施主から社員になりました

施主から社員になりました > 我が家のこと(OB施主として)

我が家のこと(OB施主として) の一覧

2017-02-22

中国電力さんの宣伝ではありませんが、、、電力自由化に際し

中国電力さんの顧客サービス向上目的(と勝手に解釈)で

「ぐっとずっと。クラブ」というポイント会員制度と

Webサイトができております。


中国電力で電気の契約をしていても、

ホームページから加入手続きをしないと

会員になったことになりません。

 

会員になりWeb明細の了解をすると、

紙の明細書が届かなくなり、代わりに

Webサイトで過去2年間の電力量・

料金を一覧表やグラフで見ることが

できます。

 

電力自由化に先立って料金・使用量

紹介サイトはできていましたが、

色々とバージョンアップされているようです。


 

また、電力自由化になってから顧客

囲い込みのためポイント制が始まりました。


 

地元百貨店やスーパーの商品券や

ポイントとの交換が可能です。


 

どちらにしても支払う電気料金ですから

ポイントためないと損かも知れません。

 

中国電力さんのホームページから会員登録の申請ができますが、

仮パスワードを郵送で受け取るなど、金融機関並みの手順を踏みます。

詳しくは過去のブログをご参照ください。⇒ 会員登録した際のブログ記事

※画面や手続きの流れが当時から変わっているところがありますが

ご了承くださいませ。

posted by 岡本 | コメントなし | 我が家のこと(OB施主として) 雑談 | 2017/02/22 - 16:19 |
2016-12-28

今年は熊本や鳥取の地震があり、本当に南海トラフの

巨大地震が現実味を帯びてきている感じを受けました。

 

以前、自宅で準備している防災バッグのことを

書かせて頂きましたが、「子供達の分は?」という

話になり、子供の分も最低限持てる水・食料を

入れた小さい防災(避難用具)バッグを作りました。

 


 

子供と一緒に中身を確認していると、自然に

「子供達だけの時に被災したらどうやって避難したらいいか」

という話になります。

親がいないときに子供だけでバッグを背負って避難場所を

目指すことを想像すると、とても心配な気分になってきました。

 

また防災頭巾などを見ていると、戦時中、空襲が来た時の

逃げ方を我が子に説明する親の気持ちはどんなものだったかと

飛躍した想像が頭に浮かび、いたたまれない気持ちになったり。

 

命の危険や大切さと本気で向き合う時が来たら・・・

その時子供達を守れるところにおらず、子供達自身で生きる努力を

することになったら・・・と思うと、とても心配になってきました。

 

身近で事が起こらなければ普段は向き合わないことですが、

最近、近県でも大きな地震が発生しており、他人事とは思えなく

なってきています。

 

年末年始のこの機会に、平和に暮らせる毎日に感謝しつつ、

命の大切さを再確認し、できるだけの備えはしておきたいですね。

 

 

年末最後のブログが少し暗い話になってしまい申し訳ございません。

でもとても大切なことだと思います。

 

皆様、本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

来年もやりたいこと、やらなければならないことが既に盛り沢山!!

コスミック・ガーデンは安全・安心な住まいを提供し続けるため、

ぶれずに高みを目指していきます。

来年も、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 我が家のこと(OB施主として) | 2016/12/28 - 15:15 |
2016-08-18

先週いただいた夏休みの間に、ちょっとマニアックな

場所の掃除をしてみました。

お風呂の洗い場のカウンターの下のカバーを外しての

掃除です。

 

どこのことかと言うと・・・コチラ↓です。


 

普段見えないところですが、おそらく汚れていることかと・・・・

 

カウンターを下からのぞくと、手で回せるネジが4つ見えます。


 

ネジを外すと、結構簡単に大きいカバーが外れました。


カバーの内側は、汚れと石鹸とカビが混ざったようなものが

薄くこびりついていました。汚いので写真をぼかしましたが、

下に置いてあるのが一つ目の大きなカバーです。

 

上に、もう一つ小さいカバーがあり、同じように手で回せるネジで

固定されています。


2つ目のカバーも外して、手前に置いたところです。

これらのカバーには、一般的に防水機能はなく、水も空気も

通る仕様のようです。

汚れもついていますが、前日の夜にお風呂を使って浴室を乾かし、

翌日夕方にこの作業をしましたが、その時点でカバーの中も結構

乾いていました。ずっとぬれてドロドロというわけではなさそうです。

 

せっかく外したので、外の水道でゴシゴシときれいに洗います!!


油汚れなどではないので、水洗いできれいになりました。

ここまで所要時間30分というところ。

実はこの作業、あるお客様から「急がないけど、どうやって洗うのか

また教えて」と質問されていて、何か月も経っていたのですが・・・

いざ始めるとすぐできるもんですね・・・Y様、遅くなってごめんなさい!!

 

さて、きれいになったので、カバーを取り付けます。

やっとピンボケでない写真が載せられます。

 

下の写真はカバーが外れているところ。


 

一つ目の小さいカバーを取り付けました。

手回しのネジ二つ。簡単です。


 

次に、大きいほうのカバー。こちらもネジ4ヵ所でとても簡単。

と思っていたら、ねじ止めの金具がカバーの外に出たまま

取り付けてしまっていますね・・・

今ブログを書いていて気が付きました。直しておかなければ・・・


 

最近はこのカウンター廻りの汚れの掃除がしやすいようにと、

カウンター自体のサイズが小さくなり、壁からも離れて洗いやすい

モデルが増えています。


 

メーカーやモデルによっていろいろあるかと思いますが、

今回はタカラスタンダードの一例をご紹介いたしました。

 

 

 

2016-06-04

最近は、晴れると昼間は暑いけど、気温はあまりあがらず、

夜になると寒いくらい・・・という、微妙な中間期ですね。

 

北極からの寒気の影響も大きいようですが、

こんな時期、高気密高断熱の家はどうすればいいの?

というご質問もいただきます。

 

まず単純なのは、

「窓開けちゃって気持ちいいときは開けてください」

ってことです。

ただし、P.M 2.5が気にならなければですが・・・

 

ちなみに、我が家は涼しいときは外気を入れて家の中を

冷ましています。ちょっと外気が汚れているのは気になりますが、

そうは言っても涼しいのは気持ちいいので・・・

 

特に昼間に日射が入ると少し室温が上がります。この後、夕方から

夜にかけて、また早朝の涼しい外気を沢山家の中に入れると、

かなり建物を冷ますことができます。(防犯にはご注意下さい)

 

特に、天窓や小屋裏の窓がある場合は、そこと1階の窓を

あけると、上下の温度差による空気の動きによりスムーズに

建物内の空気を入れ替えることが出来ます。

※断熱・気密性能が低い家は、半ば強制的にこのような状況が

起こるので、今の時期は明け方に家の中が寒いくらい温度が

下がってしまいます。

 

ところで雨の日のように湿度が多いときはこの方法はできません。

家の中を冷まそうと外気を入れても、湿気が一緒に入ると

家の中の湿度が上がり、不快になってしまうためです。

ということは、梅雨までの涼しくて湿度も低い短期間だけ

使える方法ということになります。

 

またくどいですがフィルタリングできないので黄砂もホコリも入ります。

外気は汚れててヤダ!!という場合は、窓は全部閉めて

潔くエアコンをお使い頂ければ、快適かと思います。

(必要な量の換気は継続してくださいね)

 

「高気密住宅は、建物が密閉されるので、蒸れる・息苦しい」

などと今だに言われることがあるそうですが、

気密性能が低いのは「閉めたはずなのに閉まっていない」ことであり、

気密性能が高いのは「閉めたいときに意図している通り閉められること」です。

 

高気密住宅でも、開けたいときに開けられるのは当たり前です。

全部FIX窓にすると開けられませんが(笑)、換気もできていますので

蒸れたり息苦しくなることはありません。

 

 

2016-02-12

最近、3件ほどたて続けに同様のご相談がありましたので

この場で書かせていただきます。

 

お問い合わせの内容は、

「エアコンをずっとつけているけど、あまり暖かくない(特に床のあたり)」

「電気代が思ったよりかかっている」

「とても乾燥した感じ(相対湿度が30%を下回る)」

といったものです。

 

このような状況の場合は、換気量が多すぎないか?と

疑ってみていただきたいのです。

 

目安としては、トイレなどについている下のパイプファン。

気密住宅用で「とじピタ」という名前です。


これが、1時間に80㎥排気します(抵抗が全くない状態で)。

人間の呼吸に必要な空気量は1時間に30㎥と言われるので、

それだけなら、お二人につき1台動いていれば十分と言えます。

四人のご家族でしたら、1,2Fのトイレの2箇所で十分。

(ただし、シックハウス対策が背景にある現在の建築基準法では、

原則、24時間換気のための換気扇は止めてはいけないことに

なっています。コスミックの家でそこまで必要かは疑問ですが。)

 

さて、今回最重要のトピックは、キッチンのレンジフードです。


こちらは、調理中や焼肉中の排気のみに使っていただき、

24時間換気には使用しないでください

 

というのも、排気量が多すぎるためです。

それぞれのボタンを押したときの1時間のおおよその排気量は、

常時換気(クリナップ)で145㎥ ※「とじピタ」2台

弱で200㎥強 ※「とじピタ」2.5台

中で350㎥前後 ※「とじピタ」4.5台

強で600㎥弱 ※「とじピタ」7.5台

くらいです。

 

「常時換気」や「弱」という言葉のイメージに惑わされますが、

これを回しっぱなしにしていると、エアコンの暖気を外に捨て

続けてしまい、室内の床などが暖まらず、天井付近だけ暖かい

という状況になってしまいます。

また、外の乾燥した空気がたくさん入ってくると、湿度の低下も

進みます。

今回ご相談いただいた皆様は、それほど排気量が大きいと思わず、

キッチンのレンジフードをいつも動かしておられたということでした。

 

ちなみにお風呂の換気扇の換気量はどうか?と申しますと、


1時間に88㎥。「とじピタ」より少し多いくらいです。

ただ、「とじピタ」はプロペラファンですが、このお風呂の換気扇や

キッチンのレンジフードはシロッコファンというもので、換気量が

落ちにくいものです。

お風呂の換気扇も、常時つけるのではなく、お風呂が乾くまでの

タイマーでのご利用をお勧めいたします。また、なかなか乾かない、

という場合は、お風呂の水切りや乾拭きを試してみて頂ければと

思います。⇒ お風呂あがりについて

 

これまでご説明不足がありましたら大変申し訳ございませんが、

冒頭のような状況に当てはまる方は、一度家全体の換気量を

チェックしてみて頂ければ幸いです。

 

2015-11-17

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

エアコンの掃除の記事のため、ちょっと汚い写真を掲載いたします。

不快に思われる方は閲覧をお控えください。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

ブログをさかのぼること1年半。 ⇒ エアコン掃除記事

あのエアコンとの格闘から久しぶりにまたエアコンを掃除しました。

 

行楽日和の日曜日、たまたま家族がいない半日を狙ってのお掃除。

前回にならい、このカビ放出器になり下がった送風口との格闘です。

見るからにカビだらけです。


 

とりあえずいつもの見学会の手袋をして、中のファンを触ってみると、この通り。

この時点でマスクも欠かせません。


 

ホームセンターで買ってきた、トイレの隙間掃除などの道具で

ファンにこびりついたカビをこすって落とします。


斜め上を見上げながら、腕も上がったままなので、これが結構つらいです。

 

ゴミが沢山落ちて来そうなので、カバーを外し、受けのビニールをつけました。


 

ファンをつついていると、どんどんカビの塊が落ちてきます。


掃除をしてもファンは完全には綺麗になりません。

エアコンが3台あったので、終盤は首が疲れて見上げる姿勢が

できなくなり、中を見ずに適当にファンを突きまくりましたが、

これがなかなかどうして、ファンから沢山固まったカビが落ちてきました。

 

ファンの後ろの背面板?のカビのこびりつきもひどいです。

見えない奥の方まで拭けないのですが、無理やり手が届くところまで拭き、

首と腕が疲れて終了です。

 

そして、今年はこれを使ってみました。


エアコン洗浄スプレーです。


これはファン(送風部)ではなくフィン(熱交換をする金属の部分)の

奥を洗浄してくれるということですが・・・

 

フィンに向かってシューっとスプレーしてみます。


洗浄液は奥に流れて、ドレンホースを通って外に出ます。

綺麗になってるのかな・・・

 

10分ほど置いておけば乾くと書いてあるのですが、キチンと乾かしたいのと、

エアコンを最初に動かしたときに出てくるカビと臭いを出しておきたいので

送風してみることにしました。

しかし、室内にカビをまき散らすのは嫌なので、何か良い案はないかなと。

 

考えた末、ゴミ袋の底を切って、4つをつなげて巨大なビニールのトンネルを作りました。


 

それをエアコンの吹き出し口につけます。反対側はというと・・・


 

窓の外へ(笑)。


 

排気ガスやゴミを外に捨てるのではなく、季節をまたいだエアコンの

初動時のカビ臭い空気を室内に放出したくないだけなので、許して下さい。


 

これで送風を1時間ほど行い、どこまで綺麗になったのかと

実感がないまま、半日でエアコン3台の掃除が終わりました。

(軽い調子で書いておりますが、かなり疲れております。)

 

そろそろ新築後6~7年ですので、エアコンの寿命を10年前後と考えると、

一度プロの方の分解洗浄をお願いしてもいいかなと思います。

 

 

さて、この掃除の間、ずっと同じ思いが頭のでグルグル回ってました。

それは、1年半前と同じことですが

「エアコンは、なぜ中のクロスフローファンを簡単に取り出せて、

ジャブジャブゴシゴシと洗えない構造なのか。ファンの後ろの

カビがこびりつく背面板もなぜ全体を拭けるようになっていないのか」

という疑問です。

 

本当にファンが外せるエアコンを開発してほしいです。

お掃除ロボットとかより重要だと思います。(切実)

 

こんなにやりにくい掃除をして、あるいはクリーニングをお願いしてから

エアコンを使い始める人がどれくらいいるのでしょうか。

 

カビをまき散らして、多くの人の健康を損ねる原因になっているかも

しれないのに、どこのメーカーの製品にもないのは何故なのでしょうか。

家と同じですが、病気やアレルギーとの因果関係が明確でなければ

いいのか!?と思ってしまいます。

 

いくら換気をしたり、建材を厳選して空気を清浄にする努力をしても、

エアコンがカビ噴出器になってしまっては元も子もありません。

 

本体のファンのあたりが開閉でき、ファンや風向板を取り外して

水洗いできたり、ファンの背面板なども隅々まで拭き掃除できれば、

全く状況は違います。

これは自然に思い浮かぶことですが、そういう方向に自然に開発が進まない

ということは、「しない(できない?)理由」があるのだと思います。

 

またメーカーさんの展示会などで聞いてみます。

でも「そこまで嫌なら(高額な)輻射熱冷暖房機をお勧めします」

という回答は勘弁してほしいデス。

庶民の味方のエアコンに、もっと気持ちよく使えるようになっていただきたい

という、いちユーザーの想いです。

 

※一応お断りさせて頂きますが、この掃除方法は私が独自に試行錯誤しながら

行っておりますので、メーカーの了承や確認がとれていたり、コスミックの

推奨方法というわけではありませんので、何卒ご了承ください。

私の本音の推奨は、費用が許せばクリーニングのプロによる分解洗浄です。

来年こそは、それをやって(もらって)ご報告できれば幸いです。

2015-10-29

最近、立て続けに話題になったので、

ちょっと取り上げようと思いますが、

 

スイッチやコンセントの数はケチらないで!!

 

ということについてです。

言いたいことはこれで終わりなのですが、

私が電気のスイッチを一か所ケチったばっかりに

毎日暗い中を歩いて寝室に向かう羽目になった

という話。⇒ 詳しく書いたブログ記事「失敗事例(スイッチの位置)」へ

 

お施主様や見学会にご参加の皆様に体験談として

お話してきましたし、最近、見学会などでお二人の方に

「一番の失敗はなんですか??」

と聞かれ、同じくその件をお話させて頂きました。

 

本日、社長や他のスタッフがお会いしたOB施主様も、

私の体験談を聞いていて注意深く位置を検討されたので

生活が始まってからも大満足!!と言って下さったそうです。

 

単純なことかもしれませんが、断熱・気密と同じように

足りないと毎日不満に思うものです。

しくじると、5,000円をケチったことで、毎日1秒だけ

不満に思う時間ができてしまいます。

それが数十年間続けば、ちょっと残念ですよね。

 

実際、住みだしてからの不満のアンケートを取ると、

スイッチやコンセントの数や位置は上位に来ます。

しっかり考え抜いて、完璧な配置ができればそれに

越したことはありませんが、そこまで想定するのは

難しいので、いらないかも、と迷った時は残しておく、

つけておくことをお勧めします。

 

「ここ、いらんかったなー」とスイッチ一つが余分だった

ために、一生後悔することはないと思いますが、

「ここに一つ欲しかったのに~」は一生続くかも知れません。

 

昔にも載せたネタなのでご存知の方も多いかと思いますが、

最近ご検討の方にも知って頂きたく、書かせて頂きました。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 我が家のこと(OB施主として) | 2015/10/29 - 18:16 |
2015-08-05

知りませんでした。

中国電力さんの電気料金・使用量が

ホームページから照会できたんですね。

 

先日、たまに情報を持ってきて下さる

中国電力の方とお話しててお聞きしました。

 

早速使ってみよう、ということで、中国電力さんのページに。

確かに、右側にそんなボタンがあります。


 

認証画面。最初は新規登録が必要です。


 

新規登録画面です。


新規登録時は、契約番号が必要なので、

毎月届いている料金のお知らせが必要です。

 

これですね↓


 

登録完了!!早速使用量を・・・と思いきや、

「IDとパスワードは簡易書留でお送りします」・・・と。

このあたりの厳重さはさすがです。


 

待つこと1週間。契約住所に届きました。




 

このユーザIDとパスワードを使ってログインすると・・・


こんな感じです。

 

過去3年間の使用量・電気料金の一覧が出たり・・・


明細も出せたり。


グラフも出せます。ダウンロードもできるようです。


我が家は昨年12月に電気料金プランを変更したので

途中でグラフが切れていますが、普通に使われている

ご家庭では、3年間の比較や毎月の利用状況が

一目瞭然です。

とくに料金は必要ないようですので、一度使われて

みては如何でしょうか。

 

来年4月から電気の小売りが自由化されますが、

ポイント利用ができたり電話・ガスなどの料金と

合算請求ができるような会社から電気を購入すると

各社のサービスでも、こういった照会機能も

充実・複雑化するかもしれないですね。

posted by 岡本 | コメントなし | 我が家のこと(OB施主として) | 2015/08/05 - 12:14 |
2015-05-11

家族が増えたと言っても、子どもが生まれたわけではありません。

ゴールデンウィークに、ペットショップに立ち寄って見かけた

熱帯魚に一目ぼれし、衝動買いしてしまったのです。

 

「ペットショップで子犬と目があって、そのまま買って

連れて帰った」などという話をTVで見たりして

そんなことはないでしょーと思っていましたが、

まさか魚に一目ぼれしてしまうとは・・・

 

ということで、急遽、水槽やその他設備を買い込み、

頑張って自宅のリビングに熱帯魚の環境を構築しました。


昔、父がよく金魚を飼っており、水道の水を外に一日置いて

カルキを抜き、常温で入れていたのを見ていましたが、

私は完全に初心者の上、金魚ではなく熱帯魚です。

 

調べながら道具を揃えましたが、熱帯魚はバクテリアを

入れてあげたり温度も26度に保つようにサーモスタットと

ヒーターを入れるなど知らないことばかりで大変でした。

調べながら丸一日かけてやっとできました。

 

社長が買っていたPH試験紙を1枚拝借し、

水質がアルカリ性に偏りすぎていないか調べたり。

(PH試験紙が置いてある住宅会社って・・・)

 

室温変動の少ない高気密高断熱の室内だから

水温の変動も少ないかな?

水を入れてから2日間置いておいて、水質が安定してから

取り置きしてもらっていた熱帯魚を迎えに行きました。


で、めでたく我が家に来てくれたのは、この子です。

「パロットファイヤー」という種類で、取り立てて

身体がめちゃくちゃ綺麗というわけでもないし、

普通の金魚か何かの様に見えますが・・・

 

一目ぼれしたのは、この「正面から見た顔」です。


動き続ける魚を撮影するのはとても難しく、

背景にピントが合っていて見にくいのですが、

口がにっこり笑っている三日月型をしていて、

目のところにも黒いブチが入って黒目がちに見えて

とてもかわいい顔をしています。

これをペットショップで見て、子供も私も一目ぼれでした。

 

水槽が大きすぎてさみしいように見えますが、

寿命は4~7年で、15cmほどになるそうです。

成長しても笑顔を絶やさず、末永く家族を

癒してくれたらと思います。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 我が家のこと(OB施主として) 雑談 | 2015/05/11 - 18:54 |
2015-02-27

こんにちは。

先日、普段食事をしているダイニングの床が

何か食べ物が落ちて汚れたのを拭き始めたら

スイッチが入って、床全体を水拭きした岡本です。


もうすぐ入居後丸6年になります。

恥ずかしながら、これまでにワックスがけは1回、

水拭きが4,5回というところでしょうか。(2階はもっと少ないです)

 

小さい子が椅子を引きずったり乗り物のオモチャで

ヘアラインを入れたりしてきましたが、フローリング表面の

ウレタンコーティングはまだまだ残っており、無垢材が

露出した箇所はありません。結構強いものですね。

自分がサボりまくっていて申し訳ありませんが、

一応「ワックスがけの推奨は年1回程度」です。

 

さて、今週水曜日は、業界では有名な?

室蘭工業大学の鎌田名誉教授のセミナーに

参加すべく、山田さん・白石さんとともに香川県へ。


 

「美味しいうどんを食べるには、朝7時には到着して

50人目くらいに並ぶつもりで有名店に行かなきゃ!!」

という食通の白石さんの熱い解説を聞きながら、

瀬戸大橋を渡ってうどん県に入ります。

 


セミナー会場は、高松市の文書館というところでした。

鎌田名誉教授は、昭和の時代の断熱材の効いてない

気密の低い日本の住宅の改善に心血を注いで来られた

とのことで、特に歴史の面から勉強になりました。

住宅業界が長い他のお二人は知っている話が

多かったかも知れませんが・・・?

 

さらに、翌日の木曜日は、大阪でジオパワーシステム

という地中熱を使うシステムの説明会に参加。


地中5mの深さにアルミのパイプを埋め込み、

外気を導入して熱交換させ、地中の熱を取り

(夏は冷却して)利用しようと言うシステムです。

 

十年以上前からあり、当社のほとんどの社員の

方は見たことがあるということで、今回は一人で

参加しました。説明は、開発者の御子息の橋本社長。

いわゆるパッシブハウス的な基準とは異なり、冬は

18℃、夏は28℃とちょっと暑くちょっと寒い

空間が人間が鍛えられて体が強くなるのでよい、

という考え方が基礎にあるシステムでした。

 

一言に省エネや気密・断熱といっても、

様々な考え方や手段を取っている方がおり、

皆さん、それぞれご自身の考え方、手法が

最適・最良と考えているので、お話をお伺い

するととても参考になりますし、コスミックの

考え方と照らし合わせることで再確認に

なったり、世間的にどのようなポジションに

あるかなどの立ち位置の確認にもなります。

 

井の中の蛙にならないよう、常に視野を広く、

アンテナを高くしておきたいと思います。

 

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp