施主から社員になりました

2018-10-12

内藤です。

今日は岡本のブログをお借りして記事を書かせて頂いております。
9月某日、当社で採用している国産スライスレンガと言えば株式会社日本セラミカ(販売元)、
その製造元である株式会社カメレン(所在地 愛知県半田市)へお邪魔して来ました。

 

目的は外壁材の打合せと工場見学でした。

 

今日お伝えしたい事は『スライスレンガは色・形・ディテールはある程度変える事が出来ます。』です。
(スライス)レンガの製造工程を簡単にご説明すると、、、
①土・顔料・繋ぎ材と水で練り合わせ、
②”ところてん”のように押出して、
③乾燥(最大10日間)、
④窯に入れて焼成(十数時間)、
⑤検査・梱包・出荷

 

色は土や顔料の種類、焼成温度、場合によっては押出後に顔料をふりかけたりで変えているとの事。
例えば顔料に鉄系を使い、焼成温度○○℃だと赤っぽく、50℃上げると小豆色になったり、
焦げは焼成途中で一手間加えるなどなど。

 

また大きさ・厚みや断面形状は”ところてん”が出てくる先端(=金型)によって、細かい凹凸や欠けは
金型の表面や原料の繋ぎ材、押出後の手作業で変える事が出来ます。

 

ただし押出し成型ゆえ、三次元の形状は適しません。
写真真ん中は断面が台形で、下見板張りのようにも施工出来ます。

 


 
また色は”いぶし”色。
これらを踏まえて建物の外壁として、一部色や厚みを変えてアクセントを付けたり、
当社サンプルにない色を使いたいなど、ご要望があればご相談下さい。

打合せ室にあったレンガのサンプルを載せますので、お楽しみ下さいませ。

 


 


 


 


 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/10/12 - 20:45 |
2018-10-09

涼しくなると、いつもこの

「排水桝(ます)の掃除をしてください」

ネタです。(臭いが上がりにくくなるので)

 

キッチンや洗面などの排水を一旦受ける排水桝(ます)、

特にキッチンからの排水には油などの汚れがびっしり。


定期的に掃除をして頂く必要があります。

 

ここで、いつもは生ごみをすくうつもりで

新聞紙をビニール袋に入れて、すくってください、

という解説で終わっています。


 

枡の中身はこうなっています、という感じで。


 

ここで一つ、OB施主様を訪問しているときに

「下記の赤の部分が外れることも書いた方が

よいですよ」というご指摘がありました。


写真で言うと下記の赤矢印のところですね。


 

汚れが溜まったり固まりすぎて流れないときには、

ここも外して中が詰まっていないか確認してみて

下さい。

 

とはいえここまで油や食べ物のカスが溜まって

いるのを外して掃除するのはちょっと心の準備が

必要ですが・・・枡に汚水が溜まるようになって

いる方は、一度トライしてみてください。

 

100円ショップなどのゴム手袋を使い捨てに

して掃除されるのも手かと思います。

 

 

2018-09-19

いつも当社のラジオ番組を聴いていただいている

皆様、誠にありがとうございます。

 

しかし「今日は聴き逃した!!」「曜日が変わったの忘れてた!!」

等ということもあるかと思います。(社員でもあります)

 

そんな時スマートフォンがあれば、

RSK(山陽放送)の1週間前までの放送に

限って、さかのぼって聴くことができます。

 

ご存知の方も多いと思いますが、radikoというアプリです。



 

このアプリは地元の登録されているラジオ局の

放送をリアルタイムに聴けるほか、1週間前まで

さかのぼって聴くことができます。

 

また、有料会員になると他の地域の放送も同様に

聴くことができます。


 

radikoのアプリを起動すると・・・


 

登録されている放送局の、今現在放送中の番組が

表示されます。


 

ここで「タイムフリー」を押すと、日付と地域が

変更できる画面になるので、聴き逃した月曜日に

日付を変更すると、その日の番組が表示されます。


 

目当ての「朝耳らじお」をクリックして・・・


 

時間のゲージをぐいーっと放送開始から

1時間32分後くらいにして▶(右三角)を

押すと、「本当の家の話をしよう」が始まります。

 

聴き逃した皆様、こんな方法でも聴いてみてください。

 

ちなみに、今月は月曜日の18:30からの

「居酒屋ばんちゃん」に呼ばれていますので、

そちらもチェックしてみてくださいね。


場末の居酒屋の雰囲気で始まるも、藤井のトークが

始まると完全に「本当の家の話をしよう」になって

しまっていてちょっと面白いです。

 

 

posted by 岡本 | 2件のコメント | 広報活動 | 2018/09/19 - 16:25 |
2018-09-12

二種換気の実装によって、1ヵ所で給気して

フィルターと空調を済ませてから、新鮮な空気を

家全体に送ることができることを紹介してきました。

 

もう一つ、高性能フィルターの

実際の効果についてご紹介します。

 

前回の検証時もメーカーのトルネックスさんから

お借りした、パーティクルカウンターです。

P.M.0.3(1万分の3ミリの微粒子)の数まで測れます。


 

これで測ることで、空気中の微粒子の数が分かります。

 

ですが、季節が良い(悪い)のか、計測した日は

外気がとてもとてもきれいでした。


建物の外で20秒外気を吸い込むと、

P.M.0.3以上の微粒子の合計は1万個。

以前、春に測定したときは10万個くらい

ありましたから、10分の1です。

 

一応建物の中に入ってみました。

この時は見学会の前日で、カーテンの中西さんが

カーテンの取り付け作業中。

そのバタバタしているリビングで計測すると、


何と、P.M.0.3以上が42,611個。外の4倍多いです。

 

敢えてこのような例をお見せしたのは、

微粒子の発生原因は室内にも多くあることを

知って頂きたいためです。

 

室内を人が歩いただけで微粒子はたくさん舞うし、

外出から帰って、服に沢山の汚れが付いたまま

玄関から入ることでも室内の微粒子が増えます。

掃除の頻度も大きく影響します。

また、たばこや線香の煙が室内に漂うと、

微粒子の量がかなり増えるそうです。

 

ドイツの換気装置を輸入している方と話したことが

ありますが、ドイツのメーカーはどこからでも発生する

P.M.2.5を換気装置だけでフィルタリングしても

仕方がないので、住宅のフィルターの性能については

あまりこだわっていないようです。

 

さて、そのような前提の上でですが、やはり外気の微粒子は

なるべく取り除けた方がよいのも間違いではないので、

電子式フィルターを通ったばかりの空気を測りました。


そういえば、この二種換気は設計、実装とも内藤さんが

大変頑張ってくれました。細かい質問は彼にして下さい(笑

 

その電子式フィルターを通して出てきた空気の

微粒子の量は、下記の通り。


外気のP.M.0.3以上が10,000個だったのに対し、670個。

93%がフィルターで除去されているということになります。

良く機能していると思います。

 

でも、数メートル離れたところで測ると、下記の通り、

3,700個と、5倍以上になりました。

私が歩いて移動したのでホコリが舞ったのもあるかも。


 

リビングに降りると、P.M.0.3は同じような数字ですが、

大きな粒子は数が多いようです。


 

 

ちなみに、後日、従来の三種換気に切り替えた後に

リビングと給気口のそばで測ると、どちらもP.M.0.3が

9,000個弱でした。


この給気口はP.M.2.5以上の対応のため、

0.3レベルは捕集できていない可能性があります。

でもP.M.2.5以上だけを見ると、46個で

先ほどより少なくなっています。

 


フィルターのそばで測ると、なぜかPM2.5が146に。

給気口の形状や風量の理由で、この給気口から出てくる

空気だけを測定するのが難しく、実際には室内の微粒子も

吸い込んでカウントしていると思われますし、部屋を

何人かウロウロしていたので、おそらくその影響もあります。

 

このあたり、次回はもっと正確に給気口からの空気を

測定できるよう、工夫したいと思います。

 

ということで、ちょっとすっきりしないのですが、

微粒子の計測のご報告は以上です。

家は医療機関や研究所のクリーンルームでは

ありませんので、ご参考程度にと思います。

 

 

 

posted by 岡本 | 2件のコメント | 研究・開発・実験 | 2018/09/12 - 16:21 |
2018-08-30

二種換気の実装結果の続きです。

 

前回ご紹介した通り、①で外気を入れ続け、

押された空気が各部屋から排気されるので、

建物内は外部より気圧が高い「正圧」になっています。


 

ホントにそうなっているのか?いくらなっているのか?

を確認するために登場したのが、マノメーター(差圧系)です。

今回、検証のため購入しました。


右(赤)と左(青)の口に接する気圧の差を図ります。

今回は右の赤は室内に、左の青はチューブを取り付け、

家の外の空気にさらします。

 

・・・とは言っても、高気密住宅ですから、どこにでも

隙間がありません。今回は排気口を1つ使ってチューブを

外気に触れさせることにしました。



厳密には排気口が一つ減ってしまいますが、このように

して外と室内の差圧を図ったところ、

+6Pa(パスカル)ということで、きちんと正圧です。

気密がとれておらずスカスカだとここまで圧力が上がらない

ところだと思います(窓を開けるとゼロになります)。

キチンと高気密になってます。

 

ここで1台、トイレの換気扇をONにして排気すると+3Pa、

2台排気すると̟0Paといった差圧になりました。

ちなみに今回のお宅のトイレの排気ファンは人感センサーが

使える様にし、入室後5分のみONにすることもできます。

 

また、二種換気を止め、三種換気に戻した時の圧力も測ってみました。


二種換気の給気を停止してシャッターを閉め、

上の絵のようにトイレやクローゼットなどの

排気ファンをONにすると、「負圧」になります。

 

2台の排気ファンを動かした場合は、-3から4Pa、

5台動かすと-10Paのマイナス圧となりました。

これまたキチンと負圧になり、フィルター付きの

給気口から導入できています。

 

さて、精緻な数値を確認しているようにも見えますが、

そこは住宅、ざっくりした面があることも否めません。

二種換気で正圧です、と申し上げましたが、一瞬で

そのバランスが崩れることがあります。

 

それが、料理の際に使われるレンジフードの排気です。

レンジファンはトイレなどの排気ファンの10倍前後の

排気量があります。

二種換気を動かした状態(+6Paと上述した状態)で

レンジファンを「強」運転すると、-28Paの超負圧、

「ターボ」運転があったのでそれにすると、-36Pa

まで建物内の気圧が下がりました。気密測定している

くらいの圧力差です。

※負圧になるのを防ぐために「同時給排型」という

レンジフードがありますが、今回はそれを採用しています。

 

1日のうち、料理する時間だけは一種換気であろうが

二種換気であろうが、負圧の三種換気状態になっている

ことは否めません。

住宅にはこういったアナログな面もついて回るので、

今回、その状況も想定した構成も必要です。

 

そのあたりも含めて、また長くなりそうなので

次回にとさせて頂きます。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2018/08/30 - 19:35 |
2018-08-23

8月11・12日に完成見学会を開催させて頂いた

K様邸には、二種換気装置を実装しました。


 

簡単に概念をご説明します。

 

いつもの三種換気は、トイレやクローゼットなどの

壁付けファンから排気し、建物内の気圧が下がるため、

各部屋の給気口から外気が吸い込まれるという仕組みです。

排気のみ機械で行う換気方式を第三種換気と呼びます。


 

これに対し、給気のみ機械で行う方式を第二種換気と言います。

今回の実装形式は、下記になります。


①の1か所から家中の換気に必要な外気をまとめて取り込み、

高性能の電子式フィルターで微粒子まで取り除き、

かつエアコンで空調・除湿を行ってから、2階、1階に

給気していくという流れです。

外気をどんどん取り込むので、建物の中の気圧は高くなります。

クリーンルームなど室内のホコリなどを減らしたい環境で

使われます。ただし、クリーンルームとは違い、住宅の場合は

玄関からや、衣服、布団などから発生するホコリや微粒子も

多いので、常に微粒子が少ない環境にはなかなかなりません。

 

ちなみに二種でも三種でも高気密でなければきちんと

機能しないことはご理解いただけると思います。

 

さて、今回のお話は、高性能フィルターから始まったわけではなく、

「家の中の湿度を60%以下にしたい」というお施主様の

ご要望から始まりました。

確かに各部屋の給気口から除湿していない外気が一旦

入るので、外気の湿度が高い場合は、エアコンの除湿機能で

湿気を取り除くまではその近辺は湿度が高い状態になります。

 

そこで、1ヵ所で外気を取り込んで各部屋に回す前に

まとめて除湿しよう、ということで、以前、社長宅で

検証ができている二種換気方式に切り替えられる方式を

採用となりました。(社長宅での検証の記事


 

右の電子式フィルターを通った外気は、左のエアコンの

方に向かって出てくるので、そこでエアコンの空調を

受けることになります。

 

実際に、数日間、室内の各所に温湿度ロガーを設置

しましたが、湿度は50%台で安定していました。

 

あと本当に建物内の気圧が上がっているか、微粒子が

減っているかなども測定させて頂きましたが、まだ

グラフが整理できていないので、次回ご報告させて

頂きます。

 

 

 

posted by 岡本 | 2件のコメント | 研究・開発・実験 | 2018/08/23 - 19:35 |
2018-08-03

今回の水害だけでなく、過去にも弊社が建築した

建物が床上浸水したことがあります。

 

その際も、妹尾のブログにある通り、壁の中の

30倍発泡ウレタンは水を吸い込んでなくて

問題ありませんでした、ということでした。

 

それを聞いて「やっぱり30倍発泡はいいね!!」

と喜ぶ社長。そこに・・・

 

「断熱材を切って中を見たわけじゃないんですよね。

ホントに大丈夫ですか?」

 

と言ってしまいました。

ちょっと冷や水をかけてるようですが、コスミックは

テクニカルリーダーでもある社長に対してでも、

こういう疑問を平気で言える雰囲気を持っています。

高い技術を維持している理由でもあり、生命線でも

あると思います。

(あまりトンチンカンなことを言うと突っ込まれますが)

 

今回は私が言いましたが、他のスタッフも同様です。

 

「じゃあやってみようか!?」と即返す社長。

 

すぐ、事務所にあったウレタン断熱材+構造用合板の

見本(10年ほど前の現場から切り出したもの)を

バケツに漬ける準備にかかります。


見学会で何度も皆様に見て頂いた断熱材です。

左のは、大きなサンプルを切りました。

 


右の合板付きのものは、エアコン取付時に抜いたもの。

もう10年ほど前のものです。

見覚えのある方も多いのではないでしょうか。

 


無色の水ではわかりにくいかと思い、水性絵具の

朱色を入れました。

 

そこにウレタンを入れますが、当然沈みません。


 

かなり空気の量の空気を含んでいるので・・・。

鉄板を乗せても浮くので、上から陶性外壁Ⅱの

コーナーのサンプルが乗りました。ごめんなさい。

 


 

これが昨日の午前11時。

そして24時間後の本日11時に出しました。

(写真に入っていませんが、結果にワクワクの

社長が隣にいます。)

 


表面の水分はざっと拭いて、右の四角いウレタンの

重さをはかってみると、30g→34gに増えています。

 


ただ、しみこむと思ったカット面(白い面)は

ほとんど湿っておらず、水がしみこんだ?のは

長期間表面に出ていた凸凹面のようです。

(長年、サンプルで見学会に持って行ったり出しっ

ぱなしにしているので、少し表面の紫外線劣化があります)

ちなみに、この4g増えたウレタンは、1時間後には

元の30gに戻りました。24時間水没による水分が

乾いたと考えてよいと思います。

 

そして、気になるのは合板とくっついたウレタンです。

こちらはカットすることにしました。


 

長い間見学会で見本になってくれたので心苦しいのですが・・・


ちょっとおいしそうですね。

 


ウレタンには水の侵入は見られません。

合板が湿っていますが、ウレタン側からではなく

合板側からしみこんだ水分なので、水が引けば

乾くと考えられます。また合板は特類を使用して

いるので、この程度の水では接着剤も剥がれません。

(乾くまでの表面のカビは考慮が必要ですが)

 

ということで、構造用合板+30倍発泡ウレタンが

24時間水没した程度では、断熱材内部や合板との

接点への水の侵入の心配はないことが分かりました。

 

もちろん、合板や木材も含めて全体を乾かしたり、

カビを防ぐ考慮は必要ですが、スポンジのように

水を含んでしまい使い物にならないことは起こら

ないようです。

 

突然行った、簡易実験のご報告でした。

 

 

posted by 岡本 | 2件のコメント | 研究・開発・実験 | 2018/08/03 - 17:25 |
2018-07-21

床下点検もまだ継続していますが、

そんな中、妹尾ブログにもありました

今回の水害で床上浸水の被害に遭われた

お宅の床下に潜ってきました。


ポンプで水を吸い出した後も、全体的に

薄く1~2cmの水が残っており、

泥水も吸える掃除機を持ち込んで隅々まで

水を除去しました。


あとは扇風機で乾かした後に掃除し、

消毒という流れになると思います。

 

なかなか大変な作業でしたが、若手の

内藤・浜田両名が床下に長時間潜って

本当に頑張ってくれたおかげで、

夕方までに終わることができました。

 

途中、近所の他の被災現場の応急処置に

入っていた(詳しくはこちら)スタッフの

平尾・妹尾の両部長や大工さん達も様子を

見に来てくれ、元気づけられたりしながら

頑張りました。

 

また、私も含め、ここ最近の床下点検で皆

床下慣れしていたので、スムーズに意識

合わせや段取り・実作業ができました。

何が役に立つか分かりません。

 

なるべく床面に穴をあけず復旧したい思いで

やっているため対応の回数が増えますが、

避難生活が続いているお施主様のストレスは

想像できない程のものかと思います。

 

できるだけ早く対応を終わらせて元の生活に

戻って頂きたいと思います。

 

床下点検も引き続き実施しております。

対象で未点検のお施主様に8月以降の

お知らせをお送りしますので、また

ご確認をお願い致します。

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2018/07/21 - 18:43 |
2018-06-29

大変ご無沙汰しております。

こともあろうに1ヶ月飛ばしてしまいました。

「いつまで熊山英国庭園なのか」と思われていた

皆様、大変失礼いたしました。

 

言い訳ではありますが、6月に入ってから、かなり

事務所の外に出ている時間が多いというのがありまして、

何をやっているのか一部のOB施主の皆様はご存知かと

思いますが、過去に建てさせていただいたお宅に伺って

床下点検を行っております。

 


こんなところから我々スタッフや大工さんが潜って、

断熱材や構造材の状況等のチェックをしています。

 

通常は、べた基礎なのでコマがついた”寝板”の上に乗って

ゴロゴロと移動ができます。


写真の寝板は車のメンテナンス用のものですが(乗っているのは

スタッフの内藤)大工さんはさすがというか、手作りの寝板を

使っています。これで1軒1時間程度でチェックが終わります。

 

ですが、20年ほど前のお宅にお伺いすると、「炭袋」を

敷いてある場合も。寝板は使えず、袋の上をラッコのような

仰向け姿勢でウロウロします。


 

さすがに移動時間がかかるので、炭の場合は2名以上です。


当初は1.5時間ほどかかっていましたが、1ヶ月経つ

現在では、炭でも大工さんなら1時間かからなくなって

きました。さすがです。

 

どのお宅にもヘッダーと給水管、排水管はありますし、


 

特殊な設備などの事情で沢山の大きな配管が通っている

こともありますし、


 

床に沿ってセントラルクリーナーという、「床下埋め込み型

掃除機」の配管があちこちにあるお宅もあり、色々です。


 

6月だけで50軒弱のお宅を点検しましたが、木が

腐ったりシロアリが食っていることもありません。

床下換気口の通気の良さも貢献していると思います。

 

私以外のスタッフが大工さんと同行してお伺いしている

場合もありますが、私もしばらく同行しますので、

これからお伺いするOB施主の皆様、宜しくお願い致します。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2018/06/29 - 20:01 |
2018-05-28

赤磐市の熊山英国庭園という観光スポットを

ご存知でしょうか。


 

「お花マルシェ」というイベントをやっている

ということで、週末に初めて行ってみたのですが、

とてもたくさんの種類の草花が多く、楽しめました。


 

元々は、廃校になった小学校の跡地とのことで、

入口を見ただけでは狭そうでしたが中に入ると

なかなか広い敷地でした。

そこにいろいろなお花が。名前は全然わかりませんが。








写真を撮っているときりがないのですが、奇麗なので

まだまだたくさん撮ってしまいました。

これだけ管理するの、大変じゃないかな・・・

 

実はバラがたくさん植えられており、それらが満開に

なるのが見どころのようなのですが、残念ながら

数日早かったそうです。今週後半あたりが見どころかな?

 

日曜日だったので、子供はチョークアートの体験を

させてもらいました。



この体験やショップは日曜日で終わりとのことでした。

でもホームページを見ると、いつも色々なイベントを

やっているようで、イベントカレンダーがあります。

 

→ 熊山英国庭園のホームページ

※写真の中心にある、バラでおおわれている小屋は、

5/27時点ではほとんどつぼみでした。

 

自然に癒されたい方は、一度足を運んで見られたら

いかがでしょうか。なかなか癒されますよ。

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2018/05/28 - 20:27 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp