施主から社員になりました

2017年05月 の一覧

2017-05-25

長い間、事務所の床に瓦のサンプルが

置かれていましたが、本日、ついに

大工さんの時間を取ってもらって

瓦専用の造作棚を造ってもらいました。


朝打ち合わせをしてお願いしたところ、

昼の3時ころにはもう15mm合板を使った棚が

おおよそ出来上がって事務所にお目見えです。

 

その場で間仕切りをはめると出来上がり。


ワインセラーのような瓦置き場になりました。

お見事です!!

 

ついでに周辺のサンプル品なども見直して一掃し、

入り口付近がとてもスッキリして気持ちよくなりました。


入り口に一番近い私の机も片付けなければ・・・

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/05/25 - 18:09 |
2017-05-20

おなじみになってきました東京大学の前研究室に

行ってきました。


 

今回は、全国の工務店による「温熱環境測り隊」

冬編として、この冬の測定結果の発表会となりました。


前回(夏)は7社が測定して実際に会場に来られたのは

コスミック・ガーデン含め5社だったのですが、

今回は上のスライドにある感じで、「ホームズ君」という

住宅設計ソフトの会社さんが測定した全国15社ほどの

工務店の実棟の発表も合同で行うことになりました。

(前先生がこのソフトの監修をしていてお付き合いが

あるとのこと)

 

そちらの工務店の皆さんもほとんど参加されたので、

会場は15社20名以上となり、工学部の広い講義室を

一室借りて4時間の発表会になりました。

 

コスミックは最後の発表でした。

測定結果(温度の安定さや暖房エネルギー量)も

それに対する考察もいい線行ってると思うのですが、

前先生の意図は、競争でもビジネスでもなく、

緩く集まって「全国の皆さんで情報を共有して、

良い家を造っていきましょう」ということです。

コスミック・ガーデンの開発した暖房システムや

その結果も発表したので、参考になればうれしいです。

(データを取らせて頂いたI様、S様、ありがとう

ございました!!)

 

ちなみに温度測定の発表でしたが、スパイスとして入れた

下の2つのスライドに、ちょっと「おぉ」とか反応の声が

あがりました。

 

暖気の吹き出し口を説明するための藤井邸リビングの写真


・・・のつもりがインテリアの方が目立っていました。

 

あと前先生つながりで岡山市の柳川交差点にある

こちらの看板。


今回集まった15社は左のような家ばっかりだと思います。

 

各社の発表の合間に、前先生からも夏の暑さに関する

国際的な基準や検討状況の最新情報などが発表されました。

前先生のセミナーは岡山近辺ではなかなか聞けないので、

こういうところで興味深いお話が聞けるのは嬉しいです。



 

だいぶ冬寒いという問題に関しては「きちんとやっている

ところでは」解決が進んでいて、今は夏の暑さに対する

基準や対策の話が議論になっているそうです。

 

沢山の高性能の家を建てる皆様が集まっておられましたが、

どんどんそれが「当たり前」になってほしいですね。

 

夕方になり、学園祭か何かの準備で盛り上がっている

東大のキャンパスをあとにしました。


 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2017/05/20 - 17:38 |
2017-05-11

順番が前後いたしますが、今回はタイトル通り、

ゴールデンウィークに国分寺に行きました!という内容です。

 

何度も前の道を通過したことはありましたが、

実際に行ったのは初めて?かも。

昔、遠足で行ったかどうかは覚えていません。

 

天気も良く、新緑がとても美しい気持ちの良い日でした。


このあたりは開けていて、とてもすがすがしいですね。

 

れんげも沢山咲いていて綺麗です。

周りの綺麗な畑の状態は、近隣の皆様が協力して

維持されているそうです。有難いです。



 

五重塔に行ってみると、何と、扉が開いて

内部が見られる状態で公開されていました。



地元のボランティア?の方がメガホンを持って

説明をされていましたが、連休だけの特別対応

で扉を開けているとのこと。

 

真ん中の芯柱(大日如来)を中心に、

東西南北それぞれに、神獣に乗った神様が。


近くの説明板には構造や内部写真が載って

いますが、生で見られたのはラッキーでした。

 

次に隣の国分寺の敷地へ。

こちらもラッキーで、本堂が開放されていて、

中に入って拝むことができました。


驚いたのは、この本堂前の敷地がとても気持ちがよく

感じたことです。特に何もない所なのですが。

 

こちらでも詳しいボランティアの方がメガホンを持ち、

水攻め(された方)で有名な備中高松城・城主の

清水宗治が国分寺を再興した経緯などの説明を受けながら

拝ませて頂きました。


遠慮がちにスマホを構える人が多かったのか、

説明の方が「写真もどんどん撮ってくださいよ!!」

と促されて、みんな安心して撮影していました。

地元の皆様のおかげで、気持ちよく備中国分寺を

訪問することができました。ありがとうございました。

 

帰りに国分寺に隣接する広場でくつろぎましたが、

久しぶりにトノサマガエルを見かけました。


人の手が多くかかった最新の施設もよいですが、

自然の中で癒されるのも、とても気持ちがよいです。

こんなすがすがしい気持ちになれる空間が

家の中に創れたら最高ですね。

 

 

カエルは家の中に居なくてもいいですが。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/05/11 - 19:19 |
2017-05-09

連休明け初日に、愛知県高浜市に行ってきました。

名古屋でのぞみからこだまに乗り換えて、

三河安城駅で下車。


 

この三州瓦の町には、当社オリジナルの

陶性外壁ツィーゲルや最近施工を開始した

第二弾の外壁材を焼いている工場があります。

何度も話は聞いていましたが、初めてお伺い

できてワクワクです。

 

またこの工場の専務さんは、昨年一緒に

ベトナムの瓦工場を視察に行ったりした

方で、久しぶりにお会いできました。

 

工場に行く前に、役員の方のご自宅へ。


 

さすが瓦やさんなだけに、陶器製のものが多いです。

 

地面に敷かれているタイルや、


積み上げているレンガも、模様のついているものも陶器製です。

 


外壁には、今回の陶性外壁第二弾の試作品が施工されていました。

 

次に工場の事務所へ。


 

事務所の中にも面白そうな陶器製のものがたくさん。


 

屋根瓦は、価格競争が厳しく単価が低いことや、

屋根瓦を使う住宅が減っていることなどから、

他の商品も開発していないと生き残れないのでしょうか。


色々なものを試作されている様子がありました。

 

こちらで、本題の陶性外壁第二弾の3棟の施工結果の

共有や今後の対応などについて打合せを行いました。

 

通常は塗り替えや張り替えが必要な外壁材が、

数十年もメンテナンスフリーというのは

やはり大きな魅力の一つです。

 

今後は製品精度が上がり、デザインや色の選択肢が増え、

費用がなるべく抑えられることが望ましく、これから、

様々に工夫をして材料費・施工費を下げ、なるべく

リーズナブル費用感で選んで頂けるようになればと

思います。

 

より良い家を建築するため、世の中にないものは

自ら創造していく当社の活動の一場面をご紹介させて

いただきました。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2017/05/09 - 15:23 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp