家づくりのウラ・オモテ

家づくりのウラ・オモテTOP > お客様に関するコト

お客様に関するコト の一覧

2018-07-10

 

被害を受けた OB施主さん宅の状況確認

(火災保険を使う場合の提出資料の一部として写真が多く必要となることがあるため)

や床下に溜まった 汚水の排出などの作業の為

倉敷市真備町中心部と総社市の西部に入りました。

 


 

あちこちの部隊から救援活動にきてくれている

自衛隊の車両たち。

ボートを何漕も重ねて運搬していました。

 

 

高梁川を渡るまでの 大渋滞と渡ってからの限られた

生活道路に流入している車で

目的地までにかなりの時間がかかりました。

 

地元住民の方も 同様に渋滞にはまるので

かなりイライラが募ると思います。

 

 

総社市内で アルミ工場が爆発事故を起こしましたが

そこからすぐ近くのお宅とその周辺です。

 

 


その被害の大きさから 想像を絶する爆発(爆風?)の

大きさが伺えます。

 

近隣住宅の一定方向のガラスが全て飛散しています。

また 焼けたアルミの塊や、石(岩と言っていいくらいの大きさ)が

広範囲に飛び散り 瓦やソーラーパネルなどを

破壊しています。

 


 

 

中には焼けたアルミの塊が原因で 火災になったお宅も有るようです。

 

このあたりの住民の方々のほとんどが

避難所などに 避難して居た為

人的被害がそれほどなかったようですが

それでも 家の中で爆風により割れたガラス片を受けて

救急搬送された方もいらっしゃるようでした。

 


 

 

構造躯体や、外部のパーツ類、浸水の度合いや

サッシの状況などを記録。

 


 

 

約20年前の建物でコスミック・ガーデンとしては初期のモノですが

当時から 「トステム サーマル」という

ペアガラスのアルミサッシで、内外枠を「サーマルブレイク構造」という

熱伝導しにくい構造の当時トップクラスの性能をもった

アルミサッシを採用していました。

(西日本では当時 ペアガラス自体が非常に珍しい位の状況でした。)

 

 


 

そんなサッシが ご覧のような有様です。

 

 


 

 

隣の在来木造のご実家も

屋内はご覧の通り。

どこから手を付けていいものか・・・。


 

床にはガラス片が山積みに。

 


 

施主さんとも 少しお話しが出来て

当時の状況も少し解りました。

 

勿論コスミック・ガーデンとして

現状復旧に努めます。

 

 

次は真備町内の施主さん宅。

基礎の中に 水が溜まっていますので

幸い通電している地域の為

電動ポンプで 排水します。

 


 

「基礎換気口」が有るため 開口部の下端までで

水位は必ず止まります。

 

それでも約20坪の基礎には

大量の水が溜まります。

 

これが「基礎断熱工法」や、「基礎パッキング工法」だったらと

思うと少しゾッとします。

排水完了後もなかなか 床下の乾燥は

すぐには難しくなる工法のようです。

 

 


 

 

 

 

床上浸水でしたが 写真のようにフロアから

約1cm程度。

クロス類に直接の被害はありませんでした。

 


 

今後は 掃除や消毒などの手順で進んでいきますが

この日は ここまでがやっと。

 

消毒用アルコールが現在 入手困難な状況の様ですので

取り扱いには多少注意が必要ですが「塩素系漂白剤」で

拭き掃除も必要かもしれません。

 

後は 無色の「ホウ酸塩」を噴霧し

木材の保護と 腐朽菌の繁殖防止 & 防蟻処理をしておく予定です。

 

 

 

帰還中 また渋滞の中ですが

川辺橋近くのバス停にて。

 

スレートの屋根の上に ドラム缶やコンテナや木材が・・・。

水位の高さを物語っています。

 

 


 

ありえないところに 物置や車が有る光景を

沢山目にしました。

 

片付け作業に追われる

被災された住民の方々の

疲労したお顔と、絶望感。

そして ピリピリとした空気感。

 

今後の事なんかすぐには考えられないと思いますが

今目の前にある現実と戦わなければならないと言うのは

事実です。

 

少しづつ私の廻りでも出来る範囲で力になれるように

行動に移している方も出て来られています。

 

コスミック・ガーデンとして どこまでフォローできるか

試されているような気がします。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2018/07/10 - 21:15 |
2018-07-08

7月6日から続いた大雨被害を受け

亡くなられた方 御冥福をお祈りいたします。

また 甚大な被害を受けた皆様には 心よりお見舞い申し上げます。



7日㈯ 仕事で 福山市内まで行くことがあり

山陽道は勿論 あちこちの道路が 通行止めになっており

尋常ではない大渋滞の中 約2時間半かけて

福山市内にたどり着きました。



その後 総社市内の工場爆発事故により

コスミック・ガーデンのOB施主宅が被害を受けたので

現状確認するよう連絡があり現場に向かいました。



途中、被害が報告されたり 避難指示が出ていたエリアのお客様宅を

訪問し無事を確認したり

LINEや電話で 施主さんたちに 状況確認していました。



岡山の3大河川の一つ 高梁川も写真のように

水位があがり、濁流が流れています。

中州は姿が見えず 流木や大型ごみが所々に

ひっかかっています。





田んぼと道路の境が分からなかったり

土色の水が流れて スタックしそうな農免道路などを

抜けていきます。













爆発した工場ですが 近隣の新しいコンクリートプラント工場の

外壁も ほとんどが吹き飛ばされ

現場には 火事場とは違った 独特の「臭い」が立ち込めていました。





二次被害や水位が下がらないと言う理由から

警察や消防に 侵入を禁止にされていました。



施主さんには 簡単な状況と 避難場所などの確認を取りました。



施主さんや 商談中のお客様には

警察官・消防署・地方自治体の職員さんが多く

皆さん 緊急招集や 出動がかかり大変なようです。



家に帰れない、出勤先で被災し 救助を待っていると言う施主さんもいらっしゃいました。

私個人で何か力になれることが出来ないのが

悔しいです。



それからも 可能な限り 水位の高いエリアの訪問をしました。

家の前まで行けないお宅も有りました。







倉敷市松島にある 「川崎医科大学」周辺には

他県から応援に来てくださっている

消防関係の車両が数十台集まっていました。



ドクターヘリや、県のヘリなど せわしなく

離発着しているのも目にします。





応援や救助に駆けつけてくれる 消防や自衛隊車両を見ると

目頭が熱くなってしまいます。





お客様の自宅が 2階まで浸水するなど

被害の報告が入って来ています。



床上・床下浸水も それなりに被害件数がありそうです。



逆に コスミック・ガーデンの基礎や床の高さ。

設定したGLを高くしたのが幸いし

隣家は浸水したが 自宅はギリギリ無事だったとの報告も

あります。



今後 可能な限り 復旧へ向けて協力していきます。

間違いなく 人と資材の不足の問題が出てくると思います。



新築工事中の現場にも何かしら影響を与えそうな

今回の事態ですが、私達も出来る限りの対応はしていきますので

関係各位の皆様のご理解とご協力をお願い致します。

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2018/07/08 - 19:14 |
2018-02-22

 

一昨年の夏以来の 緊急連絡を頂いたある日の午後。

またまた冷静な話し方で「妹尾さん。6回目です。今回はうちの車もやられました。」

 

 

たまたま 国道2号を走っていたので、比較的早く

現場に到着できました。

 

県警の方も到着していましたが

パトカーはまだのようです。

 

 

現場はご覧の通り。

 


 

 

ダイハツ タントカスタムが横倒しに。。。。

 

リアガラスは飛び散り 様々なパーツが飛散しています。

 

これまた 手慣れた感じで

施主さんとご近所のみなさんが

ガラスの破片など飛散物をほうきで掃いていました。

 


 

タントの相手は 業務用ワンボックスでした。

詳しい事故の瞬間は分かりませんが

太めの鉄筋とコンクリフル充填した

化粧ブロックが見るも無残に破壊されています。

 


 

 

倒れた門柱(アコーディオン収納用)が 施主さんの愛車に

直撃です。

 

倒れたアコーディオンも見えます。

 


 

 

右前に倒れ込んだ ブロック柱は

フェンダーやボンネット・バンパーやライトを含め

かなりの広範囲にダメージを与えていたのが確認出来ました。

 


 


 

 

玄関や奥のテラス屋根の方まで

細かなガラス片が飛んで行ってました。

 

どうやら 救急車で運ばれるほどのけが人は

出なかったようですが、当事者は気が動転していて

後々痛みが出るかもしれないと

廻りの皆さんが病院に行くことを強く勧めていました。

 

 

そうこうしているうちに、210系 クラウンの白黒パトが

到着です。

 

これまた 手際よく現場確認と 事情聴取(?)を始めました。

 

 

私としては 損害保険での復旧に向けて

現場写真の撮影と 工事個所の確認が終わったので

撤収です。

 


 

 

この日 すぐに損害保険会社の担当者さんから

連絡が入りました。

 

普段の仕事とは 別にイレギュラーな 事案も処理しなければ

なりませんが、これもアフターサービスの一環として

個別に進めていきます。

 

 

それにしても 人身に係る事故にならなくて

良かったとホッとすると同時に

これほど 事故が多発するのに

「信号機」が設置できない(基準に満たないらしい。)のが

歯がゆい感じです。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2018/02/22 - 19:26 |
2017-09-18

 

今回の台風18号、久々に岡山県内でも

緊張が入った気がします。

 

エリア警報メールが バンバン入った日曜日でした。

 

 

平成16年8月末の台風と大潮が重なった時の

県南沿岸の浸水被害が大きかった記憶が強く

今回の18号でも 早々に「避難準備」 や 「避難勧告」が

発令され OB施主さん宅に被害が出ないかと冷や冷やしていました。

 

今日の祝日。

朝から 倉敷市児島の工事中の現場に始まり

児島地区~玉野市宇野~田井地区まで

被害状況の確認に走りました。

 

17日㈰ 昨日の夜 強風とドシャ降りの中

所用で車を走らせましたが、その時の状況が嘘のように

穏やかな瀬戸内海の風景です。

 

 


 

台風直後独特の抜けきった空気感で、香川側のコンビナートや瀬戸大橋が

キレイに見えます。

 

 

防波堤内や水路との接続部分には 流木やゴミなどが

溜まっていて、泥水のような色のところもありましたが

430号から見る瀬戸内海は穏やかでした。

 


 

 

数件のお宅を廻り、飛来物による被害や

水害の無いことを確認していきました。

 

やはり、下水管がオーバーフローに近くなり

トイレが流れにくかったり、建物周囲の桝(マス)の蓋が浮きかけていた。

という報告も頂きました。

 

こういった場合、あらかじめ最終の接続下水枡の蓋を開けておくなどに

対策をしておくことで対処できます。

 

雨水枡の蓋などは 浮いたり外したモノが無くなったりしないように

注意頂く事と、まれに 蓋を外した桝に足を取られ(特に夜)

怪我したりすることもあるので 要注意です。

 

 

玉野市内で 床下浸水があったというご連絡を頂き駆けつけました。

 

今回は 海水では無かったそうですが

山側からの雨水と近隣用水のオーバーで、道路面より約50cm程度

水に浸かったそうです。

 

 

その痕跡が 基礎換気口のステンレスメッシュに見て取れます。

 


 

境界のブロックには 到達した水位を記す跡が見えます。

 

 


 

 

もう少しで 玄関ドアから浸水するところまで来たそうです。

 

床下の点検口から撮影です。

ここにも 基礎立ち上がりに 水位を示すものが・・・・。

 

 


 

当時はベタ基礎ではなく 布基礎で 「スミクール」という

袋詰めの住宅用備長炭を基礎の中一面に敷き詰めていました。

 

市役所から 消毒の為回ってくれると思いますが

同時に 「基礎換気口」から 扇風機などでしっかり送風し続けて

基礎内の湿気を早めに除去してもらいます。

 

スミクール事態も 送風することで

含んだ水分を蒸散させます。

 

近所の排水用ポンプは新設され

住民の期待を負っていたのですが

残念ながら 昨日はうまく作動しなかったようです。

(・・・ポンプ設置場所を通ってみると 業者を含め

大勢の人々が修理&見学? していました。)

 

 

 

今回の18号では 実質的な被害は殆ど無かったようですが

(今回は満潮と強風が重なりましたが、海からの風でなく

山側から海に向かって吹いたそうで、浸水被害が少なかったと言われていました。)

 

天災が少ないと言われる山陽地方 特に岡山でも

これからの 気象変動には 十分な注意が必要だと思います。

 

床上浸水や けが人が出なくて良かったと思う本日の

パトロールでした。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/09/18 - 17:32 |
2017-06-29

これからの季節、新築の完成見学会や

総合住宅展示場などに 皆さんが行かれる際

どうしても素足で出かけてしまう方が

いらっしゃいます。



夏なので気持ちは十分理解できるのですが

やはり  汗・油などによる

フローリングの汚れに繋がってしまします。



当社でもベテランのお客様(たくさん見学会に来て下さる方)や

OB施主さんなどは 靴下を履いて来るか

わざわざ持参してくださいます。



逆にスリッパを出してしまうと 場合によってはスリッパの底に

砂が噛んだり、フロアとの「擦れ」によって

キズになる場合があるので コスミック・ガーデン完成見学会では

控えさせて頂いています。



冬場ももちろんスリッパはお出ししません。



床暖房が無くても、タイルの床でも

冷たくないのを実感して頂いたり

無垢フローリングの感触(樹種の違いや、表面仕上げの違いなど)を

覚えて頂きたいためです。



大手住宅メーカーさんの展示場でも

スリッパではなく靴下で

寒暖や感触を確認してみて下さい。



スリッパ無、ソックス有が お客様の為にも

会場をお貸し下さった施主さんに対する礼儀としても

展示場で管理するスタッフに対する心遣いとしても良いかと思います。



特に お子様連れの場合 夏場ソックスを嫌がったり

サンダル履きで出かけたい気持ちは理解できますが

親御さんのお心遣いに期待するしかありません。



特に お住まいになられているお宅を見学される際には

素足は控えて頂けたらと思います。



この手の話しは 注意書きもしにくい上

面と向かって来場者にも言い難いモノです。



ネットの書き込みにも あまりこのような注意喚起は

見かけないので あえてこの場で

書かせて頂きました。。。。

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/06/29 - 09:30 |
2017-05-12

 

ゴールデンウィークも終わりましたが

1年の中で一番と言っていいくらい

過ごしやすい季節になりましたね。

 

そんな季節だからこそ 厄介なこいつらがやって来ます。

「白蟻(しろあり)」です。

 

これからの季節(と言うか、GW前から活動が活発化)という

こともあり、TV・ラジオでも シロアリ駆除業者さんの

CMがこの時期 集中的に放送されます。

 

 

 

ちなみに、下の写真は 白蟻が食い散らかした

断熱材です。

 

「アメリカカンザイシロアリ」のような

乾燥材を好む種でない

「ヤマトシロアリ」 「イエシロアリ」でも

自身で微量の水分を運搬するので

何千・何万匹いる現場では結構な水分量になって

元気に活動してしまいます。

 

 

 


 

 

構造用合板もこの有様。

 


 

 

叩いてみると こんな感じに小さく陥没する木材も

有りました。

 


 

 

この写真が 一般的なシロアリです。

まだ羽根が付いている姿です。

 

こんなのが大量に飛来して 一斉に羽根を落とし

一晩で姿を消します。

地面にもぐった証拠です。

 

「シロアリ」の画像検索結果
 

普通のクロアリとかでも羽根アリが居ますが

比べると微妙に違います。

 

因みに 一般的なシロアリ2種の姿がこれです。

 

「シロアリ」の画像検索結果
 

 

 

「シロアリ」と言いますが 生物学的には 「アリ」ではなく

皆さんの大嫌いな「ゴキブリ」に非常に近く 濃い親戚のような

立ち位置です。

 

頭と胴体とお腹の 「割合」というか感じが違うのが

解ってもらえると思います。

 

 

「黒あり 画像」の画像検索結果
 

数年前から コスミック・ガーデンの家では

化学薬品系の防蟻処理と併用する形で

「ホウ酸塩」を処理しています。

 

処理直後に雨などで流されない限り

半永久的に防蟻と防腐の効果が続きます。

 

 

以前の仕様のOB施主さんには

再防蟻工事のご案内をしています。

 

コスミック・ガーデンの家以外の方は

床下からの噴霧や 木材への注入など 様々な工法で

被害に遭う前の処理を業者さんに依頼されるのを

お勧めします。

 

 

ある意味伝染病的に 近隣に被害が移動することもあり

近隣のお宅で被害が出ても 知らない事が殆どです。

 

意外に皆さんのすぐ近くで被害が発生していて

ご自身のお宅にも危険が迫っているかも知れません。

 

 

本当の被害が出た場合 数十万の出費では

済まないのです。

 

この季節だからこそ シロアリネタをアップしてみました。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/05/12 - 18:28 |
2017-04-24

お引き渡し後、実際のお引っ越しまで少々タイムラグが

あった施主さん宅に アフター兼雑用でお邪魔した時の事。

 

家族の一員として 「ウサギ」 が居ると聞いていましたが

今回初対面です。

 

 

リビングの結構は面積を占有しています。

今回、うさちゃんについて様々な

知識を仕入れることが出来ました。

 

知らないことだらけで びっくりした事が沢山ありました。

気温や湿度に敏感で 環境の変化にも

繊細に反応するようです。

 

そんな うさちゃんの為に

「温湿度計」をゲージ近くにセットしているのですが

「快適」を表わす ニコニコマークが常時表示されています。

 


 

以前のお住まいでは 中々この環境を維持するのが

難しかったらしく コスミック・ガーデンの家になってからは

普通にこの状態です。

 

 

じっとしている印象しかないうさちゃんですが

おやつの袋の音に素早く反応したり

鼻がぴくぴくが無くなると

眼が空いていても寝ているとか・・・

 

反応がかわいくて 見入ってしまいました。

 

 

 

 

もう一つ、ホーローパネルを使ってる

キッチンに 「タカラ アクセサリー」の一つ

「フキンカケ(MGDFH)」です。

 

お玉や鍋かえしなど

ぶら下げる専用品が同社にも用意されていますが

この「フキンカケ」を流用して

バー2本に「クリップ」を取り付けることで

写真の様に 8~10本程度引っかける事が

加納になります。

 

 


 


 

チョットしたアイデアで、流用したモノが

更に使いやすくなった一例です。

 

それぞれのご家庭によって

奥様の家事のやり方によって

何が良いのかは変わりますが、一つの参考にしてみて下さいね。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/04/24 - 14:06 |
2017-02-20

今回の総社市で開催された、完成見学会は

久々のフリー(予約不要)という事もあり

両日とも大盛況でした。

(日曜日は午前中のみ)



あまりの混雑ぶりに しっかりとお話しできなかった

方々も居て 大変失礼しました。m(__)m





そんな中、OB施主さんの娘さん 「Uちゃん(小学2年)」が

スタッフにこんなプレゼントを届けてくれました。




手作りのカップケーキです。

私は直接手渡しいただき 終了後の疲労した「脳」のためにも

美味しくいただきました。



Yちゃん。ありがとうね。







また、見学会場の提供を頂いた施主の T様のお子様からも

この様な 「作品」をプレゼントして頂きました。



新しいマイホームの中で幸せそうな家族の

絵です。



その中に 山田さんが居るのも

お子さんから見た「山田のおじさん」の

好印象が伺えます。



「おうちを ありがとう」というコスミックのイメージカラーの

「黄色」で書かれた言葉にほっこりします。












また、この日あるOB施主さんの奥様が働いている

飲食店に食事をしに行ったときこんな話を聞くことが出来ました。



「我が家にプロパンガスを入れてくれている業者の人が

この家って コスミック・ガーデンですよね。

ラジオを聞いてるんですが 良いですよねコスミックの家。

僕も建てれるなら建てたいです。」



と言ってくれている様です。



施主さんから聞く この様な話し。

又聞きで聴く良いうわさ話。



非常にうれしく 帰社したら スタッフみんなで

情報共有しながら モチベーションを上げています。

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/02/20 - 13:28 |
2017-02-03

 

昨日のブログの補足です。

 

個人情報云々というところで 少し補足します。

業界の新聞(情報誌)で 各都道府県板と言うのが

ありますが、公示される内容には

電話番号や生年月日は含まれません。

 

施主名・住宅か借家か・建築地・施主住所・工法(木造・枠組み壁工法2×4・

鉄骨・コンクリートなど)・延床面積・建設会社(もしくは設計事務所)が

発表されます。

これらを基に DM発送されるようです。

 

新聞の「お悔やみ欄」に載ると 業者の営業攻勢が

凄いです。(経験済み)

これと同じ感覚。

 

 

電話番号・生年月日・住所氏名があると

個人情報として お金に係る内容を触ることが可能になるかも知れない

のですが、そこまで開示していないので とりあえずは安心していいかなと。。。。

 

 

 

 

話しは変わって 今日は節分です。

 

最近は 豆まきをする家庭が減っているそうです。

「大声を出すのが恥ずかしい。」

「後始末が大変。」

 

等の理由だそうです。

 

 

もし豆まきをされたら、自分の歳の数だけ拾った豆を

白い紙などに巻いて 枕元に置き

一晩寝た後に 頂くようにしてください。

 

願い事をしても良いそうです。

 

同じ やるなら 縁起を担ぐというか、効果が有ると言われる方が

いいのではないかと思います。

 

 

ご参考までに・・・。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/02/03 - 12:04 |
2017-01-30

先週末は 土日二日間とも

社長はじめ、営業系スタッフは 軽いパニック状態の

バタバタでした。



土曜日は、KG情報出版さん主催の

セミナーを依頼された 藤井社長が午前中講演。



午後から バスを使っての実邸見学。

会場は その前の週末に 見学会を開催した倉敷市片島町のN様邸。



KGセミナー参加者さんに合流する形で

数組の当社のお客様も増えたので 現地は大忙し。





同日、私も朝一に 職方を連れての倉敷市内のOB施主さん宅のリフォームの下見。






その後、岡山市北区内のOB施主さん宅の

室内ドア交換に大工さんと一緒に伺うというスケジュール。





因みに ウッドワンジュピーノ(現 ピノアース)交換。




住宅密集地で、北側玄関、東西・南 も隣家が

接近しており それほど日当たりの良い条件では無いのですが

築5年足らずで これくらい日焼けします。








向かって 左が新品。

写真以上に 現物は日焼け具合の「差」は歴然でした。






午後からは、OB施主宅に 現在検討中の方々を

個別見学です。



施主さんの 生の声と 1月末なのに 無暖房で過ごせている(この日の午後は・・・)

住環境を体感して頂きました。



これらは、あくまで個別でスケジュール調整を行っているモノで

ホームページ内で案内・告知したり

DMでご案内することは有りません。



お茶を頂きながら、約2時間 色んなエピソードを

聴いて頂きました。







そのあと 山陽自動車道を使い

一路 笠岡インター下車からの

井原市内のお客様宅で打ち合わせ。



最近は お客様宅にお伺いすることは殆ど無く

ご自宅での打ち合わせは珍しい状況ですが、小さなお子様も居るので

遅くならないうちに撤収。



それでも 外はすっかり真っ暗です。









明けて 日曜日午前中は、定期開催の「なんでもゼミ」があります。



いつもお隣の ビデオダビングの「瀬戸内イメージ」様の

ご厚意で駐車スペースをお借りしながらですが

今回は 裏のスタッフ用スペースもご覧の通り。





私と藤井社長の車以外のスタッフのクルマは、ちょっと遠くのとある場所に移動させておきました。





会場となる2階打合せルームも

満員で 人の熱気でむんむんした感じでした。



熱心な質問を投げかけて下さる方、

既に過去他社さんで建築されているものの

「コスミック・ガーデンのファン」 と言って下さり

参加された方などなど。



有料セミナーでありながら、「本当の話し・裏話」が

聞ける場所として 認知して頂けて参加者が増えて行ってるのを実感しています。





午後から 私は2件の打ち合わせでしたが

社長とスタッフ岡本・山田・白石は 倉敷の見学会会場に移動です。



予定時間に大きく遅れて来られる方もいらして

少々困惑でしたが、何とか 無事に終了です。



寒い週末 3連チャンの見学会&セミナーでしたので

藤井社長はじめ みんな ぐったり グロッキーです・・・。



でも、コスミック・ガーデンに 聞きたい。教えてほしい。

観たい。体感したい。 と言って頂ける方が

こんなにも多くなっていることに 喜びと感謝です。





ただ、会社の規模やスタッフや協力業者さんたちのキャパシティの

コトもあります。



既にかなりのお客様が商談しながら

長い時間お待ち頂いたり、図面や見積書作成に時間がかかって

申し訳なく お詫びするしかない 方々も大勢いらっしゃって

心苦しい状況です。



これから家づくりを始める方は

しっかり正しい情報収集と

ご家族全員で いろんな事を体感・確認しながら

焦らず 慌てず 腰を据えて 取り組んでくださいと

お願いしておきます。





なんだか 忙しいことの言い訳ブログになってしまいましたが

定員の関係で 見学を受付る事が出来無かった皆様にも

お詫びとともに 今後も懲りずにエントリーして頂くよう宜しくお願い致します。





結構ハードだった 1月も明日で終わりです・・・・。

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/01/30 - 18:45 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp