施主から社員になりました

2019-03-19

先日に引き続き、再び真庭のCLTや木材を使った

施設にご案内いただきました。

 

本日は真庭市役所の方もご同行頂いて、

詳しいガイダンス付きでした。

3か所周り、たくさん写真がありますので、ドンドン進めます。


 

最初は「木テラス」というCLTで作られた休憩所兼公衆トイレ。


天井のナナメ使いのCLTがデザイン的にも構造的にも斬新で、

構造計算は苦労されたとのこと。

 


前回も書かせて頂いた通り、CLTは本来は構造材です。

上の写真のように土台の上に乗っている部分が構造。

左の被っている部分も木を使っているので紛らわしいですが

この部分は外壁材、化粧材ということで他の材でも良いという

ことです。補助金が出てPR目的や実験要素もあり木材仕様

だそうです。

 


数メートルのベンチだからか、端が数ミリ空いています。

最初はくっついていたそうで、木が痩せたのだと思われます。

 


CLTの壁をくりぬいています。断面が見えるのは面白い

のですが構造材なので今回は特別にデザインでということで・・・

 

さて、次は大きな建物です。


こちらはCLTは使われていませんが、大断面集成材

という材料を用いた、大規模木造建築の建物の事例として

見せて頂きました。(「真庭市 落合総合センター」です)

 


とてもごっつい梁ですね~。

 


柱も地元のヒノキなどよい材料がふんだんに使われています。

 


中に入ると、かなりの大空間です。

内部も木材ばかりです。

 


ですが、よく見ると木材同士のつなぎ目は金属部品が

使われています。聞くと、こうしなければ構造計算が

大変(金属部分が先に壊れる計算の方がしやすい)とのこと。

日本の木材に対する研究は、戦後から止まってしまい

あまり進んでいないという背景もあるとのこと。

 


それにしても、木が多い空間は何かすがすがしいですね。

コスミックでも床・建具・階段・見切り材・窓枠あたりで

木が視界に入る量は多いですが、天井まで木で覆われると

かなりの量になります。

 

写真では表現しにくいのですが、木の量が多い大空間は

かなり気持ちが良いです。


窓は特注のペアガラスです。さすが県北ですね。

 


暖房は木質燃料(ペレット)を燃やしているとのこと。

床下に温風が流れていて、吹き出し口がありますが、

床自体も温まって輻射暖房にもなっています。

 


 

木質燃料を燃やすボイラー施設もありました。


バイオマスエネルギーと書かれていますね。

地産地消のエネルギーです。

 

 


ボイラー室の裏に回ると、木の樽がありました。

本当に木で水密構造の樽を作っているそうで、

日本で1社しか作れるところがないそうです。

 


しめ縄?が特注の金属ボルト製です。カッコイイですね。

 

帰り際、立派なヒノキの柱が灰色になっている場所が

気になりました。


 

上を見上げると・・・


庇(ひさし)が短い面に雨があたり、木が痛んでいる

ようでした。やはり庇は大切です!!

 

 

この後、一番お気に入りになった小学校と保育園にも

案内して頂いたのですが、ちょっと長くなりそうなので

次回ご報告いたします。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2019/03/19 - 19:30 |
お名前
メルアド
コメント
 

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp