施主から社員になりました

施主から社員になりました > 展示会・商品調査

展示会・商品調査 の一覧

2018-10-12

内藤です。

今日は岡本のブログをお借りして記事を書かせて頂いております。
9月某日、当社で採用している国産スライスレンガと言えば株式会社日本セラミカ(販売元)、
その製造元である株式会社カメレン(所在地 愛知県半田市)へお邪魔して来ました。

 

目的は外壁材の打合せと工場見学でした。

 

今日お伝えしたい事は『スライスレンガは色・形・ディテールはある程度変える事が出来ます。』です。
(スライス)レンガの製造工程を簡単にご説明すると、、、
①土・顔料・繋ぎ材と水で練り合わせ、
②”ところてん”のように押出して、
③乾燥(最大10日間)、
④窯に入れて焼成(十数時間)、
⑤検査・梱包・出荷

 

色は土や顔料の種類、焼成温度、場合によっては押出後に顔料をふりかけたりで変えているとの事。
例えば顔料に鉄系を使い、焼成温度○○℃だと赤っぽく、50℃上げると小豆色になったり、
焦げは焼成途中で一手間加えるなどなど。

 

また大きさ・厚みや断面形状は”ところてん”が出てくる先端(=金型)によって、細かい凹凸や欠けは
金型の表面や原料の繋ぎ材、押出後の手作業で変える事が出来ます。

 

ただし押出し成型ゆえ、三次元の形状は適しません。
写真真ん中は断面が台形で、下見板張りのようにも施工出来ます。

 


 
また色は”いぶし”色。
これらを踏まえて建物の外壁として、一部色や厚みを変えてアクセントを付けたり、
当社サンプルにない色を使いたいなど、ご要望があればご相談下さい。

打合せ室にあったレンガのサンプルを載せますので、お楽しみ下さいませ。

 


 


 


 


 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/10/12 - 20:45 |
2018-05-23

埼玉県熊谷市と言えば、ちょうど昨日、

「気温45度まで表示できる巨大温度計を設置」

と報じられました。毎年高い気温を記録することで

有名な場所ですが、この度生まれて初めて行って

来ました。

 

今年2月に、最低気温マイナス30を越える

という帯広市に行きましたが、両方の都市に

記録日に行くと気温差70度以上になりそう

ですね。

 

そんな熊谷市に、樹脂サッシの工場があります。


創業145年という株式会社栗原さんにお邪魔しました。

 

カナダから高性能樹脂サッシの枠材を輸入、

ガラスは日本国内の大手メーカー品を購入、

それらを自社工場でカットしてアルゴンガスを

封入して組み立て、「K-WINDOW」という

自社ブランド商品として販売されています。


 

性能は国内大手品と同じかやや高め、

お値段もやや高めです。


自社工場だけに寸法が自由ということで、

規格ものから選ぶのではなく、オーダーメイドに

「自由に描いた住宅のデザインのまま、

高性能な窓を作れます」

というコンセプトです。

 

三角や半円、丸型の大きな樹脂窓も製造できる

とのことでした。


 

もちろん一般的なすべり出し、引き違い、

FIX、掃き出しなどの窓もあります。




気になる気密性能も高いとの説明でした。

 

また、外部シェードを付けられるものも。

このあたりの小回りがききそうです。


 

輸入の型ガラスや、


 

内側に木枠を付けて木サッシのように見せたものなど、

工夫された商品もいろいろとありました。


 

気になる耐候性については、国内大手品のような

表面のアクリルコーティングはありませんが、

樹脂自体の二酸化チタンの含有量を増やして

紫外線劣化に対する抵抗性を上げているとのこと。

また安定剤に鉛を使うこともなく、代わりに

錫(すず)を使っているそうです。

 

こんな変わったものも・・・もはや趣味の世界?

↓クリックすると動画が見られます。



変わった動きをしますが、ドレーキップと同じ

「内倒し」の状態で固定できる、パラレルウィンドウ

というものです。

 

もしかすると今後、デザイン的に変わった形状の

窓が欲しい場合などに登場するかもしれません。

 

もっと見たい!!という方はこちらへ → 株式会社栗原

 

 

熊谷市の翌日は、同じく埼玉県の草加市にて

先月と同じく、wallstatという地震シミュレー

ションソフトの研修に行ってまいりました。

 

その件は今後社内で練っていきますので、

また内容がまとめられたらご報告いたします。

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/23 - 17:38 |
2018-05-18

日中の最高気温が30度に近づき、

そろそろ家の中の温度が上がってきて、

エアコンをつけるか夕方以降に窓を開けて

家を冷却するか判断を迫られている

お施主様も多いかと思います。

 

窓開けOK!の方は夕方以降数時間、

上の方と下の方の窓を開け、家の中を

冷却する(湿度の上昇にはご注意)こと

もできますが、空気があまり奇麗では

ありませんので、窓開けNGの場合は

我慢せず冷房ONをお勧めいたします。

 

さて、先日、会社から徒歩数分の岡山ドームで

取引先の建材商社マルティックス山陽さんの

大商談会がありましたので、バタバタの合間を

縫って行ってきました。


 

子供イベントなどでもお邪魔することのある

岡山ドームですが、温まった空気がドームの中に

溜まってしまう構造のため、これからの時期は

ホントに暑いです。

天井付近で空気が抜けて温度差換気ができるよう

にでもしておけばよかったのに・・・

 

さて、各ブースではいつもの通り藤井社長筆頭に

質問攻めです。


 

各メーカーさんそれぞれに企業努力をされ、素材や

価格が改善された新商品が展示されています。


 

それらが本当に性能・品質が高いものか、謡われている

内容が正しいかなど確認していきます。


 

岡山ドームが暑いからか、質問が専門的だからか

説明の方々が汗だくになっている場面も。

 

もちろん良いものはまた採用を検討しよう、

という話にもなります。


 

最近、本当に皆様のおかげ様で、見学会のご来場や

当社での建築をご検討いただく方が多く、嬉しくも

バタバタしている感が強い毎日です。

 

しかし、多忙なことに満足せず、常に進化を続ける

ことで将来の会社の骨・筋肉を強化していきたいと

思います。

(個人的な筋肉も強化したいのですがなかなか

そちらまでは手が回っておりません)

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/05/18 - 19:08 |
2018-04-11

先日、久々に「行ってきました!!」という

内容がありました。

 

1月にオープンしたモデルハウス「バームハウス岡山」です。

運営されているのは「ウッディワールドのざき」さん。

岡山では有名な建材の商社さんです。


建材を工務店に販売している商社さんなので、

こちらの住宅もいわば工務店さんに卸す商品。

 


高気密高断熱の住宅をこの手法で建てたい工務店さんに

高性能な断熱材や窓を販売します、ということです。

 


中に入ると早速、社員の方からご説明をいただきます。

 


断熱材や測定器など、高気密高断熱 解説グッズがありますね。

 

コスミック・ガーデンの藤井が見に来るということで

質問内容を一緒に聞いておこうということで、他の

工務店の方や建材メーカーの方なども混ざり、

濃い議論が続きました。


皆さん、勉強熱心です!!

 

輻射熱冷暖房のパネルも設置されていました。


 

一応壁温度などをチェックしますが、真冬でないので

分かりにくいですね。


 

窓は木製サッシです。

メンテナンスとして外部の木は防水のため1年に1回

塗装をしなおす必要があります。結構大変かと・・・


ログハウスなども何年かに1度は外壁(木)を塗る必要が

あり、それが好きな人が建てるんです、という話を聞いた

ことがありますが、そんな感覚で住む家なのかも。

 

展示場ということで、ウィリアムモリスが使われています。


 

外部の雨どいは何とチタン合金。

ステンレスに負けない耐久性でしょうね。


 

断熱性能はUA値0.38ということで、かなり上げて

います。冬は快適だったそうなので、あとは梅雨、および

夏の時期にキチッと遮熱と調湿ができて快適なら、まず

温熱環境としてはOKかも知れません。

 

実現方法は各社様々ですが、まずは構造・温熱環境が

キチンとできている、住む人を守り続けられる住宅が

当たり前になると嬉しく思います。

 

一般の方も予約の上、見学可能ということです。

興味のある方は、真冬・真夏にいかがでしょうか。

バームハウス岡山さんのホームページ

連絡先 → 086-897-0913

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/04/11 - 19:25 |
2018-03-23

LIXILから新発売されている高断熱ドアが、

やっと岡山のショールームで見られるとのことで、

見に行きました。

 


 

何か新商品を展示している気配がありませんが・・・


 

中に入ると、お目当ての「グランデル2」ハイグレードタイプが

置いてありました。


 

YKKAPのD70、D50対抗のポジショニングと見受けられる

だけに、厚さもあり、表面は樹脂ですが高級感もあります。


 

全体を眺めて質感など確認した後は、パッキンや金物の

チェックに入ります。



パッキンは引手側、蝶番側ともダブルで入っていて

気密がしっかりしているようです。

 

蝶番は上部に2つ、下部に1つ。


 

YKKAPのピボットヒンジ的なものとは考え方が

異なるようです。


 

価格は高めですが、高級感があり、断熱性能を示す

熱貫流率はハイグレードタイプが

窓ありで1.23W/㎡・K、

窓なしで0.89W/㎡・K

とトリプルガラスの樹脂窓に匹敵する性能です。

 

これより1ランク下のスタンダードグレードでも

1.23~1.59W/㎡・K

なので、窓に負けない性能で揃えてきた感があり、

「玄関が弱点」とは段々言えなくなってきたと感じます。

(玄関土間は寒いですが)

 

残念ながらスタンダードタイプの展示はありませんでしたが、

スタンダードの方がハイグレードより価格が下がるので

ねらい目かも知れません。

 

新商品は場合によっては発売直後は色々とあり

マイナーチェンジがされることもあるので、

半年・1年ほど様子見した方がよいかも知れませんが・・・

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/03/23 - 18:56 |
2017-12-15

「行ってきました」と言っている場合か!!

と言いたいくらい目が回っている師走このごろですが、

以前から予定していたので、大阪まで行って

エネマネハウス2017」を見てきました。

 

エネマネハウスと言いますのは、

「学生が考えるZEH(ゼロエネ住宅)」

ということで、数校の大学と企業が協賛して

温熱環境と最先端の技術・設備を用いた

近未来の住宅の提案コンペです。

しかも実邸を建築してデータ計測もしています。

 

今回3回目で、1,2回目は東京だったので

行っていないのですが今回は大阪で近いので

行こうということに。


会場は、大阪駅のすぐそばの広い敷地で

行なわれていました。

 

よし、入ろう!!と入り口に近づくと、帰ろうと

している東京大学の前准教授にばったり。

「今回は東京大学は出していないけど、出展された

大学の皆さん、先生方は大変だったと思うので

じっくり見てください」とのこと。

確か第1回で前先生の研究室がグランプリ?を取った

はずですが、今回は関西なので不参加のようです。残念。


5つの大学の建築学科がそれぞれ競い合って

実邸を展示しています。

 






詳細は記載しませんが、各校とも断熱や設備、

パッシブ設計などに様々な検討・工夫が凝ら

されていました。

 

また時勢からか、全体的に、

「30~40年の古い住宅を高断熱省エネ仕様に改修」

というコンセプトで提案されていたものが

多かったのですが、各建物に使われている建材

(窓・断熱材・設備など)は協賛メーカーさんの

無償提供だそうで、広告宣伝も兼ねているから

でしょうが、現実的に幾らかかるのか?

という高性能、高級素材がふんだんに使われて

いました。ウラヤマシイというか何と言いますか・・・

 

近畿大学の建物の中で見ていると、大阪の温熱環境に

詳しい知り合いの設計士の方ともばったり。

近畿大学の建物の仕様を監修されたということで

いろいろとお話を聞くことができました。

 

そこで聞いたのは、最近の日本の大学の

建築学の教育の場では、ヒートショックや

断熱気密もしっかり盛り込まれており、

内部温度差のない建物を建てることの重要性を

理解した学生さんが次々に卒業されて世に出て

いるとのこと。

 

5年後、10年後には寒くない家が当たり前に

なっているかもしれないですね。

そうなっていればエネルギー問題や医療費など

色々な問題が良い方向に進むのでは・・・

日本も実質的・本質的に問題を解決する国に

変わって行って欲しいと願いつつ、速攻で

大阪を後にして事務所に戻ったのでした。

 

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/12/15 - 21:11 |
2017-12-01

まだ東京出張のネタが少し残っていたので

ご紹介です。

 

過去に、東京都内にコスミック・ガーデンの

住宅を2邸建てさせて頂いています。

 

東京出張の日程に合わせて、

その1邸のお宅にアフターに伺いました。

 

その帰り、徒歩で駅に向かう途中の

交差点でたまたま一緒にいた内藤が

面白い建物を発見。

 

目黒にある「ミーレ・センター」。

ドイツの家電メーカー「ミーレ」の

日本法人ミーレ・ジャパンの本社(2F)と

1Fに併設されたミーレのショールームです。


 

作業服でアポなしの我々を快く入れてくださいました。

本社併設だけに流石に中は広いです。


 

コスミック・ガーデンも食洗器はたまに

採用させて頂いておりますが、他にも

オーブン・IHコンロ・洗濯機など様々

あります。


 

ドイツでは下の写真のような広くてオープンな

造作キッチンに使われるのかも知れませんが、

(にしてもIHコンロ3台は多すぎますが)

日本メーカーの既製品のシステムキッチンは

想定外のため納まるかどうか確認が必要です。


 

構造や素材も日本のものとは全く考え方が

異なることが伺え、長期間壊れない、直し

ながら使い続けられるといった意図を感じます。

 


内部構造に見入る、メカ好き内藤氏。

 


洗濯機のドラムがスプリングで釣られている

ことを発見し、感銘を受けています。

こういう目線を持つ人材は貴重ですよね。

 

プラスチックは極力使わず、アルミやステンレスなど

長期期耐久性を考慮した素材・構造を採用しているため、

医療用や消防服の洗浄に使われる専用機もありました。


この辺りの展示は技術アピールの意図もあるのでしょうね。

 

何か一つ使ってみたいと思いながら・・・

掃除機くらい事務所に置いてても面白いかも?


 

日本の商品ばかり見ていると視野が狭くなると

感じさせられる、ミーレ・センターでした。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/12/01 - 10:33 |
2017-11-24

前回のブログの東京大学での発表以外に、

東京出張中にタイミングよく行けたところが

2,3箇所ありました。

 

一つは、建材の展示会「ジャパンホームショー」


 

初日の朝一番だったので、受け付けは大行列。


 

内部は撮影禁止なのでカットです。すみません。

帰りに振り返るとビックサイトをスクリーンに

プロジェクションマッピングをしていました。



 

翌日は東京大学の近くの東京藝術大学で

開催されていた美術展「皇室の彩(いろどり)」に

行ってきました。



社長が「せっかく東京行くのなら、コウシツの

すごいのがあるから!!行って来たら!!」

というので、硬質ウレタンのコウシツしか頭に

浮かばない私でしたが、全く違うものでした。

 

過去に皇室に献上された美術品の数々が

惜しげもなく展示されており、圧巻でした。

今まで行った美術展の中で最も見応えが

あったように感じました。

 

社長によく「トップを見ないと、他のものの

良さも分からない。建築以外の分野のものでも、

最高クラスの物を見たり触れたりする機会が

あれば行くように」と言われていますが、確かに

前日の東京ビッグサイトで見たデザイン系の

建材(カーテン・壁紙・タイルなど)よりも

グレードが高く、あまり詳しくない私でも

感動し、しばらく眺めていたいと思うものが

3点ほどありました。

 

こういう機会にあふれている東京は、やはり

たまには来なくてはと思わされます。

経費も掛かりますが、惜しげもなく

行かせてくれる会社にも感謝です。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/11/24 - 18:16 |
2017-11-20

先週、東京出張に行って参りましたが

とても盛り沢山で密度も濃い出張に

なりました。

 

一番の目的は、2日目の東京大学の

「温熱環境測り隊」の発表会です。

夏・冬・夏で今回3回目になります。

 

以前からブログをお読みいただいている方は

覚えて頂いているかもしれませんが、全国の

高気密高断熱の工務店が、色々な物件の

温度・湿度等を測定して情報共有するのが

「温熱環境測り隊」です。

 

第1回は工学部建築学科の前准教授が温度、

ではなく音頭を取って全国から6社を集めて

情報共有しましたが、第2回からは前先生が

監修している温熱環境設計ソフトのメーカー

インテグラルさんが取りまとめをされ、

参加企業も20社以上になりました。

 

今回は弊社代表の藤井が来られず、今年OB施主から

社員になった若手ホープの内藤と二人で東京大学へ。

いつもは、東大の正門から入っていましたが、

今回は会場が変更になった関係で、初めて

赤門から入りました。


つい、おのぼりさんな写真を撮ってしまいます。

 

会では、まずインテグラルさんから協力依頼をされた

東北から四国までの20社28物件の測定結果の

集計結果の発表です。


前回は冬の結果、今回は夏の測定結果でした。

各社さん、様々な仕様で建てられています。

温度、湿度の分布も様々ですが、C値は

0.5以下が多く、皆さん高気密です。

それにしても基礎断熱の建物が多い。

 

次に、測り隊4社の発表ということで、

コスミックは2番目。

測定にご協力いただいたお施主様宅と、

藤井邸のデータを発表しました。


全国の住宅会社の社長さんが大勢聞いているので、

正直緊張しましたが、ナントカ伝えたいことは

お伝えすることができました。

 

測り隊の発表の後は、前先生からのお話です。


これが、いつも中身が濃いです。

温熱環境に関する最新の研究成果や、

規格、基準を決めているエライ人々に

直接聞いた話を教えて頂けたり、、、

 

「皆さんのミッションは、住む人があとで困らない

安心できる家をリーズナブルに提供すること」

「UA値は設計途中の数値の一つでしかない」

「温度、湿度も絶対にこれが快適という決まりは

ありません。住む人それぞれの正解のない話」

と、どうしても会社を維持するために、宣伝ネタを

探し商売に走りがちな業界に向けた、方向修正の

提言が続きます。


 

どの業界でも同じですが、商売の意識が強くなると、

消費者に対して専門的でそれらしい数値やエビデンスを

提示しまくり、それが絶対であるという世界に陥り、

またそこで学者などが登場して「この先生がこう

言っているから」という後光宣伝があふれたりします。

 

自分たちで検証をして答えを探すことなく、

教祖をまつりたてて、教祖の言うことを

「よりどころ」として商売をするのは、

信者側も悪いんです、という前先生。

 

前先生はあくまで全国の工務店をサポートする立場。

ゆるいつながりで、教祖も信者もなく、気軽に

情報共有できるという場にしたいということです。

 

誰かが作り上げたうまい宣伝文句を見つけて、

思考停止して商売に走るのではなく、自分たちで

考え続けて住宅をよりよくしていくという正解のない

歩みを続けてほしいというメッセージが込められて

いました。(と受け止めました。)

 

今回初めて懇親会もあり、全国からいらっしゃった

工務店の方々と楽しく過ごすことができました。


 

皆さん、「絶対湿度」「空気線図」「PMV」など

という言葉も普通に使っておられました。

今後こういった工務店がどんどん増えてくると思います。

それぞれの地域で地場の住宅を守る工務店が、

お互いレベルアップしあえればと思える1日でした。


 

懇親会の場では、前先生に以前お願いしていた

計測器をお借りしたので、この冬はまたある

テーマを設定して、建物の測定を行います。

来年の会で、その情報を共有できるのが

今から楽しみです。

 

 

2017-11-14

浜松の後は、一旦名古屋まで戻り、お次は

岐阜県の多治見市に行ってきました。

多治見市・美濃市近辺は焼き物で有名です。

住宅関連では磁器タイルがよく登場します。

 

その多治見市にありました、この不思議な建物。


 

何やらファンタジーな雰囲気を持っていますが・・・


 

入り口。妖精でも出てきそうです。


 

ドアに取っ手がなく、どうやって開けるの?合言葉?

と言っていると、実は自動ドアで急に開いたので

オッサン二人でのけぞりました。


 

実はこの建物は、

多治見市モザイクタイルミュージアム

言わば、タイルの博物館。

 

中は4階建てになっており、フロアごとに趣が異なります。

 

順路に従うと、いきなり長い階段を上がって4階から

スタートです。4階は古い味わいのあるタイルの展示。

 

タイルの浴槽、


 

流し台、懐かしいですね。


 

タイル製のかまどは、40半ばの私は初見でした。


 

タイルの緻密な絵も沢山ありました。



 

3階に降りると、タイルの歴史と技術を学ぶフロア。


 

古くても磁器の質感と釉薬の鮮やかさは変わりません。


 

釉薬の調合の例や、釉薬に入れて色を出す顔料も。



 

タイルの並びのパターンを作ってシートに貼り付ける

ことで、現場での手間を格段に減らすシート張りの

作り方や道具も紹介されています。


 

タイルの歴史を勉強した後2階におりると、

いよいよ多治見の現役のタイルたちのショールームです。

これだけ一同に並んでいるのはウラヤマシイ!!




2階の写真はまだまだありますが、この辺で・・・

地元のお客さんは、ここで多く展示されている見本から

好きなタイルを選んで、住宅会社や工事業者さんに

型番を伝えて施工をお願いしたりするそうです。

さすがタイルの街。

 

一階に戻ってくると、売店と体験教室があります。

珍しいタイルも色々と置かれていて、平日の昼間だと

いうのに、タイル女子が大勢目を光らせて選んでいました。




タイルの詰め放題。子供を連れてくると喜びそうです。

 

同じフロア―には、全面タイル張りの自動車も。


当社の妹尾営業統括部長にLINEで写真を送ると

「1991年式のスズキカルタス」と即答(笑)。

 

2階にいた、タイルに詳しいおじさんにお聞きした話では、

このモザイクタイルミュージアムは、地域産業振興のために

多治見市がかなりの費用を投入して、昨年オープンしたもの。

年間2万5千人の来場を目標にしていたら、オープン2か月で

その人数に達し、1年で10万人を超えたとか。

確かに造りも面白い建物で、タイルの見せ方も工夫されており、

何よりタイル自体が綺麗なので目にも楽しめます。

内部も撮影OK、ネットへの掲載もOKと柔軟で

「分かってる」感じでした。

 

現在日本で使用されるモザイクタイルのうち、3分の1は

海外製品が占めてきているとのことですが、日本製も

頑張って欲しいですね。

 

おまけです。

建物を出てすぐ隣のカフェの内装は、参考になりそうな

コーディネートでした。


 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/11/14 - 15:13 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp