施主から社員になりました

施主から社員になりました > 展示会・商品調査

展示会・商品調査 の一覧

2017-04-13

先週末、タカラスタンダードさんのフェアが

開催されていたので、久しぶりにお邪魔してきました。

 

最近バタバタでなかなかこういった所に

みんなで行けなくなっていますが、今回は

タイミングが合い、5名で押しかけました。

 

私は半年ほど前にリニューアルされた際も

お伺いできていなかったので、色々配置が

変わっていて新鮮でした。


 

藤井社長のセンサーが反応しているのは、

システムバスのカウンターに使われている

クォーツストーンです。



上質な質感に「いいな~コレ!!」を連発。

自宅の樹脂のカウンターを交換できるか相談していました。

 

浴室暖房乾燥機(高気密にすれば不要)をつけた、

暖かい(暑い!)浴室と脱衣室も体感できます。


浴乾で脱衣所まで暖かくなっていました。

(くどいですが高気密高断熱なら不要)


 

こちらもカウンターはクォーツです。綺麗ですね。


 

システムバス内のパネルには、インクジェットでデザイン

した上にホーロー加工するというデザイン性と高耐久性を

兼ね備えたパネルも選べるようになっています。


キッチン回りに使えるホーローパネルもこのインクジェット

バージョンが販売されています。(お値段高め・工期長めです)

 

キッチンコーナーに行くと、早速「妹尾兄貴の中身拝見!!」が

始まっていました。


 

エンジン・・・じゃなかったレンジフードのファンを

ワンタッチで取り出します。以前と何も変わってない?


 

・・・と思ったら、整流板の蓋を留めるところが

フックからマグネットに変わっていました。


細かいことですが、こっちの方がいいですね。

 

なんでも改善・改良するところがなくなることは

ないですね。企業努力を感じます。

 

このように、コスミックのスタッフがお伺いすると

他では出ないような素材や構造の質問が沢山出て、

見て触って嗅いでの確認も沢山行います。

 

ショールームの説明の方も詳しいので、勉強になります。

ご検討中の皆様も、色々と足を運んで知識を増やしてくださいね。

(予約してご来場いただくと、説明の方がついてもらえます。)

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/04/13 - 12:17 |
2017-03-17

小ネタを一つご紹介です。

お風呂やトイレなど、外からの目線を

遮りたい窓には、通常「型(かた)」と

呼ばれる表面がガタガタのガラスを使います。

「型ガラス 窓」の画像検索結果
この型ガラス、外から全く見えないかというと、特に夜で室内

が明るい時は、室内側の物がガラスに近づけば近づくほど、

外から見える形がはっきりしてきます。

離れていれば形もぼやけますが、つい近寄る場所の型ガラスには、

カーテンなどされることをお奨めします。

(どの程度見えるのかご心配でしたら、夜、ガラスのそばに

何かを置いて、室内の電気をつけて外から見てみてください。)

 

 

ところでコスミック標準の中で両面樹脂サッシAPW330ペアガラス、

APW430トリプルガラスにはこの「型ガラス」があるのですが、

「APW330真空トリプル」には型ガラスがありません。

 

理由は、3枚のガラスのうち、室内側が真空層を挟んだ

2枚のガラスになっていますが、そこは「日本板硝子」

という会社のスペーシアという商品をもってきてそのまま

使っており、その商品ラインナップにないからかと。

 


 

では室内が丸見えなのか??というと、そんなことはなく

「不透明タイプ」という仕様のガラスがあります。

 

イメージできないのでYKKAPさんにサンプルを見せて

頂きました。

(すぐに持ってきて頂いて、ありがとうございます。)

 



 

確かに不透明。(上が室内から、下が室外から見た状態)



 

ちなみに透明タイプは当然透けて見えます。



 

小ネタでしたが、事務所用のサンプルをわざわざ持ってきて

くださったYKK AP営業担当の西村さん(犬好き)に

敬意を表して取り上げさせていただきました。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/03/17 - 18:30 |
2017-03-09

今年も恒例の3月の東京ビックサイトの

建築・建材展に行って参りました。

 

毎回ビックサイトの外観を載せて

見飽きた方も多いと思いますので

今回はすぐそばにあるオブジェの

写真を掲載します。


個人的には日本製のノコギリが好きですが、

外国の方が見たらわからないからということで

こうなったのでしょうか。

 

来るのは4回目くらいになりますが、

建築・建材展とJAPAN SHOPです。


今回はセミナーを中心に参加しました。

 

熊本地震から学ぶ住宅の耐震についてのセミナーと、

いつもの住宅の性能と健康との関係のセミナーに

参加し、耐震についてのセミナーでは、耐震等級に

ついて大学の専門の先生から詳しい説明があり、

初耳のこともあり参考になりました。

「建築基準法の想定している大地震は300~

400ガルで、震度6弱か6強の下の方」

「建築基準法を守っているだけでは、震度7

(800ガル~)で倒壊しないとは言えない」

「建築基準法ぎりぎりに作った建物は、

震度6強の地振動で倒壊している(震動実験)」

など、建築基準法だけでは不足しているという

提言が沢山盛り込まれていました。

※震度と加速度(ガル)は厳密には異なりますが

そのことも断ったうえでの発表内容でした。

 

住宅の室温と健康のセミナーは、いつもの

慶應大学の伊香賀先生で、内容も先日大阪で

聞いたこととほぼ同じでした。

今の寒い家を一軒でも減らそう、という取り組みを

全国行脚しながら進められているので、少しでも

多くの方に知られてほしいと思います。

 

展示場の方は、見たことのあるものが9割以上で、

小物はありましたが、これは!と思う大きなものは

ありませんでした。

断熱材や窓もかなり減っており、ZEH騒ぎも

ひと段落したような雰囲気です。

 

やはり展示会に出せるということはそれなりに

資金的・人的な資源が確保できる企業ということで、

毎年新しいものが出続けるというものではありません。

しかし1つ2つでも使えるネタがあればと思い、

今後もできるだけ参加したいと思います。

 

夜は懐かしい取引先の方と会食をしたり、そこで

新しい建材メーカーさんとの出会いがあったり、

翌日は東京のど真ん中に建っているOB様宅に

アフターに伺い、屋根に上がったりと、短い割に

盛り沢山の2日間でした。


 

でもやっぱり岡山がいいな・・・と。

着陸前の機内から外を見ながら思いました。


 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/03/09 - 18:14 |
2017-02-13

先日、藤井代表が

「良質な家具を見に行こう。ホントにいいから。」と

呼びかけ、スタッフ3人と藤井でお隣の兵庫県は

神戸市の「神戸家具」さんに伺いました。

 


 

入り口からしてそれっぽいです。

ショーウィンドーも大きいですね。


カメラ目線の女性は、弊社のコーディネートの

切り札、田淵女史です。

 

店内に入ると、いきなり最上階に上がり、

最上級の家具を見せて頂きます。


 

ほとんどが、英国から引き取ってきたものを修繕・

クリーニングし、「使えるアンティーク家具」として

販売されています。


 

私のようにこういったものを見慣れていなくても、

上質であることは十分に見て取れるくらいの迫力です。


 

素材はほとんどがマホガニーという木材。

繊細な木目が美しく、上品です。

色の濃さも高級感を醸し出しています。


 

沢山ある中でも、下のバルーンバックチェアと、


 

こちら↓(名前失念)はなかなかレアで良い品だそうです。


ホントによいものは、置いているだけで

素晴らしいので

「別に売れなくてもいいんですよね。」

というのは詳しい店員さんのお言葉。


照明も凝ったものばかりでした。

 

さて、最上階の4階からスタートして、

3階へと降りていくと、素材がマホガニーから

オークに代わり、やや荒々しい雰囲気になります。

 


 

オークの方がやや時代が新しいとのこと。


 


マホガニーもそうでしたが、彫刻がとても凝っています。

 


こんなものを置くのはさぞ広い豪邸だろうと思いますが、

スタッフの方にお聞きすると、イギリスでは小さい部屋に

所狭しと収納やテーブルをならべ、機能的に空間を使うことが

多かったとか。

 

テーブルも大半は下のように、天板の大きさが

変えられるものばかり。


 

下のクルミように、ちょっと変わった木目ものもありました。


木目が幻想的で何とも言えない雰囲気を出しています。

 

こちらもクルミ(ウォールナット)の木のコブをカットした

断面を、天板の表面のデザインに使ったテーブルです。


ちなみに写真左手は営業の切り札、白石のおなかのコブです。

最近ちょっと減ったそうです。よかったネ。

 

このテーブルは天板の付け根に丁番がついていて可動し、

天板だけを90度回して立てることができます。


 

デザインも細かいうえ機能的に考えられており、

見ていて飽きません。

 

こういったものを置いてもしっかり調和するような

空間を創って行きたいですね…

 

 

アンティークということで、ステンドグラスも

多数置かれていました。

倉庫も合わせると1000枚以上あるとか?


これらをはめ込んだドアなども製作して

頂けるとのこと。

 

照明用の美しいステンドグラスもありました。



 

沢山良いものを観させていただいて満たされた気分で

神戸をあとにしました。

 

写真の他にもいっぱいありましたが、とても撮り切れません

でした。詳しい情報はこちらへ ⇒ 神戸家具さんのホームページ

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/02/13 - 19:28 |
2017-01-27

ヤマダ電機テックランド内にあります、

ハウステック岡山さんのショールームにて

住まいのイベントがありましたので

行ってきました。

 

以前、オープンの時にもうかがってから、

あまり変わったところはないのですが・・・

 


 


 

今回初お目見えのものが、ジャニスの底が

フラットな陶器の洗面台でした。



住宅というよりも介護施設などをターゲットにした

洗面器などが置けるデザインです。

排水の蓋が黒いゴムで鎖というのも懐かしい感じ

です・・・

 

それから今回一押し!!?なのが、これです。


台の上に載っている小さい箱が商品です。

これは水道水のマグネシウムやカルシウムを

フィルターで除去し、硬水を軟水に変えてしまう

という代物です。(殺菌のための塩素は残ります。)

 

何が嬉しいのか?は体感しないとわかりません!!



スタッフ全員で体感です。さすがコスミック!?

(妹尾さん顔切れましたごめんなさい)

 

私も軟水で手を洗わせてもらいましたが、

いつもカサカサで湿疹も出がちな肌がスベスベに。

 

ちょっと欲しくなってしまいました。


 

しかし、本体価格が54,800円(税別)。高い!!

でもこれでシャワーしたらカサカサのかゆい肌が

楽になるだろうか・・・

 

と、悩んでおります。

 

もし買っ(ちゃっ)たら、レポートしますね!!

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/01/27 - 20:16 |
2016-11-04

ドイツのパッシブハウス認定を受ける建物を

見に行きました!!などと言うと、いつもは

県外の住宅会社の見学レポートになりますが、

今回は岡山県内です。

 

倉敷木材(株)さんが、中国地方で初のパッシブハウス認定を

受ける建物を完成させて、業界内にお披露目されました。


 

壁構造も分りやすいモデルが準備されていました↓。

壁も天井もグラスウールが360mm。とんでもない厚さです。


基礎コンクリートは、プラスチック系断熱材と

木質系断熱材でサンドイッチされています。

 

建物の外皮の断熱性能を表すUa値は0.165W/㎡・K。

2020年以降の岡山の義務レベルが0.87、

ZEHが0.6ですから、とんでもない断熱性能。

このまま北海道に持って行っても余裕です。

C値も0.13で、気密施工もバッチリです。

 

ちょっと小さいのですが、東側の窓がものすごく中に

入っているのが見えると思います。それだけ壁が厚い。


 

南側は、壁の外寄りに窓をつけているので、室内の窓枠で

壁厚を見られます。↓ベンチ並の奥行きがあります。


 

エアコンは、この床下に潜っている6畳用エアコン(2.2kW)

1台のみで、30坪の家全体を空調します。


 

床下エアコンは、基礎断熱構造にした場合に、床下から温めたい

ことから生まれた発想。エアコンの空気は、床面を裏から温めるのと、

床下を通って、床に設けられたスリットから出てきます。


 

床下エアコンは、床下の端まで空調が届くの??

という課題があり、全国的にみると、基礎の支えを丸くしたり、

サーキュレーターをつけたりと、色々な例があります。

 

また、床下から空調すると、冷房は上がってこないのでは?

ということで、2階まで冷気を持ち上げるダクトも通っています。


 

 

そしてパッシブハウスの必須条件の一つ、熱交換換気システム。


 

窓はオールAPW430(両面樹脂トリプルガラス)。

しかもツーアクション窓や大開口スライディングといった

気密性が高いものが多く、ウラヤマシイ仕様です。


 

元々クラモクさんは材木や建材を住宅会社に販売している商社の

側面があるため、地域工務店の見学者が大勢来ていました。

 

こんな北海道仕様の住宅ばかり建てるわけにはいかないかも

しれませんが、これで蓄積したノウハウで、今後、独自の高気密・

高断熱の住宅を建築されたり、取引先の工務店さんへ指導されたり

という展開を検討されるのでしょうか。

 

形式(計算)だけの断熱性能が義務化される2020年まであと3年とちょっと。

アプローチの方法は違えど、岡山に本当の高気密・高断熱の住宅を

建てる会社さんが増えることは望ましいと思います。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2016/11/04 - 19:33 |
2016-10-28

26~28日の3日間、東京ビッグサイトにて

「ジャパンホームショー」という建材の

展示会が開催されています。

 

いつも私はそっちには行かず、毎年3月初旬の

「建築・建材展」(こちらも東京ビッグサイト)に

行かせて頂いており、ジャパンホームショーは

主に社長の藤井が行っていたのですが、今年は

誰も都合がつかず私が一人イッテコイになりました。

しかも翌日来客があるため日帰りです。

 

ということで朝イチの飛行機で到着です。


毎年このアングルから撮っている気がしますが・・・

東京ビッグサイトです。

 

もう飽きた!!と言われそうなので、いつもと違う場所から

アオリで撮ってみました。こっちに倒れそうで怖いです。


なぜわざわざ見てて落ち着かない不安定そうな建造物を

作るのか・・・地震で倒れて来たらどうするんでしょう。

 

さて、いつも通り、中は撮影禁止なので、外からだけパチリ。


日帰りということで気合が入っており、朝の10時から夕方の

5時まで、休憩30分を挟みほぼ全ブースを見て回りました。

 

毎年、「建築・建材展」で見ているので、8割以上は見たことのある

企業や建材なのですが、それでも新商品が出ていたり、知らない

企業や商品のブースがあったりと、いつも何か発見があります。

今回も、詳しく知りたいと思っていた商品があり、詳しいメーカーの

人とも話ができて、収穫がありました。

 

こういう展示会に来ると、その分野の商品開発をしている詳しい方に

直接聞けるので、とても参考になりますし、そういった方々は

一生懸命に商品開発をしたり調査研究をしたりしている熱さを持って

いるので、刺激にもなります。ここ何年か色々な検証や調査を通じて

お知り合いになれたそういった方々とも沢山お会いできました。

 

 

中には、「このイベントのために、わざわざ岡山から来たの??」と

驚かれた方もいましたが、こういう場も含めて沢山の情報源に足を

運ぶからこそ、少しずつ新しい情報を得て、コスミックの住宅は少し

ずつ着々と進化して行っています。

 

少なくとも、建材メーカーのみなさんよりもお施主様に近い立場の

住宅会社が負けるわけには行きません。

・・・専門分野は教えて頂いてばかりですが。それぞれの分野で

専門的に開発して頂いているからこそできるものがたくさんある

ことに、感謝です。

 

さて、オマケに、あるブースで衝動買いしてしまったものをご紹介します。


マスキングテープではなく、デザインを施した養生テープです。

 

養生テープと言うと、現場で仮に貼り、いつか剥がされてしまうテープ。


こういう無表情なものが一般的ですが、それに遊び心が加わった上の

テープ、可愛くてついつい買ってしまいました。

 

単価が高いので普通の工事では使えませんが、

どこかの見学会などの現場でお目見えするかも・・・?

 

ということで、養生テープや大量の商品パンフレットを抱え、

羽田発の最終便で帰ってきたのでした。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2016/10/28 - 19:54 |
2016-09-16

先日、関東出張に行ってまいりました。

藤井社長との出張はいつも内容が濃い

ですが、今回もかなり濃かったです。

 

あまりブログにはご紹介しておりませんでしたが、

コスミック・ガーデンでは、

「美術館や工芸品などをどんどん見るべし!!」

「本当に良質なもの、手の込んだものを見られる

目を養うべし!!」

ということで、出張のついでにタイミングの合う

美術展などには積極的に足を運びます。

 

それが多かった今回。

まず最初は、ここです。



上野公園・上野動物園からすぐのところにある、

東京芸術大学 大学美術館。

ここで、明治時代の技術の高い工芸品の展示会が

開催されていました。


写真撮影可でしたが、撮りまくって載せまくるのも

節操がありませんので、入り口だけ・・・

 

写真の竜は、鉄でできていて自由に体や関節が動く

「自在竜」。もともと甲冑を作っていた甲冑師達が次の

仕事を探して、このようなものを作っていたそうです。

他にも自在海老、自在蛇など・・・とても細かい作りでした。

他に木工品や陶製の器なども、沢山展示されていました。

 

次に、皇居の近くまで移動して、出光美術館というところへ。


この美術館では「東京・日本陶磁の至宝」ということで

主に中国・日本の歴史的価値の高い陶器・磁器の

展示会が開催されていました。

そうそうたる展示物が並んでいましたが、全て館所蔵の

もので行っているとのこと。なんという財力・・・

 

展示物の中でもひと際目を引いたのは、板谷波山の

「葆光彩磁(ほこうさいじ)」という技術で焼かれた花瓶。

 

表面の釉薬が霞がかかったような淡い色で幻想的な

雰囲気を醸し出していました。

検索すると写真はすぐ見つかるようです⇒Googleで「葆光彩磁」を画像検索

 

さてさて、あちこちへと忙しいのですが、

この後は本題の打ち合わせに向かいます。

・・・と、長くなりますので次回の記事でご紹介しますね。

 

訪問順に書いたため、先におまけが来てしまいました。

おまけと言っても濃い美術館巡りでしたが・・・

(実はこの後もう1件ギャラリーに行っているのですが、

そこは外観写真も撮れませんでしたので割愛いたします。)

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 研究・開発・実験 | 2016/09/16 - 17:11 |
2016-09-09

年に二度ほどお伺いする、木材関連の

展示・即売イベントに行ってきました。


西大寺方面にある、全国区のナイスという会社さんの

大きな倉庫でいつも開催されています。

周りには野立てのソーラーパネルも沢山。

 


沢山の木材、フローリングなどが展示されます。

通常から安くして頂いているのでどれもこれもとは

言いませんが、たまに質の良い掘り出し物が特価で

手に入ります。

 

こういうときに質がよく安価なものが大量に入ると、

お得な価格でご提供できるので、藤井も数字を操る

頭脳を駆使して価格交渉します。

 

安く入ったらそのまま安くご提供するコスミック。

皆様が建てられるときにタイミングよくモノが入れば・・・

と思います。

 

イベントですので、物珍しいものもあります。


今年はこんなものがありました。無垢の木でできた縦型ブラインド。

お昼時?で誰もいなかったのでカタログだけ拝借しました。

 

他にも彫刻や欄間、家具など木で創られたものがたくさんありました。

事務所でパソコンばかり見ているので、こういったイベントで

多種多様な木材や加工品をたくさん見ることができるのは

嬉しいですね。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2016/09/09 - 17:47 |
2016-07-13

先日、防災バッグの準備をされてますかー?

という記事を書かせていただきました。

 

その時の我が家の防災バッグはこんな感じでしたが・・・


 

これ、どこに置くの??という悩みもあると思います。

実際、上のバッグはリビングの端に陣取ってちょっと邪魔。

かと言って収納に押し込んだら、とっさの時に出せないかも・・・

 

そんな悩みに応える商品が、先日あるセミナーで

紹介されていました。

 

メーカーさんの許可を得て掲載させて頂きます。

「イス型防災バッグ」というものです。


 

サイズは直径20cm×高さ38cm。

中には500mlのペットボトルとグッズがいくつか入ります。


 

バッグとして小脇に抱えることも。

こうしてみると結構大きいですね。


 

価格は1万円。色も上の Red を合わせて4色あるそうです。


スツールが欲しいと思っていたところなので、

ちょっと欲しくなってます。ご参考まで・・・

 

詳しくは、こちらへ。



メーカーのページ

 

販売しているページ

楽天(防災グッズ付)

日経BPセレクション(グッズ無し)

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2016/07/13 - 16:01 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp