施主から社員になりました

全体 の一覧

2017-04-20

太陽光発電システムを搭載されている方には

もう通知が届いている方もいらっしゃるかも

知れませんが、太陽光発電等の発電電力の

買い取り制度のFIT法の改定がありましたので、

概要をお伝えいたします。

 

2012年4月以降に、太陽光等の発電システムを

設置され、売電されているお客様は全て、

今年9月末までに「みなし認定」という

手続きを行なわなければなりません。

(10kW未満の方も、10kW以上の方も)

 

詳しくは、売電されている方々に通知が届き、

発電設備の運用管理責任などを登録するという

手続きが必要になります。

 

背景は、太陽光パネルの管理責任を明確化し、

事故があった場合などの連絡先を正確に把握する

必要性からと耳にしました。どちらかというと

メガソーラーなどの大きい方の話のように聞こえ

ますが、10kW未満の住宅用も対象です。

 

また今後太陽光発電システムを設置する場合は、

これまでの「設備認定」から「事業認定」になり、

同様の手続きを新規設置時に行っていただく

ことになるそうです。

(設置済みの皆様は、さかのぼってこの事業認定

をするということで、上記の手続きが発生します)

 

9月末までに手続きしなければ、売電を継続できなく

なるということで、かなり強制力のある法改正です。

太陽光発電システムを搭載されている皆様、そのような

通知が今後届くと思いますので、ご確認をお願い致します。

 

法改正の説明ページはこちら → なっとく!再生可能エネルギー

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2017/04/20 - 19:03 |
2017-03-30

最近あるところで聞いた話です。

 

「気密が悪いと寒い」って言われても、

ピンと来ないんだよね・・・

 

・・・と言われて、これまで見学会などに

いらっしゃった方やお施主様の話などを

もう一度思い返してみました。

 

たぶん上のセリフを言った方も含め、

日本人の大半の方々は、「気密が低い寒い家」に

住んだことがあるはず。

 

断熱材もあまり入っていない上、気密もなくスカスカで

いつまでたっても天井さえ暖かくならない古い家や、


 

築年数が新しく、断熱材が入っていても、気密性能がないため

ストーブの周りや天井しか暖かくない、コタツから離れられない

家など、


 

つまり「家が寒い」ことが当たり前すぎて、それが気密が

悪いせいであるとか、そうでない家があるということの方を

ご存じないのだと思います。

 

本当に知らない、入ったことがないのは

「本当に気密があり暖かい家」の方。


壁や床、天井の温度差がほとんどなく、

お風呂やトイレまで温度差が小さい住宅を

ご存じないので、新しい家が古いアパートや

ご実家より暖かければ、こんなもんじゃないの、

ということになっているのではと思いました。

 

上に上がれば下が見えると言いますが、

本当の高気密・高断熱住宅を真夏・真冬に

体感して、確認して、ピンと来てから、

家族のためにどんな家を建てるかを

決めて頂きたいと思った次第です。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2017/03/30 - 10:25 |
2017-01-07

新年明けましておめでとうございます。

本年も、宜しくお願い申し上げます。

 

昨年末も、バタバタばたばたしてしまい、

やることに追われて終わってしまいました。

 

でも今年も長めのお休みを頂けたので、

身体も心も少し疲れが取れました。

 

今年は珍しく、初出の日に社内会議があり、

初日から気合の入る内容がてんこ盛り。

 

本年も色々とあるかと思いますが、平常心で

静かに燃えて頑張りたいと思いますので、

ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 


 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2017/01/07 - 18:51 |
2016-12-28

今年は熊本や鳥取の地震があり、本当に南海トラフの

巨大地震が現実味を帯びてきている感じを受けました。

 

以前、自宅で準備している防災バッグのことを

書かせて頂きましたが、「子供達の分は?」という

話になり、子供の分も最低限持てる水・食料を

入れた小さい防災(避難用具)バッグを作りました。

 


 

子供と一緒に中身を確認していると、自然に

「子供達だけの時に被災したらどうやって避難したらいいか」

という話になります。

親がいないときに子供だけでバッグを背負って避難場所を

目指すことを想像すると、とても心配な気分になってきました。

 

また防災頭巾などを見ていると、戦時中、空襲が来た時の

逃げ方を我が子に説明する親の気持ちはどんなものだったかと

飛躍した想像が頭に浮かび、いたたまれない気持ちになったり。

 

命の危険や大切さと本気で向き合う時が来たら・・・

その時子供達を守れるところにおらず、子供達自身で生きる努力を

することになったら・・・と思うと、とても心配になってきました。

 

身近で事が起こらなければ普段は向き合わないことですが、

最近、近県でも大きな地震が発生しており、他人事とは思えなく

なってきています。

 

年末年始のこの機会に、平和に暮らせる毎日に感謝しつつ、

命の大切さを再確認し、できるだけの備えはしておきたいですね。

 

 

年末最後のブログが少し暗い話になってしまい申し訳ございません。

でもとても大切なことだと思います。

 

皆様、本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

来年もやりたいこと、やらなければならないことが既に盛り沢山!!

コスミック・ガーデンは安全・安心な住まいを提供し続けるため、

ぶれずに高みを目指していきます。

来年も、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 我が家のこと(OB施主として) | 2016/12/28 - 15:15 |
2016-12-14

コスミックの家を見たいという新しいお客様が

いらっしゃることになったので、お引渡しして

2年半ほど経過したOB施主様宅にお願いして

お客様と代表の藤井と私で訪問させて頂きました。

 


 

OB施主様宅に訪問すると、実際に住んで色々と

分っておられるお施主様のお話しが聞けますし、

少し時間がたったお宅の状況も見せて頂けます。

 

そして押し売りする気のない住宅博士の話も

聞けるという、結構盛り沢山でお得なイベントです。

 

大変なのはOB施主様で、事前にお掃除して頂いたり

当日にお茶を出して頂いたりと、甘えてしまいます。

でも、楽しそうに我々と一緒に説明して頂けますし、

実体験に基づいているので説得力もあるしで、とても

助かっております。

 

しかも今回のお宅は、、、


お子様の夏休みの宿題で制作されたという、

生写真の建築現場日誌を出していただきました!!

 

スケッチブック2冊分、これはすごい!!


基礎や壁・天井の構造などのご質問の場面でも

使わせて頂き、大変たすかりました。

(こういうの1冊持っておくべきだな・・・)

 

他にも、無垢の室内ドアの焼け具合が見られたり。


これこそ、生きた展示場ですね。

ご見学頂いた方も、生々しい話が沢山聞けて

ご参考にして頂けるのでは。

 

そして、何よりも暖かくて居心地がよく、

気づいたら4時間近く話し込んでいました。

これこそ、快適な空間の一番の証明かと思います。

 

真冬なので、是非これからも沢山の家を見て、

調べて、体感して、値引きなどの目くらましに負けず

納得されるまで十分にご検討頂ければ幸いと思います。

 

そして長時間の訪問をさせて頂いた○○○様、

本日もありがとうございました!!

 

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/12/14 - 18:56 |
2016-11-18

本日は、明日からの見学会の準備でした。


 

新陶性外壁のK様邸、壁を張っている最中は

しょっちゅうお邪魔しておりましたが、足場が

落ちてからは初めて見ました。とっっても綺麗です。

 

中も素敵ですよー!!養生が取れて初めて入り

ましたが、綺麗さ、豪華さに驚いてしまいました。

あんまりお見せするとアレなので、2枚だけ。


 

どの部屋も、とても綺麗で質感の高いお宅です。


 

見とれている場合ではありません。準備準備。

 

いつも先頭に立って準備の作業をしている

頼れるアニキ、妹尾統括部長です。


今回は予約不要のフリーなので、過去の経験からは

昼前後のピーク時には10台前後の車が入って

来られるケースもあり、最大限駐車できるように

ビニールテープで枠を書きます。

 

大きいものの運搬と、玄関廻りの養生は、だいぶ

身体つきもがっしりしてきた、若手2年目社員の

西野がやってくれました。


先日東京の展示会で見つけた、ちょっとオシャレな

ジッパー柄の養生テープも貼ってみました。

 

少し天気が崩れそうな気配ですが、寒い方が

性能も分りやすいと思います。

ご来場を予定されている皆様、スタッフ一同

心よりお待ちしておりますので、お気をつけて

お越しくださいね。

 

【おまけ】イベント告知が掲載されているサイトです。

ステップハウス(ちょっと重いです)

SUUMO

iemiru(イエミル)

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/11/18 - 16:18 |
2016-11-14

コスミック・ガーデンでは見学会などのご案内で、

「五感をフルに使って体感してください」

と表現していることが多いのですが、、、

 

スマホやネットの情報で囲まれている現在、

本当にそう思います。

 

見学会にいらっしゃったら、印刷物を見たり

我々スタッフの長い説明に耳を傾けて頂くのも

是非お願いしたいですが、ひととおり見たいところ、

聞きたいことが確認できて、ひと段落したら、

すこし立ち止まって、建物に囲まれた空間の

居心地を、ゆっくり味わって頂きたいと思います。

 

 

少し話がずれますが、先週末の土曜日は、

わが子の小学校の音楽発表会でした。

同じスケジュールの学校は多かったのでは

ないでしょうか。


そこで、ビデオやスマホで我が子を一生懸命

写そうとされている親御さんが大変多かったことに

驚きました。ちょっと上の方から保護者席を見下ろす

機会があり、全体を眺めると、スマホやカメラを構えて

いる人が半分近いのではと見受けられました。

 

私も、後で見るためや、会場に来られない身内の人に

見せるために、ビデオに残すのですが、ビデオカメラを

構えて、子供が写っていることが確認できたら、あとは

なるべく自分の目で我が子を見て、合唱や合奏、劇等は

子供たちが作っている空間、空気をなるべく五感で

感じるよう、心がけています。

 

映像は後でも見られますが、その場の空気は

その場所で、その時しか味わえません。

子供たちも動画に残るために頑張っているのではなく、

自分達の成長した姿を見てもらうために頑張っています。

 

そう思うと、ビデオやスマホを覗いて操作しているのは、

ある意味とても勿体ない時間の使い方とも思えます。

 

今しか見られない、その世紀の瞬間を、目に焼き付けるのか、

スマホに記録するのか。本当は究極の選択かも知れないのに

反射的にスマホを構える人が増えているのかなと思う出来事

でした。

(私もビデオ撮影していますし、別に撮影することを否定している

わけではないので、大好きな我が子を一生懸命撮影されている

お父様・お母様方、お気を悪くされないようお願い致します。)

 


 

さて、何やら説教臭い話になり申し訳ありません、話を見学会に

戻すと、こちらは世紀の一瞬でもなく、長時間たっぷり見て頂ける

のですが、ご帰宅されてから

「あれ、細かいところは覚えてるけど、居心地ってどんな感じだったっけ」

とならないよう、じっくり五感で味わって頂ければ幸いです。

むしろ、住み始めてからはそちらばかりを感じることになりますので・・・

(2,3年住んでから、建てる会社を決められれば一番良いのですが;)

 

今週末(19・20日)は、久々にご予約不要のフリーの見学会です。

いつもの感じでは、お昼~15時ころが若干混み合いそうですが、

皆様のお越しを、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

お気をつけてお越しください。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 雑談 | 2016/11/14 - 14:31 |
2016-10-24

先日の鳥取県震源の地震は驚きましたね。

新聞の見出しでは、岡山県内で震度5強を

記録したのは16年ぶりとのこと。

岡山県南でも震度3と4が混在した状況でした。

 

発生時、私はたまたま社長の藤井と一緒に

OB施主様宅へ例の看板を設置させて頂き、

そのままお邪魔してお茶を頂いていた

ところでした。

 

看板のみならず、表札にまで弊社のロゴを

入れて下さっているお施主様です。大感謝です!!


(地震で動揺して写真を撮らせて頂くのを忘れたので

お客様のSNSの写真を拝借・・・)

 

しかもこのお客様宅には、2階の揺れを2分の1に

低減するという、ビルシュタイン製造の制振ダンパー

「evoltz(エヴォルツ)」(千博産業販売)が入っています。


 

さらに、2階がLDKのお宅なので我々もお客様と

一緒に2階のダイニングテーブルについていました。

 

という偶然が重なり、お客様と3人でコスミックの耐震

構造+evoltz の住宅の2階で震度4を入力した揺れを

体感することになりました。

 

震度3や4の区別がはっきり分るわけではありませんが、

体感的にはそれほど激しくない震度3程度の揺れに感じました。

 

食器棚がいくつかあり、上に絵等も置かれていましたが、

モノが落ちたり倒れたりということもなく、ただ揺れる時間が

長かったので、入れて頂いていたコーヒーの波が家の揺れと

重なってだんだん高くなってきたので、こぼれないように

カップを持ち上げた程度でした。

 

 

今回も鳥取県の想定外の場所が震源とのことですが、ホントに

日本のどこにいても大きな地震に合う可能性は否定できない

雰囲気になってきたと思います。

 

昨日の「家創りなんでもゼミ」に参加されたお客様の中には

「もうどうせ大きな地震が一度来るだろうし、その前に建てる

かどうか悩む」ということをおっしゃっていました。

 

最近、業界内で熊本地震の報告会なども行なわれており、

震度7が2回来たり、地盤が崩落するような現状を見ると

「ここまでやれば絶対に大丈夫」というのはなかなか言えませんが、

できる限りのことはして、備えておきたいですよね。

 

おまけに昨日のゼミでの藤井の発言。

「とことん構造を強くするだけなら、2×6の外周パネル全部に

構造用合板の太鼓張りという手がありますよ」

とのこと。

※太鼓張りとは、2×4のパネルの外側にだけ貼っている

構造用合板を、内側にも貼ることです。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/10/24 - 15:49 |
2016-09-05

このところ強い台風が多く、その影響で

湿った風が吹いてきますね。

 

しばらく冷房不要で過ごしていましたが、

台風が近づくと気温は低くても湿度が高い

風が吹いてくるので、冷房を弱めにでも

運転していないと不快に感じてしまいます。

 

さて、本日九州に上陸した12号も、

午前9時ころには熱帯低気圧に

変わったという報道があり、

ホッとしました。

 

気づくと、意味もよく分かっていないのに

「~低気圧に変わった」と言われるとホッと

思考停止してしまいます。

 

「熱帯低気圧」「温帯低気圧」に変わると

「台風」ではないので安心してしまいますが

そもそもどういう状況なのか。ちょっと調べてみると、

 

「台風 ⇒ 熱帯低気圧」

は 最大風速が17m/s未満になっただけ

「台風 ⇒ 温帯低気圧」

は 寒気の影響を受けて構造が変わり、強風の範囲は広がる。

引用:気象庁「台風の一生」

 

ということで、台風の減衰期には違いないのですが、

「低気圧に変わった」=「台風の怖さが消えた」

わけではなさそうということです。

特に後者は「弱くなった」とは言えないケースも。

 

昨日のNHKスペシャルでも大規模災害の特集を

しており、職業柄観ずにいられませんでした。

(来週は巨大地震です)

色々な災害に備えておきたいですね・・・。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/09/05 - 17:17 |
2016-08-09

高気密・高断熱の住宅に入居して、

1年、2年と住み続けると、それまでの

生活から変わったことに気づいて来ます。

 

分りやすい例では、夏の夜、寝苦しくないこと、

冬の朝、布団から出るのが苦ではないこと、

私の場合はすぐストーブの前に座って

足先を温めなくてよくなったこと。

 

玄関か窓から手や顔を出さないと、

外の寒さ・暑さが分からないこと。

反対に帰宅したら玄関から入った

とたん快適であること・・・

 

先日、あるお施主様(奥様)の言葉で

「夏が終わるのが早くなった」という

ことを聞きまして、確かに、と思いました。

 

以前は何日も熱帯夜が続いたら

「あぁ、早く夏が終わってくれないかな」

と考えていたものですが、寝るときの

暑さに苦しめられることが無くなったので、

それほどまでに「早く夏終われ!!」と

あまり思わなくなりました。

 

寒いのは服を着たり布団に入れば

その時は何とかなりますが、暑いのは

全部脱いでも暑いですから・・・

 

完成見学会だけではなかなか味わえない、

四季を通して高性能住宅で生活しているから

こその言葉だと思います。

 

これから新築される機会がおありの皆様も、是非、

そんな住宅で生活していただきたいと思います。

 

そんなOB施主様のお話も聞ける!!

真夏の体感会 第二弾も是非ご参加くださいね。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/08/09 - 19:30 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp