家づくりのウラ・オモテ

未分類 の一覧

2017-12-27

今年最後になると思います。私のブログ。



1回目の見学会終了後の我が家の様子です。



エクステリア工事にかかりました。



・・・・とはいっても たいそうなことは出来ませんので

(予算的に。)殆どがカーポート関連と土間コン打ちと言う内容です。







今迄 ガレージで洗車した時には

排水は全て 道路を渡って向かいにある側溝に

流れる様になっていて、ご近所の車が

通行する際 水が跳ねてしまう状況でした。





今回は 道路と敷地の境目に小型の側溝を入れて

道路を濡らさず 排水経路に接続する形にします。







カーポートも 本当は3方囲んだガレージ型が希望ですが

色んな事情により YKKのカーポートを採用となりました。

ただし 一般的な横並び(M合掌)4本足ではなく

ゆるい片流れ形状の2本足タイプなので

その基礎工事が結構大袈裟になります。





約1m程度の幅で、深さも60cm位

掘ります。





とりあえず、我が家の工事は年内はここまで。



また 新年から続きをやって、2回目の完成見学会までには

格好にしておきたいと思います。











話しは変わって 12月はOB施主さん廻りで

見たクリスマスツリーをご紹介。





今年の忘年会にご参加頂いたT様に

景品として旅立ったツリーです。



T様の方で、飾り付けを追加購入して頂き

ゴージャスな雰囲気になりました。



建築前から 欲しかったというツリーを

手に入れて頂き 喜んだお子さんの写真も

送って下さいました。

喜んでいただけたのがなによりです。













こちらも 倉敷のF様邸のツリーですが

お子さんが見て見てと案内してくれてパチリ。









このお宅には、もう一つツリーが有って

それがコチラ。







お笑い芸人の 「野生爆弾」の「クッキー」の

顔がドーンと。



色んな意味で 破壊力が有ります。







それぞれのご家庭で

ツリーの楽しみ方が違うもんだなと。感じます。









そして 我が愛車マークX君の話し。。



年末の挨拶回りも有って タイヤの消耗が目に見えてきた今日、

リアタイヤに現場で踏んだと思われる釘が刺さっているのを発見!



エアーが抜ける前に見つけたことで

正月休みに惨事になることもなく

以前から ひっそり蓄えていた ブリジストン 「ポテンザ RE050

225/45R18」を引っ張り出し

急遽タイヤ交換です。







予備のストックとしては3本保有していましたが

内2本を交換しておきました。



リアタイヤのみ しっかり山が有ります。







フロントの2本は 新年あけてから

注文・交換の予定です。



サイズがサイズなので 値段がスゴイ!

コスパだけを考えて アジアンタイヤや

超ローコストタイヤを履かせるのは

どうしても嫌で。(はがき1枚の面積に命を預けるので。。。)







なんだか タイヤの費用を稼ぐために

仕事しているような気がしないでもないのですが

好きでこのサイズを入れてるんだし、

社用車が有る訳でもないので

仕方ありません。





そんなこんなで、 住宅ローン以外にも

新年早々 お金が飛んで行くのが決まりましたが

お蔭さまで 私自身健康に過ごせ

たくさんのお客様と

出会うことが出来、

しかも一緒に家づくりを

楽しんでいただける方々と仕事として関わらせて頂けることに

幸せを感じる1年でした。



来年も嬉しいことも、冷や汗をかくようなことも

一杯襲来してくるかもしれませんが

変わらず 「良い家」を造ることに邁進していきます。



コスミック・ガーデンの家の住人としての

トークの変化が有るかも知れませんし。。。







会社としては 明日28日が仕事納めですが

一足早く 皆様 良いお年をお迎えください。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2017/12/27 - 19:29 |
2017-10-08

気にされ難いモノですが、実は重要で

やはり、値段は値段だな。   と思うモノの一つに

クロス工事の下地処理に使う

クロスパテ」と呼ばれるものが有ります。



古いお宅のクロス張替などの時

既存の壁紙(大体ビニールクロス)を剥いで行くわけですが

やっすいパテを使っていた場合 クロスの裏側に塗布した

糊との相性や吸収が悪く 裏打ち紙がパテの有る箇所だけ

浮いてしまいます。

 


△クロス張替工事中

 

この浮きが無ければ、薄皮状態の裏打ち紙が有る状態で

新しく張るので クロスとしては若干の厚み増というか

強度が上がるし不陸(壁面のガタガタ)が調整されて見栄えも

良くなるのですが、それが期待できなくなります。

 

また、経年による浮き、剥がれの原因の一つにもなると言うこと

なので、コスミック・ガーデンの工事では

ヤヨイ科学 レベロン」と言う パテを使っています。

※特別に高級なわけではなく まともな一般品です。

 


 

殆どの場合、ハウスメーカーであれ工務店や設計事務所であれ

果てはゼネコンであっても、クロス業者さんに パテの銘柄指定はしないので

㎡(平方メートル)辺り〇〇円で。と言った感じで

工賃を支払うのが殆どです。

 

時には、信じられないくらいの低価格で

ムリクリ発注されることもあり、そんなときには

業者としては 何とか残る金額を確保するために

指定されないものは 徹底的にコストダウンして生き残ります。

 

パテの違いが作業中にすぐに問題発生することは少なく

監督や建築士ではまず判断付きませんし、知らないかもしれません。

 

クロス業者さんや職方達も

後々 自分が入って張替などの作業の可能性が無ければ

そんな製品をためらわず使うと思います。(基準を満たしてないとか

違法な製品では無いからです。)

 

 

住宅価格は 大きな金額ですが コストダウン(レベルダウン・

精度ダウンと言う意味で)する項目は

本当に山ほどあります。

 

しかし、メイドインジャパンと言う事に

限定したとしても、やはり値段は値段。

やすーくて良いモノは無いし、たっかい割には「?」なモノも

溢れています。

 

実際に作業する職人だから解る「違い」。

「副資材」と呼ばれる パテ、ボンド、シート類、粘着テープ、ビスや釘などなど

一つ一つは安いのですが、大量に使い しかも広範囲に影響する

資材は特に吟味が必要です。

 

 

そういったところも 聞いたときにしっかり

応える事の出来る 会社や担当者に

工事を依頼することをお勧めします。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 現場にて | 2017/10/08 - 12:47 |
2017-08-08

 

なかなかに進まない我が家ですが

久々に覗くと玄関ポーチのタイルが張り終っていました。

 

色ムラと言うか、自然のマーブル模様のような

表情が気に入っています。

 


 

日陰の陰影を避けてパチリ。

こんな色合いです。

 


 

 

駐車場への侵入の関係でコーナーを「隅切り」する筈でしたが

現場ではそうなっていなかったので 職人さんにもう一度修正に入り直してもらいます。

 

こういう事もあります。

 


 

最終的にキレイに仕上がればいい事なので。。。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2017/08/08 - 17:48 |
2016-12-28

今年も、早いモノで仕事納めの日がやって来ました。



それぞれが 自分のエリアで出来ることを

片付けたり、掃除したり。



去年と違って、2階打合せルームが増えているので

時間も人手も不足気味です。







県北に現場を持つ松本監督用の社用車

カローラフィールダー もアルミ+スタッドレス(ヨコハマ・アイスガード

185/65R15)を装着。





クルマは常時汚いが 足元だけはピカピカ。









社長車の 「レガシィ B4 2.0GT」 も

旧B4から引き継いだ アルミに 205/50R17 の

「ヨコハマ アイスガード」 を装着。





一回り小さいサイズのアルミになりますが 四駆とスタッドレスの

山陰仕様となりました。







掃除や来社される方々の受け付けも終わり

スタッフ全員で 昼食です。









岡山市南区妹尾にあるイタリアンレストランです。





女性やカップルが多く

作業着のおじさん方には 少々肩身が狭い印象ですが

美味しかったですよ。









今年も ずーっと 多忙を極め

施主さんも これからのお客様にも

何かとお待ちいただいてばかりでした。





工期も長くいただいていますし

商談ベースのスピードも ハウスメーカーさん等と比べると

本当に驚くほどのスローペースだと思います。



来年も引き続き 同じような状況であると

思いますが、何卒 広い心で 向き合って頂ければと

お願い致します。





今年も ブログをお読みいただきありがとうございました。



来年も 出来るだけ 更新していくように頑張りますので

よろしくお付き合い下さい。



皆様  良いお年をお迎えください!

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/12/28 - 16:11 |
2016-11-12

 

解体工事も大詰めです。

鉄骨の柱を立てて ガレージにしていた部分の

土間コンが残っています。

 

建築中に、「地中梁(ちちゅうばり)」を組んでいたのは

覚えているのですが・・・・。

 


 

 

なぜか、この厚さ。

はっきり言って 不必要な厚さ(深さ)です。

 

ダンプやトレーラーが駐車するんじゃないんだから。

 

 

 

当初から 階高設定などで 設計ミスが有ったようで

深い部分の土間天が最初の設計で

ミスに気付き 打ち足したのでこの厚みになってしまったのではないかと

社内では話しています。

 

 

 

当時 24歳の社会人3年目のぼんくらの私には

はっきりしたことが言えません。

 


 

とにもかくにも、これも撤去処分です。

 

たまにあるのですが、当初見積もっていたのとは壊した時に

極端に違う状況だったりした場合

解体費用が追加となります。

 

 

以前、岡山市北区で 解体工事にかかった時

旭川流域だと 岡山城のお堀の石垣が出てきたり(かなり巨大なモノがたくさん)、

埋め戻した レンガ積の建物の一部が発掘されたりしたことが

有ります。

 

そのままでは、地盤改良工事も出来ないので

追加費用となりましたが 全撤去です。

 

大型ダンプ何台分といった工事でした。

 

 

 

まあ、それでも何とか更地になりました。

 


 

 

私自身が生まれて初めて見る光景です。

この区画の中でも かなり初期から有った建物なので

ご近所の皆さんも 初めての風景になる筈です。

 


 

写真左のお宅などは 多分建築以来 初めての東側からの

光で 驚くほど明るくなっている筈です。

 

 

 

後は 建物位置出し。

地鎮祭。

地盤調査と移っていきます。

 

・・・その前に ひとつ問題発生です。

 

また今度 アップします。。。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/11/12 - 19:10 |
2016-10-28

 

明日からの二日間。

岡山市北区伊福町にて 完成見学会が開催されるので

その準備に行って来ました。

 

最近は 皆それぞれに目いっぱいのスケジュールで動いているため

準備開始時に 関係スタッフ全員が揃う事も難しくなってきました。

 

午前・午後 その合間など

空いた時間に 各自の任務(?)を こなすために現場入りします。

 

今回の I 様邸。

 

シンプルな 淡いカラーリングのインテリアのなかに

ところどころ ポイントで さし色が入っているという印象です。

 

フローリング材も 樹種も違えば 色も正反対の感じで

張り分けています。

 

 


 

洋室の一部。

 


 

 

個人住宅の中とは思えない感じの

洗面台です。

 


 

 

欲しくても中々 採用に踏み切ることが出来ないアイテムの一つが

コレ。

「ミーレ」 の食洗機。

 

100年以上の歴史を持つ ドイツの高級家電メーカーです。

 

 

 


 

他にも見どころが沢山あります。

 

 

ここで紹介したものは 見ればわかるもの。

 

来て頂いた方だけが分かる 性能や質感 空気感もあります。

 

予約制ですので、フラッと寄って頂く訳にはいきませんが

予約済みの皆様には 楽しみにして頂きたいと思います。

 

 

 

またホームページ内のどこかで

ご報告しますね。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/10/28 - 15:42 |
2016-08-19

 

これから家づくりをしようと言う方も、

既にコスミック・ガーデンの家にお住いの

OB施主さんからも よく頂く質問に

「コスミックの家は常に変わっていくから(進化)、いつ建てるのが

良いのか?いつまで、様子を見ていればいいのか?」

と言った内容があります。

 

常に 「予告なく仕様を変更することが御座います。」

状態のコスミック・ガーデンの家。

 

コストダウンばかりではなく、良いモノがあれば

多少コストアップしてでも採用する体制を取っています。

 

利益率確保より、どちらが施主さんの為になるか。

性能アップにつながるか。

耐久性や、ランニングコストの抑制になるか。

を基準に普段の業務、並びに工事や製品採用決定を行っています。

 

今現在、現実的に考えて バランスの取れた

最高の性能を実現させているつもりです。

 

コストを合わせるためだけに、今の仕様よりも、劣るものをわざわざこれからの

施主さんに提案することは 考えていません。

 

10年以上前に建築して頂いた OB施主さんも

当時だから、入手できたフローリングや 建材もあります。

 

また、当時と比較しても 高気密・高断熱性能も

格段に向上していて、それに伴う建築コストもアップ

 

坪単価も 単純に考えて 5万から8万円くらいは

上昇しています。

 

ただ、建物の内容(詳細な)仕様が正しく理解し、比較できないまま

坪単価と言う、解ったような解らないような数字に振り回される

お客様たち。

 

ちょっと大げさに カッコつけた言い方をさせて頂くならば

「最新のポルシェが最高のポルシェ」 と同じく

「最新のコスミック・ガーデンの家が最高のコスミックの家」

謳わせてもらいます。

 

なので、皆様方から度々、頂戴するご質問に関しては

この様な回答となります。

 

また、商談中、もしくは工事中でも

採用したい建材や、システム類(勿論、しっかり検証し 流行廃りは無いモノ)が

出た時には、相談の上急遽仕様変更させて頂く場合

有ります。

 

現場や職人さんたちは 何かと大変かもしれませんが

良いモノが有って、いい家が出来るのであれば

やむをえません。

 

「これで安定した! 落ち着いた!」

となった時点で 衰退が始まります。

 

これからも 社長を先頭に どんどん進化させていきます。

 

いつがコスミックの家お建て時か?

それは常に今なんです。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/08/19 - 18:36 |
2016-06-07

 

最近、ニュースなどでも取り上げられている

シックハウス学校の件。

 

タイトルは 「毒学校」 と言う何ともはや・・・・な感じですが。

やはり、何でもありの 「中国」での出来事ですが。

 

 

先ずは上記の記事をご覧いただいたとして。

 

 

 

 

日本でも今から 15年前くらい前には

「シックハウス症候群」 「化学物質過敏症」 などで

騒がれました。

 

様々な法規制等が設置され、業界としても対策を

講じて来たわけではありますが

今は ほとんど話題にならない感じです。

 

当事者の方々や、発症してしまった方は

本当に 過酷な生活を強いられます

 

共に生活する ご家族の負担も相当なものです。

 

それでも その原因が住宅であることを

実証するのは 難しく 被害者の方自らが

データや証拠集めをしなければ、訴えても勝ち目はないようです。

 

先の熊本地震や、近年の水害。

ハウスメーカーが先導するかのような

ゼロエネルギーハウス による 省エネ性能などなど。。。

 

そのような 今どきのポイントには業界も

売る為に反応するのですが

シックハウス症候群や化学物質過敏症などには

なにか 過ぎ去った昔の事、今は全てクリアしてるでしょ。的な

感覚が業界にあります。

 

 

普段の仕事の中で、多くのお客様と

話しをする中で、やはりpm2.5や花粉症、

気管支のトラブルなど、当事者でなければ

その辛さは分からない 疾患の事例などを

多くお伺いしています。

 

高気密高断熱性能も担保し、耐震性能も高い

いい家になったとしても、健康だった人がそうでなくなる

マイホームと言うのはいただけません。

 

これから家を建てようと考えている方には

もう少し 「匂い」 や 「空気」 にも

感心を持ちながら 「感じて」 欲しいと思います。

 

 

先日 OB施主の方から

メールを頂きました。

「家に招いた知人のお子さんが

小児喘息を患っており、咳を頻繁にしていましたが

コスミック家に入って 30分くらい遊んでいると

咳を全くしなくなった。」

と言う旨の内容でした。

 

報告頂いた私は勿論、スタッフも喜びました。

 

精巧で高価な空気清浄機や

特殊でメンテや維持にコストがかかりそうな

換気システムを使わなくても そういった空間が実現できていることにも

喜びを感じます。

 

ホームセンターの建材売り場のような匂い(ホルムアルデヒドやクロルピリホスなど

接着剤や防腐剤などに多く含まれる化学物質です)

を今一度 いろんなところで嗅ぎ分けてみて下さい。

 

だんだんと 分かってきますよ。

 

 

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/06/07 - 18:50 |
2016-04-15

 

昨晩の九州 熊本の震度7の地震による

被害者、被災者の皆様方には

心よりお見舞い申し上げます。

 

また、余震が続く中ではありますが

1日も早い 復興と お怪我をされた方々の回復を

お祈り申し上げます。

 

九州地方では 「初めて」 と言っていいほどの

強烈な地震でした。

 

地元の方々も、「地震の怖さを思い知った。。。」 と

コメントされていました。

 

我が、岡山県でも 阪神大震災以降、若干の揺れを経験しましたが

東日本大震災や、中越地震のような大災害には

無縁な感じです。

 

昭和21年。 もう今から70年も前ではありますが

岡山でも南海地震により 死者が出たりや建物倒壊が有りました。

 

今でも 高齢者の方々の中には

その時のことをはっきり記憶されている方もいらっしゃいます。

 

「岡山は地震が無いから、安心じゃ。」 的な発言をされる

同業者もいて あきれるばかりです。

 

 

ここ数年、省エネ。創エネ。 ゼロエネ。に代表される

コンセプトに注目が集まっていますが、これらは

本当に強い建物(耐震等級2以上、出来れば等級3を基本)

出来た上での 付加価値として

考えてほしいのです。

 

 

コスミック・ガーデンも 「高気密・高断熱」 「ZEH(ゼッチ)」を

謳ってはいますが 「地震に強い」は 基本中の基本だと考えています。

(だからこそ 2×4 や 2×6 の枠組み壁工法を採用しているのです。)

 

 

 

 

今回の熊本の地震でも 昭和56年(1981年)以前の

旧耐震の建物は勿論、それほど古くない建物も

大きな被害を受けています。

 

震度6弱 と 6強 では雲泥の差がありますが

今回の震度7 は 全くの別次元の揺れになります。

 

これから 家を新築 もしくは大金をかけての

リフォームをお考えの方は 是非再度

耐震性能を 見直してください。

 

 

熊本で仲良くさせてもらっている

工務店と いまだに連絡がつきません。

場所は地震のど真ん中 「益城町」です。

 

どうか、無事でありますように。。。。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/04/15 - 19:51 |
2016-04-08

 

お蔭さまで、打合せルームがなんとか

かっこになりました。

 

まだ サンプルとして見て頂く為の

カーテン類やカタログや資料類が

揃ってはいませんが、室内の雰囲気は伝わるかと・・・。

 


 

 

グリーンの千鳥にカーペットが貼られているところが

「チャイルドスペース」と言うか、ビデオを観たり

絵本を読んだりしてもらうエリアとなります。

 

 

天井は 「コスミック・ウォール」 と呼ばれる

もみ紙と 壁面は 人絹(レーヨン) を採用しています。

 


 

カーテン工事でいつもお世話になっている 「トータルナカニシ」さんの

ご協力を頂き、デザインは様々ですが 机と椅子も

何とか数が揃いました。

 

 


 

 

洗面所は コーディネーターの田淵の白よりかわいいので

子供たちにも受けるかもと言う感じの「気まぐれ」で

「スヌーピー」 を採用しました。

 

チョット コスミック・ガーデン的には珍しいと思いますよ。

 


 

 

トイレもフロアタイルで腰板調に立ちあげて

上半分をかわいい感じで。

 

 

ペーパーホルダーも少しデザイン重視なものを。。。

 


 

最近は お子様の中に「和風便器」を使えない方も増えてきた

事もあり、洋風便器で「TOTO ネオレスト DH1」を

採用させて頂きました。

 

以前は無かった 「火災報知器」 と 「最新方式の分電盤」 も

設置されました。

 


 

後は、もう1セットの机と 冷蔵庫を持ち込んだら

使える様になります。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/04/08 - 12:57 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp