現場建築日誌

現場建築日誌TOP
2017-08-27

 

上棟際の後には、第三者機関による 「中間検査」を

受けることになります。

 


 

外部、内部共にチェック項目は多岐にわたります。

 


 

図面通りなのかは当然として、枠組壁工法(ツーバイフォー&シックス)独自の

チェック箇所があります。

 

釘類の適切な使用本数と場所。

金物類の取付具合や場所と数。

などなど・・・・

 

もちろん 無事合格です。

 

次は ホウ酸塩処理を行います。

 

 


 

窓周りなど開口部は養生しながら

吹き付けていきます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/27 - 16:28 |
2017-08-27

 

外壁工事ではまず、

 

構造躯体と外壁との間に通気層を設けるため

 

胴縁を打ち付けていきます。

 

 

 

今回ケミューの光セラサイディングを採用しました。

 

長期的にも汚れに強く、メンテナンスが掛かりにくいタイプです。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/27 - 15:42 |
2017-08-26

 

基礎工事がほぼ終わりです。

 

 

 

 

配筋検査も無事に通り、コンクリート打ちは土間ベース部分をまず打ちました。

 

 

 

 

型枠を取り外した後、

 

内玄関、洗面脱衣や浴室の土間部分の基礎断熱工事をします。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/26 - 14:07 |
2017-08-23

プラットホームの続きです。

 

根太の間に フェノール樹脂系断熱材 「ジュピー」をはめ込んで

床断熱を作ります。

 


 

追加した部材にも、手塗りでホウ酸塩処理を施します。

 


 

 

構造用合板で床面全体が張り終わったら、プラットホームの完成です。

 

この後、養生をして終了です。

 

足場を組んだら、建て方が始まります。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/23 - 19:14 |
2017-08-22

 

外壁として「ケイミュー」のサイディングを施工中のO様邸。

 

下半分は 木目調の表情の濃い色のモノ。

 


 

釘打ちではなく、金物固定の製品です。

ハットジョイナーと呼ばれる薄いブルーの金物が

見えますが 張り終えた後 バックアップ材(スポンジテープ状)を

はめ込んで 専用コーキング(メーカー純正の指定品を使うことで

保証期間延長)を打ちます。

 


 

 

上半分は 白いカラーで 「中空タイプ」と呼ばれる

軽量化の為の中空層があります。

 


 

ツートーン仕上げを楽しみに待ちます。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/22 - 19:26 |
2017-08-22

 

完成見学会を終え、最終チェックと

もろもろで・・・。

 

タカラスタンダードの「グランディア」には

600幅のリンナイ製 食洗機がセットされています。

少し低い位置の設定ですが、シンクの下方にレイアウトするのが

タカラの方針です。

 


 

 

標準採用となった 「感震ブレーカー」です。

地震を感じると このブレーカーが作動します。

 

電気の供給をストップしますが

復旧後、人的に操作しないと電気は通りません。

通電したがための火災などを防止します。

 


 

 

 

2階には 無塗装の「カバ材」フローリングを施工していたので

天然系ワックスで表面をコーティング。

 

展示会の時より 若干深みのある濡れたような色合いで

表情を変えてくれました。

 


 

 

カーテンもセミオーダー品は 取付が終わっており

光沢のある「タッセル」が目を惹きます。

 


 

次はお引渡しです。

posted by コスミックガーデン | 2017/08/22 - 19:15 |
2017-08-21

 

世間では帰省の大渋滞や乗車率200%かという

混雑の中、お日柄が善いので I様邸の上棟際を執り行いました。

 


 

 

足場の関係で 建物の外側を通るのが

難しく 今回は屋内からの四方のお清めです。

 


 

鬼門方向から時計回りで 御神酒・塩・お米で

清めていきます。

 

 

工事の安全と、I様ご一家の発展を祈願する

祝詞奏上。

 


 

お子さんにはお茶を入れて、大人は御神酒で乾杯です。

 


 

 

I様のご厚意により、お食事を用意頂き

職方を含めたコスミック・ガーデンのスタッフと

会食をしました。

 


 

猛暑の中、連続の建て方が続いたので

大工さんたちも少々お疲れでしたが

予定通り 盆休み前に I様邸を問題なく

無事に立ち上げることが出来て一安心です。

 

 

ここからの工事は 少々時間がかかりますが

しっかり 確実に進めていきますので

よろしくお願いします。

 

本日はおめでとうございました。

 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/21 - 20:01 |
2017-08-21

お盆前を思い出させる炎天下ですが、

土台敷込とプラットホーム施工が始まりました。

 


 

工場で製作済みのプラットホーム部材を

適所に組込んでいきます。


 

工場の中で ホウ酸塩の塗布を済ませているので

積み上げられた部材は薄緑色になっています。

 

溶融亜鉛メッキZ55のアンカーボルトと座金を

落とし込む「ほぞ穴」が現場で開けるため

その都度手作業で ホウ酸を塗付しておきます。

 


 

 

土台と基礎の天場の間には防湿用のビニールシートを

挟んでいます。

 

 

「KD=キルドライ材(乾燥材)」の桧(ひのき)の土台に

加圧注入の防蟻・防腐処理をしたモノですが、

その上に 追加でホウ酸処理をしておきます。

 


 

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/21 - 19:43 |
2017-08-18

 

「棟換気」と呼ばれる 屋根瓦の裏や、二重通気層wから駆け上がってきた

熱気や水蒸気を排すつするための 部材です。

 

棟瓦がこの上に載ってくるので、見えなくなります。

 


 

 

屋根のてっぺん。「棟」に一定間隔で見える

シルバーの部材 商品名は 「棟風(むねかぜ)」と言います。

 


 

 

下の方では、Kmew(ケイミュー)の

サイディングが 搬入され、割り付けられるのを待っています。

 

posted by コスミックガーデン | 2017/08/18 - 19:41 |
2017-08-18

建て方も完了して、サッシが入りました。





窓などの開口部周りには、ホウ酸塩処理をしておきます。



外部から飛来して 屋根地や窓周りに「巣」を作ろうとする

「アメリカカンザイシロアリ」対策です。





今しか確認できない 二重通気層を持つ 屋根構造の通気層入口です。

白い紙のようなものが見えますが

タイベックシルバーを張って 熱反射させるためです。





「準防火地域」に建つ I様邸は 防火の為のシャッターや

網入りガラスを使用することが義務付けされるため

一般的な「防火無指定」エリアに建つお宅より

サッシ関係だけでも かなりコストアップになります。





シャッター本体が入る、ボックスのみ先付となります。





大都市圏では ほとんどの建築地が「防火」または「準防火」になっていて

ある意味 郊外や田舎は 何も制限を受けないで良いのです。

posted by コスミックガーデン | 2017/08/18 - 19:21 |
Category
Monthly
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp