施主から社員になりました

2013-03-26

前回のブログで、岡山県の危機管理課のページに、新たに地震と液状化の想定が

出ています、とご紹介させて頂きましたが、3月22日に、津波の被害想定も

公開されました。

 

こちらのページ

 

以前、岡山県の危機管理課に問い合わせた際には、

「内閣府も何パターンも想定を出しているし、岡山県でも独自に

検討して被害想定を発表しますが、堤防がどのように決壊するか等の

前提をどのように設定するかで、全然結果が違うんですよ。」

と言われていました。

 

予測なので、絶対起こるわけでもないですが、かと言って

ここまでで納まるわけでもない、ということです。

神経質になりすぎず、でも、起こるかも知れない参考情報として、

目をそらさず、心に置いておく必要があると思います。

 

 

また、前回のブログでは、過去の岡山県の地震についての資料へのリンクを

掲載させて頂きましたが、ご覧頂きましたでしょうか。

 

岡山県の南海地震の記録

 

この資料に、岡山県の過去の大地震が載っています。

 

67年前の1946年 昭和南海地震 マグニチュード8.0

159年前の1854年 安政南海地震 マグニチュード8.4

どちらも岡山県南部で震度4~6だったそうです。

 

私も昭和南海地震は社長から何度も聞いて知っていましたが、

その前の安政南海地震は知りませんでした。

 

この資料、じっくり読みますと、色々(私が)知らないことが書かれていました。

例えば、マグニチュードは0.2上がるとエネルギー規模は2倍になるということや、

過去の東海地震と南海地震は連動していて、昭和南海地震は東海地震の2年後、

安政南海地震は東海地震の32時間後に起きている。

 

等々・・・

 

あまり面白くないテンションの下がる話ばかりですが、目をそらさず、

少しずつでも準備しておくべきかと思います。

 

我が家も、関東に住んでいたころの防災袋がそのままなので、

中身のチェックをしたいと思います。

あとは、アルファ米を新たに購入しましたが、1階に置いていたので

2階に運んでおくべきですね~。

 

楽観バイアス(大丈夫だろう、という見方をしてストレスを避けること)との

バランスを取りつつ、備えて行きたいと思います。

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2013/03/26 - 18:22 |
2013-03-19

本日の山陽新聞などにも載っていましたが、

昨年8月に内閣府が作成した南海トラフ巨大地震による被害想定を受けて、

岡山県の独自のデータも含めて作成した、地震と液状化の危険度分布図が

岡山県の危機管理課のホームページに公開されています。

こちらのページ

250mメッシュ単位で細かい地図になっているので、

わが家が震度6強なのか、6弱なのか、塗り分けられている色を見ると

一喜一憂してしまいます。

 

で、色々と会話が盛り上がった翌日、何もなかったかのように

また日常が始まる・・・と、そこに地震が来るかもしれません。

 

そういう意味では、日本経済に何百兆被害があるということも大切ですが、

その前に自宅の冷蔵庫の上に突っ張り棒がしてあるかどうか。

子供が下校途中に地震が起きたらどうするか決めて、話し合っているか

の方がよほど大事かもしれません。

 

業界の中でもよく言われますが、岡山の人々は、本当に地震に無関心だそうです。

こういったニュースを見て、少しでもいつもより意識が上がっているときに、

防災について考え、考えるだけでなく、行動しましょう!(→自分も)

 

また、次のような、いざというときのための情報を見て、

自身でできることを確認しておくことが大切かと思います。

岡山県の「いざというときのために」のページ

岡山県内の避難場所(学区別の地図)

岡山県内の避難場所(地図上で自由に検索。こんなシステムがあったのか!)

皮肉ではありませんが、税金を有効活用するためにも、

上記のようなシステムや情報を前もって見ておきましょう。

(実は、私もブログを書こうとして調べていて色々見つけました。

震災前に作成された情報のようなので、これでも不足かも知れませんが)

 

また、同じページに、こんなものまでありました。

岡山県の南海地震の記録

昭和21年に和歌山県沖でマグニチュード8の地震が発生し、

岡山県南部に大きな被害があった記録です。

倒壊した住宅や、大きく亀裂が入った道路の写真も載っています。

 

身近な問題として、

以前、私も震災の被災者の方から聞きましたが、

事前にどうするかを家族で話し合っておくのが

とても有効だと思います。

 

日本全体のおおまかな話ではなく、自分と家族の身に起こったら、と

想像力を働かせ、晩ご飯の最中にでも、ご家族で話題にされては如何でしょうか。

posted by 岡本 | コメントなし | 全体 | 2013/03/19 - 16:52 |
2013-03-16

皆様、こんにちは。

今回は、以前ご紹介をさせて頂いたWUFIの続きを書かせて頂きます。

 

前回から間が空いたので、最初のご説明をご覧になられたい方は

前回の記事をご覧ください。→ WUFIのご紹介その1

 

さて、今回は、地域によって、壁内の湿度がどの程度変わるのかを

検証した結果をご紹介したいと思います。

 

まずは、コスミックの標準の壁構造で、岡山市内でシミュレーションした結果です。

これは前回もご紹介したものです。


前回と同じで、緑色の相対湿度が80%(赤い点線)を超えるかどうかが

防露措置の判定基準となりますが、上図の通り、問題ありません。

ちなみに、このWUFIに入っている岡山市の気候データでは、

最高気温35.9度、最低気温マイナス4.0度でした。

 

さて、それではこのコスミックの壁構造を、岡山県新見市の千屋に持って行ってみましょう。

千屋は、ここです!! スキー場や温泉もある「いぶきの里」。いいところですよー。


気温は・・・


最高気温は29.9度ですが、最低気温がマイナス10.7度。実は仙台より厳しい条件です。

ここで、コスミックの壁をシミュレーションした結果は・・・


真冬の時期に、断熱材の中の相対湿度が85%くらいまで上昇しているようです。

これは、室内(右)から屋外(左)へ向かう水蒸気が、構造用合板の手前で溜まって

いるためで、構造用合板と現場発泡ウレタンの透湿抵抗の差が原因と考えられます。

 

この結果からは、コスミックの住宅を千屋のような気候の地域に建てるときは、

そのままの壁構造ではなく、断熱材の厚みを変更するなどの検討が必要と言えます。

(上記のグラフだけでなく、どれくらいの期間、どの程度の湿度になるか等の

細かい結果も出ているので、それらを見ながら対策を検討することになります。)

 

さらに寒い地域ということで、思い切って宗谷岬で試してみました。


ここにコスミックが住宅を建てられるかどうかはわかりませんが・・・


最高気温26.8度、最低気温マイナス16度。

風速も中間値で7.2m/秒・・・かなり過酷な条件です。


ここでの結果は、上図の通りです。断熱材の相対湿度が90%に到達しています。

千屋よりもさらに激しい状態ですね。

ちなみに、比較のため、上記の断熱材(40mm)と通気層(49mm)の部分に

グラスウール(89mm)を詰め込んでみました。場所は同じく宗谷岬です。


とんでもないことになってしまいました。相対湿度が上昇し、含水量も激増。

壁の中は水びたしの状態です。

 

グラスウールに恨みはありませんが、比べて頂くと、コスミックの断熱材が

かなり水蒸気の移動を抑えていることが分かって頂けると思います。

 

このままではグラスウールが不名誉になってしまうのですが、藤井社長も

ラジオで説明している通り、「繊維系断熱材を使うときには、防湿がとても大切」です。

 

ということで、室内(右)からの水蒸気の侵入を止めるため、

石膏ボードとグラスウールとの間に、防湿シートを入れました。


室内側からの水蒸気の侵入がないので、全体的にはよい状態になりました。

矢印の場所は、相対湿度90%になっているので、結露の対策は必要ですが。

また、上記は防湿気密シートで「完全に」防湿できている条件下での検証なので、

施工でシートに穴が開いていたりして水蒸気が侵入すると、ここまで

よい状態にはなりません。

 

では、宗谷岬の次は沖縄県の那覇市に移動します。


気候は、次の通りです。


最高気温32.7度。あれ?岡山市の方が3度以上高いんですね。私は行ったことがないので・・・

でも最低気温が10.9度。寒くもないですね。それほど過酷ではないのかも。

・・・と思いきや、降雨量がこれまでで最も多いようです。湿気への対応が大変そうです。

 

まずは、コスミックの壁で試してみました。


全く問題ないようです。

外が暑いので、外から中へ水蒸気の侵入がありますが、相対湿度を上げることなく

水蒸気が移動しているようです。

 

では、先ほどのグラスウールと防湿シートの壁で試してみます。


このような結果になりました。

外から侵入した水蒸気が温度の低い室内側へ移動する途中で、

防湿シートで止まっています。当然と言えば当然です。

 

このように、同じ壁構造でも、その地域の気候によって問題になったり

ならなかったり、相対湿度が上がる場所が違っていたり。

自然を相手にする難しさを感じずにはいられません。

 

 

・・・地域の違いによる差のご紹介はここまでとし、最後に、同じ地域でも

壁を建てる方向が影響するという例をご紹介して終わります。

上の方に、コスミックの壁を新見市千屋で検証して、相対湿度が85%程度に

なったという例がありましたが、壁の方向は、過酷と思われる北面に建てた

設定でシミュレーションしていました。

この壁を、同じ千屋でも、北面ではなく南面に向けてシミュレーションすると・・・


相対湿度は80%以下で、問題ありません。

壁を向ける方向だけでも、このような差が出ます。

 

実際の住宅の施工では、方向によって断熱材の厚みや壁の構造を変えることは

通常ありませんが、北面の壁だけは湿気が残ったり腐食が激しいお宅もあると思います。

 

南面は真夏の日射が強いので、遮熱を考えるくらいですから、

北面は温度差の考慮がもっとあってもよいのかもしれません。

 

このように、設定を変えて動かしていると幾らでも検証することが出てきます。

結果を整理しつつ、まとまったら、またご紹介させて頂きたいと思います。

 

今回も長くなってしまい、申し訳ありません。

最後まで読んで下さった方も、途中までの方も、

このページを開いて頂いた皆様、ありがとうございました!!

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2013/03/16 - 17:31 |
2013-03-13

※今回は、完全に雑談ですのでご容赦下さい※

 

さて、本日の題目の「コスミック・スーツ」を見て、

何を連想されたでしょうか。

 

1.宇宙服

2.高気密・高断熱服

3.セーターとウィンドブレーカー

4.着る天然鉱石

 

私としては、実は奥が深い「3」を選んでいただけると

かなり嬉しいです。・・・と、内輪ネタで申し訳ありません。

冗談はともかく、答えは、上のどれでもありません。

 

答えはこれです!!


・・・ナニコレ?

 

いやいや、知る人ぞ知る、コスミック・ガーデンの制服です。

試用期間もやっと終わりましたので(嘘です)支給されました。

 

単に自分で買いに行けばよかっただけなのですが、

なかなか時間を作れず購入が遅れ、今の時期になりました。

この度晴れて、皆様と同じ服を着ることになりましたー。

 

と、軽いノリでご紹介しておりますが、小職、

これに袖を通すのは、気が引き締まる思いです。

まだ入社して1年も経っていませんが、初心に戻って、頑張ります!!

今後とも、宜しくお願い致します。

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2013/03/13 - 18:08 |
2013-03-11

「めぐみ農園」の岡本尚子さん(元当社社員)から、下記のイベントのご案内がありました。

食育をテーマに、映画+教授の解説+パネリストによるディスカッションを行うイベントです。

岡本尚子さんも、パネリストとして登場されるそうです。



これも、命に関わる一つの大きなテーマです。

ご興味のある方、是非、ご参加の程、お願い申し上げます。

Facebookのイベント案内はこちら→【種から考えるいのちの会】

posted by 岡本 | コメントなし | セミナー・勉強会 | 2013/03/11 - 15:15 |
2013-03-11

こんにちは。

今朝は、RSKラジオで8:30から藤井社長が生出演しましたが、

皆様、お聴き頂けましたでしょうか。

 

本日は、WUFI(湿気のシミュレーションソフト)の紹介でしたが、

ここで、パソコンで実際に湿気のシミュレーションをしながら、

藤井社長が石田アナウンサーと一緒に解説しました。

 

・・・あれ?藤井社長って、こんなにパソコン使うんだっけ・・・

 

と思われた方はスルドイ。

社長も全然パソコンを使わないわけではありませんが、

普段、WUFIの操作は私がしているので、本日も社長の横で

私がパソコンを操作していました。

 

石田アナと藤井社長と一緒に、スタジオの中で。

10数分の生放送の間、一言もしゃべらず、横でマウスをカチカチと。

 

面白かったのですが、操作を間違ったり、パソコンが固まったりすると

話の流れが悪くなると思い、いささか緊張してしまいました。

 

できれば写真が欲しかったのですが、生放送ということもあり

一枚も撮れず・・・残念ですが、よい体験になりました。

 

本日は、元々WUFIの紹介の予定でしたが、3月11日ということで、

石田アナウンサーが本番直前に「岡山で震災の話題がありますか?」と言われ、

藤井社長が「では、昭和21年の南海地震の話から入りましょう」と。

その後、被害の数字も含めた流暢なやりとりを見ていて、手前味噌では

ありますが、毎回スゴイ放送をこなしていると感心しました。

 

ラジオのためだけの勉強や調査は全くなく、よい住宅を創るため、

住宅の性能について知ってもらうために日々研究や勉強をして蓄積された

知識をつかって、手元に資料の一つも持たず、話をされていました。

 

—————–

 

さて、放送の中でも社長が申しておりましたが、

「3月11日だから思い出すのではなく、いつでも、

考えていなきゃいけないこと」だと思います。

 

その意味も込めて、過去にこのブログでご紹介した、

被災地の語り部さんのお話を、もう一度ご紹介したいと思います。

 

昨年末のブログですので、読んで頂いた方も多いかと思いますが、

初めての方も、2回目の方も、お時間がありましたら

ご自身に身に降りかかるかも知れないこととして、

読んで頂ければ幸いです。

(後半、被災された南三陸町の「語り部」工藤さんのお話を掲載しています)



12月26日のブログ記事

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 | 2013/03/11 - 11:58 |
2013-03-08

先日、サーモカメラを借りたことをこのブログでご紹介しました。(前回の記事

 

その時は、機器が高額なため、購入の話は立ち消えになりましたが、

今後のため、もう一つ上のグレードのカメラもお借りしました。


何が違うのか?というと、解像度です。

前回の入門機と並べてみると、細かさが分かります。


左は入門機で、縦120個×横160個のセンサー、

右は今回の上位機種で、縦320×横420の数のセンサーで温度をとらえます。

それだけ温度を測れる点が多いということです。

 

ということは、大きいものを映しても、きめ細かく温度をとらえるので、

建物を外から撮ると・・・


こんな感じです。

夜、暖房のかかっている家を撮りました。

玄関や窓枠は少し赤が濃い=温度が高いことがわかります。

あと、1階の屋根の下についている丸いものは、換気扇の外の排気口です。

中の暖気が出ているので、赤や白(温度が高い)になっています。

 

外で家を撮影していたら、あることに気づきました。


なんと、雲も撮影できます!!

しかも、右上に時刻が載っていますが、22時39分。

物質が放出している赤外線をとらえているので、

光の無い夜でもこのような映像(?)が撮れます。

 

ここまで説明すると、ご想像がつきそうですが、

様々な用途に使うことができるため、メーカーとしても

販売先をきちんと確認して販売されているそうで、

なかなか個人などには販売されていないとのことです。

 

まだ当社での購入については結論が出ていませんが、

住宅の性能向上や、啓蒙活動に有用であれば、購入もあるかも知れません。

 

その際には、またご報告させて頂きます。

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2013/03/08 - 18:22 |
2013-03-05

突然ですが、これは何でしょうか?


こんなのもあります。


   

答えは、臼台(うすだい)です。

もちつきの臼を乗せる、木の台です。

   

単純な形に見えますが、よ~く見ると、細かい仕事がされています。

例えば、下の写真をご覧ください。


写真が下手で申し訳ありませんが、横に渡っている木が、

赤い矢印の部分は縦の木の奥まで入り、青い部分は入らずに切られている

ことが分かりますでしょうか。

   

もう一つの臼台も、手が込んでいます。


交差する部分は上下半分ずつ木を削って組み合わせていますし、

縦の木を貫通した横の木が抜けないように、くさびを打っています。

   

この上に重い石臼を乗せて、大人が思い切り杵で叩くので、

相当な衝撃に耐える必要があります。それでこんな作りになってるんですね。

   

この2台のうち一つがかなり使い古されてグスグスになっていたので、

補強してほしいと知人に頼まれ、私の自宅も建てて頂いた河原大工さんに

お願いしました。(お忙しいのに済みません。)

   

すると、この通り!!


コスミック仕様に生まれ変わりました。

構造用合板の耐力壁が四方に打ち付けられ、堅牢なモノコック構造に!!


しかもJAS認定 ・ F☆☆☆☆で安心!!

コスミックの臼台でついたおモチは、温度が下がりません!!・・・ということはないか。

   

親切に、持ちやすいように穴をあける配慮も。

河原さん、ありがとうございました。

   

それにしても、今でもこんなものを作る人がいるんでしょうか・・・と思ったのですが、

「臼台」で検索したら、あっさりインターネット販売しているところが見つかりました。

便利な世の中になったものです。

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2013/03/05 - 18:15 |
2013-03-04

この週末に開催された、タカラさんとクリナップさんのフェアに行ってきました。

 

まずは、タカラさんです。


新商品「エマージュ」の説明に、担当の藤田氏も熱が入ります。

 

先日もお知らせに書きましたが、半径2ミリのカーブにホーローが

乗るようになったことで、全体がシャープなイメージになったことと、

下のような取っ手になったことが大きい変化です。


カラーのラインナップとしても、ホーロー製でありながら艶消しのシルク調のものや、

デザインが入ったものなど、様々用意されているようです。


 

他には、換気扇(シロッコファン)の取り外しがワンタッチになったり、

グリスフィルターもホーロー製になったりと・・・色々ご説明を受けました。


 

 

続いて、クリナップさんのショールームへ。


人気の高い、ステンレス製のシャープなフォルムと

高級感のある外観が目を引きます。

 

気になる取っ手を、タカラさんと同じ角度で撮影。


パソコンのキーボードばかり叩いている私のやわな手で

試した限りでは、指のかかり具合はクリナップさんが

若干優しいかな、という感想です。

 

どちらのショールームも、検討中と思われるお客様で

にぎわっていらっしゃいました。

キッチン選び、迷いますが、見た目にもカッコいいですし、

色も綺麗なので、選んでいる時がとても楽しいですよね。

 

少なくとも10年以上は毎日使うキッチン。

お客様にとって、楽しく快適に使えるものを

選んで頂きたいと思います。

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2013/03/04 - 17:56 |
2013-03-02

既に当社の中ではかなり活用され始めている、

WUFI(ヴーフィ)について、ちょっと

使ってみた様子をご紹介したいと思います。

 

まずは、フラウンフォーファー建築物理研究所の

WUFIのインターネットショップで購入して(単位がユーロ)、

私のパソコンにインストールしました。

 

開くと、こんな画面!!


全部英語!!( ̄Д ̄;;

 

あー、ドイツ語じゃなくてよかった・・・と何とか自分を励ましつつ、

色々やってみました。

 

まずは、コスミックの壁の設定をします。

壁の断面をこんな感じで設定します。

 


何百も登録されている建材から選択し、厚みを決めますが、それ以外にも

一つ一つの建材について比重、空隙率、熱伝導率、水蒸気透過率など

かなりの物性値が設定されており、それらを変更することもできます。

この辺りは物性に関する知識がないとできません。

 

壁の構造が設定ができたら、その壁を建てる方角や傾斜を決めたりします。


傾斜を設けるのは、壁ではなく屋根材の検証をする時が主です。

 

そして、どこの地域にその壁を建てるか決めます。

何と、日本だけで842カ所のアメダスのデータがあります。


気象庁の観測所があるところが全部入っているんでしょうか。

この中から場所を選びます。今回は岡山市を選びました。

 

岡山市のデータです。


このように、1年間365日の、温度と湿度のアメダスのデータが入っています。

スゴイ!!

 

次の画面で、その地域の特性を見ることもできます。

最低気温マイナス4℃。最高35.9度。

方位ごとに温度、湿度のデータがあります。

このため、壁の向きも設定するんですね。


 

 

それでは、シミュレーション開始!!とすると、一所懸命計算が始まります。


 

通常、シミュレーション期間は「3年間」です。(最大30年)

というのは、1年目が大丈夫でも、2年目、3年目と湿気がたまっていく

というリスクもシミュレーションできるからです。

 

計算が終わったら、結果が見られます。

時間の経過とともに、温度、湿度がどのように変化するかを

動画で見ることができます。

ちょっと重いのですが、1週間分だけ動画を作りましたので、

雰囲気を見られたい方は下をクリックしてください。

動いているところ

 

簡単に結果を掲載しますと、下のような感じです。


最初の設定と同じように、壁の構造が

左から室外、外壁、空気層、シート、合板、ウレタン、空気層、ボード、室内

と並んでいます。

そして、上の赤いグラフが温度、下の緑が相対湿度、青色が水分含有量です。

薄い赤、薄い緑、薄い青は、一度でも到達したところがある箇所です。

 

最も見る所は、薄い緑です。

検証した3年間に到達したことのある相対湿度を表していますが、

これが80%を超えると結露の危険があるという判定になります。

上の結果は、合板、ウレタン、石膏ボードの相対湿度(薄い緑)が

赤い点線より上に行っていないのでOKです。

左の外壁と空気層は少々超えても構わないと判断します。

 

細かい設定値は、国交省の機関の「防露基準」というものに基づいており、

若干現実よりも厳しいと思われますが、コスミックの壁は岡山市では

内部結露の心配はなさそうです。

 

さて、こうなると、色々試したくなります。

私よりも、藤井社長が「次はこうやって」「次はどこの地域で」と

どんどん検証のネタを出すので、既に山ほど結果があるのですが、

今回は、とりあえず簡単なケースを載せます。

 

コスミックの壁構造で、断熱材をグラスウールに替えてみると、下のように。


赤丸の場所は、構造用合板とグラスウールの境界ですが、

真冬に相対湿度が90%を超えてしまいました。

これは、室内から外に出ようとする水蒸気が、グラスウールを

通過しても合板を通り抜けられず(透湿抵抗の差から、

通り抜けるスピードが遅い)、壁の中にたまっているためです。

 

これだけ相対湿度が上がると、水蒸気が水に変わり、壁の中が濡れ、

カビや劣化の原因になり、断熱性能も下がります。

 

このため、グラスウールを使う場合は、湿気を絶対に入れないような

施工が必要になります。

 

そこで、石膏ボードの内側に防湿シートをいれます。

そのシミュレーションをすると、次のようになりました。


冬の室内からの水蒸気は防ぎましたが、夏に外から入ってきた水蒸気が、

グラスウールと石膏ボードの間に入れた防湿シートのところで

溜まってしまいました。これでは失敗と言えます。

 

上の例では、外からの水蒸気を止める場所がないので当然かも知れませんが、

水蒸気はとても小さいため、壁や断熱材の中に、どんどん侵入してきます。

 

透湿抵抗や断熱性能を考慮しながら、壁の材質や厚みを検討する必要があり、

自然を相手にする住宅の外壁がいかに難しいかと考えさせられます。

 

さらに、岡山市はまだ安全な方で、他にもっと厳しい条件があります。

 

今回はここまでで、次回のWUFIのご紹介では、気候が異なった場合の影響も

ご紹介して行きたいと思います。(やっぱり長くなってしまいました)

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2013/03/02 - 20:07 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp