施主から社員になりました

2016年12月 の一覧

2016-12-28

今年は熊本や鳥取の地震があり、本当に南海トラフの

巨大地震が現実味を帯びてきている感じを受けました。

 

以前、自宅で準備している防災バッグのことを

書かせて頂きましたが、「子供達の分は?」という

話になり、子供の分も最低限持てる水・食料を

入れた小さい防災(避難用具)バッグを作りました。

 


 

子供と一緒に中身を確認していると、自然に

「子供達だけの時に被災したらどうやって避難したらいいか」

という話になります。

親がいないときに子供だけでバッグを背負って避難場所を

目指すことを想像すると、とても心配な気分になってきました。

 

また防災頭巾などを見ていると、戦時中、空襲が来た時の

逃げ方を我が子に説明する親の気持ちはどんなものだったかと

飛躍した想像が頭に浮かび、いたたまれない気持ちになったり。

 

命の危険や大切さと本気で向き合う時が来たら・・・

その時子供達を守れるところにおらず、子供達自身で生きる努力を

することになったら・・・と思うと、とても心配になってきました。

 

身近で事が起こらなければ普段は向き合わないことですが、

最近、近県でも大きな地震が発生しており、他人事とは思えなく

なってきています。

 

年末年始のこの機会に、平和に暮らせる毎日に感謝しつつ、

命の大切さを再確認し、できるだけの備えはしておきたいですね。

 

 

年末最後のブログが少し暗い話になってしまい申し訳ございません。

でもとても大切なことだと思います。

 

皆様、本年も大変お世話になり、誠にありがとうございました。

来年もやりたいこと、やらなければならないことが既に盛り沢山!!

コスミック・ガーデンは安全・安心な住まいを提供し続けるため、

ぶれずに高みを目指していきます。

来年も、ご指導ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 住まい方・我が家の話 全体 | 2016/12/28 - 15:15 |
2016-12-24

先日、東京大学に伺った際に、

新しい測定器をお借りしました。

 

温度・湿度・二酸化炭素などを計測できる

おんどとりシリーズに、電力量を測れるものが

あるということで・・・


この黒いクランプを、分電盤のエアコンの配線に

ひっかけると、その線を流れている電流を計測

できるので、時間換算すると消費電力が分かる

という優れものです。

 

これを今測定器を置かせて頂いているお宅2邸に

伺って設置させて頂きました。

ご協力いただいているお施主様、ありがとうございます。

何度もご自宅に上がり込んでスミマセン!!

 

クリスマスイブのお休みなのに、道具を運び込んで

ガサゴソと作業をさせて頂きました。


お茶やお菓子まで出して頂いたりして・・・


 

配電盤の中に新しい測定器をセットです。


 

 

今まで、電力会社の請求をもとに家全体の消費電力と

電気料金を教えて頂いていましたが、エアコン以外の

電力も含まれるため、正確な空調の電力量が分りません

でした。しかしこれからは正確に記録することができます。

 

5月にはまた東大の前先生の研究室で報告会がありますが、

前回より、さらに具体的な報告ができそうで楽しみです。

 

お施主様にもご協力いただき、感謝申し上げます。

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2016/12/24 - 17:34 |
2016-12-14

コスミックの家を見たいという新しいお客様が

いらっしゃることになったので、お引渡しして

2年半ほど経過したOB施主様宅にお願いして

お客様と代表の藤井と私で訪問させて頂きました。

 


 

OB施主様宅に訪問すると、実際に住んで色々と

分っておられるお施主様のお話しが聞けますし、

少し時間がたったお宅の状況も見せて頂けます。

 

そして押し売りする気のない住宅博士の話も

聞けるという、結構盛り沢山でお得なイベントです。

 

大変なのはOB施主様で、事前にお掃除して頂いたり

当日にお茶を出して頂いたりと、甘えてしまいます。

でも、楽しそうに我々と一緒に説明して頂けますし、

実体験に基づいているので説得力もあるしで、とても

助かっております。

 

しかも今回のお宅は、、、


お子様の夏休みの宿題で制作されたという、

生写真の建築現場日誌を出していただきました!!

 

スケッチブック2冊分、これはすごい!!


基礎や壁・天井の構造などのご質問の場面でも

使わせて頂き、大変たすかりました。

(こういうの1冊持っておくべきだな・・・)

 

他にも、無垢の室内ドアの焼け具合が見られたり。


これこそ、生きた展示場ですね。

ご見学頂いた方も、生々しい話が沢山聞けて

ご参考にして頂けるのでは。

 

そして、何よりも暖かくて居心地がよく、

気づいたら4時間近く話し込んでいました。

これこそ、快適な空間の一番の証明かと思います。

 

真冬なので、是非これからも沢山の家を見て、

調べて、体感して、値引きなどの目くらましに負けず

納得されるまで十分にご検討頂ければ幸いと思います。

 

そして長時間の訪問をさせて頂いた○○○様、

本日もありがとうございました!!

 

 

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2016/12/14 - 18:56 |
2016-12-12

12月に入ってから、OB施主様2邸の取材をさせて頂きました。

 

1邸目は、ホームページのインタビュー掲載をお願いしたN様邸。

プロのコピーライターと担当営業の山田と3名でお邪魔し、

家を建てる前からのお話をお聞きしました。

現在はお引渡しから1年と5か月ほど経過し、2度目の冬を

迎えられ、住み始めてから少し慣れた現在までのことも色々と

お伺いできました。N様、ありがとうございました。

 

イメージカットを取るのを忘れたので、お伺いした時の

サーモ写真を代わりに載せます。


左はキッチン、右は階段部分の吹き抜けです。

どこも20℃以上で温度差が少なく快適です。

 

N様邸のインタビューは、遅くとも来月にはホームページに

掲載させて頂きますので、楽しみにしていてくださいね。

 

そして2邸目は、雑誌に掲載させて頂くT様邸でした。


 

こちらは、雑誌掲載用の写真撮影がメインで、

5,6時間かけて家じゅうを撮影させて頂くため、

お客様もお休みがほぼ丸1日潰れてしまいます。

T様、長時間ご協力いただきありがとうございました。

 


なぜそんなに時間がかかるのか?と思うのですが、

実際に撮影されているカメラマンの動きを見ていると

分ります。1枚1枚の写真を撮るために大変手間を

掛けられます。いつもプロの仕事と思わされます。

 

長時間、ソファーや小物を動かしたり移動して頂いたりと

大変お疲れのお施主様ですが、最後に「こんな写真が

撮れましたよ」とカメラマンからダイジェスト的に

見せてもらいます。


これまでの疲れが少し和らぐ瞬間です。

 

T様邸の掲載雑誌は「住まいの提案、岡山。」の1月25日発売号です。

是非見てみてくださいね。(そのころには弊社にも置いてあると思います)

 

このように、お住まいになられて1,2年以上経過したOB様宅に

お邪魔すると、実際に住んでみて本当に快適だとか、体調がよくなった

というご感想を沢山頂くので、いつも、建築中頑張った営業や監督を

差しおいて「いいとこどり」しているような気がしてしまいます。

 

ですので、なるべくその邸にかかわったスタッフにフィードバックして、

今後のエネルギーに変えてもらいたいと思います。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 | 2016/12/12 - 11:24 |
2016-12-01

先日は一人で東京の展示会に日帰り出張しましたが、

今回は社長と二人で東京大学に日帰りでした。


目的はフェイスブックでも少しご紹介しましたが、

温熱環境の研究等で住宅業界ではかなり名の通っておられる、

東京大学の前真之准教授の研究室に、全国のスーパー工務店

(高気密高断熱住宅に取り組んでいる工務店を表す前先生の造語)

が集まる会合への参加です。

 


 

今年から「全国住宅温熱環境測り隊」という活動が始まっており、

今回はその初顔合わせ&1回目の報告会・情報交換会でした。

 

事の経緯は今年の夏前にさかのぼりますが・・・

前先生から、福島・新潟・岐阜・大阪・鹿児島・岡山の

6県のスーパー工務店(自分で書くと手前味噌ですが)に

温度・湿度・CO2のデータロガー等が配布されました。

 

当社は2年ほど前から前先生と共同調査をするため、

沢山お借りしていたものを使っていますが・・・


とても小規模工務店では買えない高価な測定機器が

どんどん送られてくるので、緊張します・・・。

 

それをサンプリングしたいお宅にセットさせて頂くわけです。



置かせて頂いた皆様、ご協力いただきありがとうございます。

 

こうして集めた全国各地の高性能住宅の温熱データを

共有・情報交換して、知見を深め、より良い居住空間

づくりの議論を深めていきましょうという取り組みです。

 

今回はスケジュールの都合で全社集まれませんでしたが、

各地でフランチャイズなどの力を借りず独自で高気密高断熱に

取り組んでいる会社ばかりで、自社でデータも取り検討を

しているので、とても生々しい情報が飛び交い、内容が濃い

というか、ここまで「測定した事実に基づいた」議論ができる場は

初めてでした。


 

また、当社とは違う仕様でより良い温熱環境を追求して

研究している会社さんの発表もあり、

「そちらに進むと、そんなメリット・デメリットがあるのか」と

新たな発見があったりと、興味深い話が沢山ありました。


 

住宅業界でセミナーや会合があると、大半が

「売るため」「ビジネスのため」「会員になって」

という、お金の匂いがプンプンするものばかりです。

 

それと違い、この集まりがとても好感が持てたのは、

参加者がみなさん純粋に「よい住環境にするには」

ということに向かって問題意識を持って検討し、

議論できていたことでした。

 

前先生からも「これが特定の組織だとかいう話ではなく、

緩いコミュニティとして情報共有・議論していきましょう」

ということで、ビジネス臭さもなく意味のあることだけを

やっていけそうな雰囲気です。

 

 

これから冬の測定に向かってまた準備に入ります。

また節目にご報告させて頂ければと思います。

 

posted by 岡本 | 2件のコメント | 研究・開発・実験 | 2016/12/01 - 12:53 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp