家づくりのウラ・オモテ

雑談 の一覧

2018-10-01

 

先週末の台風24号にも 警戒しました。

日曜日のお昼頃から緊急メールが

ちょくちょく鳴っていました。

 

夜は倉敷エリアでは

高梁川の警戒水位や真備町を中心とした

広範囲に渡っての避難勧告など

何度も緊急メールを受信しました。

 

皆さんの お宅では 何も被害はなかったでしょうか。

 

 

西日本豪雨災害から早3カ月を過ぎ

条件が整ったお宅から

ドンドン 復旧工事(建て替えやリフォーム改修工事)が

始まっています。

各 設備メーカーのショールームでは

平日でもかなり混雑し 土日祝では

1カ月前でも 予約が難しい状況が続いています。

 

タカラスタンダードの担当者さんによると

1年前と比較して 岡山ショールームで約2倍。

倉敷ショールームに至っては約3倍の来場者数との事。

 

他社でも似たような、若しくはそれ以上の増加率の様です。

 

問題は 被災地区での人手不足からくる

「単価の上昇」です。

 

物資の高騰は 普通考えられませんが

大工始め 職方の人手不足は深刻

もともと不足していたのに 追い打ちをかけた状況です。

 

となると 日当や作業賃の上昇や

普段では相手にされないレベルの限りなく「素人」の

職人風な人たちが大量に流れ込んで

テキトーな仕事で撤収してしまう怖さ

あります。

 

平成以降の 消費税増税時の駆け込み受注後に

毎回起こる現象と酷似しています。

 

また 大工など職方に聞いてみると

「一度 被災地に入って仕事してると 近隣から

声をかけられて 一旦抜けると言う事が出来なくなる。」

 

「もともと受けていた新築や、リフォームなどがあっても

戻れなくなることがあるなら 最初から行かない。」

といった声も有るほど。

 

確かに 時間が経過した現在でも

見通しが立たない、業者が居ないなど

将来に非常に不安を抱える方が多く、仮設住宅の期限の

2年以内に全て終わりたいという期限を切られた「焦り」が

強いと感じます。

 

また、そこに漬け込む業者が潜むのも事実です。

ずっと職人不足が 「合言葉」のようになっている業界では

早く工事にかかるので 割高。

すぐに完成させるので 割高。

この復旧を 大儲けするチャンスとばかりの動きをするする

業者もあるようです。

 

当社で建て替えを検討されている

被災地の方は 最初 焦っていたかもしれませんが

今はどっしり構えて じっくり考えていこうとされてます。

 

被災したが、新しい家を建てる期会を得たとかなり

「前向きな」心境になられている方が多いです。

※この心境は 各案件や施主さんの様々な状況によって変わります。

こうなれない方々が多いのも事実。

 

何かと 慌てても良い事にはならないので

流されないように 気を付けて生きましょう。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/10/01 - 16:00 |
2018-09-07

 

今年は次々に 自然の力を見せつけられて

今迄 当たり前の生活や経済活動が

いかに有難い事だったのかを思い知らされる

災害が続いています。

 

先日の近畿地方を襲った台風21号の被害で

数社の大手ハウスメーカーにOEM生産で

内部建具やフロア材など を供給する

建材メーカーの工場が浸水し

影響が拡大しているという状況。

 

 

北海道の震度7というすさまじい揺れで

広範囲に渡って被害が出ていますが

インフラ被害や空港などの影響が

構造用合板や、おなじみYKKapの樹脂トリプルガラス

「APW430」の生産と出荷にも

影響が出そうと言うことで

私達も 遠いところの出来事では済まないかも

知れないと感じています。

 

西日本豪雨災害では

やっと 個人宅や店舗の復旧工事が始まり出したところです。

 

とにかく 大工はじめ 職人が不足という

ことで 工期が未定や見えないという

同業者の話しを良く聞きます。

 

 

長らく避難生活や、被災地を離れ

一刻も早く 元の家で生活再建を果たしたいという

被災者の方々の気持ちが解るので

非常に歯がゆい気持ちが強くなります。

 

とは言え、コスミック・ガーデンはあくまで

新築の注文住宅を専門として 手一杯の状況なので

これ以上は受け止められないのですが

なにかと思い通りに進まない現状に悔しい思いです。

 

 

大阪・京都・北海道で

被災された皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

・・・さて こんな状況の中

消費税10%にアップは実現できるのでしょうか。

してもいいのでしょうか。

 

住宅展示場では 消費税に間に合うようにと

かなり 煽り始めているようです。

 

 

税率アップに伴う負担は結晶安くは無いですが

煽られて 焦らされて よく検討しないまま

失敗に終わるマイホーム造りなら

2%アップしても 納得いく家づくりをした方が

結果 精神的にも経済的にも

安くついたと考えることが出来るようになるかも知れません。

 

なにかと 騒がしい日本国内ですが

一度立ち止まって

ゆっくり考えてみることをお勧めしておきます。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/09/07 - 18:46 |
2018-08-31

 

ゆっくりですが何とか進めています。

 

隣家の火災によって被害を受けたお宅の

復旧工事。

 

保険会社との交渉も まずまずの結果を得られて

心置きなく工事を進めて行けるようになりました。

 


 

サイディング外壁等は 商品の寿命が短く

すぐにモデルチェンジや廃盤を行うので

数年で同一のモノが入手できなくなってしまいます。

 

写真の上部に写る白いのが新品。

下にあるのが被害を受けた既存品。

 

よく見ると デザインが微妙に違います。

 

 

 

 

 

モルタル外壁の部分も補修します。

剥がしてみてから解る被害状況も有りますので

臨機応変に工法・素材の検討などを済ませなければなりません。

 


 

 

 

こちらは 7月豪雨災害の真備町のお宅。

 

施主さんも一緒になって解体作業や撤去搬出を

してくれました。

 

私なんかよりずっと 動けて 素早い処理をしてしまいます。

 


 

施主さんなりに 基礎の掃除をしてくださったのですが

再度 高圧洗浄機(エンジン駆動)で

水洗いです。

 


 

見た目 それなりに綺麗に見えていたところでも

これで洗うと泥水になります。

 


 

傍で 水用の掃除機2台で 廃水を吸っていきます。

そして乾燥期間をおいて

「オスバン」を噴霧器で処理をして

木部の消毒を行いました。

そしてまた乾燥。

 

川辺のお宅では、お盆前に大工さんが一気に

床の解体と設備の撤去を行いました。

 

ツーバイフォー住宅で大引きを残し

ほぼ裸にしました。(1階)

 

今も2階でお住いの施主さんはずっと不便な生活をしいられていらっしゃいます。

災害時の恐怖の体験なども

色々お聞きできました。

 


 

それにしても ハウスメーカーの

アパートの復旧の早いこと早いこと。。。。

 

 

「借り上げ家賃保証」などの事情もあるのでしょうが

とてもしっかり「乾燥」出来たとも思えない

スピードで復旧工事完了で

入居者が入って居そうです。

 

湿気やカビの問題は起きないのでしょうか。。。。

 

 

本来の新築の注文住宅工事も

なんとかかんとか 進めながら

今回のような案件も放っとけは出来ません。

 

当社と関わる全てのお客様に

時間的な猶予を頂きながら

少しづつ 進めて行っています。

 

色んな事をお待たせさせ過ぎているかも知れませんが

暖かい目で見てやってください。

 

8月も終わります。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/08/31 - 19:07 |
2018-07-25

 

甚大な被害を出した 西日本災害以降

雨が降ることもなく

毎日 真夏日が続き 過去最高の救急搬送件数を

記録すると毎日ニュースが流れます。

 

被災地だけでなく

いま、全国的に 「エアコン工事」について問題が発生しています。

 

と言うのも、サスガにリビングだけのエアコンでは

どうにもならない、暑くて眠れない。

と言うことで 追加の1台・2台。

 

若しくは 古いエアコンがこのタイミングで故障し買い替え。

と色んな理由がありますが、

とにかく エアコン需要が凄いとの事。

 

常に大量の在庫を用意し、提携委託の電気屋さん(職人さん)も

毎日4から5台を取り付けをこなしている大手家電量販店さん。

(これくらいの台数をこなして行かないと 割が合わないらしい。

細かな作業や丁寧さよりスピードと効率が重要!)

 

そんな 体制の大手ですら、注文後10日から2週間程度

待たなければ 設置作業に来れないという状況だそうです。

 

また エアコンメーカー自体も フル生産しているようですが

型番によっては 欠品状態で

納期未定や 全国の在庫を探し回ってるという状態のようです。

 

エアコンに限らず この猛暑続きで

様々な製品の生産が追い付かなかったり

農産品に至っては 供給の不安定さと高騰がすでに

出ています。

 

今 倉敷をはじめとする岡山県南では

酷暑による作業効率の悪化や 災害復旧の為に

とにかく 工事が遅れ気味で

職人不足、人手不足が深刻化しています。

 

それも日に日に。。。って感じで。

 

早めの工事や 曜日指定など

ユーザー側のご希望も有ろうかと思いますが

それらを考慮すると 一体いつの話しになるのやら。ってところです。

 

全ての 建築・土木関係者や

職人たちは 今 フル回転で 色んな事を進めていこうと

頑張っている筈です。

 

ご依頼頂く 全てのユーザーさん、お客さんに

その辺り ご理解を頂きます様 お願い致します。

 

同業者・同業他社さんからも 上記のような声を沢山聞いているので

彼らの代弁も兼ねて 書きました。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/07/25 - 20:54 |
2018-07-20

 

毎日毎日 暑いですねー。

TVのニュースでも、熱中症と最高気温の話題が

多くの割合で放送される日々が続いています。

 

愛車の外気温が ついに初めて見る気温を

表示しました。

 


 

外気温も凄いですが

オドメーターの数字もそこそこ凄いのでないかと。。。

 

 

黒いクルマなので エアコンの調子でも悪いのかな?

というくらい 日中は効きが落ちます。

夕方からは 底冷えする位 よく効いてくれますが。

 

フロントガラスを 遮熱型に交換している効果も

実際のところ この猛暑ではわかるようなわからない様な・・・。

 

 

いずれにしても 8月中旬ころまで

続きそうな この暑さ。

 

外で働く人は勿論

屋内の冷房ガンガンな職場で働く皆さんも

内外温度差にやられないように気を付けて下さい。

 

また、高気密高断熱住宅でないお住まいの方は

エアコン切った後の寝苦しさに。

かけっぱなしで 体がだるくなる辛さに

負けないように 頑張ってください。

 

という 上から目線な 労いの言葉。

 

様々な 暑さ対策が あるようです。

それぞれに 合った 実践しやすいものを

選択肢しながらこの夏を乗り切りましょう!

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/07/20 - 18:41 |
2018-06-18

 

今朝 大阪府北部を震源に

震度6弱 という大きな地震がありました。

 

平成7年の 「阪神淡路大震災」 ほどでは

無いようですが 近畿圏と言う近いエリアでの

地震に 恐怖しています。

 

小学生を含む数名の被害者の御冥福をお祈りするとともに

数百人以上と言われる 被災、避難されている方にお見舞い申し上げます。

 

 

朝のニュース番組が速報として

内容変更して大阪の状況を伝えていました。

 

新幹線は勿論、在来線も運転を見合わせたり

空港も安全確認が出来るまで離発着出来ないとか。

 

阪神エリアの高速道は全面通行止め。

初めて 車の通っていない阪神高速のの画像を見ました。

(一般道は大渋滞ですが。)

 

 

学生時代の友人・知人に 被害状況や

安否など SNSなどを使って確認出来ました。

 

大阪南部に居住する人たちは

全く 普段と変わらない感じで被害も無く

(交通機関は別)安心できました。

 

北部エリアでは けが人などはいませんでしたが

家屋に被害が出たり、学校や職場も含めて

不具合が出たりと。。。

 

送信してくれたいくつかの画像です。

 


駅ホームのデジタル看板が脱落しています。

 

 

モルタル塗りの外壁に

縦方向にクラック。

 

 

よく見るとサッシコーナー部分にもクラックと

サッシ枠と外壁との間に隙間が見えます。

 


 

 

基礎立上りとサッシの間のモルタル外壁が

剥離しています。

 


 

この建物の隣家は屋根が落ちているようです。

 

屋内でも 家具や食器類に被害が出ているようです。

 

 

関西エリアに 配送拠点や倉庫を持っていたりする

商社やメーカーさんからも

既に 納期の延期や未定との連絡がゾクゾク入って来ています。

 

離れていても 岡山の私達の仕事にも影響は出ています。

 

 

 

大阪では観測史上初の 巨大地震だそうですが

不意を突かれる地震には なす術が有りません。

 

岡山に至っては、「地震が無い県」(・・・広島県も近い感覚かも)

位に思っている人たちと 同業者(建築業)の多いコト。

 

 

今回の地震を 自分たちの事と落とし込んで

施主になる人たちも、建てる側の人たちも

改めて 耐震性の高い工法や建物を考えておかなければならないと

肝に命じておいてほしいと思います。

 

 

今回の 大阪北部地震で これ以上 被害が広がらない事を

祈るばかりです。

 

posted by 妹尾 | 2件のコメント | 雑談 | 2018/06/18 - 16:39 |
2018-04-26

気が付くと あっという間の3週間。

更新できずにいました。



ちょっと異常なくらいの 忙しさに

振り回されておりました。 すみません。。。。





またまた仕事の話しではなくなりそうですが、

更新できていなかった期間に有った出来事を

一部かいつまんで・・・。









引き渡し直後のお客様宅にお伺いする途中

出くわした火事。





ほぼ鎮火したところだとは思いますが

地元消防団さんが

多数駆けつけ 消火に当たったり 交通整理をされていました。



たまたま現場近くに 貯水池があったので

何本ものホースが 池の水を吸い上げていました。




 

類焼も無さそうで 人的被害も無いらしく

ホッと一安心。











ある特命により

ある品物を 兵庫県尼崎の現場まで 運搬・取付を行う仕事が

入りました。

今回は スタッフの内藤君がドライバーです。







開通したての 新名神高速道路を 物珍しさで走ってみました。



詳しい方はお分かりかと思いますが

「尼崎」に向かうには この新名神は使わない方が効率的なのですが

真新しい道路を見ると つい 突っ込んでしまう悪い癖を持った二人なので

仕方ありません。




宝塚北サービスエリア」は もうSAの感じではなく

かわいい アミューズメント施設のような外観です。

(写真撮り忘れました汗)



この連休は 大変混雑するとは思いますが

足を運んでみて下さい。





こちらは また別のSAにて。

たぶん、土足禁止車の悲劇。




スニーカーがポツンと1足。



私が免許を取ったころにはよく見かける光景でしたが

まさか平成30年に またお目にかかれるとは

思ってもみませんでした。



駐車時で見つけ、休憩が済んで戻っても

まだこの状態。



混雑してきた パーキングでもさすがにここに

駐車しようとする車はいません。



その後 どうなったかは知りません。







事務所内では、スタッフの岡本・内藤コンビがゴソゴソ。



採用を検討中の 建材(透湿防水シートの類)の

実験です










メーカー側が言う通りの性能や効果が

得られるのか。



データは勿論、自分の目と感覚と実験結果をもって

判断します。



合格・採用と判断した場合 いつ頃、どの現場から変更するのかは

まだ未定ですが 「予告なく仕様を改良・変更する場合があります。」

という常時アナウンスするコスミック・ガーデンの建物です。








私も新居に入って 約3カ月。



住み心地は勿論 これから家づくりされる方や

細かなところで選択に悩まれるときに

もしかしたら参考になるかも知れない

「重箱のスミ」的なこともボチボチアップしていきたいと考えています。



今年は 運悪く(?)町内会の役も回って来て

公私共に ちょっと頭痛くなるくらい

忙しい1年になりそうです。



皆様、お手柔らかにお願い申し上げますm(__)m





頻繁なアップは難しいと思いますが

建築日誌を優先しながら 頑張ります。。。。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/04/26 - 20:49 |
2018-04-04

 

 

ある意味すっかり事故被害の常連となってしまった

南区のOB施主さん宅。

 

保険会社さんのGOサインも出て

無事に修復完了です。

 


 

良かった良かったと言いたいところですが

実はこの修復工事の原因となったあの交通事故のその後

もう2件の自動車事故がココで発生したそうです。

 

2件とも人命に関わる様な事故では無かったそうですが

一旦停止の「とまれ」を無視したことが原因の車同士で

ご近所のお宅にご覧のように突っ込んだようです。

 

 


 

衝突箇所から結構な距離を吹っ飛んでいますよ。

 

事故現場を見た施主さんからは

「大きな音がしたから またウチかと思ってみたら

1台は近所の塀に行ってました。」

との事

 

もう1件は 老人の運転する車が衝突で横転。

孫?と見られる子供さんが 脱出出来ずパニックになっていたそうです。

 

 

 

さて気になったのは ここでOB施主さんから聞いたこの1件目

事故後の状況です。

 

若い男性が双方の運転手で、事故直後お互いの状況や

怪我の有無などを確認することなく

道の真ん中で事故車はそのまま。

 

双方車の中から出ることなく

ずっとスマホで電話しまくり。

 

通行の邪魔にならないように車を移動するとか、

相手方の状態を確認するとか。

全くなし。。。。

 

 

一応、自動車教習所では何をしなければならないかは

授業のなかに有った筈。

 

若者が初めての事故でパ二くる気持ちも分からないでもありませんが

社内籠城状態がかなりの長時間だったそうです。

 

この日 事故があちこちで多発したらしく

110番してパトカーが現場到着するのに

凄く時間が かかったそうで

それまでずっと 上記のような状態だったそうです。

 

怖かったのか、

事故の相手と話すのが嫌だったのか

なんだかなあー。

って感じです。

 

その分、現場の交通整理を ご近所の皆さんで

されたりと 大変だっとそうです。

 

事故って、当事者以外にも

廻りに結構迷惑を掛けるんですよね。

 

この 交差点は 問題が多いのは

近隣住民の皆さんが指摘するのですが

何やかんやの法律も有り

このままがずっと続いています。

 

この様な 交差点や危険個所と言われる

所は他にも沢山あります。

 

自分が気をつけても 不注意なドライバーに

やられてしまう事も有るかも知れません。

 

自分の身は自分で守る 如く 慎重に運転していかなければと

改めて考えました。

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/04/04 - 20:52 |
2018-03-24

 

今回のお話しは、少々オカルトというか

スピリチュアルな内容なので、興味のない方

否定的な方はスルーしてください。

 

 

 

 

先日 ある神社の宮司さんとお話しすることがあり、聞いた話です。

 

 

職業柄 当然地鎮祭や 新築入居前の

お祓いで 敷地や新居にお伺いすることが多いのですが

その宮司は 「刀」を使って邪気祓いや

「魔」を斬ったりする作法を取ります。

 

地鎮祭では 土地によっては 何かと邪魔する「気」や

滞っている「気」があるそうです。

 

新築の建物(リフォーム後の物件もあるそうです)でも

同様で 「斬る」 作業が必要な事が多々あるそうです。

 

依頼主である 施主さん(場合によっては工務店など家を建築する

立場の人も指します。)には 詳しく解説しないそうですが(やみくもに不安を与えたくないので。)

数回から数十回「斬って」何とかなる物件と

百回以上「斬らなければ」ならない物件もあるそうです。

 

 

統計的に見た場合、宮司曰く

『「本物の木」が使われていない建物はやはり

「斬る」回数が多く大変。』

とのこと。

 

在来木造やコスミック・ガーデンの建物など

構造体に無垢材が使われていたり

無垢のフローリング材や無垢材のドアなど

「生きた木」を使って建っている建物は

「斬る」回数が少なくて済むらしいのです。

 

 

鉄やコンクリートの躯体に

合板フロアや「新建材」と言われる材料だけで

建てた建物は 色んな「気」(ここでいうのは邪気や魔?)が

寄って来やすいとの事です。

 

また、殆どの場合 入居してすぐに何かと

支障や現象が出てくるらしく

すぐに解るそうです。

 

実際 その宮司さんに 入居後のコスミック・ガーデンの建物に入って

もらいましたが、

「いい雰囲気で 気もいいし、問題ありませんね。」

と言って頂けました。

 

 

家相・風水も含め

「迷信」と放り出していいモノばかりではありません。

 

全てを鵜呑みにしたり 頼り過ぎてしまうのもいかがなものかと

思いますが、先人たちが築き上げて来た

知恵と忠告として 聞く耳を持つことは大事ではないでしょうか。

 

 

 

初詣や墓参りで

自分勝手なお願いごとばかりするよりも

余程 為になると個人的には思います。

 

 

自分に不利益な事が起きた時 なんでもかんでも

それら目に見えないモノのせいにするのも

おかしな方向に向かうきっかけになってしまうので

これまた注意が必要です。

 

 

また、機会があればその宮司さんに

地鎮祭などお願いしてみたいと思っています。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/03/24 - 19:06 |
2018-03-01

 

今日は爆弾台風並みの強風が早朝から吹き荒れた

岡山ですが、皆さん被害はありませんでしたか?

 

強風(春一番?)の被害と言う訳ではありませんが

午後 瀬戸中央自動車道を児島方面に走っていたところ

「強風のため瀬戸大橋通行止め」の表示とともに

いきなりの渋滞。

 

最後尾の車がハザード点滅で 追突の注意喚起してくれていました。

私も続いてハザード焚きながら停車。

 

あっという間に後ろに車の列が出来上がります。

 

全ての車が 「児島インターチェンジ」で下車する様に指示があります。

黄色と白の パトロールカーや 矢印看板をたくさん積んだトラックも

応援に駆け付けます。

 

 

仕方ないので 辛抱強く渋滞解消を待っていたところ

やっぱり出てきた 「路側帯」を突っ走る輩。

 

 


 

阪神高速や名神高速など 渋滞が日常茶飯事の場所でも

最近はあまり見かけなくなり、大型連休など

レジャー車やサンデードライバー大量発生時に見かけるヤツです。

 

勿論道路交通法17条違反、車両制限令9条 違反で

2点・反則金6000円〜12000円になります。

 

 

 

緊急車両の通行や非常時の停車スペースなので

割り込みやエスケープ用に作られたわけではありません。

 

 


 

それでも1台 突っ走ると 続く2台目、3台目が生まれてきます。

 

プロドライバーであるトラックは無かろう。と思いきや

2トンから8トンクラスも何台か混じります。

 

こんな時に 白黒パンダカーがさっそうと現れれば

スカッとするのですが。。。。

 

 

結局、先に入ったところで本線渋滞に おずおずと割り込ませてもらいながら

の 少々恥ずかしい結末になるのですが。

 

 

私はこう見えても 公共のマナーやルールを守れない。

暗黙の常識的空気な周りに迷惑を掛ける行動をとる人間が

かなり嫌いなので、自分ではそこらへん厳守しているつもりです。

 

例えば 車いすなど障がい者専用パーキングに

元気そのものの人が 悪気も無く駐車するとか・・・。

 

2台分の駐車スペースにまたがって停めたり、極端に曲がって駐車したりが

結構許せないタチなんです。(一部ではDQN=ドキュン停めとも言うそうです)

 

ネット上も含め それぞれに言い分が有って

屁理屈こねて炎上する場合もある

テーマですが、「他人のふりして我がふり直せ」・・・(だったかな?)を

肝に銘じる今日この頃です。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/03/01 - 19:54 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp