施主から社員になりました

2017-03-17

小ネタを一つご紹介です。

お風呂やトイレなど、外からの目線を

遮りたい窓には、通常「型(かた)」と

呼ばれる表面がガタガタのガラスを使います。

「型ガラス 窓」の画像検索結果
この型ガラス、外から全く見えないかというと、特に夜で室内

が明るい時は、室内側の物がガラスに近づけば近づくほど、

外から見える形がはっきりしてきます。

離れていれば形もぼやけますが、つい近寄る場所の型ガラスには、

カーテンなどされることをお奨めします。

(どの程度見えるのかご心配でしたら、夜、ガラスのそばに

何かを置いて、室内の電気をつけて外から見てみてください。)

 

 

ところでコスミック標準の中で両面樹脂サッシAPW330ペアガラス、

APW430トリプルガラスにはこの「型ガラス」があるのですが、

「APW330真空トリプル」には型ガラスがありません。

 

理由は、3枚のガラスのうち、室内側が真空層を挟んだ

2枚のガラスになっていますが、そこは「日本板硝子」

という会社のスペーシアという商品をもってきてそのまま

使っており、その商品ラインナップにないからかと。

 


 

では室内が丸見えなのか??というと、そんなことはなく

「不透明タイプ」という仕様のガラスがあります。

 

イメージできないのでYKKAPさんにサンプルを見せて

頂きました。

(すぐに持ってきて頂いて、ありがとうございます。)

 



 

確かに不透明。(上が室内から、下が室外から見た状態)



 

ちなみに透明タイプは当然透けて見えます。



 

小ネタでしたが、事務所用のサンプルをわざわざ持ってきて

くださったYKK AP営業担当の西村さん(犬好き)に

敬意を表して取り上げさせていただきました。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/03/17 - 18:30 |
2017-03-09

今年も恒例の3月の東京ビックサイトの

建築・建材展に行って参りました。

 

毎回ビックサイトの外観を載せて

見飽きた方も多いと思いますので

今回はすぐそばにあるオブジェの

写真を掲載します。


個人的には日本製のノコギリが好きですが、

外国の方が見たらわからないからということで

こうなったのでしょうか。

 

来るのは4回目くらいになりますが、

建築・建材展とJAPAN SHOPです。


今回はセミナーを中心に参加しました。

 

熊本地震から学ぶ住宅の耐震についてのセミナーと、

いつもの住宅の性能と健康との関係のセミナーに

参加し、耐震についてのセミナーでは、耐震等級に

ついて大学の専門の先生から詳しい説明があり、

初耳のこともあり参考になりました。

「建築基準法の想定している大地震は300~

400ガルで、震度6弱か6強の下の方」

「建築基準法を守っているだけでは、震度7

(800ガル~)で倒壊しないとは言えない」

「建築基準法ぎりぎりに作った建物は、

震度6強の地振動で倒壊している(震動実験)」

など、建築基準法だけでは不足しているという

提言が沢山盛り込まれていました。

※震度と加速度(ガル)は厳密には異なりますが

そのことも断ったうえでの発表内容でした。

 

住宅の室温と健康のセミナーは、いつもの

慶應大学の伊香賀先生で、内容も先日大阪で

聞いたこととほぼ同じでした。

今の寒い家を一軒でも減らそう、という取り組みを

全国行脚しながら進められているので、少しでも

多くの方に知られてほしいと思います。

 

展示場の方は、見たことのあるものが9割以上で、

小物はありましたが、これは!と思う大きなものは

ありませんでした。

断熱材や窓もかなり減っており、ZEH騒ぎも

ひと段落したような雰囲気です。

 

やはり展示会に出せるということはそれなりに

資金的・人的な資源が確保できる企業ということで、

毎年新しいものが出続けるというものではありません。

しかし1つ2つでも使えるネタがあればと思い、

今後もできるだけ参加したいと思います。

 

夜は懐かしい取引先の方と会食をしたり、そこで

新しい建材メーカーさんとの出会いがあったり、

翌日は東京のど真ん中に建っているOB様宅に

アフターに伺い、屋根に上がったりと、短い割に

盛り沢山の2日間でした。


 

でもやっぱり岡山がいいな・・・と。

着陸前の機内から外を見ながら思いました。


 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/03/09 - 18:14 |
2017-03-02

また新たなツールが会社に到着しました。

細長いケースから出てきたのは・・・風速計です。


モニターの上のプロペラ部分が風を受けて回り、

「○○m/s」と表示されます。

 

例えばエアコンの吹き出し口の風速を測りたかったり、


排気ファンの風量を測るなどの用途に使います。

これまでは手をかざすなどでざっくり確認する

ことが多かったのですが、様々な条件により

風速・風量が変わる状況を数値で確認することが

必要な状況が増え、このたび購入となりました。

 

切り替えると温度・湿度も測ることができます。


 

私の手と比べると小さいのが分かると思います。


こんな箱に入って届きましたので登山など屋外で

使えるものようですが、わずかな風でも敏感に動く

優れものです。

 

といっても、最小の計測可能風量は0.1m/sなので、

藤井社長が自宅に持ち帰って、床上のわずかな空気の

移動をとらえようとしましたが、さすがにそこまでは

できなかったとのこと。

モノスゴく精密でもないので・・・(お値段2万ちょっと)

 

藤井がよく言いますが、

「住宅は考えることはものすごくたくさんあるが、

計算は四則演算でできるし、精密機械とちがって

数値は上2桁を把握すればよい。それ以上細かく

追いかけても、様々な条件ですぐ変動する。」

という考えに基づいて、いつもお値段と相談して

機器を選定しています。

 

見学会などで皆様に何かご説明する際に使うことは

なさそうですが、色々と検証・確認するときに使う

ツールの一つに加わったのでした。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 研究・開発・実験 | 2017/03/02 - 18:43 |
2017-02-27

26日の日曜日、午前中の家創りなんでもゼミに

出た後、田淵邸の見学会も開催中にも関わらず、

一人だけ大阪のセミナーを聞きに行きました。

 


 

会場は、こちら。

アジア太平洋トレードセンターという大きな建物です。

 

ここで、以前岡山でも一度聞いたことのある奈良県立

医科大学の佐伯先生の研究内容の発表がありました。

また、建築業界ではすっかりおなじみになった、

慶應大学の伊香賀先生の発表もありました。

 

先生方の共通点は、室温の違いが人体に及ぼす影響を

多数の被験者に対して調査し、事実をデータとして

集めておられるところです。

 

住宅会社の宣伝ではないので、大げさな発表もなく、

事実の羅列ではありましたが、色々な切り口のデータが

発表されていました。

 

ほとんどの研究が暖かい室内と寒い室内に住む被験者

の比較でした。発表内容を簡単に書きます。

※実際には、被験者数、年齢、比較した部屋の温度、

滞在日数など様々な条件も提示された上の発表ですが

割愛させて頂きます。

 

ざっくりとは、部屋が暖かい方が、

・高血圧になりにくい ⇒ 脳卒中などのリスクが下がる

・血小板が少ない(寒いと多い ⇒ 血管が詰まりやすい)

・食塩の摂取量が少ない(寒いと増える。マウスでも同結果)

・要介護認定になる年齢が遅い

・要介護度の進行が遅い

・夜間頻尿になりにくい

・布団に入ってから寝るまでの時間が短い

・全脳神経線維の質が良い(脳ドックで調査)

などです。

 

昔から「冷えは万病のもと」と言われ、暖かい方が

健康になりそうなことは、当たり前のように思いますが、

エビデンス(証拠)が無いと、国が断熱の基準を

設けたりガイドラインを出すことは難しいといった

背景から、温度差による人体への影響調査をされています。

 

イギリスでは、保険省により下記の基準が決められています。

18℃:全室の最低推奨室温

18℃未満:血圧上昇、循環器系疾患の恐れ

16℃未満:呼吸器系疾患に対する抵抗力低下

5℃:低体温症を起こす危険大

 

そして10℃以下になる賃貸住宅の家主には国から

改修・閉鎖・解体命令などが下されるとのこと。

 

取り組みが早い国はこのように基準を設けていますが、

日本ではガチガチのエビデンスがないとなかなか

国から強く言ってもらえないそうです。

 

もちろん事実に基づいて公平・公正に采配する必要が

あるからという理由はわかりますが、何年もそうして

いる間にも、ヒートショックが起こる様な住宅が沢山

建てられており、これからも建てられるのでしょう。

 

 

反対に、断熱推進派の住宅会社の方では、

商売がからんで過剰な競争になり、必要ない

レベルまで断熱したり、必要でない設備まで

導入していたりしないかという懸念もあります。

 

見学会やゼミにいらっしゃる方にはお伝えして

いますが、住宅関係の情報は、大半が住宅会社の

広告宣伝費によって作られているので、何らかの

偏りがあると思って見る必要があります。

 

とはいえ、住宅の建築は公共事業ではなく民間企業が

ビジネスとして行わなければならないため、宣伝広告

の偏りを全てなくすことはできないのが現実です。

そのような目で、世の中にあふれている住宅関係の

情報を観て頂きたいと思います。

 

また、国の発信する情報も、完璧でもフェアでも無く、

大きな誰かが都合が悪くなることは入っていないと

思いたくなります。気密性能の基準が無いように。

 

そう考えると、ネットで見ただけで会社を選ぶなど

ということは、とても怖くてできないと思いますし、

コスミックも含めどの会社が言うことも一度は疑い、

ご自身で正しいかどうかを判断していかなければ

なりません。

私が10年以上前に代表の藤井から言われた、

「家は命がけで建てなきゃ。」という言葉は

間違っていないと思います。

 

本当は、住む人にとって必要十分なことと、

それを実現できる本当の方法を、これから家を

建てる皆さんが迷わず知ることができるように

なればよいのですが、、、わが社も微力ながら

そのために貢献できればと、色々と今後の取り

組みを検討しています。

 

言いたいことが多く、うまくまとまりませんで

申し訳ございません。

要するに、これからも頑張ります、ということで・・・

 

posted by 岡本 | コメントなし | セミナー・勉強会 | 2017/02/27 - 19:26 |
2017-02-24

今週末から9日間、当社の

インテリアコーディネーター田淵の

自宅の完成見学会を開催いたします。

 

事務所の田淵の席は私の隣なのですが、

たまにクロスの見本帳を開いて並べて

眺めているときがあります。

 

お客様へのご提案を検討しているのですが、

どんな提案をするのか気になり横目で見て

いると、たまに好みのものが出てきます。

その時はハッとして「いいですねー!!」

などと声が出てしまいます。

 

昨日も、こんなのが。


 

鮮やかで大柄で、きれいですよねー!!

男性に好まれそうなクロスですね。

 

好きな色やデザインのものを眺めていると

癒されるので、しばらく観させて頂きました。

 

1千を超える壁紙の見本を見てきた田淵が

コーディネートした自宅の見学会、是非

お越しくださいね。

ご案内はこちら ⇒ 田淵邸 完成見学会のご案内

 

posted by 岡本 | コメントなし | 広報活動 雑談 | 2017/02/24 - 11:51 |
2017-02-22

中国電力さんの宣伝ではありませんが、、、電力自由化に際し

中国電力さんの顧客サービス向上目的(と勝手に解釈)で

「ぐっとずっと。クラブ」というポイント会員制度と

Webサイトができております。


中国電力で電気の契約をしていても、

ホームページから加入手続きをしないと

会員になったことになりません。

 

会員になりWeb明細の了解をすると、

紙の明細書が届かなくなり、代わりに

Webサイトで過去2年間の電力量・

料金を一覧表やグラフで見ることが

できます。

 

電力自由化に先立って料金・使用量

紹介サイトはできていましたが、

色々とバージョンアップされているようです。


 

また、電力自由化になってから顧客

囲い込みのためポイント制が始まりました。


 

地元百貨店やスーパーの商品券や

ポイントとの交換が可能です。


 

どちらにしても支払う電気料金ですから

ポイントためないと損かも知れません。

 

中国電力さんのホームページから会員登録の申請ができますが、

仮パスワードを郵送で受け取るなど、金融機関並みの手順を踏みます。

詳しくは過去のブログをご参照ください。⇒ 会員登録した際のブログ記事

※画面や手続きの流れが当時から変わっているところがありますが

ご了承くださいませ。

posted by 岡本 | コメントなし | 住まい方・我が家の話 雑談 | 2017/02/22 - 16:19 |
2017-02-20

2月18・19日の見学会には、

大変大勢の皆様にお越し頂き、

誠にありがとうございました!!

 

19日(日)は午前の2時間だけ

でしたが、14組もいらっしゃって

大変だった・・・そうです。

 

というのも、見学会だというのに

日曜日はお休みをいただきました。

ごめんなさい!!

 

ウチにも小さい子がおりまして・・・

お休みをいただいて雪山に連れて

行っておりました。

 

子供がスキーをはかないので、リフトの無い

そりで遊んだり雪だるまを作ったりするスペースへ。


 

それにしても天気が最高によく、

日差しがものすごく強い!!


雪にも反射して上下からのハンパではない日射取得量!!

サングラスが手放せず、顔面は日焼けしてしまいました。

夏の海と変わらない眩しさです。

 


上の方に上がると周りの山の景色もよく、

とても気持ちのよい日曜日でした。

 

(ワガママのため見学会が人不足で

大変申し訳ありませんでした)

 

ちなみに、場所は蒜山ベアバレーでした。

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/02/20 - 12:08 |
2017-02-13

先日、藤井代表が

「良質な家具を見に行こう。ホントにいいから。」と

呼びかけ、スタッフ3人と藤井でお隣の兵庫県は

神戸市の「神戸家具」さんに伺いました。

 


 

入り口からしてそれっぽいです。

ショーウィンドーも大きいですね。


カメラ目線の女性は、弊社のコーディネートの

切り札、田淵女史です。

 

店内に入ると、いきなり最上階に上がり、

最上級の家具を見せて頂きます。


 

ほとんどが、英国から引き取ってきたものを修繕・

クリーニングし、「使えるアンティーク家具」として

販売されています。


 

私のようにこういったものを見慣れていなくても、

上質であることは十分に見て取れるくらいの迫力です。


 

素材はほとんどがマホガニーという木材。

繊細な木目が美しく、上品です。

色の濃さも高級感を醸し出しています。


 

沢山ある中でも、下のバルーンバックチェアと、


 

こちら↓(名前失念)はなかなかレアで良い品だそうです。


ホントによいものは、置いているだけで

素晴らしいので

「別に売れなくてもいいんですよね。」

というのは詳しい店員さんのお言葉。


照明も凝ったものばかりでした。

 

さて、最上階の4階からスタートして、

3階へと降りていくと、素材がマホガニーから

オークに代わり、やや荒々しい雰囲気になります。

 


 

オークの方がやや時代が新しいとのこと。


 


マホガニーもそうでしたが、彫刻がとても凝っています。

 


こんなものを置くのはさぞ広い豪邸だろうと思いますが、

スタッフの方にお聞きすると、イギリスでは小さい部屋に

所狭しと収納やテーブルをならべ、機能的に空間を使うことが

多かったとか。

 

テーブルも大半は下のように、天板の大きさが

変えられるものばかり。


 

下のクルミように、ちょっと変わった木目ものもありました。


木目が幻想的で何とも言えない雰囲気を出しています。

 

こちらもクルミ(ウォールナット)の木のコブをカットした

断面を、天板の表面のデザインに使ったテーブルです。


ちなみに写真左手は営業の切り札、白石のおなかのコブです。

最近ちょっと減ったそうです。よかったネ。

 

このテーブルは天板の付け根に丁番がついていて可動し、

天板だけを90度回して立てることができます。


 

デザインも細かいうえ機能的に考えられており、

見ていて飽きません。

 

こういったものを置いてもしっかり調和するような

空間を創って行きたいですね…

 

 

アンティークということで、ステンドグラスも

多数置かれていました。

倉庫も合わせると1000枚以上あるとか?


これらをはめ込んだドアなども製作して

頂けるとのこと。

 

照明用の美しいステンドグラスもありました。



 

沢山良いものを観させていただいて満たされた気分で

神戸をあとにしました。

 

写真の他にもいっぱいありましたが、とても撮り切れません

でした。詳しい情報はこちらへ ⇒ 神戸家具さんのホームページ

 

 

 

posted by 岡本 | コメントなし | 展示会・商品調査 | 2017/02/13 - 19:28 |
2017-02-08

イベントでいわゆる集客目的のプレゼントや粗品を

お配りすることは基本的にないコスミックですが

最近たまにプレゼントが登場しています。

 

このちょっと変わった折り紙です。


 

中の紙に絵と折り目がついていて、

その通りに折ると人形や動物が折れます。


 

昨年見学会にお越しになられた方には、

クリスマスやハロウィンのバージョンを

お渡ししましたが、今回はひな祭りと

桃太郎を仕入れました。

 

実はこの折り紙、コスミックの黄色い名刺や

封筒も印刷して頂いている地元のコーホク印刷さんの

オリジナル商品で、なんと、絵や折り方も社内の社員の

方が知恵を絞って開発されているとか。

◆コーホク印刷さんのオリジナル折り紙のページはこちら◆

 

上のページの中を読むと、お願いすればオリジナルの

折り紙も作ってもらえるみたいです。

住宅の折り紙なんかもアリかも?しれません。

競争の厳しい印刷業界の中で、知恵を絞って

商品に付加価値を持たせ、頑張っていらっしゃいます。

 

こういったアナログなものでお子様が

楽しんでもらえれば、ということで

今月の見学会(近日告知します)でも

お配り出来ればと思います。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/02/08 - 09:54 |
2017-01-31

昼前になって、事務所の中が慌ただしく

なってきました。

 

女性陣がなにやら打合せ卓で仕込みをしております。


 

振り返ると食材が・・・


 

箱には、「秋田名物 松尾のきりたんぽ」の文字。


 

社長の藤井も「そろそろできた?できた?」と

様子を見に来ます。


 

実は、先日当社を見学にいらっしゃった

他県の建築会社の方から、秋田のきりたんぽ鍋の

セットを送ってきていただいたので、会社で作って

みんなで食べてしまおう!!ということになったそうです。

 

昼間からこういうことも珍しいですが、以前この

打合せ卓でラジエントヒーターのハンバーグの

実演・試食会をやってたこともありましたね・・・

 


あ、一級建築士の山田も鍋をつつきにきました。

こういう時の動きも結構素早い山田さんです。

 

食いしん坊トップ2の白石・松本両名が不在の日で

お二人には申し訳なく思いながら、おいしく頂きました。

ごちそうさまでした。

 

最近とっても忙しく、スタッフみんなちょっと余裕が

なさそうに見えるのですが、それでもこういう遊びの

つかの間の息抜きの時間に癒されます。

〇〇建設のK様、ありがとうございました。

 

posted by 岡本 | コメントなし | 雑談 | 2017/01/31 - 14:31 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp