家づくりのウラ・オモテ

2018-01-22

 

 

一足 早く  税務署に「住宅ローン還付」の申請に行って来ました。

俗に言う 「住宅ローン 控除 申告」です。

 

確定申告は 2月15日から3月15日までですが

自身で書類を整えて 提出するだけなら

2月15日以前でも 受け付けてくれます。

 

 


 

毎年の事ですが 確定申告の相談で

この日もかなりの行列です。

 

2月15日以降は、倉敷市なら 「イオン倉敷」などで。

岡山市なら 駅西口の 「ママカリフォーラム」だったり

大人数を収容できる 会場に移ります。

 

 


 

私個人としては 住宅ローン還付の申請は

2回目になります。

 

初めての住宅ローンを組んだ次の年に(25歳)

申告しました。

 

当時はハウスメーカー勤務でしたが

税金のことなど全く無知で

窓口で職員の方に教えてもらいながらの記入でした。

 

今回は 我が社の経理の全面バックアップにより

昨年まで自分でやっていた 「医療費控除」の申請と一緒に

整えてもらい 楽勝でした。

 

ありがとうございます。

 

 

 

なので、平成29年に 住宅ローンを実行し、

建物の引き渡しを受けられた方は

必要書類を揃えて 提出して下さい。

 

OB施主さんで ご不明な方は

担当営業に気軽にご連絡ください。

 

 

そうこうしているうちに

倉敷市役所 資産税課から

「建物 査定するから見に行くぞ!」のお達しが来ました。

 

ツーバイフォーなどの「枠組み壁工法」は

鉄骨やコンクリート

在来木造と比較しても 税額は少なくて済む場合が

殆どです。

 

それでも 評価額&税額を聞くまで

ガクガクブルブルです。。。

 


 

日時を決めたら 図面を用意して待ちます。

 

私は時間の融通が利きますが

土日しか時間が取れない方は ちょっと窓口の方と

相談して下さい。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/01/22 - 21:15 |
2018-01-16

年明け早々に 成人式の晴れ着が着れない。

業者が姿をくらまし、業務停止で

一生に一度の大切な日を台無しにする事件が報道されました。

 

我が娘(次女)も来年が成人式と言う事も有り

新成人は勿論、親御さんの悔しさや腹立たしさを

考えるとこちらまで怒り心頭です。



昨年は 旅行代理店でも 似たような事件がありました。



両件に共通していることは、自転車装業に陥ってるにも拘らず

トンずらする直前まで 現金を集めまくると言う姿勢です。





今日中に。

今月中に。

すぐ決めてくれたら 〇〇円値引き。 〇〇%割引。



と言った具合で、お客様に冷静な判断をさせなくする手法です。





私達の住宅業界でも 過去何件も似たような倒産劇を見聞きしてきました。



「C〇 ホーム」

「は〇はうす」

「山〇 ハウジング」

「〇ッ〇〇 ハウス」

「三〇〇」

「カ〇〇 ホーム」

「ス〇〇」

などなど。。。。 思い出せるだけでもまだまだあります。



そのほとんどが 最後の最後 経営者は資産を

隠したり、とりあえず契約や

とりあえず着工して

大金を入金させるという事をしています。



知っている限りでは、ある会社は

木の杭を数本 敷地に打ち込んで着工とみなし

「着工金」として数百万円を入金する様に

したり、銀行で施主さんに大きなつなぎ融資を組ませていたりします。



現金がなくなるのも悔しいですが

「つなぎ融資」を組んでそうなった場合悲惨です。



銀行は ある意味冷酷に返済を求めてきます。

被害者である 施主さんにはかわいそうですが

それ以上に資金回収することが 金融機関にとっては

重要なのです。





また 仕事をしても 入金してもらえない取引業者や

個人経営である職人さんたちも被害者です。



中には 複数の倒産工務店&ビルダーに

ひっかかり 将来に絶望し 自ら命を絶った職人さんの

存在も聞いています。





これから家を建てる皆さんには

そんな目に会ってほしくないので、

せめてもの防御策として

見極めるポイントをいくつかお知らせします。



とにかく 「契約」をせかす。

「仮契約」という名の書類をちらつかせ

署名捺印のハードルを下げます。



すぐに契約金の入金を迫り

いついつまでにご入金下さい。の期限がやたら短い



出来高というのは無いのと同様に

すぐに 着工金を求め

上棟時には 速やかに「中間金」を入金することを強く求めます



皆さん家づくりは初めてなので

そんなもんかと考えますが、資金の回転効率を考え、優先するばかりに

大きな金額を早く早く請求します。



入金に対する、業界の一般的な基本割合

契約金額の10%を契約時に。



基礎を着工した時に 同じく20%を。



棟上げが終わり 建物の形になった時に「中間金」若しくは

「上棟時金」として30%が 一般的で 工務店の契約書の

全国的に使われている書式「ひな型」もそうなっています。

 

 

ただし この比率を変えたからと言って 違反になる訳でも

無いので 各社の自由に扱える部分でもあります。

 

 

他には 契約までは うっとおしい位頻繁に連絡してきた

営業マンが、契約金を入金したとたん

連絡が付きにくくなった。(すぐに次のターゲットに向かうため。)

 

 

 

社員の入れ替わりが激しい

 

(殆ど会社に出向くことなく 常に営業マンが自宅に来る形をとっていて、社内の雰囲気が

解り難いもしくは あまりに短期間で決断したことでスタッフの入れ替わりに気づかない。)

 

 

などなど。。。。

 

 

過去の住宅業界以外の 倒産案件でも

やはり 「被害者の会」などが

立ち上げられ 破産管財人と交渉していくわけですが

精神的、体力的、時間的に 凄く大変で

本当に疲弊します。

 

 

被害者の方々には 責任はありませんが

本当にしっかり 検討したり

慎重にも慎重を重ねて 会社決定をされましたか。

と 問いたいと思います。

 

こんな事を書くと 「炎上」してしまうのかも知れませんが

金額やデザイン、工期の短さや サービスなどの特典、

会社の規模や 営業マンと気が合うなどの 目先のことに

惑わなかったでしょうか。

 

 

 

お客様に冷静な判断をする 情報と時間を 与えずに

決断を迫り 非常識な入金を要求するのは

個人的には 「詐欺まがい」じゃないかと考えます。

 

今後も様々な業界で この様な事案が出てくると思います。

景気が良くなってると言われる今だからこそ

被害額も膨らみやすいと思います。

 

長々と書きましたが、

これから 家づくり(リフォームも)の検討をスタートさせる皆様には

くれぐれも気を付けて しっかりした会社と

ご縁が出来る様に がんばってくださいと

アドバイスしたいと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/01/16 - 18:17 |
2018-01-10

 

エクステリア工事も 年明けから続きが進んでいきます。

 

サイクルポートの骨組みが立ちあがりました。

 


 

 

カーポートも同様です。

建物のサッシと同じく YKKapのプラチナステンカラーH2に

合わせています。

 


 

ちょっと変わった柱という感じですが2本一組のこんな柱が

左右で大きな屋根を支えています。

 

一般的な4本足のモノより

柱固定用の基礎工事は 少々大袈裟なものになります。

 


 

黄色い水糸がコンクリート土間の天場になります。

 

来週から 断続的に見学会の会場として利用しますが

コンクリート打ちの関係で、入り辛くなりますが

ご了承くださいませ。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/01/10 - 19:40 |
2018-01-09

新年あけましておめでとうございます。

今年も よろしくお願い致します。





少々ゆっくり目の遅い新春スタートですが

本日から仕事始めです。





普段から当社は 年末年始、ゴールデンウイーク、お盆休みなどが

長めに設定されるという恵まれた状態なのですが

それでも 何やかんやで仕事したり、出勤して半日だけ仕事したりが

多いのですが、今回のお休みは多少のアフターサービス対応以外は

しっかりと休養させて頂く事が出来ました。



休み前には 「アレしてコレして・・・。」

と考えていたもののいざ休みに突入すると

まるで引きこもりのような状態になり

溜まった テレビ番組録画(ほとんどがお笑い系)を

見ながら涙を流しながらの爆笑に次ぐ爆笑で

また疲れてぐったり・・・。

といった 主婦の皆様から見ると非常にたちの悪い

おっさんと化していました。





それでも何とか気力を振り絞っての

年末恒例 洗車大会。



先ずは 社用車の 「スバルサンバートラック」から。







洗車と水垢取&ワックスがけ。

車内清掃に、下周りやタイヤや樹脂パーツの

艶出しなどなど。







軽トラと言えど 汚れを貯めこまないうちに

キレイにしておくのが最終的に「楽」なのは

家と一緒です。







大晦日は朝から夕方まで

マークX君の洗車とワックスがけ。







新年を迎えたら 初詣に出動。

北区に在る毎年 お参りに伺う神社です。





元旦は流石に 多くの人で賑わっていました。





1月3日に 再度娘たちとお参りした時には

ガラガラでしたが・・・。







3が日が明けてから

ちょっとばかり、「牡蛎」を食しに 広島県は呉市に足を延ばしました。

牡蛎の写真は無いのですが ここに来ればやはりコレ。



MSDF(マリーン・セルフ・ディフェンス・フォース=海上自衛隊)の

基地です。



巡視艇やイージス艦、潜水艦(ディーゼルエンジン搭載型)が

見れました。







詳しい型式は調べていませんが

中学生の時に 護衛艦に搭乗体験した時のワクワク感を思い出しながら

シャッターを切ります。





関西方面からの観光客の方も多く見かけました。





三が日を過ぎて早速 フロントのタイヤ交換。

トーヨーDBRから

ヨコハマ エコスES311 に交換しました。







リアとブランドの違いがあるのは

本来は気に入らないのですが

背に腹は代えられない事情で このチョイスです。







それでも スリップサインがもうすぐのタイヤから

履き替えると パワステは軽くなるわ、燃費はリッター1km近く

アップするわ、 ロードノイズが減って オーディオのボリュームは

上げなくていいわ、道路の轍にハンドルを取られないので

肩こりは減少するわで、良いことだらけでした。





ジェントルな大人しめの性格のタイヤなので

スポーツ系のような無理は効きませんが

致し方ありません。



これで 次の車検 (後1年と3か月程)まで

頑張ってもらおうと思います。



グダグダな正月の合間に

ちょっとだけ動き回った 正月休みでした。









今年も 早速 地鎮祭や上棟が有ります。

我が家の最後の見学会もあります。(個別見学は今後もまだまだOKです)



新規のお問い合わせや 見学申し込みも

たくさん届いており驚きと共に感謝です。



たくさん頂く OB施主さんたちからの

年賀状にも 「快適」「暖かい」「家から出たくない」「幸せを感じる」など

嬉しいお言葉が満載です。



これらを モチベーションに変えて

今年も頑張りますので よろしくお願い致します!

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/01/09 - 20:24 |
2017-12-27

今年最後になると思います。私のブログ。



1回目の見学会終了後の我が家の様子です。



エクステリア工事にかかりました。



・・・・とはいっても たいそうなことは出来ませんので

(予算的に。)殆どがカーポート関連と土間コン打ちと言う内容です。







今迄 ガレージで洗車した時には

排水は全て 道路を渡って向かいにある側溝に

流れる様になっていて、ご近所の車が

通行する際 水が跳ねてしまう状況でした。





今回は 道路と敷地の境目に小型の側溝を入れて

道路を濡らさず 排水経路に接続する形にします。







カーポートも 本当は3方囲んだガレージ型が希望ですが

色んな事情により YKKのカーポートを採用となりました。

ただし 一般的な横並び(M合掌)4本足ではなく

ゆるい片流れ形状の2本足タイプなので

その基礎工事が結構大袈裟になります。





約1m程度の幅で、深さも60cm位

掘ります。





とりあえず、我が家の工事は年内はここまで。



また 新年から続きをやって、2回目の完成見学会までには

格好にしておきたいと思います。











話しは変わって 12月はOB施主さん廻りで

見たクリスマスツリーをご紹介。





今年の忘年会にご参加頂いたT様に

景品として旅立ったツリーです。



T様の方で、飾り付けを追加購入して頂き

ゴージャスな雰囲気になりました。



建築前から 欲しかったというツリーを

手に入れて頂き 喜んだお子さんの写真も

送って下さいました。

喜んでいただけたのがなによりです。













こちらも 倉敷のF様邸のツリーですが

お子さんが見て見てと案内してくれてパチリ。









このお宅には、もう一つツリーが有って

それがコチラ。







お笑い芸人の 「野生爆弾」の「クッキー」の

顔がドーンと。



色んな意味で 破壊力が有ります。







それぞれのご家庭で

ツリーの楽しみ方が違うもんだなと。感じます。









そして 我が愛車マークX君の話し。。



年末の挨拶回りも有って タイヤの消耗が目に見えてきた今日、

リアタイヤに現場で踏んだと思われる釘が刺さっているのを発見!



エアーが抜ける前に見つけたことで

正月休みに惨事になることもなく

以前から ひっそり蓄えていた ブリジストン 「ポテンザ RE050

225/45R18」を引っ張り出し

急遽タイヤ交換です。







予備のストックとしては3本保有していましたが

内2本を交換しておきました。



リアタイヤのみ しっかり山が有ります。







フロントの2本は 新年あけてから

注文・交換の予定です。



サイズがサイズなので 値段がスゴイ!

コスパだけを考えて アジアンタイヤや

超ローコストタイヤを履かせるのは

どうしても嫌で。(はがき1枚の面積に命を預けるので。。。)







なんだか タイヤの費用を稼ぐために

仕事しているような気がしないでもないのですが

好きでこのサイズを入れてるんだし、

社用車が有る訳でもないので

仕方ありません。





そんなこんなで、 住宅ローン以外にも

新年早々 お金が飛んで行くのが決まりましたが

お蔭さまで 私自身健康に過ごせ

たくさんのお客様と

出会うことが出来、

しかも一緒に家づくりを

楽しんでいただける方々と仕事として関わらせて頂けることに

幸せを感じる1年でした。



来年も嬉しいことも、冷や汗をかくようなことも

一杯襲来してくるかもしれませんが

変わらず 「良い家」を造ることに邁進していきます。



コスミック・ガーデンの家の住人としての

トークの変化が有るかも知れませんし。。。







会社としては 明日28日が仕事納めですが

一足早く 皆様 良いお年をお迎えください。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2017/12/27 - 19:29 |
2017-12-15

 

水道の引き込みと共に

元々の位置から変更してもらいました。

 

玄関の南側 足元すぐだったので、少々奥にしてもらい

玄関北側へ。

 

昔は 13mm径でしたが

今の基準では 通らないので 20mm径に。

 

ここの判断は 各自治体によって変わってくるようです。

 


 

 

対して空きの無い 外周ですが

リンナイのハイブリッド給湯機 「エコワン」を設置しました。

 

一般的な エコキュートよりも スリムでコンパクトですが

この隙間では ちょっと通りぬけは出来ません。

 


 

エコジョーズだったら 薄いので大丈夫だったかも知れませんね。

 

 

 

システムキッチンには、まだシングルレバー水栓が付いていませんが

この後 「タカギ製 浄水器一体型エコ水栓」が

取り付けられました。

 


 

 

工事中に付いた 傷やへこみなど

補修専門の職人さんが入るので

マスキングテープで 指示する箇所をマーキングしておきます。

 

 


 

 

 

第1回目の 完成見学会 (要 予約制)も既に

定員オーバーで満員御礼の状態です。

 

ご予約いただいた皆様には

既に地図などをご案内しておりますが

JR倉敷駅 北口が近い昔からの狭い住宅街の中と言うことで

現地に十分なスペースが有りません。

 

高校交通機関 もしくは付近の駐車場をご利用いただく

様になりますが、なんせ クリスマスの前週末と言う事も有り

三井アウトレット倉敷やイオン倉敷を目指す車で

我が家周辺は 大渋滞を覚悟しなければなりません。

 

駅北口へ向かう道路は 広島方面からも 大阪方面からも

かなり混雑する上、

見学終了後 特に倉敷インターチェンジに向かう岡山方面行きが

酷いことになります。

 

 

いつもより かなり時間に余裕を持ってお越しくださいますよう

お願い致します。

 

普段から週末は 渋滞発生が普通なエリアですが

今週末はまた 一段と激しいかも知れません。

 

気温もかなり低いと予想され

高気密・高断熱住宅を体感頂くには

もってこいなのですが、渋滞にハマって

イライラしたり 焦ったりして まして事故など起こしたら

最悪です。

 

充分に気を付けて ゆったりしたスケジュールで

家を出て下さいませ。

 

直前のお知らせでした。

よろしくお願いします。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/15 - 11:38 |
2017-12-12

 

ついにこの日が・・・・。

 

2度目の住宅ローンの契約手続きです。

 

正式名称 「金銭消費貸借契約」という堅苦しい名前ですが

この手続きが 本当に金融機関から「お金を借りる」という事になります。

 

 

借り入れる先は 地方銀行です。

一定の条件(建物の高性能を証明する公的なモノなど)を

クリアすると 金利を店頭より下げてくれます。

 

その昔 平成3年に借入を起こした住宅ローンの金利と比べると

約6分の1の低さです。

サスガ、超低金利時代です!

 

 

フラット35や メガバンク、ネット系銀行や

岡山県内に本拠を置く たくさん支店を構える

銀行など 多くの選択肢があります。

 

住宅ローンも金融商品です。

 

その時期時期で、金利や保証料・手数料など商品として

変わりますので、どこどこの銀行が常に一番と言う

判断は危険です。

 

常に各行の商品を見渡し、金利だけでなく 建物の担保としての条件や

手数料・保証料の料率を確認してくべきだし、

借主側の年収や職業によっても

借入先の選定が変わることもあります。

 

各銀行は ある特定の職業や資格を

持った人には 店頭ではおおやけに出来ない

低い金利を出してくれることが殆どです。

 

私の場合関係ありませんでしたが。

 

 

 

 

そんなこんなで、ここの応接で

手続きです。

 

 


 

「個人情報」の扱いや、「コンプライアンス」、

「反社会的勢力に対する・・・」など

年々 書類や確認事項が増えており

面倒になるばかりです。

 

・・・これも時代なんですね。

 

 

 

私の場合、古い建物を解体しての

「建て替え」になります。

 

土地も私の名義になっているので

「抵当権設定(担保にとる)」のために

土地の 「不動産登記権利情報(以前の権利書)」を

司法書士に預けます。

 


 

 

この中にある 古い建物の登記情報(権利書=既に存在しない建物なので

滅失登記済)を使って。。。

 

普段 施主さんにも 「絶対開かないでください。」とお願いしている

識別情報の「袋とじ」(数年前までは 一度剥がすと 再度貼りつかない

シール方式でした。)を試しに開けちゃいました。

 

 


 

この様に QRコードと 10ケタの 数字と

英単語が記載されています。

 

 

ここを開けるのは 司法書士が 権利の移動や

売却時、担保先の変更など 法務局への申請が

有るときのみに行います。

 

決して 面白半分で開かないように。

なにか 罰則などが有る訳ではないのですが

色んな意味で安全のためです。

 

 

まあ、滅多にない 「登記識別情報」の御開帳を

やってみたの巻きです。

 

 

手続き自体は 約1時間程度で終了です。

 

ご夫妻で共有名義で借り入れたり

土地所有者(担保提供者)が親御さんだったり

関係者が増えると それだけ書類が増え

署名捺印個所も増えるので 2時間程度を要することもあります。

 

 

 

 

さあ、年内に資金実行をして

来月から 住宅ローンに追われる日々が また始まります。

 

同じ ローンに追われるなら、快適で安心で 高性能な満足度の高い

家と引き換えにしたいものです。

 

気持ちよく 毎月の引き落としされた通帳を眺めたいものです。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/12 - 19:46 |
2017-12-05

 

 

もう少しで 足場が落ちる我が家。

 

今のうちに 足場に登りまくって

写真を撮っておきます。

 

 

地デジのアンテナも 以前はマスプロの

「スカイウォーリー」を付けていましたが

今回は「DXアンテナ製 アンテナ ブラック」に

してみました。

 

離れて観ると 濃いグレーにも見えます。

 

いぶしのツイーゲルとの相性も良いようです。

 

 


 

 

特に電気自動車や PHV(プラグインハイブリッド)車を

買う予定は無いのですが、クルマのマーク付きの

屋外コンセントとなりました。

 

 

実は西本電業さんに御任せで、電話で相談したのはカラーをどうするか?

だけでした。

 

取り付け後に初めてこんな製品と

知った位です。

 


 

 

そろそろ 司法書士・土地家屋調査士さんに

表示保存登記を依頼しないといけません。

 

銀行用にも必要なので

住民票や 印鑑証明書を指定された枚数

市役所で取得し、準備しておきます。

 

合わせて 司法書士や土地家屋調査士に対する

委任状も実印を用いて作成しておきます。

 


 

この書類は 銀行の窓口で司法書士同席で

手続き(金銭消費貸借契約=銀行と借金の契約をすること。)を行うときに

記入する場合の方が多く

あらかじめ用意することは滅多にありませんが。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/05 - 21:17 |
2017-12-04

 

前回の続きで 長州産業株式会社様にお邪魔したとき

最後に 燃料電池車=水素カーである 「ホンダ クラリティ フューエルセル」に

試乗させて頂く事が出来ました。

 


 

 

全体に最近のホンダ車のイメージを持ちながら

少しだけ近未来的にした乗用車と言った印象です。

 


 

リアのフェンダーアーチがタイヤにかかるデザインは

ホンダのハイブリッドカー「初代インサイト」のイメージを継承しているような・・・。

 

 

プリウスのような かなり静かなクルマで

前からでは 「無音」に感じます。

後方に回ると ちょっとモーター音に雑音が混じったような

ノイズが聴こえながら リアバンパー下には 排出された「水」の

跡がアスファルトに見て取れます。

 

 

初めて目にする 「水素ステーション」です。

 

エネオスさんが稼働させているような巨大な施設は

最低でも 5億円程度かかるそうですが

この規模ならその数分の一らしいのです。

 

 


 

 

「ハイブリッド」でも「アイドリングストップ」でも

「PHV」でもない 「フューエルセル(燃料電池)」のエンブレムが光ります。

 


 

 

このセクションの専門スタッフの方々が

パネルを使って丁寧に解説して下さいました。

 


 

 

当社スタッフの内藤君も 水素注入用のノズル(?)を持ってパチリ。

 

見た目以上に 重いモノです。

セルフのガソリンスタンドで皆さんが触るあの

ノズルの数倍の重さです。

 

お年寄りや 女性では 接続時に落としたり

クルマに傷を付けてしまいそうです。

 


 

 

 

社員さんに 実演して頂きました。

やはり、少々コツがいる様です。

 

電気自動車の充電の様に時間がかかる訳でなく

約5分程度で満タンにできるそうですが

ガソリンや電気と違うのは

クルマのタンク(?)内と 水素ステーションのタンク(ノズル?)側の

「圧」が同じにならないと供給できないとの事

 


 

すぐにセルフ式になるのは 難しいか、少々遠いかな。と思います。

 

130kwの出力と、約26kのトルクを発生するモーターは

比較的重い約1900kgの車体を引っ張ります。

 

 


 

一般的に言われる 電気自動車のような すさまじい加速感は有りませんが

ゼロエミッションカーとしては 驚異の航続距離750kmを

実現しています。

 

一部の企業やタクシーとしても導入されているそうです。

 

基本、一般販売ではなく 企業向けリース専用として

扱っているらしく 値段も約800万近く。

補助金が約200万程度 と言う事のようです。

 

あくまでもこの未来カーが 普及・認知されるのが目的の様です。

 

 


 

広大な敷地の廻りをぐるっと回る試乗もさせて頂きました。

 

同乗頂いた 長州産業さんの営業担当氏も

大の車好きで、奥様もクルマ好き。

しかも とあるホンダスポーツカーを愛車としていた時期もあり

13Bロータリーエンジンのローター部分の実物を

奥様が飾っていたりと 聞いているだけでテンションアップな

方でした。

 

水素カーとしては 箱根マラソンなどで

TVへの露出も多い 「トヨタ ミライ」が有名ですが

「ホンダ クラリティ」は マイナーで知らない人の方が多い位。

しかも そのハンドルを握れたことがうれしい1日でした。

 

実はこのような 最先端のゼロエミッション技術についても

かなりのノウハウと実績を持つのが 「長州産業」さんと言うことで

我ら住宅業界とは 今後切り離せない業界の

ほんの先っぽを見せつけられて メイドインジャパンのクオリティと

創業者さんはじめ 社員さん皆さんの

妥協しない姿勢に 感心しながら 非常に見習うべきものを

教わった気がしました。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 勉強? | 2017/12/04 - 20:57 |
2017-12-02

 

 

今週、下関市長府と山陽小野田市の企業さんに訪問する為

山口県にでばって来ました。(日帰り出張)



下関では かわいいフグに迎えられ

午前中にボイラーや空調機器を製作する大きな企業さんに

お邪魔しました。




 

午後からは 「長州産業株式会社」さんに

お邪魔して ソーラーパネルの工場見学や

蓄電池、有機EL技術を 解説して頂きました。




卓球の世界女子代表「石川佳純」選手がイメージキャラクターで

新山口の駅では 巨大な看板も目にします。





高性能・高発電効率で 純然たるメイドインジャパンに

魅力を感じています。





工場の中は 基本撮影禁止なので

展示コーナーのみ写真でご紹介します。






 

「プレミアムGシリーズ」と呼ばれる

単結晶のパネルは 紫外線などを可視光線化して

発電に活用する技術を使う事で

1枚当たりの発電ワット数を上げています。




 

 

写真中央に移る 「ブルー」に輝くパネルがそれです。

紫外線の無い 夜間などは従来通り黒いパネルですが

光が当たって発電し始めると かなり鮮やかなブルーになります。





単結晶(製作コストが高くなる)と多結晶(コストが下がるが不純物が

含まれる)のパネルを割ると 破断面に差がでる実験を

皆でやってみます。









一直線的に割れるのが単結晶。

不純物の関係で、ギザギザに割れるのが

多結晶と見分けます。





いずれにせよ パネルの裏側は薄いフィルム。

ガラスは約0.3mm程度で非常に

薄く 割れやすいモノです。



施工時に 端っこの枠部分だから大丈夫とばかりに

踏んだり、運搬時の荒い扱いによって

簡単に割れてしまうシロモノです。





現場で取り付ける際の扱い方ひとつで

トラブルの原因になります。



製品の良し悪しだけでなく、施工の品質によっても

大きく違いが出てしまいます。






稼働ラインの工場内では、シリコンウエハースの製造技術や

そのコーティング技術、

ラインが流れる工場内に 試験に合格した 検査員さんによる

度重なるチェックと次工程への不適品の排除など

徹底的に品質管理がされていることを目の当たりにしました。





コスト重視の製品では 最初から出荷まで

オートメーション化でロボットのみが

働き、人の目でのチェックが入らないメーカーも有るようです。



人件費など経費は掛かりますが

一旦不良品が出荷されると 取り返しがつかない規模になる

フルオートメーション化。



2時間交代のダブルチェック検査員さんに感心です。
(根気強い女性検査員を多く採用=根気強く 細かな目線を期待)





また 工場内に限らず、事業所全体から感じる

なんとなくの アットホームないい感じや

社員さんたちの 活気ある表情が印象的でした。



様々な工場見学をしてきましたが、「工場」としての凄さは

以前見学した TOTO株式会社 小倉工場さんや

クリナップ株式会社 福島いわき工場さんに並ぶ

高品質で高技術な印象ですが

内部の雰囲気の良さは 「長州産業」さんが

一歩抜きんでてる感じがしました。



・・・あくまで 個人的な印象ですが。



また 会社さんの方も、岡山から妙に詳しい

ディープな質問を放り込んで来る工務店が来る。と言う情報からか

各セクションの 専門技術員さんや 技術系の管理職(役職責任者)さんが

随時同席で どんな質問にも即答して下さいました。



後から聞いた話では、こんなに 技術系社員で囲むことは滅多に無いそうです。


工場内で 「素材」や「副資材(接着剤など)」に

どこのメーカーを採用しているかは一切教えて下さいませんが、

サンプルで触らせてもらったとあるシート類や

缶に入っている資材のロゴマークなどで 国内のあのメーカー品という

のを探すのも楽しみです。



同行したスタッフ内藤君は、前職の絡みもあり

〇〇製ですよ。(小声)とつぶやきます。









家庭用蓄電池(売電の次はコレ!=電気自動車と並ぶ電気を貯める機械)も

アピールです。



一部の照明や冷蔵庫など 使える家電を絞ることで

復旧までの一時的な電源として今後普及してくると思います。





また、LEDではなく、有機ELを使った

様々な照明や家電(最近は大型4Kテレビや新型 Ifhonen等が有名)にも

採用され今後の主力になる技術にも注力しています。



人体の影響と言う意味では LEDよりも有機ELの方が

安全とも言われています。

私も 将来テレビを買い替えるときには 有機EL TVかなと。。。





気が付くと、すっかりいい感じの夕日が射しています。



この後、滅多に体験できない事を 長州産業さんのご厚意で

させて頂きました。



それについては 次回のブログでご報告します。

posted by 妹尾 | コメントなし | 勉強? | 2017/12/02 - 16:41 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp