施主から社員になりました

2016年09月 の一覧

2016-09-27

第1種換気・第3種換気はよく聞かれるかもしれませんが、

第2種換気を実装している例はあまり聞かれません。

 

それにはいくつかの理由があるのですが、

それらの確認も含め、本日は朝から実地検証です。

 

実験棟は、こちらのお宅!!


いつもお邪魔してスミマセン!!

 

しかも、中にこんな大きい機材を持ち込んだりして・・・


とっても暫定的ですが、立派な二種換気の

テスト環境ができあがりました。

黒い箱は、電磁式の高性能空気清浄フィルターです。

 

換気フィルターのメーカーの方にもご協力いただき、

パーティクルカウンターという機械で室内の微粒子の

個数の測定をします。この機械、買うと高いんですよ~。


上の△の列をご覧ください。これは外気を測った数値ですが、

1分間、測定器の付近の空気を吸い込んで

PM0.3 を 110,310個キャッチ

PM0.5 を 6,298個キャッチ・・・

と読みます。

これ、外で測りましたと言っても、車が多い道路に近かったり

近くに工場があったり、風の強さや雨などによっても日々

変わります。

 

では室内の測定に移ります。通常状態の実験棟の室内。


外気より多かったり少なかったりしますが。

室内も、人が歩いたり絨毯を踏んだり、洗濯物をたたんだり

台所で煮炊きをしたり、いろんなことで微粒子は宙を舞います。

外も中も、某国から飛んでくる微粒子ばかりではありません。

 

さて、先程の二種換気の電磁フィルターを3時間稼働させたあと、

室内の同じ場所で微粒子を測ると下のようになりました。


おお、同じ場所の、特に小さめの微粒子が減っていますね。

大きいものは個数が少ないので誤差も大きいのですが。

確実に空気はきれいになるようです。

 

では、そもそも電磁フィルターから出てくる空気はどのくらいきれいなのか?


と見てみると・・・


!!これは少ない!!

この電磁フィルターを貸して頂いたのは、タバコルームの

空気清浄機を作っている老舗のメーカーさん。

その実力は確かでした。

 

本日の検証の結果を一部ご紹介しました。

この結果も踏まえて、良い家、良い空間を創るため、

引き続き検証していきます・・・・

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2016/09/27 - 19:45 |
2016-09-20

美しいものをたくさん見られた今回の出張ですが、

本題の方も収穫がありました。

 

訪問したのは、慶應大学の医学部。

PM2.5などの研究等で有名なある先生とお知り合いになった

関係から、訪問させていただきました。


 

換気方式やPM2.5対策についても、世間では色々と

言われていますが、弊社としても正しい検証を行って

適切な方式を採用していきたいと思っています。

 

その上では、最先端の情報を持たれている方との

情報交換は大変有効です。

また、研究職の方は、測定対象などサンプルを

必要とされている場合もあり、双方にメリットがある

形で共同研究が可能になる場合もあります。

 

まだこれからですが、今回も有効な検証ができそうな

頭出しの打ち合わせになりました。

具体的には、また実施時にご報告しますね。

 

そして、品川近辺で時間が取れる日程だったので、

スタッフの妹尾のブログにあった通り、YKKAP社の

品川ショールームへ訪問しました。(品川インターシティ)

 


 

予約の訪問者名がモニターに表示されています。


 

内部は、なんと撮影禁止!!ザンネン!!

高松ショールームのレポートと雰囲気は似ております。 ⇒ 高松ショールームのレポート

 

さすが東京だけに、設備の規模が違いました。

高松でも数種類の展示があった、窓の性能比較が

さらに多くのパターンで展示されており、細かい

違いが分ります。

 

また、他にはない展示が、「窓の性能体感ROOM」。

5種類の断熱性能の部屋を冷蔵庫と隣接して建て、

それぞれの部屋の断熱性能を体感できるようにして

います。「窓の性能」と言いながら、壁の断熱も同様に

性能差を設けているので、建物の性能比較にもってこいですよ。

(気密性能は比較できません。どの部屋も同程度の気密です。)

 

部屋に入らせてもらった感覚では、いつも想定している

状況と変わりなく、検討していることが正しいことが

確認できました。

また、各部屋の温度を維持するエアコンの電力量が

表示されていたので、今後の検討にも使えそうな数値を

得ることができました。

 

一般の方も入場可能ですので(予約が必要です)、

是非品川でお時間の取れる際には訪問してみて

下さいね。⇒ ショールームのニュースリリース

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2016/09/20 - 15:45 |
2016-09-16

先日、関東出張に行ってまいりました。

藤井社長との出張はいつも内容が濃い

ですが、今回もかなり濃かったです。

 

あまりブログにはご紹介しておりませんでしたが、

コスミック・ガーデンでは、

「美術館や工芸品などをどんどん見るべし!!」

「本当に良質なもの、手の込んだものを見られる

目を養うべし!!」

ということで、出張のついでにタイミングの合う

美術展などには積極的に足を運びます。

 

それが多かった今回。

まず最初は、ここです。



上野公園・上野動物園からすぐのところにある、

東京芸術大学 大学美術館。

ここで、明治時代の技術の高い工芸品の展示会が

開催されていました。


写真撮影可でしたが、撮りまくって載せまくるのも

節操がありませんので、入り口だけ・・・

 

写真の竜は、鉄でできていて自由に体や関節が動く

「自在竜」。もともと甲冑を作っていた甲冑師達が次の

仕事を探して、このようなものを作っていたそうです。

他にも自在海老、自在蛇など・・・とても細かい作りでした。

他に木工品や陶製の器なども、沢山展示されていました。

 

次に、皇居の近くまで移動して、出光美術館というところへ。


この美術館では「東京・日本陶磁の至宝」ということで

主に中国・日本の歴史的価値の高い陶器・磁器の

展示会が開催されていました。

そうそうたる展示物が並んでいましたが、全て館所蔵の

もので行っているとのこと。なんという財力・・・

 

展示物の中でもひと際目を引いたのは、板谷波山の

「葆光彩磁(ほこうさいじ)」という技術で焼かれた花瓶。

 

表面の釉薬が霞がかかったような淡い色で幻想的な

雰囲気を醸し出していました。

検索すると写真はすぐ見つかるようです⇒Googleで「葆光彩磁」を画像検索

 

さてさて、あちこちへと忙しいのですが、

この後は本題の打ち合わせに向かいます。

・・・と、長くなりますので次回の記事でご紹介しますね。

 

訪問順に書いたため、先におまけが来てしまいました。

おまけと言っても濃い美術館巡りでしたが・・・

(実はこの後もう1件ギャラリーに行っているのですが、

そこは外観写真も撮れませんでしたので割愛いたします。)

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 研究・開発・実験 | 2016/09/16 - 17:11 |
2016-09-09

年に二度ほどお伺いする、木材関連の

展示・即売イベントに行ってきました。


西大寺方面にある、全国区のナイスという会社さんの

大きな倉庫でいつも開催されています。

周りには野立てのソーラーパネルも沢山。

 


沢山の木材、フローリングなどが展示されます。

通常から安くして頂いているのでどれもこれもとは

言いませんが、たまに質の良い掘り出し物が特価で

手に入ります。

 

こういうときに質がよく安価なものが大量に入ると、

お得な価格でご提供できるので、藤井も数字を操る

頭脳を駆使して価格交渉します。

 

安く入ったらそのまま安くご提供するコスミック。

皆様が建てられるときにタイミングよくモノが入れば・・・

と思います。

 

イベントですので、物珍しいものもあります。


今年はこんなものがありました。無垢の木でできた縦型ブラインド。

お昼時?で誰もいなかったのでカタログだけ拝借しました。

 

他にも彫刻や欄間、家具など木で創られたものがたくさんありました。

事務所でパソコンばかり見ているので、こういったイベントで

多種多様な木材や加工品をたくさん見ることができるのは

嬉しいですね。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2016/09/09 - 17:47 |
2016-09-05

このところ強い台風が多く、その影響で

湿った風が吹いてきますね。

 

しばらく冷房不要で過ごしていましたが、

台風が近づくと気温は低くても湿度が高い

風が吹いてくるので、冷房を弱めにでも

運転していないと不快に感じてしまいます。

 

さて、本日九州に上陸した12号も、

午前9時ころには熱帯低気圧に

変わったという報道があり、

ホッとしました。

 

気づくと、意味もよく分かっていないのに

「~低気圧に変わった」と言われるとホッと

思考停止してしまいます。

 

「熱帯低気圧」「温帯低気圧」に変わると

「台風」ではないので安心してしまいますが

そもそもどういう状況なのか。ちょっと調べてみると、

 

「台風 ⇒ 熱帯低気圧」

は 最大風速が17m/s未満になっただけ

「台風 ⇒ 温帯低気圧」

は 寒気の影響を受けて構造が変わり、強風の範囲は広がる。

引用:気象庁「台風の一生」

 

ということで、台風の減衰期には違いないのですが、

「低気圧に変わった」=「台風の怖さが消えた」

わけではなさそうということです。

特に後者は「弱くなった」とは言えないケースも。

 

昨日のNHKスペシャルでも大規模災害の特集を

しており、職業柄観ずにいられませんでした。

(来週は巨大地震です)

色々な災害に備えておきたいですね・・・。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/09/05 - 17:17 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp