施主から社員になりました

2017年09月 の一覧

2017-09-29

最近、広報的に色々と構想がありまして、その

素材として職人さんを撮影して回っています。

撮影するのは私ではなくプロのカメラマンさんです。

 

職人さんの作業中にお邪魔して、30分~1時間ほど

カメラマンが撮影するので、同行する私はその後ろから

眺める時間がありまして、久しぶりに現場の職人さんの

お仕事をじっくり見学させて頂くことができました。

 

川野大工・山本大工による床の施工風景です。



ずれ始めると止まらないヘリンボーンの床材に

1ミリ以下の調整をしながら、施工していきます。

 

建物の形をどんどん組み上げていく「建て方」などの

ダイナミックな作業もあれば、工程が進むとこのように

繊細な作業もこなしていく、多芸の大工さん達です。

 

次の現場では、西本電業さんの配線工事を撮影。


長時間じっくり見たのは初めてでしたが、

本当に作業が早く、2本の脚立の上で

部屋の端から端へ、天井の配線を次々と

進めていきます。

 

西本さんの配線は本当に綺麗なので、

じっくりていねいに、というイメージが

ありましたが、実際はかなり早いです。

カメラマンさんもシャッターを連射。

(このブログの写真は私の素人写真です)


早い手の動きを頑張って追いかけていると、

配線する動作の中に、複数の線をまとめたり、

よれている線を伸ばして整えたりという動作が

たくさん入っていることが分かりました。

美しい配線の秘訣の一つ?かもしれません。

 

そして、妹尾邸で頑張って頂いている瓦屋の

入江さん。

 

屋根と比べて面積が大きく、工事期間も長い

外壁工事を、根気強く進めて頂いています。


 

素材が三州瓦だけに、やはり扱いに慣れているのは

瓦屋さん、屋根やさんといった職人さんになりますが、

屋根とは大きく勝手が違うので、簡単ではありません。

 

入江さんはこの新しい素材に挑戦し、形状や施工上の

改善点などもフィードバックして頂いている、陶性外壁

に欠かせない職人さんです。


ツィーゲル(第1弾の陶性外壁)の施工もして頂く、

頼れる職人さんです。

 

私などはパソコンの前に1日中座っていたり、

見学会でご説明したりという仕事はしますが、

家を直接建てる人間ではありません。

極論、私が何人居ても、腕とハートがよい

職人さん達が居てくれなければ、良い建物が

できることは有りません。

 

お客様に喜んで頂いている良い家を直接的に造り

上げている職人さん達のすばらしさを、お客様にも

もっと知って頂きたいと思いますし、職人さんも

そうなることでさらに誇りを持って仕事ができる

ようになって頂きたいと思った撮影ツアーでした。

(他の職人さんも撮影中ですが、今回は一部ご紹介)

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 | 2017/09/29 - 19:35 |
2017-09-26

いつもの「行ってきました」シリーズです。

 

いつもは、メーカーさんなどにバスで連れて

行っていただくことが多いインテックス大阪

という展示会場ですが、今回は新幹線です。

 

OB施主から社員になったという変わり者の

新スタッフ・内藤さんと二人で行って来ました。


 

ご覧の通り、住宅設備や高性能建材の展示会です。


 

しかし、それだけならいつも東京ビックサイトに

行っているので、大阪の方がブースが少なく、

正直、物足りません。

 

しかし、今回はそれだけではなく、


太陽電池、二次電池(蓄電池などです)などもあり・・・

 

他にも、


太陽光以外の発電ブースも多々ありました。

 

また、高性能素材ということで、金属や

樹脂、セラミックなどの素材についても

沢山の展示ブースがありました。

 

住宅に関係するのは・・・ほぼ全てです。

 

東京で行われる展示会では、住宅分野だけで

膨大な数のブースがあり、住宅分野内で深堀り

ができるのですが、

今回のように他の業種の展示ブースも含めて

「多くの分野を一度に回れる展示会」は私も

初めてでした。

 

朝から夕方までかけて全ての会場を回ったところ、

内藤さんが素材などのブースで、今後使えそうな

面白いものをいくつも見つけ、大活躍でした。

(展示会場内は撮影不可でしたので残念ながら

写真はございません。)

 

住宅関係のブースでも、先日当社が行った

壁せん断試験に関係するような建材を見つける

など、なかなか有意義な展示会でした。

 

 

いつも藤井社長が

「千に三つあればよいと思って、常に

色々なところに情報を取りに行き続けなきゃ」

と言っています。

 

今回の展示会で手に入れたネタも、持ち帰って

報告したところ、継続検討となりました。

近いうちにいくつか出張することになりそうです。

 

私が家を建てたときもそうでしたが、常に思考し、

進化し続けている、コスミック・ガーデンです。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/09/26 - 20:22 |
2017-09-21

(今回は雑談です)

普段の会社での昼食は、お弁当を持って来たり

外食に出たりと色々ですが、、、

 

本日はこんなものを持ってきました。


お湯や水を入れたら食べられる、非常食です。

別に家庭に問題が生じたわけではなく、

自宅の防災セットに入れている非常食の

賞味期限が切れてきたので、入れ替えのため

消費することになったのです。

 

実は1世代前ではなく2世代前のものなので

具体的には書けませんが賞味期限が切れて

相当経っています・・・

 

先日の台風で、防災セットに意識が向いたので

今回の入れ替えになりました。

皆様も防災セットの中の5年水など、

期限切れになっていませんか?

面倒ですが、いざというときのために

たまに見直ししましょう!!

 

ではいただきます・・・。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/09/21 - 12:24 |
2017-09-15

秋はどの業界も展示会などが多いですね。

 

先日のTOTOさんに続き、室内ドアなどに

採用しているウッドワンさんのフェアに

お邪魔してきました。

 


 

無垢建具のピノアース、プリントのソフトアートなど、

弊社の建物でよく目にする室内ドアが並んでいます。


 

最近は色のバリエーションも増え、

楽しいインテリアを演出してくれます。


一番右奥のダークブランは新色です。カッコイイ!!

 

ウッドワンさんはニュージーランドにパイン材を

植林していて、自前のニュージーパインを使います。

室内ドアのピノアースもニュージーパインです。

最近では、無垢ではないプリントの建具で出来のいいものがあり、

目の肥えている当社の代表の藤井も

「このメープルは(本物ではないことが)分かりにくいよね~」と感心。


 

木材の加工が得意なので、家具やキッチンなども製造しています。


 

洗面カウンターも無垢の木を使うので、

濡れたらマメにふいたほうがよいのですが、

渋いデザインはそこそこ人気があるそうです。


 

以前お客様で採用された、カワイイ洗面台なども。


 

こちらのキッチンも可愛いですね。



・・・とカワイイを連発していると、

藤井社長曰く

コスミックガーデンって、「カワイイ」ってイメージが

あまりないよね~。僕のせいかな~。

という発言。

 

いやいや、確かに社長のラジオ聞いてカワイイと思う人は

いないと思いますが、建ててる住宅には可愛い洗面台や

壁紙やタイルも今まで普通に使ってますし、可愛いお宅も

これまで何邸もありましたから大丈夫でしょう。

 

というフォローはさておき、ウッドワンさんには

カワイイ以外にも下のようなスタイリッシュな

キッチンもあります。

 

アイアンのフレーム内に、IHコンロも

木製の棚もむき出しで取り付けられています。

棚にホコリが溜まらないように

マメに掃除できる方にはお勧めです。


ちなみにこのキッチンには、電磁波の少ない

ドイツのガゲナウのIHコンロが入ります。

またコチラのキッチンにも、上の方の写真に

あったカワイイキッチンにも、同じくドイツの

ミーレの食洗器が入ります。

(ガゲナウの食洗器は要サイズ確認です)

 

他に、下のように板を様々な模様にえぐった

「なぐり」という加工も売りです。


一部の壁や玄関のデザインに使えそうですね。

 

平素から一般のお客様にも見学して頂ける

ショールームです。(火・水曜日がお休みです)

ご興味のある方は、ご予約の上、ご来場くださいませ。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/09/15 - 19:02 |
2017-09-09

本日はTOTOさんにてセミナーです。

情報収集できるセミナーが近場だと嬉しい(笑)。

 

当社の営業担当の3名と一緒にオッサン4人で乗り込みます。


 

ところが、他社からの参加者は、いつもの作業着の

オジサン達ではなくコーディネーター風の女性ばかり。

 

始まるとすぐにわかりましたが、今回はとにかく

デザイン中心のお話でした。

ドイツの有名な水まわりの展示会(ISH)の

様子を、次から次へとスライドで紹介。


解説するのは、海外製品を主に輸入する

セラトレーディングという商社の方。

 

コスミックの見学会で聞かれるような

技術的な解説はほとんどなく、

反対に普段聞けないお話が聞けて

とても新鮮でした。

 

展示会のきれいなブースの写真がスライドで映る

たびに、さながら「美味しんぼ」を彷彿とさせる

ような気の利いた解説が入ります。

 

「このメーカーの展示は、シンプルな配色で

スッキリ感を演出しておりました」

 

「こちらはシックな雰囲気の中に無造作に

タオルを置き、やんちゃな大人感?(表現失念)

を醸し出しています」

 

「ホワイトを中心にすることで自然に溶け込む

リラックスできる空間を作り上げています」

 

「黒中心の中に赤の差し色を使い、暗くなり

すぎないバランスを持たせています」

 

「ベッド背面の壁にアールを持たせることで

こだわりの空間となっています」

 

「イエロー・オレンジなどのビタミンカラーを

織り交ぜ・・・」

 

「シックなタイルの上に板を張ることで

〇〇感(失念)を加え・・・」

 

「チョコレートをモチーフにした斬新な壁で・・・」

・・・

 

と、正確に覚えていない表現もありますが、

とにかくデザインや形状、色使いに対する

「誉め言葉」「解説」のバリエーションの

多彩さに驚きました。

 

正直なところ、「本質的な美しさを掘り下げた」

ようなものがあった、のかどうかは解説からは

分りませんでしたが、これがナントカデザインです、

と言ってしまえば、横への広がりは無限にあるの

ではと思わされました。

 

もちろん、何でもよいという意味ではなく、

それぞれの方向性でまとまった感じというか、

完成度は高いのだと思いますが・・・

 

選ぶ皆様の好みもあるので、それぞれの方向性を

追求して、どの方向も否定はしない、そっちの

方向で褒める、というのがデザイン(ビジネス)の

世界なのかもしれません。

 


現物もちょっとだけ展示がありました。

 

デザインも見ますが、我々オッサン4人からは

下部はコーキングするのか、建物の構造に

どうやって留めるのか、排水はどうなって

いるのかなど、いつもの質問も出ます。

 

また、陶器が薄いので割れないのか、ということに

関しては、サファイアを混ぜたセラミックになっており

30cm上から最も薄い所に鉄球を落としても割れません

でした、ということです。


 

デザインのウェイトが高いものは、その分

丈夫さやメンテナンス・水じまいなどの点では

劣る場合もあるので、色々と確認が必要です。

 

 

さて、こういったセミナーは、珍しい情報の

セミナーで集客して、商品説明も合わせて

聞いて帰ってください、というものが多いです。

 

今回はTOTOのネオレストの新型の説明が

ありました。


 

排水口の位置を見えないところに変更したり

掃除をしやすく凸凹をなくしたりなどの

地味ながら嬉しい改良が進んでいます。


 

またこちらにはありませんが、最近話題で

気になるのは、ネオレストNX です。


便器全体(蓋を除く)が一体型の陶器でできている

フラグシップ商品で、高価なため、話題性目的で

造られた感があったのですが、沢山の予約が入って

製造待ちの状態になっているとのこと。

 

広島のショールームにはあるそうなのですが・・・

またどこかの展示場で見てみたいですね。

 

長くなりましたが、TOTOレポートでした。

posted by 岡本 | コメントなし | セミナー・勉強会 | 2017/09/09 - 10:35 |
2017-09-04

9月1日から、新しい広告媒体を採用しました。

 

こちらです。

倉敷市役所に設置されているモニターに、たまに15秒のCMが流れます。


この「住宅会社に任せて建てた家だから頑丈だろう・・・」と

書かれた家が、■■■■して・・・

 

最後に、家づくりなんでもゼミを告知させて頂きます。


 

ラジオと同様「どうすれば啓蒙できるか」を目的に内容を考えました。

 

耐震基準を満たしている建物が、実験でも、熊本など現実の地震でも

倒壊している現状、国の基準まかせ、住宅会社まかせにして

本当によいのでしょうか、という問題提起をする意図となっています。

 

NHKの巨大地震特集などにも出演されている東京都市大学の

大橋教授の今年3月の日経新聞社主催のセミナーでは、

「建築基準法を守っているだけでは震度7で倒壊しないとは言えない」

「基準法を満足するレベルというのは、耐震性の性能設定としては低すぎる」

(木造の研究者で、自分の家を、基準法ギリギリに建てている人はいない!)

という内容がありました。

 

国は許可しているが、強度として足りないということは、

施主の皆様が自己防衛する必要があるということです。

 

倉敷市役所で見かけられた方、是非ご感想をお聞かせくださいね。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 | 2017/09/04 - 18:59 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp