家づくりのウラ・オモテ

施主の立場で の一覧

2017-12-15

 

水道の引き込みと共に

元々の位置から変更してもらいました。

 

玄関の南側 足元すぐだったので、少々奥にしてもらい

玄関北側へ。

 

昔は 13mm径でしたが

今の基準では 通らないので 20mm径に。

 

ここの判断は 各自治体によって変わってくるようです。

 


 

 

対して空きの無い 外周ですが

リンナイのハイブリッド給湯機 「エコワン」を設置しました。

 

一般的な エコキュートよりも スリムでコンパクトですが

この隙間では ちょっと通りぬけは出来ません。

 


 

エコジョーズだったら 薄いので大丈夫だったかも知れませんね。

 

 

 

システムキッチンには、まだシングルレバー水栓が付いていませんが

この後 「タカギ製 浄水器一体型エコ水栓」が

取り付けられました。

 


 

 

工事中に付いた 傷やへこみなど

補修専門の職人さんが入るので

マスキングテープで 指示する箇所をマーキングしておきます。

 

 


 

 

 

第1回目の 完成見学会 (要 予約制)も既に

定員オーバーで満員御礼の状態です。

 

ご予約いただいた皆様には

既に地図などをご案内しておりますが

JR倉敷駅 北口が近い昔からの狭い住宅街の中と言うことで

現地に十分なスペースが有りません。

 

高校交通機関 もしくは付近の駐車場をご利用いただく

様になりますが、なんせ クリスマスの前週末と言う事も有り

三井アウトレット倉敷やイオン倉敷を目指す車で

我が家周辺は 大渋滞を覚悟しなければなりません。

 

駅北口へ向かう道路は 広島方面からも 大阪方面からも

かなり混雑する上、

見学終了後 特に倉敷インターチェンジに向かう岡山方面行きが

酷いことになります。

 

 

いつもより かなり時間に余裕を持ってお越しくださいますよう

お願い致します。

 

普段から週末は 渋滞発生が普通なエリアですが

今週末はまた 一段と激しいかも知れません。

 

気温もかなり低いと予想され

高気密・高断熱住宅を体感頂くには

もってこいなのですが、渋滞にハマって

イライラしたり 焦ったりして まして事故など起こしたら

最悪です。

 

充分に気を付けて ゆったりしたスケジュールで

家を出て下さいませ。

 

直前のお知らせでした。

よろしくお願いします。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/15 - 11:38 |
2017-12-12

 

ついにこの日が・・・・。

 

2度目の住宅ローンの契約手続きです。

 

正式名称 「金銭消費貸借契約」という堅苦しい名前ですが

この手続きが 本当に金融機関から「お金を借りる」という事になります。

 

 

借り入れる先は 地方銀行です。

一定の条件(建物の高性能を証明する公的なモノなど)を

クリアすると 金利を店頭より下げてくれます。

 

その昔 平成3年に借入を起こした住宅ローンの金利と比べると

約6分の1の低さです。

サスガ、超低金利時代です!

 

 

フラット35や メガバンク、ネット系銀行や

岡山県内に本拠を置く たくさん支店を構える

銀行など 多くの選択肢があります。

 

住宅ローンも金融商品です。

 

その時期時期で、金利や保証料・手数料など商品として

変わりますので、どこどこの銀行が常に一番と言う

判断は危険です。

 

常に各行の商品を見渡し、金利だけでなく 建物の担保としての条件や

手数料・保証料の料率を確認してくべきだし、

借主側の年収や職業によっても

借入先の選定が変わることもあります。

 

各銀行は ある特定の職業や資格を

持った人には 店頭ではおおやけに出来ない

低い金利を出してくれることが殆どです。

 

私の場合関係ありませんでしたが。

 

 

 

 

そんなこんなで、ここの応接で

手続きです。

 

 


 

「個人情報」の扱いや、「コンプライアンス」、

「反社会的勢力に対する・・・」など

年々 書類や確認事項が増えており

面倒になるばかりです。

 

・・・これも時代なんですね。

 

 

 

私の場合、古い建物を解体しての

「建て替え」になります。

 

土地も私の名義になっているので

「抵当権設定(担保にとる)」のために

土地の 「不動産登記権利情報(以前の権利書)」を

司法書士に預けます。

 


 

 

この中にある 古い建物の登記情報(権利書=既に存在しない建物なので

滅失登記済)を使って。。。

 

普段 施主さんにも 「絶対開かないでください。」とお願いしている

識別情報の「袋とじ」(数年前までは 一度剥がすと 再度貼りつかない

シール方式でした。)を試しに開けちゃいました。

 

 


 

この様に QRコードと 10ケタの 数字と

英単語が記載されています。

 

 

ここを開けるのは 司法書士が 権利の移動や

売却時、担保先の変更など 法務局への申請が

有るときのみに行います。

 

決して 面白半分で開かないように。

なにか 罰則などが有る訳ではないのですが

色んな意味で安全のためです。

 

 

まあ、滅多にない 「登記識別情報」の御開帳を

やってみたの巻きです。

 

 

手続き自体は 約1時間程度で終了です。

 

ご夫妻で共有名義で借り入れたり

土地所有者(担保提供者)が親御さんだったり

関係者が増えると それだけ書類が増え

署名捺印個所も増えるので 2時間程度を要することもあります。

 

 

 

 

さあ、年内に資金実行をして

来月から 住宅ローンに追われる日々が また始まります。

 

同じ ローンに追われるなら、快適で安心で 高性能な満足度の高い

家と引き換えにしたいものです。

 

気持ちよく 毎月の引き落としされた通帳を眺めたいものです。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/12 - 19:46 |
2017-12-05

 

 

もう少しで 足場が落ちる我が家。

 

今のうちに 足場に登りまくって

写真を撮っておきます。

 

 

地デジのアンテナも 以前はマスプロの

「スカイウォーリー」を付けていましたが

今回は「DXアンテナ製 アンテナ ブラック」に

してみました。

 

離れて観ると 濃いグレーにも見えます。

 

いぶしのツイーゲルとの相性も良いようです。

 

 


 

 

特に電気自動車や PHV(プラグインハイブリッド)車を

買う予定は無いのですが、クルマのマーク付きの

屋外コンセントとなりました。

 

 

実は西本電業さんに御任せで、電話で相談したのはカラーをどうするか?

だけでした。

 

取り付け後に初めてこんな製品と

知った位です。

 


 

 

そろそろ 司法書士・土地家屋調査士さんに

表示保存登記を依頼しないといけません。

 

銀行用にも必要なので

住民票や 印鑑証明書を指定された枚数

市役所で取得し、準備しておきます。

 

合わせて 司法書士や土地家屋調査士に対する

委任状も実印を用いて作成しておきます。

 


 

この書類は 銀行の窓口で司法書士同席で

手続き(金銭消費貸借契約=銀行と借金の契約をすること。)を行うときに

記入する場合の方が多く

あらかじめ用意することは滅多にありませんが。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/05 - 21:17 |
2017-11-27

 

久しぶりに 現場が動き出しました。

 

建物本体の外壁は 「いぶし」の「陶性外壁ツイーゲルⅡ」ですが

玄関ポーチ廻りは 「カルクウォール」という

スイス漆喰で仕上げます。

 

なんの脈絡もなく ただ試してみたかったという理由で

多少の「クラック」は覚悟の上です。

 


 

下地がしっかりしていて 漆喰自体も薄付で

コテ模様が これ見よがしにならないのが魅力です。

 


 

いぶしのツイーゲルと白い漆喰で

倉敷美観地区的な 風合いを演出していますが

決して「和風」とか「和モダン」と呼ばれる

形式のものではないと思っています。

 


 

 

APW樹脂サッシのサイズに合わせて

「ポートベロ」さんで大きくしてもらった

ステンドグラスを梱包して

そっと現場に搬入しておきました。

 

 

とある場所に大工さんが 付けてくれる予定です。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/11/27 - 19:41 |
2017-11-03

 

世間では、「今年最後にの3連休」ということで

秋の観光地は何処も沢山の観光客でいっぱいなのでしょう。

 

相変わらず、世間のお休みとは無関係に

今日も仕事してます。

 

ブログのアップ作業も 仕事の一環でして

山積の実務作業の合間に少しでもこなしておかないと

ネタの賞味期限と言いますか、時間的なズレが激しくなってしまうので

気を付けるようにしていますが・・・それでも

お蔵入りネタは たくさん生まれてしまいます。

 

 

そんなこんなで またまた 「施主の立場で」カテゴリーのネタです。

 

 

カーテンなどでお世話になっている

「トータルナカニシ」さんのご案内で

岡山市北区撫川にある 「カリモク」さんのショールームにお邪魔しました。

 

「カリモク」と言うと お高い高級家具のイメージと

家具業界としては早くから 「F☆☆☆☆(エフ・フォースター)」の

建材や天然系塗料の採用など シックハウス対策でも一歩進んだ

企業イメージがあります。

(家具業界は住宅・建築業界のような VOCの規制がかかっていない為

アル国製のようなきっつい臭いを発散する低価格な家具が蔓延しています。)

 

 

 


 

中西さんが ローテーションでショールームの待機を

しているときに伺えれば良かったのですが

そこは 無関係日にご無理を言ってしまいましたm(__)m。

 


 

大型の量販家具屋さんのショールームほどの広さは

有りませんが、厳選された家具をじっくり見るには

充分な広さです。

 


 

一見、地味なデザインですが、とある有名な高級車メーカーの

シートクッションと同じような製作方法を採用している

椅子と言うことでした。

(レカロシートではないです。個人的にはあの感覚が大好きですが。)

 

確かに 腰の座りやお尻をずらした時でも

嫌味の無い反発力で 結構気に入りました。

 


 

テーブルの天板の色や樹種サンプルで

雰囲気を見せてくれます。

 


 

モニターにCGを使い イメージしやすいようにしてくれます。

 

 

藤井社長宅にも鎮座する 高級ソファ 「ザ・ファースト」。

カラーバリエーションも豊富になりました。

 


 

足を投げ出して リラックスできる造りで

似たようなものはたくさん市販されていますが

「本物」としての存在感は別格です。

 

実際 体を預けた時の 疲労感の無さと(疲れを取るくらいの感じ)と

睡魔が襲ってくる早さは サスガです。

 

 

家具も 事実ピンからキリまで。

いいモノを永く使うという観点からすると

「ハルミファインクラフト」さんと同じく

私達の身近にある家具屋さんではトップレベルの 「カリモク」さんです。

 

我が家も 限られた予算の中で 好みのモノを選択しなければ

ならないので もう少し悩みは続きそうです。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/11/03 - 10:42 |
2017-10-28

休日には 時間を割いて 普段仕事でもお世話になっている家具やさんに

顔を出しています。



今回は、倉敷市真備町にある バンブー(竹)家具の

「テオリ」さんの本社ショールームにお邪魔しました。







竹の強靭さと曲げに強いしなやかさが特徴になります。



テーブルなどの厚板は 竹の集成材を積層にして

強さと寸法安定性を作りだします。





2008年(平成20年)北海道で開催された 「洞爺湖サミット」にて

世界のファーストレディの皆様が使われた テーブルのセットが

この岡山県のテオリさんの製品として

一躍有名になりました。



竹を使った製品は 家具類だけでなく

ステーショナリーや生活雑貨も生産されています。





コスミック・ガーデンOB施主の方々の中でも

購入いただいたり、特注品をオーダーしたりされています。



当社 藤井社長宅の TVボードもテオリ製です。



独特の味わいがあるので 気になる方は ご予約の上ショールーム見学を

お勧めします。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/10/28 - 18:50 |
2017-10-03

 

ドイツで瓦マイスターの資格も持つ

助っ人に入ってもらい ツイーゲルⅡを理解する

瓦職人さんと共に 限られた時間で

一気に進めながら、今後の改良点や問題点を炙り出して行きます。

 

設計変更をした プロトタイプなので

我が家がある意味 実験台となります。

 


 

 

陶製外壁は 切りモノが多く 粉塵が出るので

仮設の作業場として、テントを張ります。

 


 

集塵機が有ってもこんな感じになります。

 

 

下屋や、庇周りの収まりや細部を再検証。

 

以前のものに比べると製品自体の制度はアップしているので

大きな面での作業スピードは上がります。

 


 

アルミの専用レールを「ガルバリ55」ビスで留め付ける作業も

力任せではレールがゆがんだりしますし、甘いとビス頭が残って

レール内で外壁と干渉し入りにくくなってしまいます。

 


 

助っ人にきてくれた彼も 将来的には 職人さんに教える職人に

なってもらいたいと思います。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/10/03 - 20:22 |
2017-09-21

 

 

やっとこさ ここまで進んできました。

新型 陶製外壁 「ツイーゲルⅡ(仮)」が

それなりの大きさの「面」として姿を現しました。

 


 

 

今回 細かいところを微調整して 「型」から変更した

マイナーチェンジ版 です。

 

陶器ならではの 焼成時の歪みもかなり抑え込むことが出来たようです。

 


 

まだまだ 3分の1にも足りていませんが 従来通り

手馴れた 瓦職人さんがコツコツと進めてくれています。

 

 

私の家以降の お客様宅にも 新型陶製外壁 「ツイーゲルⅡ(改)」を

御指名頂いている現場が複数ありますので

助っ人職人さんを近く 我が家の現場に招いて 作業を習得して

貰うようにして 今後に備えていこうと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/09/21 - 13:44 |
2017-09-05

 

久々の我が家ネタです。

 

ずーっと 動きの無かった我が家。

 

行っても変化が無いので さっぱりのぞいていませんでした。

 

・・・・が、やっと 動きが出ました。

 

 

ついに 新型陶製外壁 (改)の第一弾が納入されました。

 


 

とりあえず 1パレット分。

 

 


 

見た目は 従来品と変わりませんが

型を作り直した「改」です。

 


 

アルミレールを取り付けるための 特注ビス。

「ガルバリ55」のメッキを施したモノです。

 


 

過去の施工時の経験から このサイズを選定しました。

 

 

レールの設置間隔 をマーキングしています。

屋根瓦の職人さんが 外壁施工してくれますが、施工できるノウハウを持った

人がまだ、非常に少なく コツコツと孤独な作業になると

思われます。

 

 


 

 

現在の仮住まいに引っ越して そろそろ1年。

 

もう新居まで不要と思っていた

秋物を出さないといけないような気候に移り変わろうとしています。。。(泣)

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/09/05 - 20:18 |
2017-07-31

「ハルミファインクラフト」さんの 倉敷美観地区での

展示スペース兼事務所 「FINT」へお邪魔して

我が家の家具の打ち合わせです。







古民家を改装した 建物で風情溢れるショールームです。









ハルミファインクラフト製作のもの以外も展示してあり

比較検討したり、座面の高さやお尻の座り、背もたれの角度など

それぞれの部位を自分に合わせて確認できます。







一本筋の通った コンセプトと デザインで知る人ぞ知る感じに

なって来ました。



13年以上前から 手作り木製キッチンを収めて頂いたり

投射代表 藤井邸にも納品して頂きました。





お会いした時、スペイン帰りの直後と言う事もあり

いつもよりゆったりした話し方、接し方だと感じました。







コスト面で 頂いた全ての提案を 実現することは

難しいと思いますが、サスガ! と感じさせる

プレゼン内容に 感激します。







すぐには 決定・発注しませんので

じっくり検討したいと思います。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/07/31 - 16:26 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp