施主から社員になりました

施主から社員になりました > メンテナンス・修繕・リフォーム

メンテナンス・修繕・リフォーム の一覧

2016-11-08

今朝、突然思い立ち、排水桝(はいすいます)の掃除をしました。

実は足が向かず、1年放置しておりましたが、なんとなく

台所のシンクからの排水が遅いような気がして、

「もしかして排水桝が詰まっているのでは!!」と

焦って掃除をしました。

 

1年以上気にしながら億劫で足が向かなかったくせに、

「詰まったかも!?」となったらすぐに掃除が始められる

のですから、困ったものです。


 

過去のブログから同じ写真とイラストで失礼しますが、

排水桝の中はこうなっています。


キッチンの排水には油や細かい固形物などがたくさん含まれて

いるため、配管が詰まらないように桝(ます)で一旦受けマス。

 

ですので、そこに油などが固まって溜まっていきます。

半年に1回は見て頂きたいところです。


準備するものは、汚いものをすくう道具と、スーパーの袋。

すくったものは水分が多いので、袋の中に新聞を破って

入れておくと水分を吸ってくれてよいです。

 

この写真は2年前の冬に掃除した時のブログから

持ってきていますが、この時も「1年間放置してしまいました」

と書いています。そんなに人間変わらないということでしょうか。


以降は、皆様のご自宅でお確かめください。

放置期間と、お食事の脂っこさに比例して、

油分が固まっていると思います。

 

お掃除の時期は、あまり暑いと匂いますし、

寒すぎると外は寒いし油も硬いので、今の時期が

お奨めです。

 

燃えるごみの日の朝に10分くらいでサッサと掃除して

ゴミに入れて出すとスッキリするかも。

 

油が溜まりすぎて、キッチンから排水桝へ下る途中の配管が

詰まると厄介ですので、定期的に掃除してやってくださいね。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2016/11/08 - 19:02 |
2016-08-18

先週いただいた夏休みの間に、ちょっとマニアックな

場所の掃除をしてみました。

お風呂の洗い場のカウンターの下のカバーを外しての

掃除です。

 

どこのことかと言うと・・・コチラ↓です。


 

普段見えないところですが、おそらく汚れていることかと・・・・

 

カウンターを下からのぞくと、手で回せるネジが4つ見えます。


 

ネジを外すと、結構簡単に大きいカバーが外れました。


カバーの内側は、汚れと石鹸とカビが混ざったようなものが

薄くこびりついていました。汚いので写真をぼかしましたが、

下に置いてあるのが一つ目の大きなカバーです。

 

上に、もう一つ小さいカバーがあり、同じように手で回せるネジで

固定されています。


2つ目のカバーも外して、手前に置いたところです。

これらのカバーには、一般的に防水機能はなく、水も空気も

通る仕様のようです。

汚れもついていますが、前日の夜にお風呂を使って浴室を乾かし、

翌日夕方にこの作業をしましたが、その時点でカバーの中も結構

乾いていました。ずっとぬれてドロドロというわけではなさそうです。

 

せっかく外したので、外の水道でゴシゴシときれいに洗います!!


油汚れなどではないので、水洗いできれいになりました。

ここまで所要時間30分というところ。

実はこの作業、あるお客様から「急がないけど、どうやって洗うのか

また教えて」と質問されていて、何か月も経っていたのですが・・・

いざ始めるとすぐできるもんですね・・・Y様、遅くなってごめんなさい!!

 

さて、きれいになったので、カバーを取り付けます。

やっとピンボケでない写真が載せられます。

 

下の写真はカバーが外れているところ。


 

一つ目の小さいカバーを取り付けました。

手回しのネジ二つ。簡単です。


 

次に、大きいほうのカバー。こちらもネジ4ヵ所でとても簡単。

と思っていたら、ねじ止めの金具がカバーの外に出たまま

取り付けてしまっていますね・・・

今ブログを書いていて気が付きました。直しておかなければ・・・


 

最近はこのカウンター廻りの汚れの掃除がしやすいようにと、

カウンター自体のサイズが小さくなり、壁からも離れて洗いやすい

モデルが増えています。


 

メーカーやモデルによっていろいろあるかと思いますが、

今回はタカラスタンダードの一例をご紹介いたしました。

 

 

 

2016-06-08

築丸7年が過ぎたところで、念願の

プロの手によるエアコン清掃

をお願いしました!!

 

これまで、エアコンの中にこびりついたカビと

自力で奮闘してきましたが・・・⇒ 奮闘記事1 奮闘記事2

本日は、心安らかに眺めることができました。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回は、掃除中のカビなどの写真を小さく掲載しております。

不快に感じられる方は、閲覧をお控えください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

大まかに流れをご紹介いたします。


まず、エアコンのカバーを外します。

 


次に、専用のカバーを取り付け。

私は大型のゴミ袋で作りましたが、

やはりプロの道具は違います。見るからに便利そう。

 


そして、洗浄液を噴霧器で吹き付け。

フィンの中にどんどん泡が入っていきます。

 


送風口からも、奥へ洗浄液を吹き付け。

いつも割り箸を突っ込んでカビの固まりを

取っていた私としては、とてもイイ気分!!

(↑写真をよく見ると、フィンの上に白い泡が付いています)

 


この時点で、洗浄液が下のバケツに流れ込んでいます。

結構きれいですね。もっと汚いのかと・・・

 


と、油断していたら、ノズルを替えて、今度は

水を高圧で吹き付けます。すすぎですね。

 


出てきました!!

フィンのすすぎを始めた途端、中から黒いカビの塊が!!

 


吹き出し口もすすぎます。

あれほど苦労して取れなかった送風ファンの汚れも

どんどん落ちてきます!!エアコン洗浄最高!!!

 


というわけで、すすぎが終わったときにはきれいだった

バケツのなかは真っ黒。

「この水を捨てるときの写真が一番よくわかるよ」

と教えてもらいましたが、この後最後まで見届けず

会社に戻りましたので、残念ながら?その写真は

ございません。

 

きれいになったファンもまだ見ていないので、

帰宅して拝むのが楽しみです。

 

毎年、腕が上がらなくなるまで送風口に手や棒を

突っ込んでカビを落としていた私としては、最高に

気持ちの良い清掃風景でした。

 

1台1万円ほどかかるので毎年とはいきませんが、

吹き出し口からのカビの匂いが気になる方、

数年に一度は、いかがでしょうか。

そろそろ掃除屋さんが忙しくなる時期ですので、

ご予約はお早めに・・・

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム | 2016/06/08 - 19:25 |
2016-06-04

最近は、晴れると昼間は暑いけど、気温はあまりあがらず、

夜になると寒いくらい・・・という、微妙な中間期ですね。

 

北極からの寒気の影響も大きいようですが、

こんな時期、高気密高断熱の家はどうすればいいの?

というご質問もいただきます。

 

まず単純なのは、

「窓開けちゃって気持ちいいときは開けてください」

ってことです。

ただし、P.M 2.5が気にならなければですが・・・

 

ちなみに、我が家は涼しいときは外気を入れて家の中を

冷ましています。ちょっと外気が汚れているのは気になりますが、

そうは言っても涼しいのは気持ちいいので・・・

 

特に昼間に日射が入ると少し室温が上がります。この後、夕方から

夜にかけて、また早朝の涼しい外気を沢山家の中に入れると、

かなり建物を冷ますことができます。(防犯にはご注意下さい)

 

特に、天窓や小屋裏の窓がある場合は、そこと1階の窓を

あけると、上下の温度差による空気の動きによりスムーズに

建物内の空気を入れ替えることが出来ます。

※断熱・気密性能が低い家は、半ば強制的にこのような状況が

起こるので、今の時期は明け方に家の中が寒いくらい温度が

下がってしまいます。

 

ところで雨の日のように湿度が多いときはこの方法はできません。

家の中を冷まそうと外気を入れても、湿気が一緒に入ると

家の中の湿度が上がり、不快になってしまうためです。

ということは、梅雨までの涼しくて湿度も低い短期間だけ

使える方法ということになります。

 

またくどいですがフィルタリングできないので黄砂もホコリも入ります。

外気は汚れててヤダ!!という場合は、窓は全部閉めて

潔くエアコンをお使い頂ければ、快適かと思います。

(必要な量の換気は継続してくださいね)

 

「高気密住宅は、建物が密閉されるので、蒸れる・息苦しい」

などと今だに言われることがあるそうですが、

気密性能が低いのは「閉めたはずなのに閉まっていない」ことであり、

気密性能が高いのは「閉めたいときに意図している通り閉められること」です。

 

高気密住宅でも、開けたいときに開けられるのは当たり前です。

全部FIX窓にすると開けられませんが(笑)、換気もできていますので

蒸れたり息苦しくなることはありません。

 

 

2016-02-12

最近、3件ほどたて続けに同様のご相談がありましたので

この場で書かせていただきます。

 

お問い合わせの内容は、

「エアコンをずっとつけているけど、あまり暖かくない(特に床のあたり)」

「電気代が思ったよりかかっている」

「とても乾燥した感じ(相対湿度が30%を下回る)」

といったものです。

 

このような状況の場合は、換気量が多すぎないか?と

疑ってみていただきたいのです。

 

目安としては、トイレなどについている下のパイプファン。

気密住宅用で「とじピタ」という名前です。


これが、1時間に80㎥排気します(抵抗が全くない状態で)。

人間の呼吸に必要な空気量は1時間に30㎥と言われるので、

それだけなら、お二人につき1台動いていれば十分と言えます。

四人のご家族でしたら、1,2Fのトイレの2箇所で十分。

(ただし、シックハウス対策が背景にある現在の建築基準法では、

原則、24時間換気のための換気扇は止めてはいけないことに

なっています。コスミックの家でそこまで必要かは疑問ですが。)

 

さて、今回最重要のトピックは、キッチンのレンジフードです。


こちらは、調理中や焼肉中の排気のみに使っていただき、

24時間換気には使用しないでください

 

というのも、排気量が多すぎるためです。

それぞれのボタンを押したときの1時間のおおよその排気量は、

常時換気(クリナップ)で145㎥ ※「とじピタ」2台

弱で200㎥強 ※「とじピタ」2.5台

中で350㎥前後 ※「とじピタ」4.5台

強で600㎥弱 ※「とじピタ」7.5台

くらいです。

 

「常時換気」や「弱」という言葉のイメージに惑わされますが、

これを回しっぱなしにしていると、エアコンの暖気を外に捨て

続けてしまい、室内の床などが暖まらず、天井付近だけ暖かい

という状況になってしまいます。

また、外の乾燥した空気がたくさん入ってくると、湿度の低下も

進みます。

今回ご相談いただいた皆様は、それほど排気量が大きいと思わず、

キッチンのレンジフードをいつも動かしておられたということでした。

 

ちなみにお風呂の換気扇の換気量はどうか?と申しますと、


1時間に88㎥。「とじピタ」より少し多いくらいです。

ただ、「とじピタ」はプロペラファンですが、このお風呂の換気扇や

キッチンのレンジフードはシロッコファンというもので、換気量が

落ちにくいものです。

お風呂の換気扇も、常時つけるのではなく、お風呂が乾くまでの

タイマーでのご利用をお勧めいたします。また、なかなか乾かない、

という場合は、お風呂の水切りや乾拭きを試してみて頂ければと

思います。⇒ お風呂あがりについて

 

これまでご説明不足がありましたら大変申し訳ございませんが、

冒頭のような状況に当てはまる方は、一度家全体の換気量を

チェックしてみて頂ければ幸いです。

 

2015-11-17

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

エアコンの掃除の記事のため、ちょっと汚い写真を掲載いたします。

不快に思われる方は閲覧をお控えください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ブログをさかのぼること1年半。 ⇒ エアコン掃除記事

あのエアコンとの格闘から久しぶりにまたエアコンを掃除しました。

 

行楽日和の日曜日、たまたま家族がいない半日を狙ってのお掃除。

前回にならい、このカビ放出器になり下がった送風口との格闘です。

見るからにカビだらけです。


 

とりあえずいつもの見学会の手袋をして、中のファンを触ってみると、この通り。

この時点でマスクも欠かせません。


 

ホームセンターで買ってきた、トイレの隙間掃除などの道具で

ファンにこびりついたカビをこすって落とします。


斜め上を見上げながら、腕も上がったままなので、これが結構つらいです。

 

ゴミが沢山落ちて来そうなので、カバーを外し、受けのビニールをつけました。


 

ファンをつついていると、どんどんカビの塊が落ちてきます。


掃除をしてもファンは完全には綺麗になりません。

エアコンが3台あったので、終盤は首が疲れて見上げる姿勢が

できなくなり、中を見ずに適当にファンを突きまくりましたが、

これがなかなかどうして、ファンから沢山固まったカビが落ちてきました。

 

ファンの後ろの背面板?のカビのこびりつきもひどいです。

見えない奥の方まで拭けないのですが、無理やり手が届くところまで拭き、

首と腕が疲れて終了です。

 

そして、今年はこれを使ってみました。


エアコン洗浄スプレーです。


これはファン(送風部)ではなくフィン(熱交換をする金属の部分)の

奥を洗浄してくれるということですが・・・

 

フィンに向かってシューっとスプレーしてみます。


洗浄液は奥に流れて、ドレンホースを通って外に出ます。

綺麗になってるのかな・・・

 

10分ほど置いておけば乾くと書いてあるのですが、キチンと乾かしたいのと、

エアコンを最初に動かしたときに出てくるカビと臭いを出しておきたいので

送風してみることにしました。

しかし、室内にカビをまき散らすのは嫌なので、何か良い案はないかなと。

 

考えた末、ゴミ袋の底を切って、4つをつなげて巨大なビニールのトンネルを作りました。


 

それをエアコンの吹き出し口につけます。反対側はというと・・・


 

窓の外へ(笑)。


 

排気ガスやゴミを外に捨てるのではなく、季節をまたいだエアコンの

初動時のカビ臭い空気を室内に放出したくないだけなので、許して下さい。


 

これで送風を1時間ほど行い、どこまで綺麗になったのかと

実感がないまま、半日でエアコン3台の掃除が終わりました。

(軽い調子で書いておりますが、かなり疲れております。)

 

そろそろ新築後6~7年ですので、エアコンの寿命を10年前後と考えると、

一度プロの方の分解洗浄をお願いしてもいいかなと思います。

 

 

さて、この掃除の間、ずっと同じ思いが頭のでグルグル回ってました。

それは、1年半前と同じことですが

「エアコンは、なぜ中のクロスフローファンを簡単に取り出せて、

ジャブジャブゴシゴシと洗えない構造なのか。ファンの後ろの

カビがこびりつく背面板もなぜ全体を拭けるようになっていないのか」

という疑問です。

 

本当にファンが外せるエアコンを開発してほしいです。

お掃除ロボットとかより重要だと思います。(切実)

 

こんなにやりにくい掃除をして、あるいはクリーニングをお願いしてから

エアコンを使い始める人がどれくらいいるのでしょうか。

 

カビをまき散らして、多くの人の健康を損ねる原因になっているかも

しれないのに、どこのメーカーの製品にもないのは何故なのでしょうか。

家と同じですが、病気やアレルギーとの因果関係が明確でなければ

いいのか!?と思ってしまいます。

 

いくら換気をしたり、建材を厳選して空気を清浄にする努力をしても、

エアコンがカビ噴出器になってしまっては元も子もありません。

 

本体のファンのあたりが開閉でき、ファンや風向板を取り外して

水洗いできたり、ファンの背面板なども隅々まで拭き掃除できれば、

全く状況は違います。

これは自然に思い浮かぶことですが、そういう方向に自然に開発が進まない

ということは、「しない(できない?)理由」があるのだと思います。

 

またメーカーさんの展示会などで聞いてみます。

でも「そこまで嫌なら(高額な)輻射熱冷暖房機をお勧めします」

という回答は勘弁してほしいデス。

庶民の味方のエアコンに、もっと気持ちよく使えるようになっていただきたい

という、いちユーザーの想いです。

 

※一応お断りさせて頂きますが、この掃除方法は私が独自に試行錯誤しながら

行っておりますので、メーカーの了承や確認がとれていたり、コスミックの

推奨方法というわけではありませんので、何卒ご了承ください。

私の本音の推奨は、費用が許せばクリーニングのプロによる分解洗浄です。

来年こそは、それをやって(もらって)ご報告できれば幸いです。

2015-01-13

お掃除シリーズは、網戸、お風呂に続いて

窓の掃除をご紹介いたします。

 

冬休みが終わってからご紹介すると言うのも

何ともタイミングが悪いのですが、冬休みに

やりましたのでお許しください・・・

 

では、簡単に窓の外側が掃除できる方法をご紹介します。

道具は、お風呂と同様、このスポンジとゴムの水切りがついたものです。


オレンジの側がスポンジです。

 

これを、ジャバジャバとバケツの水で濡らして・・・


 

窓の上から下に一気に滑らせます。

まずは、オレンジのスポンジの方で汚れを落とします。


柄が長いので、とりあえず1階は楽です。

 

汚れを流したら、水気が乾かないうちに

先をひっくり返し、ゴム側で水を切ります。


上から下まで、ゆっくり、止めずに動かすと

跡が残りにくいですよ。

 

我が家はこれまで雑巾がけをしていましたが、

今年初めてこの方法でやりました。

こっちの方が断然綺麗になってくれました。

 

また、先日ご紹介しましたが、今の時期は網戸掃除と

日射取得の目的で網戸を外しているので、掃除もしやすいです。

 

水と共に落ちた汚れは、サッシの下のレールに溜まります。

是非、ここも洗ってあげてください。

 

先日の網戸掃除にも使いましたが、毛の柔らかいブラシなどが

お薦めです。


ホースがあればホースでどうぞ。

 

また、2階はどうしましょう。

余談ですが、先日のパッシブハウスの視察の際に、

サンフランシスコでこんなおじさんを発見しました。


 

単発で高い位置の窓が一つだけある場合は、

これをやるしかありません。

 

でも引違窓や、隣にもう一つ窓がある場合は

そこから柄の長い道具を出して洗ってください。

 

また、2階でもジョロで流水できるか?と思いますが、

最近ではペットボトルの口に付けられる

ジョロの先なども売られています。

 

お手軽に、楽にお掃除できる方法で

やってみてくださいね。

 

2015-01-07

明けましておめでとうございます。

本年も色々な方向に頑張って参りますので、

ご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

 

さて、冬休みにネタを溜め込んできたので、

一つ軽い、お風呂上りのひと手間をご紹介します。

 

お風呂上りには、お風呂の壁も天井も床もびしょびしょ。

以前のブログで「冷水で流して乾拭きが最高」ということを

書きましたが、そこまでやってられん!!という方へ、

我が家で昨年から始めた例をご紹介します。

 

一言でご説明しますと、「ゴム水切りで水を切っておく」だけです。

 

壁にはこんなのを使っています。

黒い部分がゴムの水切りで、背中に小さいモップもついています。


これを上から下へスーッと滑らせ、壁についている水分を下に落とします。


壁だけではなく、ドアの裏もやりましょう。

ドアのスリガラスのような透明樹脂部分は、

内側に起伏があり、水滴が沢山残っている

場合が多いです。

 

そして、床はこれです。


こちらも黒い部分がゴムの水切りで、反対側にはスポンジがついている

窓用の物だったのですが、スポンジはお風呂に使わないので取ってしまいました。

ホームセンターで数百円から千円前後で売っております。

 

これで床に残った水分をビヤーッと流すだけ。


 

以前は、最後の人が足ふきタオルで拭いたりしていたのですが、

それよりも手間がかからず、水の残る量が少なく、床がヌメってくる

までの時間がかなり長くなりました。

 

折角お風呂に入ったあとにそんなのヤダー、と思われるかも知れませんが、

ぞうきんやモップと比べると、ゴム水切りははるかに楽ですし、何よりも

ヌルヌルしていない床は快適ですよ。

(藤井社長と当社の工事をお願いしているタカラの職人さんは、

毎日乾拭きしているそうです・・・スゴイ)

 

まずは床からでも、是非お試しください。

 

P.S.

実は、カビの胞子の発生を抑えるためには、天井を毎日拭くのが

最も良いそうです(ためしてガッ○ンより)。

posted by 岡本 | コメントなし | メンテナンス・修繕・リフォーム 全体 | 2015/01/07 - 19:04 |
2014-12-25

メンテナンスのネタが続きます。

ずっとフタをしておきたいクサい所と言えば・・・

 

家の裏や横にある、これです。


白い大きなフタの、排水枡(はいすいます)です。

これだけは半年に1回、最低でも1年に1回は

チェックして頂きたいところです。

 

台所や洗面所、お風呂等の排水を一旦受けて、

油の塊などを残して、水だけ下水に流すためのもので、

毎日の洗い物に含まれる脂分などが固まっていきます。


上のようなイメージです。

どちらかというと底に溜まるよりも、水面に近いところで

固まる物の方が多いようです。

 

この油の塊を取ってあげないと、配管が詰まって、

排水が流れなくなるなどのトラブルの元になります。

 

普段の食材によりますが、肉料理が多いご家庭では

油の量も多く、結構クサいです。ガマンしてやります。

ニオイの強いところの掃除は、寒い時期がお勧めですよ。

夏とは臭さが全然違います。

 


すくった汚れを入れるために、スーパーの袋に

新聞紙を入れたものを準備します。

 


汚れをすくう道具は何でもよいのですが、上の写真のような

小さいスコップを使うと、枡の中の壁部分にこびりついた塊を

そぎ落とすのに便利です。

また、水の中の汚れをすくい上げる場合は、お玉(穴開き)が

便利かと思います。

 

 

では、1年近く放置してしまった台所の排水枡を開けます・・・


・・・と、中はなかなか大変なことになっていましたが、

汚いので写真は控えさせて頂きます。

 

頑張ってゴミをすくいます。


ちょっと下がりすぎじゃない。カメラマン。

 

1年のうち10分ほどで終わりますので、

まだの方は、頑張ってやってみて下さいね。

 

おまけですが、お風呂の排水枡はこんな感じでした。


泡だらけで奥が見えません。

髪の毛が詰まる場合もあるとは聞きますが、

殆どゴミはありませんでした。

洗面所の枡はさらに綺麗で、全く問題なし。

台所のついでに他の枡もチェックしてみて下さいね。

2014-12-24

ここの所、少し寒さが和らぎましたね。

先日のお休みに、自宅の網戸をはずして洗いました。

 

上から水をかけながら、ブラシで優しくこするだけです。


我が家のホースは、長い間使わない間に中に緑色の海藻のようなものが

発生して、水を出すと藻が発射される始末。仕方なくジョロで代用です。

(ちなみに漢字で如雨露(じょうろ)だそうです。日本語だったんですねー。)

 

網戸は何ヶ月も洗っていないので、空気中の微粒子などが付着して、

見た目ではっきり分かるくらい汚れていました。空気ってこんなに

汚いのかと思います。

網戸をはずすときは、コスミックの見学会などでもらえる手袋を使いましょう。


皆さん勿論お持ちですよね(笑)

 

2階の網戸を取り外して一旦室内に入れる時は、網戸のサッシの角を

壁クロスや窓廻りの木にぶつけないようにご注意ください。

 

ブラシは、網戸の網を壊さないように、柔らかい物がお勧めです。


このブラシも毛はヘニャヘニャです。

 

洗うと黒く汚れた水が流れてきますが、油汚れなどはないので

すぐに綺麗になると思います。

ただし、寝室など綿ボコリが多い部屋の網戸は、ブラシで洗うと

ホコリが濡れてダマになることがあります。ダマは網戸にくっついて

水で流れにくいので、掴み取るなどしてとります。

面倒であれば乾いてからでも良いかと思います。

 


水洗いができたら、乾くまで干したら終わりです。

 

アタリマエですが、干す時間を確保して洗わないと暗くなって

から取り込むことになります。

また、網戸は軽いので風が強い時はご注意ください。

車のそばに立てかけたりすると悲しいことが起こるかも・・・

 

それから、網戸を洗っている間に窓ふきをすると、網戸が邪魔に

ならないので楽ですよ。

 

コスミックっぽいことも書きますと、網戸を外し、窓ガラスも

綺麗にしておいた方が日射の取得量が上がります。

網戸が無い方がガラスも汚れにくいので、寒い時期に使わない

網戸は外したままにしておくことをお勧めします。

 

皆様も、冬休みのご自宅のメンテナンスにいかがでしょう。

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp