施主から社員になりました

施主から社員になりました > 展示会・商品調査

展示会・商品調査 の一覧

2019-03-19

先日に引き続き、再び真庭のCLTや木材を使った

施設にご案内いただきました。

 

本日は真庭市役所の方もご同行頂いて、

詳しいガイダンス付きでした。

3か所周り、たくさん写真がありますので、ドンドン進めます。


 

最初は「木テラス」というCLTで作られた休憩所兼公衆トイレ。


天井のナナメ使いのCLTがデザイン的にも構造的にも斬新で、

構造計算は苦労されたとのこと。

 


前回も書かせて頂いた通り、CLTは本来は構造材です。

上の写真のように土台の上に乗っている部分が構造。

左の被っている部分も木を使っているので紛らわしいですが

この部分は外壁材、化粧材ということで他の材でも良いという

ことです。補助金が出てPR目的や実験要素もあり木材仕様

だそうです。

 


数メートルのベンチだからか、端が数ミリ空いています。

最初はくっついていたそうで、木が痩せたのだと思われます。

 


CLTの壁をくりぬいています。断面が見えるのは面白い

のですが構造材なので今回は特別にデザインでということで・・・

 

さて、次は大きな建物です。


こちらはCLTは使われていませんが、大断面集成材

という材料を用いた、大規模木造建築の建物の事例として

見せて頂きました。(「真庭市 落合総合センター」です)

 


とてもごっつい梁ですね~。

 


柱も地元のヒノキなどよい材料がふんだんに使われています。

 


中に入ると、かなりの大空間です。

内部も木材ばかりです。

 


ですが、よく見ると木材同士のつなぎ目は金属部品が

使われています。聞くと、こうしなければ構造計算が

大変(金属部分が先に壊れる計算の方がしやすい)とのこと。

日本の木材に対する研究は、戦後から止まってしまい

あまり進んでいないという背景もあるとのこと。

 


それにしても、木が多い空間は何かすがすがしいですね。

コスミックでも床・建具・階段・見切り材・窓枠あたりで

木が視界に入る量は多いですが、天井まで木で覆われると

かなりの量になります。

 

写真では表現しにくいのですが、木の量が多い大空間は

かなり気持ちが良いです。


窓は特注のペアガラスです。さすが県北ですね。

 


暖房は木質燃料(ペレット)を燃やしているとのこと。

床下に温風が流れていて、吹き出し口がありますが、

床自体も温まって輻射暖房にもなっています。

 


 

木質燃料を燃やすボイラー施設もありました。


バイオマスエネルギーと書かれていますね。

地産地消のエネルギーです。

 

 


ボイラー室の裏に回ると、木の樽がありました。

本当に木で水密構造の樽を作っているそうで、

日本で1社しか作れるところがないそうです。

 


しめ縄?が特注の金属ボルト製です。カッコイイですね。

 

帰り際、立派なヒノキの柱が灰色になっている場所が

気になりました。


 

上を見上げると・・・


庇(ひさし)が短い面に雨があたり、木が痛んでいる

ようでした。やはり庇は大切です!!

 

 

この後、一番お気に入りになった小学校と保育園にも

案内して頂いたのですが、ちょっと長くなりそうなので

次回ご報告いたします。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2019/03/19 - 19:30 |
2019-01-24

今年も年始からあれこれやっております。

 

先日は新たなITに関する取組について

名古屋の工務店さんまで社長と一緒に

打ち合わせに行ってきました。

内容はまだナイショということで・・・

写真もありません。

 

味噌の鍋焼きうどんが美味でしたが

こちらも写真を取り忘れてしまいました。

 

 

昨日はまた川崎医大の大槻教授のところへ。

一昨年からメンバーに加わっていた、

コスミックパウダーの新たな検証・検討の

打ち合わせでした。

 

こちらもまだ分析・考察が続いており、現時点で

お伝え出来る結果はありませんが、なかなか

いい感じの進捗のようです。

記念写真↓


 

コスミックの建てる家をよりよくすること、

他社さんの家が良くなるためのお手伝いが

できること、そんな動きが今年もいろいろ

ありそうです。

 

また最近は新築以外のリフォームにも首を

突っ込んで(引きずり込まれて?)います。

 

蕎麦屋の出前で1年ずれたホームページ更改も

やっとゴールが近づいて来ているような・・・

来ていないような・・・

 

 

相変わらず「岡本さんは何の担当ですか?」

と聞かれた時の回答に困る日が続きそうです。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 展示会・商品調査 研究・開発・実験 | 2019/01/24 - 18:28 |
2018-12-03

最近とても忙しいような気がするのですが、

そんな中、4日間も使って東京~新潟へ

出張して参りました。

 

朝一番の機内から、珍しく快晴の

冠雪富士見えました。幸先が良いです。


 

そしていつも通り、ここに到着です。

いつも同じ角度からの写真ではつまらないので

今回は真下から撮影してみました。


 

私のブログで排水桝の次に沢山登場していると

思われる、東京ビックサイトです。


 

今回の目的は、毎年の建材の新商品チェックとしての

「ジャパンホームショー」と、


 

もう一つは、お向かいで開催されていた「HOSPEX」という

医療関係の展示会でした。


 

HOSPEXの方では、「ぐっすりEXPO~良質睡眠推進展~」

というサブタイトルもあり、居住空間によって睡眠の質を

確認する測定器などがあったりするかも・・・

との期待がありました。

 

どちらかというと運動を促進する器具や、リハビリで

使える器具、多機能なベッドなど、医療施設で使われる

設備の展示が殆どでしたが、お目当てのものに近い物として

睡眠時の脳波を測定するキットや、発汗量をゲージで

示す簡易なシールなどがありました。

 

どちらにしても自社で購入して使うというよりも、

以前の花粉症の実証実験のように大学の先生と共同研究

などで使うことになりそうです。

 

ちなみに展示する側も見る側も医療関係者ばかりなので、

お向かいの住宅建材関連ブースとは全く雰囲気が違うのが

何とも言えませんでした。

 

翌日は、これまたブログには登場回数の多い、東京大学です。


この正門の写真も何度目でしょう(笑)。

 

11月末だったので銀杏並木が奇麗でした。


 

今回は小規模なセミナーがあり、伺ったのですが・・・


会場は正面の安田講堂(入口に警備員2名)

・・・の隣の工学部2号館でした。

 


 

ドイツのフラウンホーファー建築物理研究所で

15年研究員をされている田中さんが来日されての

WUFIセミナーでした。(田中さんは写真に写っていません)


今回は業界では有名な東京大学工学部建築学科の前准教授

(測定器を沢山お借りして大変お世話になっています!!)

も前段でお話されていました。

いつも通り痒い所に手が届く、鋭い切り口。

 

最後は、パネルディスカッションのようになりましたが、

なぜかWUFIの内容というよりも、

「なぜドイツでは住宅の寿命が長いし、きちんと性能の基準が

設けられ、そのとおり高性能住宅だけが建てられているのに、

日本はいまだに断熱性能が義務化ができず(あれだけ言われていた

2020年義務化もほぼ延期が確定)、いつまでも低性能住宅が

建てられているのか」

という前先生からのモヤモヤはっきりさせたい質問が連発されて

いました。

 

田中さんのお話で印象的だったのは

「日本では小学校に入るとランドセルも新品、教科書も新品で

1年使ったら(かどうかも分からないけど)全部捨てて

2年になったらまた新品の教科書、と使い捨て文化だけど、

ドイツでは1冊の教科書を使い回して次の子、次の子と

10年くらい渡っていく。いろんな点でそんな文化の中で

生きているのに、家は30年でつぶしましょう、とはならない。」

というところです。

 

何度か会話が続いた後での前先生の分析は

「ドイツは個人の資産である住宅の在り方にまで踏み込んで

法律で義務化して守っている。日本はあくまで個人の資産に

モノ申すべきではないという文化ではないか。」

ということでした。

 

国の義務化の検討などにも加わっている前先生の目線なら

ではの印象かと思います。

 

確かに「寒い家を選ぶのも人権」と中央の人が言ったような

話も聞いたことがあります。施主側が理解して選択していれば

よいのですが、あらゆる住宅会社が猫も杓子も「暖かい、高性能」

と言いながら家が建てられて、ホントにそれでよいのかどうか・・・

 

この議論は当事者が居ないのでこれ以上深まることはなく、

モヤモヤが余計大きくなったような気がしながら東大を後にしました。

 

 

さて、この後、藤井社長と合流して新潟に向かうのですが、

長くなりましたのでまた後日レポートします。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/12/03 - 19:56 |
2018-10-12

内藤です。

今日は岡本のブログをお借りして記事を書かせて頂いております。
9月某日、当社で採用している国産スライスレンガと言えば株式会社日本セラミカ(販売元)、
その製造元である株式会社カメレン(所在地 愛知県半田市)へお邪魔して来ました。

 

目的は外壁材の打合せと工場見学でした。

 

今日お伝えしたい事は『スライスレンガは色・形・ディテールはある程度変える事が出来ます。』です。
(スライス)レンガの製造工程を簡単にご説明すると、、、
①土・顔料・繋ぎ材と水で練り合わせ、
②”ところてん”のように押出して、
③乾燥(最大10日間)、
④窯に入れて焼成(十数時間)、
⑤検査・梱包・出荷

 

色は土や顔料の種類、焼成温度、場合によっては押出後に顔料をふりかけたりで変えているとの事。
例えば顔料に鉄系を使い、焼成温度○○℃だと赤っぽく、50℃上げると小豆色になったり、
焦げは焼成途中で一手間加えるなどなど。

 

また大きさ・厚みや断面形状は”ところてん”が出てくる先端(=金型)によって、細かい凹凸や欠けは
金型の表面や原料の繋ぎ材、押出後の手作業で変える事が出来ます。

 

ただし押出し成型ゆえ、三次元の形状は適しません。
写真真ん中は断面が台形で、下見板張りのようにも施工出来ます。

 


 
また色は”いぶし”色。
これらを踏まえて建物の外壁として、一部色や厚みを変えてアクセントを付けたり、
当社サンプルにない色を使いたいなど、ご要望があればご相談下さい。

打合せ室にあったレンガのサンプルを載せますので、お楽しみ下さいませ。

 


 


 


 


 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/10/12 - 20:45 |
2018-05-23

埼玉県熊谷市と言えば、ちょうど昨日、

「気温45度まで表示できる巨大温度計を設置」

と報じられました。毎年高い気温を記録することで

有名な場所ですが、この度生まれて初めて行って

来ました。

 

今年2月に、最低気温マイナス30を越える

という帯広市に行きましたが、両方の都市に

記録日に行くと気温差70度以上になりそう

ですね。

 

そんな熊谷市に、樹脂サッシの工場があります。


創業145年という株式会社栗原さんにお邪魔しました。

 

カナダから高性能樹脂サッシの枠材を輸入、

ガラスは日本国内の大手メーカー品を購入、

それらを自社工場でカットしてアルゴンガスを

封入して組み立て、「K-WINDOW」という

自社ブランド商品として販売されています。


 

性能は国内大手品と同じかやや高め、

お値段もやや高めです。


自社工場だけに寸法が自由ということで、

規格ものから選ぶのではなく、オーダーメイドに

「自由に描いた住宅のデザインのまま、

高性能な窓を作れます」

というコンセプトです。

 

三角や半円、丸型の大きな樹脂窓も製造できる

とのことでした。


 

もちろん一般的なすべり出し、引き違い、

FIX、掃き出しなどの窓もあります。




気になる気密性能も高いとの説明でした。

 

また、外部シェードを付けられるものも。

このあたりの小回りがききそうです。


 

輸入の型ガラスや、


 

内側に木枠を付けて木サッシのように見せたものなど、

工夫された商品もいろいろとありました。


 

気になる耐候性については、国内大手品のような

表面のアクリルコーティングはありませんが、

樹脂自体の二酸化チタンの含有量を増やして

紫外線劣化に対する抵抗性を上げているとのこと。

また安定剤に鉛を使うこともなく、代わりに

錫(すず)を使っているそうです。

 

こんな変わったものも・・・もはや趣味の世界?

↓クリックすると動画が見られます。



変わった動きをしますが、ドレーキップと同じ

「内倒し」の状態で固定できる、パラレルウィンドウ

というものです。

 

もしかすると今後、デザイン的に変わった形状の

窓が欲しい場合などに登場するかもしれません。

 

もっと見たい!!という方はこちらへ → 株式会社栗原

 

 

熊谷市の翌日は、同じく埼玉県の草加市にて

先月と同じく、wallstatという地震シミュレー

ションソフトの研修に行ってまいりました。

 

その件は今後社内で練っていきますので、

また内容がまとめられたらご報告いたします。

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/23 - 17:38 |
2018-05-18

日中の最高気温が30度に近づき、

そろそろ家の中の温度が上がってきて、

エアコンをつけるか夕方以降に窓を開けて

家を冷却するか判断を迫られている

お施主様も多いかと思います。

 

窓開けOK!の方は夕方以降数時間、

上の方と下の方の窓を開け、家の中を

冷却する(湿度の上昇にはご注意)こと

もできますが、空気があまり奇麗では

ありませんので、窓開けNGの場合は

我慢せず冷房ONをお勧めいたします。

 

さて、先日、会社から徒歩数分の岡山ドームで

取引先の建材商社マルティックス山陽さんの

大商談会がありましたので、バタバタの合間を

縫って行ってきました。


 

子供イベントなどでもお邪魔することのある

岡山ドームですが、温まった空気がドームの中に

溜まってしまう構造のため、これからの時期は

ホントに暑いです。

天井付近で空気が抜けて温度差換気ができるよう

にでもしておけばよかったのに・・・

 

さて、各ブースではいつもの通り藤井社長筆頭に

質問攻めです。


 

各メーカーさんそれぞれに企業努力をされ、素材や

価格が改善された新商品が展示されています。


 

それらが本当に性能・品質が高いものか、謡われている

内容が正しいかなど確認していきます。


 

岡山ドームが暑いからか、質問が専門的だからか

説明の方々が汗だくになっている場面も。

 

もちろん良いものはまた採用を検討しよう、

という話にもなります。


 

最近、本当に皆様のおかげ様で、見学会のご来場や

当社での建築をご検討いただく方が多く、嬉しくも

バタバタしている感が強い毎日です。

 

しかし、多忙なことに満足せず、常に進化を続ける

ことで将来の会社の骨・筋肉を強化していきたいと

思います。

(個人的な筋肉も強化したいのですがなかなか

そちらまでは手が回っておりません)

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/18 - 19:08 |
2018-04-11

先日、久々に「行ってきました!!」という

内容がありました。

 

1月にオープンしたモデルハウス「バームハウス岡山」です。

運営されているのは「ウッディワールドのざき」さん。

岡山では有名な建材の商社さんです。


建材を工務店に販売している商社さんなので、

こちらの住宅もいわば工務店さんに卸す商品。

 


高気密高断熱の住宅をこの手法で建てたい工務店さんに

高性能な断熱材や窓を販売します、ということです。

 


中に入ると早速、社員の方からご説明をいただきます。

 


断熱材や測定器など、高気密高断熱 解説グッズがありますね。

 

コスミック・ガーデンの藤井が見に来るということで

質問内容を一緒に聞いておこうということで、他の

工務店の方や建材メーカーの方なども混ざり、

濃い議論が続きました。


皆さん、勉強熱心です!!

 

輻射熱冷暖房のパネルも設置されていました。


 

一応壁温度などをチェックしますが、真冬でないので

分かりにくいですね。


 

窓は木製サッシです。

メンテナンスとして外部の木は防水のため1年に1回

塗装をしなおす必要があります。結構大変かと・・・


ログハウスなども何年かに1度は外壁(木)を塗る必要が

あり、それが好きな人が建てるんです、という話を聞いた

ことがありますが、そんな感覚で住む家なのかも。

 

展示場ということで、ウィリアムモリスが使われています。


 

外部の雨どいは何とチタン合金。

ステンレスに負けない耐久性でしょうね。


 

断熱性能はUA値0.38ということで、かなり上げて

います。冬は快適だったそうなので、あとは梅雨、および

夏の時期にキチッと遮熱と調湿ができて快適なら、まず

温熱環境としてはOKかも知れません。

 

実現方法は各社様々ですが、まずは構造・温熱環境が

キチンとできている、住む人を守り続けられる住宅が

当たり前になると嬉しく思います。

 

一般の方も予約の上、見学可能ということです。

興味のある方は、真冬・真夏にいかがでしょうか。

バームハウス岡山さんのホームページ

連絡先 → 086-897-0913

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/04/11 - 19:25 |
2018-03-23

LIXILから新発売されている高断熱ドアが、

やっと岡山のショールームで見られるとのことで、

見に行きました。

 


 

何か新商品を展示している気配がありませんが・・・


 

中に入ると、お目当ての「グランデル2」ハイグレードタイプが

置いてありました。


 

YKKAPのD70、D50対抗のポジショニングと見受けられる

だけに、厚さもあり、表面は樹脂ですが高級感もあります。


 

全体を眺めて質感など確認した後は、パッキンや金物の

チェックに入ります。



パッキンは引手側、蝶番側ともダブルで入っていて

気密がしっかりしているようです。

 

蝶番は上部に2つ、下部に1つ。


 

YKKAPのピボットヒンジ的なものとは考え方が

異なるようです。


 

価格は高めですが、高級感があり、断熱性能を示す

熱貫流率はハイグレードタイプが

窓ありで1.23W/㎡・K、

窓なしで0.89W/㎡・K

とトリプルガラスの樹脂窓に匹敵する性能です。

 

これより1ランク下のスタンダードグレードでも

1.23~1.59W/㎡・K

なので、窓に負けない性能で揃えてきた感があり、

「玄関が弱点」とは段々言えなくなってきたと感じます。

(玄関土間は寒いですが)

 

残念ながらスタンダードタイプの展示はありませんでしたが、

スタンダードの方がハイグレードより価格が下がるので

ねらい目かも知れません。

 

新商品は場合によっては発売直後は色々とあり

マイナーチェンジがされることもあるので、

半年・1年ほど様子見した方がよいかも知れませんが・・・

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/03/23 - 18:56 |
2017-12-15

「行ってきました」と言っている場合か!!

と言いたいくらい目が回っている師走このごろですが、

以前から予定していたので、大阪まで行って

エネマネハウス2017」を見てきました。

 

エネマネハウスと言いますのは、

「学生が考えるZEH(ゼロエネ住宅)」

ということで、数校の大学と企業が協賛して

温熱環境と最先端の技術・設備を用いた

近未来の住宅の提案コンペです。

しかも実邸を建築してデータ計測もしています。

 

今回3回目で、1,2回目は東京だったので

行っていないのですが今回は大阪で近いので

行こうということに。


会場は、大阪駅のすぐそばの広い敷地で

行なわれていました。

 

よし、入ろう!!と入り口に近づくと、帰ろうと

している東京大学の前准教授にばったり。

「今回は東京大学は出していないけど、出展された

大学の皆さん、先生方は大変だったと思うので

じっくり見てください」とのこと。

確か第1回で前先生の研究室がグランプリ?を取った

はずですが、今回は関西なので不参加のようです。残念。


5つの大学の建築学科がそれぞれ競い合って

実邸を展示しています。

 






詳細は記載しませんが、各校とも断熱や設備、

パッシブ設計などに様々な検討・工夫が凝ら

されていました。

 

また時勢からか、全体的に、

「30~40年の古い住宅を高断熱省エネ仕様に改修」

というコンセプトで提案されていたものが

多かったのですが、各建物に使われている建材

(窓・断熱材・設備など)は協賛メーカーさんの

無償提供だそうで、広告宣伝も兼ねているから

でしょうが、現実的に幾らかかるのか?

という高性能、高級素材がふんだんに使われて

いました。ウラヤマシイというか何と言いますか・・・

 

近畿大学の建物の中で見ていると、大阪の温熱環境に

詳しい知り合いの設計士の方ともばったり。

近畿大学の建物の仕様を監修されたということで

いろいろとお話を聞くことができました。

 

そこで聞いたのは、最近の日本の大学の

建築学の教育の場では、ヒートショックや

断熱気密もしっかり盛り込まれており、

内部温度差のない建物を建てることの重要性を

理解した学生さんが次々に卒業されて世に出て

いるとのこと。

 

5年後、10年後には寒くない家が当たり前に

なっているかもしれないですね。

そうなっていればエネルギー問題や医療費など

色々な問題が良い方向に進むのでは・・・

日本も実質的・本質的に問題を解決する国に

変わって行って欲しいと願いつつ、速攻で

大阪を後にして事務所に戻ったのでした。

 

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/12/15 - 21:11 |
2017-12-01

まだ東京出張のネタが少し残っていたので

ご紹介です。

 

過去に、東京都内にコスミック・ガーデンの

住宅を2邸建てさせて頂いています。

 

東京出張の日程に合わせて、

その1邸のお宅にアフターに伺いました。

 

その帰り、徒歩で駅に向かう途中の

交差点でたまたま一緒にいた内藤が

面白い建物を発見。

 

目黒にある「ミーレ・センター」。

ドイツの家電メーカー「ミーレ」の

日本法人ミーレ・ジャパンの本社(2F)と

1Fに併設されたミーレのショールームです。


 

作業服でアポなしの我々を快く入れてくださいました。

本社併設だけに流石に中は広いです。


 

コスミック・ガーデンも食洗器はたまに

採用させて頂いておりますが、他にも

オーブン・IHコンロ・洗濯機など様々

あります。


 

ドイツでは下の写真のような広くてオープンな

造作キッチンに使われるのかも知れませんが、

(にしてもIHコンロ3台は多すぎますが)

日本メーカーの既製品のシステムキッチンは

想定外のため納まるかどうか確認が必要です。


 

構造や素材も日本のものとは全く考え方が

異なることが伺え、長期間壊れない、直し

ながら使い続けられるといった意図を感じます。

 


内部構造に見入る、メカ好き内藤氏。

 


洗濯機のドラムがスプリングで釣られている

ことを発見し、感銘を受けています。

こういう目線を持つ人材は貴重ですよね。

 

プラスチックは極力使わず、アルミやステンレスなど

長期期耐久性を考慮した素材・構造を採用しているため、

医療用や消防服の洗浄に使われる専用機もありました。


この辺りの展示は技術アピールの意図もあるのでしょうね。

 

何か一つ使ってみたいと思いながら・・・

掃除機くらい事務所に置いてても面白いかも?


 

日本の商品ばかり見ていると視野が狭くなると

感じさせられる、ミーレ・センターでした。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/12/01 - 10:33 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp