施主から社員になりました

2018年12月 の一覧

2018-12-10

草木も眠る深夜の0時ころ、

ふと1階から女性の声が聞こえたような

気がして目が覚めました。

 

気のせいかなと思い、寝直そうとしたところ、

今度は「ピッ」という電子音が1回だけ。

 

3分ほど経つと、また「ピッ」

 

さては、冷蔵庫の扉が開いているのかと思い

ましたが、1階におりて冷蔵庫を見ても異常なし。

 

冷蔵庫から離れると、また冷蔵庫のあたりから

「ピッ」。でも冷蔵庫の表示は何も出ていません。

よく分からないながら、冷蔵庫の電源プラグを抜き、

少し待って刺し直して再起動です。

 

でも再起動直後も「ピッ」

 

一体なに~?と思いながら、冷蔵庫のプラグを

刺すためにしゃがんでいた姿勢から上を見上げると、

犯人を発見しました。


 

義務化されたので現在ではどこの新築にも

ついている、火災警報器です。

天井に取り付けられているこれが「ピッ」

を繰り返していました。

 

紐を引っ張ると「電池切れです。」と女性の声。

火災ではありませんでしたが、深夜にお騒がせな・・・

 

ステップに乗ってつかんで反時計回りに回すと

簡単に外れます。裏には電池が入っています。


 

水色のが電池です。

そのそばには「電池寿命 約10年」の表示が。

その通り10年と数か月で寿命切れとなりました。

結構正確ですね。

 

電池はネットで1個1000円くらいで売られています。

他にも数か所取り付けられていますので、

この機会に全部電池交換することにしました。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 住まい方・我が家の話 | 2018/12/10 - 15:43 |
2018-12-06

コスミック・ガーデンでは

全棟気密測定を行っていますが、

測定するタイミングは、建物の構造ができて

断熱・気密施工を一通り終えた時点です。

(中間時気密測定などと言われます)

「コスミックガーデン 気密測定」の画像検索結果
 

断熱材や構造の継ぎ目が見えている状態で、

室内の空気を大きな排気ファンで外に出し、

気圧差による外気の流入量から隙間面積を

算出します。

 

中間時に測定する理由は、ここで気圧差がついた

状態で家中を調べることで大きな隙間があった

場合に塞ぐなどの改善作業ができるからです。

 

対して、完成時気密測定は行っていません。

測定に数万円かかる上、完成後の改善は

ほとんどできないので、中間時の検査以降に

品質を確保するためには、その後の工事で

大きな隙間を作ってしまうような施工がない

よう目を光らせていくしかないためです。

 

とは言えしばらく完成検査を行っていないので

品質確認のための抽出検査として久しぶりの

実施となりました。

 

建物は、週末に完成見学会を控えて美装も

終わっているY様邸です。


 

約束の時間に行くと、既にセッティングを終えて

もらっていました。


 

測定して頂くのは断熱施工をお願いしている

マルフジフォーム工業の藤井専務です。

長年断熱施工と気密測定をお願いしている

エキスパートで、とても熱心な方です。

気圧が下がっている室内でも熱く語ってくれます。


 

このバズーカ砲のようなファンで空気を排出ながら

流量・気圧差を測定して隙間面積を出すところまで

全部コンピュータがやってくれます。

コスミック・ガーデンでは内外気圧差が50パスカル

程度になります。(隙間が多いと気圧差がつきません)

 


ただ、気密性能が高ければ高いほど結果は不安定に

なりやすく、正しい結果を導き出すまでの測定回数や

結果の判断については何千回と測定しているノウハウが

あります。

 

※少しマニアックな話ですが、上の写真の測定器は

ちょっと型が古いもので、一番上の写真の型が新型

です。「たまたまメンテナンスに行ってて古い方に

なってしまいました!!」と残念がっていました。

 

室内が負圧になっているので、窓に取り付けている

ビニールシートが内側に押されてパンパンです。


 

さて、結果ですが、この建物の中間時気密測定のC値は

0.29(c㎡/㎡)

でしたが、これに対して完成時気密検査のC値は

0.30(c㎡/㎡)

と、ほぼ同じでした。

延床面積が106㎡ですから家全体の隙間が32c㎡

程度(8cm×4cmくらい)ということになります。

中間時からの施工不良等による漏気はほぼ無いと

考えてよいと思います。

 

ちなみに前提を申しますと、トイレやレンジフードなどの

排気ファンは全てテープでふさいでおり、中間時とほぼ

同条件にしています。


建物内が負圧になると若干外気が入ってくるためです。

どのメーカーにも「高気密対応」ファンがありますが

電源OFF時のシャッターの気密性能は完璧ではありません。

 

対して給気口は優秀でした。


閉じた状態で負圧になっても、気流は感じません。

ほぼ完全に閉じられているようで優秀でした。

エアコンのダクト付近もキッチリ塞いでもらっている

ので、空気の流入は感じられませんでした。

 


ここまでくるとイジメのようですが、窓まわりも

チェックします。境界部分はOKでしたが、ロックを

かける戸先錠のレバーまわり。機構上隙間があるため

若干の外気の流入があります。

 

・・・というのが全体の様子です。

あちこちに隙間があるような書き方をしていますが、

これら全部を合わせて家全体の隙間が32c㎡で

C値0.3(c㎡/㎡)と問題ない結果です。

 

あとは隙間風が入っている場所や集中して漏気が

起こっていないかなどを一通り確認して、測定を

終えました。

 

この週末の完成見学会は寒くなりそうです。

ぜひこの高気密もY様邸を体感してみてくださいね。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2018/12/06 - 10:45 |
2018-12-03

最近とても忙しいような気がするのですが、

そんな中、4日間も使って東京~新潟へ

出張して参りました。

 

朝一番の機内から、珍しく快晴の

冠雪富士見えました。幸先が良いです。


 

そしていつも通り、ここに到着です。

いつも同じ角度からの写真ではつまらないので

今回は真下から撮影してみました。


 

私のブログで排水桝の次に沢山登場していると

思われる、東京ビックサイトです。


 

今回の目的は、毎年の建材の新商品チェックとしての

「ジャパンホームショー」と、


 

もう一つは、お向かいで開催されていた「HOSPEX」という

医療関係の展示会でした。


 

HOSPEXの方では、「ぐっすりEXPO~良質睡眠推進展~」

というサブタイトルもあり、居住空間によって睡眠の質を

確認する測定器などがあったりするかも・・・

との期待がありました。

 

どちらかというと運動を促進する器具や、リハビリで

使える器具、多機能なベッドなど、医療施設で使われる

設備の展示が殆どでしたが、お目当てのものに近い物として

睡眠時の脳波を測定するキットや、発汗量をゲージで

示す簡易なシールなどがありました。

 

どちらにしても自社で購入して使うというよりも、

以前の花粉症の実証実験のように大学の先生と共同研究

などで使うことになりそうです。

 

ちなみに展示する側も見る側も医療関係者ばかりなので、

お向かいの住宅建材関連ブースとは全く雰囲気が違うのが

何とも言えませんでした。

 

翌日は、これまたブログには登場回数の多い、東京大学です。


この正門の写真も何度目でしょう(笑)。

 

11月末だったので銀杏並木が奇麗でした。


 

今回は小規模なセミナーがあり、伺ったのですが・・・


会場は正面の安田講堂(入口に警備員2名)

・・・の隣の工学部2号館でした。

 


 

ドイツのフラウンホーファー建築物理研究所で

15年研究員をされている田中さんが来日されての

WUFIセミナーでした。(田中さんは写真に写っていません)


今回は業界では有名な東京大学工学部建築学科の前准教授

(測定器を沢山お借りして大変お世話になっています!!)

も前段でお話されていました。

いつも通り痒い所に手が届く、鋭い切り口。

 

最後は、パネルディスカッションのようになりましたが、

なぜかWUFIの内容というよりも、

「なぜドイツでは住宅の寿命が長いし、きちんと性能の基準が

設けられ、そのとおり高性能住宅だけが建てられているのに、

日本はいまだに断熱性能が義務化ができず(あれだけ言われていた

2020年義務化もほぼ延期が確定)、いつまでも低性能住宅が

建てられているのか」

という前先生からのモヤモヤはっきりさせたい質問が連発されて

いました。

 

田中さんのお話で印象的だったのは

「日本では小学校に入るとランドセルも新品、教科書も新品で

1年使ったら(かどうかも分からないけど)全部捨てて

2年になったらまた新品の教科書、と使い捨て文化だけど、

ドイツでは1冊の教科書を使い回して次の子、次の子と

10年くらい渡っていく。いろんな点でそんな文化の中で

生きているのに、家は30年でつぶしましょう、とはならない。」

というところです。

 

何度か会話が続いた後での前先生の分析は

「ドイツは個人の資産である住宅の在り方にまで踏み込んで

法律で義務化して守っている。日本はあくまで個人の資産に

モノ申すべきではないという文化ではないか。」

ということでした。

 

国の義務化の検討などにも加わっている前先生の目線なら

ではの印象かと思います。

 

確かに「寒い家を選ぶのも人権」と中央の人が言ったような

話も聞いたことがあります。施主側が理解して選択していれば

よいのですが、あらゆる住宅会社が猫も杓子も「暖かい、高性能」

と言いながら家が建てられて、ホントにそれでよいのかどうか・・・

 

この議論は当事者が居ないのでこれ以上深まることはなく、

モヤモヤが余計大きくなったような気がしながら東大を後にしました。

 

 

さて、この後、藤井社長と合流して新潟に向かうのですが、

長くなりましたのでまた後日レポートします。

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2018/12/03 - 19:56 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp