家づくりのウラ・オモテ

施主の立場で の一覧

2018-10-26

 

先日我が家で 岡山ガス倉敷営業所さんの

ご協力を頂き、「料理教室&食事会」を開催しました。

 

私は仕事で 参加できなかったのですが

家内が友人を呼んで数人が参加する形となっており、

岡ガスの専門スタッフさんが最新ガスコンロのPRを兼ねてコンロの有効な

使い方や美味しい作り方を教えて下さいました。

 


 

近所の方は何事か?と思ったかもしれませんが

我が家の駐車場に 目立つデモカーが2台。

 


 

 

「ココット」を使う グリル料理や

炊飯、煮込み、ソテーなどなど

かなりの量のご馳走を作ります。

 


 

当然、家庭用3口のコンロでは

時間的に間に合わないので

駐車してあるデモカー(荷台にガスコンロが数台設置済み。)も

一緒に稼働します。

 


 


 


 


 

詳しい料理の名前は分かりませんが

お腹いっぱいになった後

おみやでテイクアウトする位の量を短時間に

作り終えました。

 


 

 

夜の帰宅後に食したのですが

どれもこれも非常に美味しかったです。

 

特に この赤飯は

お店で販売している商品以上に

よく出来て美味しかったうえ

簡単な手順で出来るそうです。

 


 

また 食卓に登場する日を待っています。

 

 

因みに 宣伝広告と言う意味合いもあり

これだけの食材は全て岡ガスさんの提供によるもので

スタッフの方も含めて 「無料」です。

 

SIセンサーコンロの購入により(諸条件あり)

完成引渡しから1年以内であれば

この様なイベントを企画してくれます。

 

今のところ倉敷営業所管轄内と言う事のようですが

機会が有れば是非。

 

 

※今回 家内の友人の中に

プロカメラマン(女性)がいたので

普段の私の写真とは違った きれいな写真がアップできました。

Tさん。ありがとうございました。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/10/26 - 19:38 |
2018-06-08

 

 

我が家の樹脂サッシの一部を交換するという作業を

行いました。

 

APW330 と 同じく真空トリプルガラスの

掃き出し窓1枚です。

 

 

既にカーポートを設置しているため

足場の確保が難しいので

バケット車を用意しました。


 

 

アームが伸びるギリギリの長さと角度を何度も調整し

カーポートとのクリアランス約15cm。

人が乗って作業し 多少揺れることを考えると

本当のギリです。

 


 

樹脂サッシのFIX窓は外部の樹脂カバーを外すことから

始まりますが、一度外すと再利用は出来ません。

 


 

非常に作業しずらい体勢から

頑張ります。

 


 

 

ウィンターガーデン内からも作業の補助で

職人さんが待機。

 


 

新品のペアガラス(メーカーから組み上がった状態で搬入されます。)を

抜き取った樹脂枠に再度納めます。

このサイズでも結構な重量が有ります。

 

手が掛かるところが無く

滑り易いので 専用の吸盤も併用します。

 


 

全て交換し終わると、古い掃き出し窓引き違いの

真空トリプルガラスサッシを搬出です。

 

これの重量がまた重い!

 


 

二人がかりで、階段を下りて

細心の注意を払いながら玄関から外へ。。。。

 

 

大変な重労働と

神経を使う作業でした。

 

 

因みに、施主さん宅で

ガラスが割れたりなどの交換は

この様な作業となりますので

くれぐれもお気を付け下さい。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/06/08 - 18:49 |
2018-05-20

 

 

ゴールデンウイーク中のどこかで

やろう、やろうと思いながら出来なかった

カーポートのセンサーライト取り付。

 

 

三和エクステリアさんと 西本電業さんの協力により

柱の中にCD管と電線を通すところまで

済ませて頂いたにも関わらず、照明器具の手配すら出来てないという

ありさま。

 


 

明るさや デザイン、もちろん価格も含めて

検索してはいるのですが

毎日に流されそのまんま。

 

1年後もこのままと言う事が無いようにしなければ・・・・。

 

 

 

特に気合を入れなくても ササッとできる

吸気口と換気扇の掃除。

 

こちらは 吸気口の蓋を外したところです。

 

花粉は勿論 PM2.5もストップさせる細かい繊維構造の為

汚れや黒ズミは従来製品(旧世代標準品)よりも

かなり早い印象です。

 

 


 

 

黒い樹脂部をつまんでフィルターを取り出します。

洗って再利用できないタイプなので とりあえず外向き面を

「ダイソン V8」の強で吸っておきました。

 


 

気持ち 黒ズミが薄くなったかな。と言う感じです。

 

お住まいの地域や周辺環境にもよりますが

激しいお宅だと 半年程度で吸気量が落ちたのが

解るくらいです。

 

交換用フィルターは

ネット通販サイトなどでも販売されているようですが

それらより 少しでも安価に提供できるよう

各方面と交渉中です。

(少量個数だけ購入したいと言われた場合は厳しいかもしれませんが。)

 

 

 

今度は換気扇。

自動開閉の蓋つき 「とじピタ」ではありません。

トイレなどにある100Φの

モノです。

 

三菱電機製ですが

以前のモノは 下部にビスがあり

それを緩める方式でしたが

現在 装着のモノは ビス無なので

下から上方に持ち上げれば

カバーは外れます。

(以前の型と同様に 下部にネジ穴は残ったままです。

見た目は全く同じです。)

 

 

 


 

ここも カバーのガラリ(スリット)にほこりが付着します。

 


 

内部にはシャッターが有るので

電源オフで指でシャッターをこじ開けてファン自体を

掃除機で吸って下さい。

 

 

 

写真は撮っていませんが

樹脂サッシ、アルミサッシ問わず

サッシ枠に車用の液体ワックスをかけておいて頂くと

5年後・10年後・20年後の随分と差が出ます。

 

これは フェンスや門扉、ポストや 果ては

雨樋、エアコン室外機、給湯器(エコキュートやエコジョーズなど)も

同様です。

 

これらは サイディングを含め外壁材よりも

美しさなどが長く持たない為

普段から簡単でいいので

お手入れしてもらうと 見た目の劣化が極端に変わってきます。

 

固形や半練りなど 塗ったあと引き取るタイプではなく

スプレーして 拭くだけの簡単タイプがカーワックスでも

主流となっています。

 

例えば・・・

 

メインイメージ
これや、コレ。

 

商品名
 

こんな見た目の製品たちです。

最近は種類も沢山増えて

値段もお手頃になって来ています。

 

 

 

因みに 私はこれ。

水で希釈するので かなりお得です。

 

Permaluxe パーマラックス 液体カーワックス 300ml
 

ガラスや樹脂部分など 素材を選びませんし

とにかく簡単です。

 

ちょっとした時間を見つけて

気が付いたら パパッと処理しておくという

程度の気持ちで大丈夫ですので

是非 やってみて下さい。

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/05/20 - 13:04 |
2018-02-15

 

 

いよいよ 入居です。

 

普段からお世話になっている 「中原三法堂」さんが

あらかじめ クリーニングして下さっていた

仏壇を納めて下さいました。

 

 

約10年ぶりに 色んな小物がキレイになって

仏壇本体も甦りました。

 

 

本来は住人の荷物よりも先に仏壇(ご先祖さん)が

入居するのが望ましいというアドバイスに従いました。

 


 

 

引き続き 提携業者さんである 「アート引っ越しセンター」さんが

仮住まいから 一気に家財道具の移動です。

 

コーナーや階段、フローリングなど

「養生」が徹底的です。

 


 

 

今迄も施主さん宅の 引っ越しに顔を出していたので

見慣れていますが やはりリーダーの指示と

テキパキした動き、自分では無理と思った

重量物でもすんなり持ち上げる技&体力に感心します。

 

 


 

お約束の 新品のソックスに履き替えての作業です。

また個別に近隣のお宅に挨拶をして回られるので

安心です。

 

 

 

とりあえず 荷物の搬入が終わったタイミングで

家電屋さんが テレビの設置にやって来ました。

 

従来のテレビは隣のリビングに私が設置&セッティング。

 

今回ダイニングがメインになるので、少々大きめのサイズで頑張りました。

 


 

 

 

後日ですが、「ハルミファインクラフト」さんが

お願いしていた テーブルのチェア×4脚 の納品に

やって来ました。

 


 

 

高耐久性のある フェルトをチェアの足に打ち込み固定。

 

メンテナンスの仕方などを教わりながら

眺めまわします。

 

 


 

藤井社長宅と同じデザインの 「ハルミファインクラフト」さんらしい

チェアです。

 

 

 

 

とりあえず 細かな片付けはおいおいにしてゆっくりしたいです。

 

とにかく へとへとです。

 

自分のガラクタやおもちゃ、雑誌など以外は

丸投げ状態でお任せです。

 

 

下手に触っても 片付けてるやら 散らかしてるやら

分からなくなるので・・・・。

 

 

最新の高気密高断熱住宅の 高性能ぶりと

住み心地等を ボチボチながらこのブログで

ご報告していきます。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/02/15 - 20:05 |
2018-02-06

 

 

ちょっと久々の 我が家ネタです。

大盛況で幕を閉じた 完成見学会でしたが

その前にガレージの土間コン打ちをしました。

 


 

ご近所さんに迷惑をかけながらの ミキサー車からの

コンクリート打設です。

 

 

基礎工事とは違い、ポンプ車など無く ネコグルマを使っての

小運搬です。

 


 

キレイに左官して、割溝に白石玉を並べてくれています。

 


 

それなのに 養生期間中に 車を入れてしまった

職人さんが居ました。

 

白くなっていたから 大丈夫かと。。。

空荷の軽四だから大丈夫。 と言い訳が。

 

確かにへこんだりはしていないのですが

乾燥が進むと 細かいクラックが入る可能性もあると言うことで

厳重注意となりました。

 

(・・・・今のところ なにも症状は出ておりませんので一安心。)

 

 

見学会の時には 構造用合板の上に 「ベニヤ」を張った状態でしたが

その後 お約束のクッションフロア( お安い! )を張ってもらいました。

 

本物では手が出ないので 「なんちゃって ヘリンボーン」ということで

おふざけ半分でこの型番を選択。

 

 

 


 

普段 社長宅や施主さん宅で本物の オーク材ヘリンボーン張りを

見慣れているため、離れても 写真で見ても そのチープ感は圧倒的です。

 

まあ、段ボールや私の雑誌、おもちゃ類が殆ど占拠するので

気にしませんが。

 

荷物をひこずり出す(岡山弁?)時など

ひっかかり難く、少々の擦り傷が出来ても気にならない上

フロアタイルや合板フローリングよりも

柔らかいので 「膝」が痛くありません。

 

 

 

トリプルガラスの大開口スライディングの上には 瓦庇(かわらびさし)が付きますが

雨樋を付けても 縦樋の収まりが難しいことが多く

殆ど放置です。

 

縦樋の代わりに チェーンなどで下す場合もありますが

個人的に神社仏閣のイメージがあるので樋を付けない方向で考えていました。

 

 

ところが 庇の下に潜り込むように

カーポートの屋根が来るので

そこに庇の水を流してやればいい。という発想でこうなりました。

 


 

雨樋と付けるのは 板金業者さんですが

カーポートの屋根の振れと 距離を考えて(離れすぎると水が落ちてカーポートに

当たった音が大きくならないように)この位置で水抜き穴を設置してくれました。

 

サスガにそこまでは考えてなかったので

職人さん達に感謝です。

 

 

 

 

さて、その後 倉敷市役所固定資産税課の方が2人お見えになり

家屋調査です。

 

約30分くらいでした。

 

ひとりが 図面をもって屋内を見て回ります。

もう一人が 税金の仕組みや ローン控除のお話しなどを

してくます。

 

私がこういう仕事をしている関係で

その辺りは ほぼ割愛して頂き

見学会の時のように 家の説明を熱く語ってしまいました。

 

水回り設備の数や形状、キチンの長さ(グレードは関係ない)

オール電化か、ソーラーパネルがあるのか。

などなど 評価ポイントは ある程度決まりがあります。

 

職員さんによって 評価額が変わらないようにする為

キチンとした「基準」が有ります。

 

 

職員さんの反応としては

見たことのない 外壁「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」が

何だこれ? って感じでした。

 

タイルでもなく、レンガでもなく

モルタルや コンクリートでもなく。。。。

 

マニュアルにないモノなので、少々考えていました。

 

全国で普及している素材でもなく

どこかのメーカーから購入しているのでもなく

自社開発・製造なので 知らなくて当然です。

 

まあ、評価は御任せするとして

クロスの柄やスイッチ、コンセントプレートの

クロス巻に驚かれながら 帰られました。

 

 

在来木造や鉄骨住宅、RC(コンクリート)住宅と比べても

「枠組み壁工法(ツーバイフォー&シックス)」は

算定単価が低く設定されているので

それ程固定資産税が高くならないのも

売るつもりがないなら 嬉しいメリットです。

 

 

 

次回はやっとやっとの 引っ越し・入居となります。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/02/06 - 19:48 |
2018-01-22

 

 

一足 早く  税務署に「住宅ローン還付」の申請に行って来ました。

俗に言う 「住宅ローン 控除 申告」です。

 

確定申告は 2月15日から3月15日までですが

自身で書類を整えて 提出するだけなら

2月15日以前でも 受け付けてくれます。

 

 


 

毎年の事ですが 確定申告の相談で

この日もかなりの行列です。

 

2月15日以降は、倉敷市なら 「イオン倉敷」などで。

岡山市なら 駅西口の 「ママカリフォーラム」だったり

大人数を収容できる 会場に移ります。

 

 


 

私個人としては 住宅ローン還付の申請は

2回目になります。

 

初めての住宅ローンを組んだ次の年に(25歳)

申告しました。

 

当時はハウスメーカー勤務でしたが

税金のことなど全く無知で

窓口で職員の方に教えてもらいながらの記入でした。

 

今回は 我が社の経理の全面バックアップにより

昨年まで自分でやっていた 「医療費控除」の申請と一緒に

整えてもらい 楽勝でした。

 

ありがとうございます。

 

 

 

なので、平成29年に 住宅ローンを実行し、

建物の引き渡しを受けられた方は

必要書類を揃えて 提出して下さい。

 

OB施主さんで ご不明な方は

担当営業に気軽にご連絡ください。

 

 

そうこうしているうちに

倉敷市役所 資産税課から

「建物 査定するから見に行くぞ!」のお達しが来ました。

 

ツーバイフォーなどの「枠組み壁工法」は

鉄骨やコンクリート

在来木造と比較しても 税額は少なくて済む場合が

殆どです。

 

それでも 評価額&税額を聞くまで

ガクガクブルブルです。。。

 


 

日時を決めたら 図面を用意して待ちます。

 

私は時間の融通が利きますが

土日しか時間が取れない方は ちょっと窓口の方と

相談して下さい。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/01/22 - 21:15 |
2018-01-10

 

エクステリア工事も 年明けから続きが進んでいきます。

 

サイクルポートの骨組みが立ちあがりました。

 


 

 

カーポートも同様です。

建物のサッシと同じく YKKapのプラチナステンカラーH2に

合わせています。

 


 

ちょっと変わった柱という感じですが2本一組のこんな柱が

左右で大きな屋根を支えています。

 

一般的な4本足のモノより

柱固定用の基礎工事は 少々大袈裟なものになります。

 


 

黄色い水糸がコンクリート土間の天場になります。

 

来週から 断続的に見学会の会場として利用しますが

コンクリート打ちの関係で、入り辛くなりますが

ご了承くださいませ。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/01/10 - 19:40 |
2017-12-27

今年最後になると思います。私のブログ。



1回目の見学会終了後の我が家の様子です。



エクステリア工事にかかりました。



・・・・とはいっても たいそうなことは出来ませんので

(予算的に。)殆どがカーポート関連と土間コン打ちと言う内容です。






今迄 ガレージで洗車した時には

排水は全て 道路を渡って向かいにある側溝に

流れる様になっていて、ご近所の車が

通行する際 水が跳ねてしまう状況でした。





今回は 道路と敷地の境目に小型の側溝を入れて

道路を濡らさず 排水経路に接続する形にします。







カーポートも 本当は3方囲んだガレージ型が希望ですが

色んな事情により YKKのカーポートを採用となりました。

ただし 一般的な横並び(M合掌)4本足ではなく

ゆるい片流れ形状の2本足タイプなので

その基礎工事が結構大袈裟になります。




約1m程度の幅で、深さも60cm位

掘ります。




とりあえず、我が家の工事は年内はここまで。



また 新年から続きをやって、2回目の完成見学会までには

格好にしておきたいと思います。











話しは変わって 12月はOB施主さん廻りで

見たクリスマスツリーをご紹介。





今年の忘年会にご参加頂いたT様に

景品として旅立ったツリーです。



T様の方で、飾り付けを追加購入して頂き

ゴージャスな雰囲気になりました。



建築前から 欲しかったというツリーを

手に入れて頂き 喜んだお子さんの写真も

送って下さいました。

喜んでいただけたのがなによりです。












こちらも 倉敷のF様邸のツリーですが

お子さんが見て見てと案内してくれてパチリ。








このお宅には、もう一つツリーが有って

それがコチラ。






お笑い芸人の 「野生爆弾」の「クッキー」の

顔がドーンと。



色んな意味で 破壊力が有ります。







それぞれのご家庭で

ツリーの楽しみ方が違うもんだなと。感じます。









そして 我が愛車マークX君の話し。。



年末の挨拶回りも有って タイヤの消耗が目に見えてきた今日、

リアタイヤに現場で踏んだと思われる釘が刺さっているのを発見!



エアーが抜ける前に見つけたことで

正月休みに惨事になることもなく

以前から ひっそり蓄えていた ブリジストン 「ポテンザ RE050

225/45R18」を引っ張り出し

急遽タイヤ交換です。






予備のストックとしては3本保有していましたが

内2本を交換しておきました。



リアタイヤのみ しっかり山が有ります。






フロントの2本は 新年あけてから

注文・交換の予定です。



サイズがサイズなので 値段がスゴイ!

コスパだけを考えて アジアンタイヤや

超ローコストタイヤを履かせるのは

どうしても嫌で。(はがき1枚の面積に命を預けるので。。。)







なんだか タイヤの費用を稼ぐために

仕事しているような気がしないでもないのですが

好きでこのサイズを入れてるんだし、

社用車が有る訳でもないので

仕方ありません。





そんなこんなで、 住宅ローン以外にも

新年早々 お金が飛んで行くのが決まりましたが

お蔭さまで 私自身健康に過ごせ

たくさんのお客様と

出会うことが出来、

しかも一緒に家づくりを

楽しんでいただける方々と仕事として関わらせて頂けることに

幸せを感じる1年でした。



来年も嬉しいことも、冷や汗をかくようなことも

一杯襲来してくるかもしれませんが

変わらず 「良い家」を造ることに邁進していきます。



コスミック・ガーデンの家の住人としての

トークの変化が有るかも知れませんし。。。







会社としては 明日28日が仕事納めですが

一足早く 皆様 良いお年をお迎えください。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/27 - 19:29 |
2017-12-15

 

水道の引き込みと共に

元々の位置から変更してもらいました。

 

玄関の南側 足元すぐだったので、少々奥にしてもらい

玄関北側へ。

 

昔は 13mm径でしたが

今の基準では 通らないので 20mm径に。

 

ここの判断は 各自治体によって変わってくるようです。

 


 

 

対して空きの無い 外周ですが

リンナイのハイブリッド給湯機 「エコワン」を設置しました。

 

一般的な エコキュートよりも スリムでコンパクトですが

この隙間では ちょっと通りぬけは出来ません。

 


 

エコジョーズだったら 薄いので大丈夫だったかも知れませんね。

 

 

 

システムキッチンには、まだシングルレバー水栓が付いていませんが

この後 「タカギ製 浄水器一体型エコ水栓」が

取り付けられました。

 


 

 

工事中に付いた 傷やへこみなど

補修専門の職人さんが入るので

マスキングテープで 指示する箇所をマーキングしておきます。

 

 


 

 

 

第1回目の 完成見学会 (要 予約制)も既に

定員オーバーで満員御礼の状態です。

 

ご予約いただいた皆様には

既に地図などをご案内しておりますが

JR倉敷駅 北口が近い昔からの狭い住宅街の中と言うことで

現地に十分なスペースが有りません。

 

高校交通機関 もしくは付近の駐車場をご利用いただく

様になりますが、なんせ クリスマスの前週末と言う事も有り

三井アウトレット倉敷やイオン倉敷を目指す車で

我が家周辺は 大渋滞を覚悟しなければなりません。

 

駅北口へ向かう道路は 広島方面からも 大阪方面からも

かなり混雑する上、

見学終了後 特に倉敷インターチェンジに向かう岡山方面行きが

酷いことになります。

 

 

いつもより かなり時間に余裕を持ってお越しくださいますよう

お願い致します。

 

普段から週末は 渋滞発生が普通なエリアですが

今週末はまた 一段と激しいかも知れません。

 

気温もかなり低いと予想され

高気密・高断熱住宅を体感頂くには

もってこいなのですが、渋滞にハマって

イライラしたり 焦ったりして まして事故など起こしたら

最悪です。

 

充分に気を付けて ゆったりしたスケジュールで

家を出て下さいませ。

 

直前のお知らせでした。

よろしくお願いします。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/15 - 11:38 |
2017-12-12

 

ついにこの日が・・・・。

 

2度目の住宅ローンの契約手続きです。

 

正式名称 「金銭消費貸借契約」という堅苦しい名前ですが

この手続きが 本当に金融機関から「お金を借りる」という事になります。

 

 

借り入れる先は 地方銀行です。

一定の条件(建物の高性能を証明する公的なモノなど)を

クリアすると 金利を店頭より下げてくれます。

 

その昔 平成3年に借入を起こした住宅ローンの金利と比べると

約6分の1の低さです。

サスガ、超低金利時代です!

 

 

フラット35や メガバンク、ネット系銀行や

岡山県内に本拠を置く たくさん支店を構える

銀行など 多くの選択肢があります。

 

住宅ローンも金融商品です。

 

その時期時期で、金利や保証料・手数料など商品として

変わりますので、どこどこの銀行が常に一番と言う

判断は危険です。

 

常に各行の商品を見渡し、金利だけでなく 建物の担保としての条件や

手数料・保証料の料率を確認してくべきだし、

借主側の年収や職業によっても

借入先の選定が変わることもあります。

 

各銀行は ある特定の職業や資格を

持った人には 店頭ではおおやけに出来ない

低い金利を出してくれることが殆どです。

 

私の場合関係ありませんでしたが。

 

 

 

 

そんなこんなで、ここの応接で

手続きです。

 

 


 

「個人情報」の扱いや、「コンプライアンス」、

「反社会的勢力に対する・・・」など

年々 書類や確認事項が増えており

面倒になるばかりです。

 

・・・これも時代なんですね。

 

 

 

私の場合、古い建物を解体しての

「建て替え」になります。

 

土地も私の名義になっているので

「抵当権設定(担保にとる)」のために

土地の 「不動産登記権利情報(以前の権利書)」を

司法書士に預けます。

 


 

 

この中にある 古い建物の登記情報(権利書=既に存在しない建物なので

滅失登記済)を使って。。。

 

普段 施主さんにも 「絶対開かないでください。」とお願いしている

識別情報の「袋とじ」(数年前までは 一度剥がすと 再度貼りつかない

シール方式でした。)を試しに開けちゃいました。

 

 


 

この様に QRコードと 10ケタの 数字と

英単語が記載されています。

 

 

ここを開けるのは 司法書士が 権利の移動や

売却時、担保先の変更など 法務局への申請が

有るときのみに行います。

 

決して 面白半分で開かないように。

なにか 罰則などが有る訳ではないのですが

色んな意味で安全のためです。

 

 

まあ、滅多にない 「登記識別情報」の御開帳を

やってみたの巻きです。

 

 

手続き自体は 約1時間程度で終了です。

 

ご夫妻で共有名義で借り入れたり

土地所有者(担保提供者)が親御さんだったり

関係者が増えると それだけ書類が増え

署名捺印個所も増えるので 2時間程度を要することもあります。

 

 

 

 

さあ、年内に資金実行をして

来月から 住宅ローンに追われる日々が また始まります。

 

同じ ローンに追われるなら、快適で安心で 高性能な満足度の高い

家と引き換えにしたいものです。

 

気持ちよく 毎月の引き落としされた通帳を眺めたいものです。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/12/12 - 19:46 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp