施主から社員になりました

2018-08-03

今回の水害だけでなく、過去にも弊社が建築した

建物が床上浸水したことがあります。

 

その際も、妹尾のブログにある通り、壁の中の

30倍発泡ウレタンは水を吸い込んでなくて

問題ありませんでした、ということでした。

 

それを聞いて「やっぱり30倍発泡はいいね!!」

と喜ぶ社長。そこに・・・

 

「断熱材を切って中を見たわけじゃないんですよね。

ホントに大丈夫ですか?」

 

と言ってしまいました。

ちょっと冷や水をかけてるようですが、コスミックは

テクニカルリーダーでもある社長に対してでも、

こういう疑問を平気で言える雰囲気を持っています。

高い技術を維持している理由でもあり、生命線でも

あると思います。

(あまりトンチンカンなことを言うと突っ込まれますが)

 

今回は私が言いましたが、他のスタッフも同様です。

 

「じゃあやってみようか!?」と即返す社長。

 

すぐ、事務所にあったウレタン断熱材+構造用合板の

見本(10年ほど前の現場から切り出したもの)を

バケツに漬ける準備にかかります。


見学会で何度も皆様に見て頂いた断熱材です。

左のは、大きなサンプルを切りました。

 


右の合板付きのものは、エアコン取付時に抜いたもの。

もう10年ほど前のものです。

見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

 


無色の水ではわかりにくいかと思い、水性絵具の

朱色を入れました。

 

そこにウレタンを入れますが、当然沈みません。


 

かなり空気の量の空気を含んでいるので・・・。

鉄板を乗せても浮くので、上から陶性外壁Ⅱの

コーナーのサンプルが乗りました。ごめんなさい。

 


 

これが昨日の午前11時。

そして24時間後の本日11時に出しました。

(写真に入っていませんが、結果にワクワクの

社長が隣にいます。)

 


表面の水分はざっと拭いて、右の四角いウレタンの

重さをはかってみると、30g→34gに増えています。

 


ただ、しみこむと思ったカット面(白い面)は

ほとんど湿っておらず、水がしみこんだ?のは

長期間表面に出ていた凸凹面のようです。

(長年、サンプルで見学会に持って行ったり出しっ

ぱなしにしているので、少し表面の紫外線劣化があります)

ちなみに、この4g増えたウレタンは、1時間後には

元の30gに戻りました。24時間水没による水分が

乾いたと考えてよいと思います。

 

そして、気になるのは合板とくっついたウレタンです。

こちらはカットすることにしました。


 

長い間見学会で見本になってくれたので心苦しいのですが・・・


ちょっとおいしそうですね。

 


ウレタンには水の侵入は見られません。

合板が湿っていますが、ウレタン側からではなく

合板側からしみこんだ水分なので、水が引けば

乾くと考えられます。また合板は特類を使用して

いるので、この程度の水では接着剤も剥がれません。

(乾くまでの表面のカビは考慮が必要ですが)

 

ということで、構造用合板+30倍発泡ウレタンが

24時間水没した程度では、断熱材内部や合板との

接点への水の侵入の心配はないことが分かりました。

 

もちろん、合板や木材も含めて全体を乾かしたり、

カビを防ぐ考慮は必要ですが、スポンジのように

水を含んでしまい使い物にならないことは起こら

ないようです。

 

突然行った、簡易実験のご報告でした。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2018/08/03 - 17:25 |
2018-07-21

床下点検もまだ継続していますが、

そんな中、妹尾ブログにもありました

今回の水害で床上浸水の被害に遭われた

お宅の床下に潜ってきました。


ポンプで水を吸い出した後も、全体的に

薄く1~2cmの水が残っており、

泥水も吸える掃除機を持ち込んで隅々まで

水を除去しました。


あとは扇風機で乾かした後に掃除し、

消毒という流れになると思います。

 

なかなか大変な作業でしたが、若手の

内藤・浜田両名が床下に長時間潜って

本当に頑張ってくれたおかげで、

夕方までに終わることができました。

 

途中、近所の他の被災現場の応急処置に

入っていた(詳しくはこちら)スタッフの

平尾・妹尾の両部長や大工さん達も様子を

見に来てくれ、元気づけられたりしながら

頑張りました。

 

また、私も含め、ここ最近の床下点検で皆

床下慣れしていたので、スムーズに意識

合わせや段取り・実作業ができました。

何が役に立つか分かりません。

 

なるべく床面に穴をあけず復旧したい思いで

やっているため対応の回数が増えますが、

避難生活が続いているお施主様のストレスは

想像できない程のものかと思います。

 

できるだけ早く対応を終わらせて元の生活に

戻って頂きたいと思います。

 

床下点検も引き続き実施しております。

対象で未点検のお施主様に8月以降の

お知らせをお送りしますので、また

ご確認をお願い致します。

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2018/07/21 - 18:43 |
2018-06-29

大変ご無沙汰しております。

こともあろうに1ヶ月飛ばしてしまいました。

「いつまで熊山英国庭園なのか」と思われていた

皆様、大変失礼いたしました。

 

言い訳ではありますが、6月に入ってから、かなり

事務所の外に出ている時間が多いというのがありまして、

何をやっているのか一部のOB施主の皆様はご存知かと

思いますが、過去に建てさせていただいたお宅に伺って

床下点検を行っております。

 


こんなところから我々スタッフや大工さんが潜って、

断熱材や構造材の状況等のチェックをしています。

 

通常は、べた基礎なのでコマがついた”寝板”の上に乗って

ゴロゴロと移動ができます。


写真の寝板は車のメンテナンス用のものですが(乗っているのは

スタッフの内藤)大工さんはさすがというか、手作りの寝板を

使っています。これで1軒1時間程度でチェックが終わります。

 

ですが、20年ほど前のお宅にお伺いすると、「炭袋」を

敷いてある場合も。寝板は使えず、袋の上をラッコのような

仰向け姿勢でウロウロします。


 

さすがに移動時間がかかるので、炭の場合は2名以上です。


当初は1.5時間ほどかかっていましたが、1ヶ月経つ

現在では、炭でも大工さんなら1時間かからなくなって

きました。さすがです。

 

どのお宅にもヘッダーと給水管、排水管はありますし、


 

特殊な設備などの事情で沢山の大きな配管が通っている

こともありますし、


 

床に沿ってセントラルクリーナーという、「床下埋め込み型

掃除機」の配管があちこちにあるお宅もあり、色々です。


 

6月だけで50軒弱のお宅を点検しましたが、木が

腐ったりシロアリが食っていることもありません。

床下換気口の通気の良さも貢献していると思います。

 

私以外のスタッフが大工さんと同行してお伺いしている

場合もありますが、私もしばらく同行しますので、

これからお伺いするOB施主の皆様、宜しくお願い致します。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2018/06/29 - 20:01 |
2018-05-28

赤磐市の熊山英国庭園という観光スポットを

ご存知でしょうか。


 

「お花マルシェ」というイベントをやっている

ということで、週末に初めて行ってみたのですが、

とてもたくさんの種類の草花が多く、楽しめました。


 

元々は、廃校になった小学校の跡地とのことで、

入口を見ただけでは狭そうでしたが中に入ると

なかなか広い敷地でした。

そこにいろいろなお花が。名前は全然わかりませんが。








写真を撮っているときりがないのですが、奇麗なので

まだまだたくさん撮ってしまいました。

これだけ管理するの、大変じゃないかな・・・

 

実はバラがたくさん植えられており、それらが満開に

なるのが見どころのようなのですが、残念ながら

数日早かったそうです。今週後半あたりが見どころかな?

 

日曜日だったので、子供はチョークアートの体験を

させてもらいました。



この体験やショップは日曜日で終わりとのことでした。

でもホームページを見ると、いつも色々なイベントを

やっているようで、イベントカレンダーがあります。

 

→ 熊山英国庭園のホームページ

※写真の中心にある、バラでおおわれている小屋は、

5/27時点ではほとんどつぼみでした。

 

自然に癒されたい方は、一度足を運んで見られたら

いかがでしょうか。なかなか癒されますよ。

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2018/05/28 - 20:27 |
2018-05-23

埼玉県熊谷市と言えば、ちょうど昨日、

「気温45度まで表示できる巨大温度計を設置」

と報じられました。毎年高い気温を記録することで

有名な場所ですが、この度生まれて初めて行って

来ました。

 

今年2月に、最低気温マイナス30を越える

という帯広市に行きましたが、両方の都市に

記録日に行くと気温差70度以上になりそう

ですね。

 

そんな熊谷市に、樹脂サッシの工場があります。


創業145年という株式会社栗原さんにお邪魔しました。

 

カナダから高性能樹脂サッシの枠材を輸入、

ガラスは日本国内の大手メーカー品を購入、

それらを自社工場でカットしてアルゴンガスを

封入して組み立て、「K-WINDOW」という

自社ブランド商品として販売されています。


 

性能は国内大手品と同じかやや高め、

お値段もやや高めです。


自社工場だけに寸法が自由ということで、

規格ものから選ぶのではなく、オーダーメイドに

「自由に描いた住宅のデザインのまま、

高性能な窓を作れます」

というコンセプトです。

 

三角や半円、丸型の大きな樹脂窓も製造できる

とのことでした。


 

もちろん一般的なすべり出し、引き違い、

FIX、掃き出しなどの窓もあります。




気になる気密性能も高いとの説明でした。

 

また、外部シェードを付けられるものも。

このあたりの小回りがききそうです。


 

輸入の型ガラスや、


 

内側に木枠を付けて木サッシのように見せたものなど、

工夫された商品もいろいろとありました。


 

気になる耐候性については、国内大手品のような

表面のアクリルコーティングはありませんが、

樹脂自体の二酸化チタンの含有量を増やして

紫外線劣化に対する抵抗性を上げているとのこと。

また安定剤に鉛を使うこともなく、代わりに

錫(すず)を使っているそうです。

 

こんな変わったものも・・・もはや趣味の世界?

↓クリックすると動画が見られます。



変わった動きをしますが、ドレーキップと同じ

「内倒し」の状態で固定できる、パラレルウィンドウ

というものです。

 

もしかすると今後、デザイン的に変わった形状の

窓が欲しい場合などに登場するかもしれません。

 

もっと見たい!!という方はこちらへ → 株式会社栗原

 

 

熊谷市の翌日は、同じく埼玉県の草加市にて

先月と同じく、wallstatという地震シミュレー

ションソフトの研修に行ってまいりました。

 

その件は今後社内で練っていきますので、

また内容がまとめられたらご報告いたします。

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/23 - 17:38 |
2018-05-18

日中の最高気温が30度に近づき、

そろそろ家の中の温度が上がってきて、

エアコンをつけるか夕方以降に窓を開けて

家を冷却するか判断を迫られている

お施主様も多いかと思います。

 

窓開けOK!の方は夕方以降数時間、

上の方と下の方の窓を開け、家の中を

冷却する(湿度の上昇にはご注意)こと

もできますが、空気があまり奇麗では

ありませんので、窓開けNGの場合は

我慢せず冷房ONをお勧めいたします。

 

さて、先日、会社から徒歩数分の岡山ドームで

取引先の建材商社マルティックス山陽さんの

大商談会がありましたので、バタバタの合間を

縫って行ってきました。


 

子供イベントなどでもお邪魔することのある

岡山ドームですが、温まった空気がドームの中に

溜まってしまう構造のため、これからの時期は

ホントに暑いです。

天井付近で空気が抜けて温度差換気ができるよう

にでもしておけばよかったのに・・・

 

さて、各ブースではいつもの通り藤井社長筆頭に

質問攻めです。


 

各メーカーさんそれぞれに企業努力をされ、素材や

価格が改善された新商品が展示されています。


 

それらが本当に性能・品質が高いものか、謡われている

内容が正しいかなど確認していきます。


 

岡山ドームが暑いからか、質問が専門的だからか

説明の方々が汗だくになっている場面も。

 

もちろん良いものはまた採用を検討しよう、

という話にもなります。


 

最近、本当に皆様のおかげ様で、見学会のご来場や

当社での建築をご検討いただく方が多く、嬉しくも

バタバタしている感が強い毎日です。

 

しかし、多忙なことに満足せず、常に進化を続ける

ことで将来の会社の骨・筋肉を強化していきたいと

思います。

(個人的な筋肉も強化したいのですがなかなか

そちらまでは手が回っておりません)

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/18 - 19:08 |
2018-05-10

暑くなる前のメンテナンスネタをお一つ。

2年おきくらいに書いておりますので、

ご存知の方はご容赦ください。

 

自宅を建築してお住まいになられてから

新たに発生するメンテナンスがあります。

その一つが、「排水枡(はいすいます)の掃除」です。


 

臭いし面倒なので、なかなか足が遠のいて

しまうのですが、年に2,3回はチェック

していただきたい場所です。

 

暑くなるとさらに(蓋を開けた時の)臭いが

強くなるので、その前にお掃除してくださいね。

 

掃除の仕方などは、過去のブログをご覧ください。

→ 排水枡のお掃除の方法はこちらへ

 

うーん、連休前に書くべきだったかも・・・

申し訳ございません m(_ _)m 。

posted by 岡本 | コメントなし | 住まい方・我が家の話 | 2018/05/10 - 19:34 |
2018-04-23

行ってきました!!今度は埼玉です。

 

作業も溜まっているのにまた出張か!!と

言われそうですが、調査・研究は止まりません。

今回は調査研究の強い味方、内藤君と二人で、

このようなところに行ってきました。


 

右上にある通り、元々は埼玉県にあるイデアホームという

住宅会社さんですが、耐震研究所というものを設立されて

います。

 

耐震の分野では、最近、国交省から公開されている

wallstat(ウォールスタット)というフリーソフトが

注目を集めています。

 

百聞は・・・ということで下記の動画をご覧ください。

 

こちらは現実の実験



 

こちらは同条件を入力したwallstatによるシミュレーションです



 

このように、

「実際に振動台に乗せて揺らす数百万円で1回限りの実験」

をしなくても、ある程度近い結果が得られる優秀な

ソフトです。

 

イデアホームさんは、このソフトによって、邸別の

シミュレーションを行い、また、そのソフトの結果を

見ながら実際に地震の振動を体感できる装置まで

導入しようとしています。


私もこの椅子に座って、東日本大震災、熊本地震、

中越沖地震を体感させて頂きました。

震度6強・震度7では、「何もできない」というのが実感です。

 

wallstatは軸組工法専用のソフトですが、寸法などを

合わせれば枠組壁工法の建物もある程度類似の

シミュレーションができます。

 

今回は初級編で、5月に実践編ということで研修を

受ける予定です。その後、色々なパターンで

シミュレーションし、構造強度に関する検討・検証を

進めたいと思います。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2018/04/23 - 20:52 |
2018-04-11

先日、久々に「行ってきました!!」という

内容がありました。

 

1月にオープンしたモデルハウス「バームハウス岡山」です。

運営されているのは「ウッディワールドのざき」さん。

岡山では有名な建材の商社さんです。


建材を工務店に販売している商社さんなので、

こちらの住宅もいわば工務店さんに卸す商品。

 


高気密高断熱の住宅をこの手法で建てたい工務店さんに

高性能な断熱材や窓を販売します、ということです。

 


中に入ると早速、社員の方からご説明をいただきます。

 


断熱材や測定器など、高気密高断熱 解説グッズがありますね。

 

コスミック・ガーデンの藤井が見に来るということで

質問内容を一緒に聞いておこうということで、他の

工務店の方や建材メーカーの方なども混ざり、

濃い議論が続きました。


皆さん、勉強熱心です!!

 

輻射熱冷暖房のパネルも設置されていました。


 

一応壁温度などをチェックしますが、真冬でないので

分かりにくいですね。


 

窓は木製サッシです。

メンテナンスとして外部の木は防水のため1年に1回

塗装をしなおす必要があります。結構大変かと・・・


ログハウスなども何年かに1度は外壁(木)を塗る必要が

あり、それが好きな人が建てるんです、という話を聞いた

ことがありますが、そんな感覚で住む家なのかも。

 

展示場ということで、ウィリアムモリスが使われています。


 

外部の雨どいは何とチタン合金。

ステンレスに負けない耐久性でしょうね。


 

断熱性能はUA値0.38ということで、かなり上げて

います。冬は快適だったそうなので、あとは梅雨、および

夏の時期にキチッと遮熱と調湿ができて快適なら、まず

温熱環境としてはOKかも知れません。

 

実現方法は各社様々ですが、まずは構造・温熱環境が

キチンとできている、住む人を守り続けられる住宅が

当たり前になると嬉しく思います。

 

一般の方も予約の上、見学可能ということです。

興味のある方は、真冬・真夏にいかがでしょうか。

バームハウス岡山さんのホームページ

連絡先 → 086-897-0913

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/04/11 - 19:25 |
2018-04-03

わざわざ公表することもないのかも

知れませんが、以前ちょっと書かせて

頂いたホームページの改変(スマホ対応、

新コンテンツ追加など)がかなり遅れて

おります。

 

私の原稿チェックや画像の準備の作業が

遅れているのが原因に他ならないのですが、

コスミックのホームページといったら、

文章のボリュームも濃さもご覧の通りで、

さらに今回追加で新たなお客様宅の写真や

過去の検証レポートも盛り込もうとして

おります。

 

このままだと夏、いや秋頃になったりして・・・

 

引き続き頑張りますので、何卒暖かく

見守ってくださいませ。<(_ _)>

 

スマホの方はご不便をおかけしますが

もうしばらく二本指で画面を拡大しながら

ご覧ください。_(._.)_

 

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 | 2018/04/03 - 10:57 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp