/10/16 - 16:22 |
2018-10-15

型枠を組んで コンクリート打設をまちます。

 

鋼製型枠で精度は上がっていますが

それでも 細かいところの微調整やチェックは欠かせません。

 


 

 

コンクリート打設打設後

しっかりした養生期間を置いた後

型枠撤去です。

白い綺麗な基礎のお目見えです。

 


 

全てのアンカーボルトが

「溶融亜鉛ドブ漬けメッキZ55仕様」です。

 


 

 

基礎の天場もサンダーを使い

+-(プラスマイナス)2mm以下で

最終調整しておきます。


 

キッチンの真下に当たる部分の

給排水管工事が見えます。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/15 - 19:30 |
2018-10-14

「陶性外壁ツイーゲルⅡ」の施工も

終盤になったY様邸。



ある角度から見ると仕上がったように見えるくらいです。





インターホンやサッシ廻りなど

これから処理していく個所もあります。





瓦職人であり ツイーゲルの施工実績・件数は

随一のIさん。



大量の粉塵が舞うので

作業用テントの中で 加工していきます。





夏場はかなり過酷な仕事になります。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/14 - 16:06 |
2018-10-13

 

U様邸の土台敷き込みが始まりました。

大工さんたちが アンカーボルト結合部分の

「座掘り」を行います。

 


 

アンカーボルトに通して

基礎の上に載せた後

手作業で座掘りしたところに 「ホウ酸塩」を

塗布します。

 


 

その後 ナットを装着後

インパクトで締め付けていきます。

 


 

基礎が含んだ水分が土台に行かないように

ビニールシートを全ての基礎天に敷いています。

 


 

キルドライ材(乾燥材)に防腐剤を「加圧注入」した

ひのきが土台となります。

posted by コスミックガーデン | 2018/10/13 - 17:57 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp