施主から社員になりました

2017-03-17

小ネタを一つご紹介です。

お風呂やトイレなど、外からの目線を

遮りたい窓には、通常「型(かた)」と

呼ばれる表面がガタガタのガラスを使います。

「型ガラス 窓」の画像検索結果
この型ガラス、外から全く見えないかというと、特に夜で室内

が明るい時は、室内側の物がガラスに近づけば近づくほど、

外から見える形がはっきりしてきます。

離れていれば形もぼやけますが、つい近寄る場所の型ガラスには、

カーテンなどされることをお奨めします。

(どの程度見えるのかご心配でしたら、夜、ガラスのそばに

何かを置いて、室内の電気をつけて外から見てみてください。)

 

 

ところでコスミック標準の中で両面樹脂サッシAPW330ペアガラス、

APW430トリプルガラスにはこの「型ガラス」があるのですが、

「APW330真空トリプル」には型ガラスがありません。

 

理由は、3枚のガラスのうち、室内側が真空層を挟んだ

2枚のガラスになっていますが、そこは「日本板硝子」

という会社のスペーシアという商品をもってきてそのまま

使っており、その商品ラインナップにないからかと。

 


 

では室内が丸見えなのか??というと、そんなことはなく

「不透明タイプ」という仕様のガラスがあります。

 

イメージできないのでYKKAPさんにサンプルを見せて

頂きました。

(すぐに持ってきて頂いて、ありがとうございます。)

 



 

確かに不透明。(上が室内から、下が室外から見た状態)



 

ちなみに透明タイプは当然透けて見えます。



 

小ネタでしたが、事務所用のサンプルをわざわざ持ってきて

くださったYKK AP営業担当の西村さん(犬好き)に

敬意を表して取り上げさせていただきました。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/03/17 - 18:30 |
お名前
メルアド
コメント
 

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp