家づくりのウラ・オモテ

現場にて の一覧

2017-03-03

 

昨日のブログに ちょっとだけ補足。

 

「上棟際」は 強制されて行うモノではありません。

 

地鎮祭と同じく それぞれの信仰する宗教などによっても

考え方は色々です。

 

上棟際と言う形でなくても、記念品や食事を

用意して頂く形で お祝いしたこともあります。

 

また、工期や施主さんの御都合もあるので

何が何でも開催しなければ!というのは間違いだと思います。

昨日のブログで誤解が有ってはいけないので。。。

 

補足はここまで。

 

 

 

 

・・・・と言うことで、

引き渡し後、20年近く経過するOB施主さん宅の

改装工事を行いました。

 

岡山市中区の現場です。

 

当時は全体的に建物が大きく(45坪以上が殆ど)

無垢材の床や室内ドア(ユダ木工製)を多用していました。

(現在の工事中写真なので、埃が舞っていますが。)

 


 

 

階段手すりに至っては、このようなデザイン格子手摺が

多く採用されていました。

 


 

この巻いた手摺。ウチワでは「でんでんむし」と呼ばれています。

 

サッシもまだ、「アルミ樹脂複合サッシ」も

無く ペアガラス自体が珍しかったころ、空気層12mm厚 ペアガラスサッシ

内外アルミ製ながら 熱伝導を遮断した 「サーマルブレイク構造」が

羨望だった 「トステム(現リクシル) サーマルⅡ」を

標準採用していました。

 

 


 

外部の断熱材は当時から 現場吹付の発泡ウレタン30倍でした。

 

コレが90年代終盤にはすでに

岡山県内で建築されていたという事実

 

いまでも暖かいと仰って下さる施主さん。

 

2017年の今現在でも、この性能に遠く及ばない

新築物件が多数建てられてしまっています。

 

 

 

今回の改修工事の内容は、「珪藻土」塗り壁の撤去やり替えです。

 

当時、「サメジマコーポレーション」製の珪藻土を

採用していました。

 

他社ものと比較して 「ボンド」の含有量が非常に少なく

左官職人の腕を求めますが、本来の珪藻土の

「調湿」「脱臭」などの効果を妨げないというのが

採用の理由でした。

 

ただボンドが少ないという事は

それだけ 塗りの技術力を求められ、

また木材などの収縮に追従しにくく

「割れ」「剥がれ」が発生しやすいので

販売量が伸び悩んだとか。。。。

 

よって 現在は一般的な製品と同じく

施工しやすく、クレームになり難い商品となり

コスミック・ガーデンが求めるものと

かい離した為 ここ10年以上 「珪藻土」の採用が無いという状況となりました。

 

 


 

 

また コスミック・ガーデンは和風が出来ない。

和室が苦手じゃないか と 世間でも思われている節が

有りますが、以前は

「和室二間続き」

「書院造」

「欄間付の縁側」

などなど沢山造ってきました。

 

 

「天袋」「違い棚」「地袋」「落とし掛け」・・・

枠組み壁工法(2×4工法)とは思えない

「和」な雰囲気も出しています。

 


 

 

家づくりの中心世代である 30代から40代の方々の

需要が少なく コストダウンする方法として

和室を簡略化しています。

 

少し寂しいですが、仕方ありませんね。

 


 

 

珪藻土の塗り壁(厚さは3~4mm程度)を

かき落とし、高質なクロス張りに変更する予定です。

 


 

珪藻土の粉で家中 真っ白けですが

本格和室の雰囲気をさらに引き上げる仕上がりになると思います。

 

2期工事も控えています。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2017/03/03 - 20:25 |
2016-10-16

 

久しぶりに 半日以上現場で作業です。

職人不足もありますが、特に専門的な技術が不要ながら

非常に手間を取る作業が発生したため、

比較的 身軽に動けるスタッフが 足場の上を行ったり来たり。

 

新型陶生外壁をはめ込むための アルミレールの固定ビスの入れ替えと

それに伴う テーパー施工を3名 (20代・40代・50代) で

頑張ります。

私以外は 朝からずっと作業してくれていました。

 

 

 

人海戦術で進めるのが 早いのはよくわかっているのですが

皆のスケジュールを調整するのも結構大変なんです。

 


 

普段使わない筋肉を使っているようで

体中のあちこちにきています。

 

 

さわやかで過ごしやすい気候なのに

みんな 汗だくです。

 

奥で 細かい作業をやっているのは

普段は 肉体労働とは縁遠い IT系の岡本ですが

電動工具に興味を持ったらしく テキパキとイキイキと作業に集中です。

 

 


 

皿ビスなので 頭部分があまり飛び出さないように

一旦ビスを抜いて➡鉄鋼用ドリルで穴にテーパー付け➡再度ビスの留め付け

と言う作業を 役割分担して進めていきます。

 

 

この間も 外壁の取付を 頑張る職人さんは

微調整を繰り返しながら 職人の厳しい目で割り付けてくれています。

 

 

 

みんな 体に堪えていた 作業でしたが

この日は 夜8時までコンベックス岡山で

「dada」さんという 建材・工具の商社さんのイベント・商談会が

あり、顔を出してきました。

 

 

たいていのイベントが 16時か17時に終わるのに対し

仕事終わりの 現場の職人さんたちに来てもらおうと

20時過ぎまで 開場して頑張っていました。

 

 


 

会場の中で、カップラーメンをスコップですくう という

イベントがあり、ハードな作業をこなしたばかりの

岡本がたくさんすくって大漁でした。

 

 

彼は陶生外壁を加工する際に

都合のよいサイズの 電動工具や カッター(のこぎり)の

「刃」 をメーカーの担当者に聞いて回ったり

本当に仕事熱心です。

 

社内でも一番守備範囲を広く持たされていると思います。

それらを いやな顔をせず 楽しそうにこなしているところには

尊敬の念すら覚えます。

 

あまり褒めすぎてもなんですが、屋内も屋外も

ソフトもハードも 何でもやって コスミック・ガーデンのスタッフなので

無理しない程度で がっばってほしいと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/10/16 - 13:35 |
2016-09-03

毎年の事ですが、台風のシーズン到来です。

 

全国の建築業者は、この時期「足場の養生」に

追われます。

 

近隣への 防音や端材・塗料などの飛散防止に

鋼管足場には ネットと共に会社のロゴや 連絡先を書いた

イメージシートが張られます。

 

コレが 強風でバタついたり、その音が大きく

夜など近隣への非情な迷惑となったり、

最悪、強風を受けて 足場の倒壊など

重大な事故への繋がります。

 

TVのニュースや、衝撃映像的な番組でも

流れますが ビル用の巨大な足場が倒れ

人や近隣建物、クルマなどを押しつぶしてしまうというものです。

(2階建て住宅用ではそれほどの大被害は考えにくいですが。)

 

 

 


 

最近の当社は、足場を組んだままの工事中物件が

多数あり、現場監督だけでは

対処しきれないと言うことで

我々、営業スタッフも 久々に足場の上で作業となります。

 

多少不慣れもあって、最初手間取りましたが

硬い体を何とか使って 足場を昇ったり下りたり。。。。

足場階段が無いところは 腕力と足掛けでよじ登るしかありません。

 

 


 

空模様や風の吹き方を見ると

今夜から来そうですが、ここまでやって

台風がそれて 「青空快晴」 は結構 堪えます。

 

勿論被害が無いのが一番なので、「備えあれば 憂いなし」で

良いコトなんですが・・・。

 

 

 

とにかく、全国で 甚大な被害ももたらしている

今年の台風群。

 

今週末から週明けまでが

要注意です。

 

皆様も しっかり台風に備えて下さいませ。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/09/03 - 14:53 |
2016-04-22

 

出来上がってしまうと見えなくなる部分の

比較です。

 

先ずは、電気配線工事です。

コスミック・ガーデンの現場です。

 

西本電業さんの仕事です。

 


 

外部からの引き込みから、取り回し 並べ方、曲げ、留め 細部にわたって

職人らしい仕事ぶりです。

 

 


 

勿論 ボードなどを張ってしまうと見えなくなってしまいますが

例えば 住み始めてから 中国電力さんや NTTさん、家電量販店の方などが

工事に入った時、このように整然と配線されていれば

プロが見れば どこがどうなっているのか一目瞭然に

判断できます。

 

また、同じ職人なら 負けないように、見劣りしないように

いい仕事して帰ろう。 と考えるはずです。

 

実際過去にも 後から入った 電気関係の職人さんが

「こんなにキレイは配線初めて見た。

いい仕事されてますね。」

と言ってくれたと OB施主さんから 言葉を頂いたことも

多数あります。

 

 

 

その逆。  名前は言えませんが

他社工務店さんの現場です。

 

 


 

言ってしまえば、これが世間一般での普通かも知れません。

 

細かい施主さんのチェックが頻繁に入ったり たまたまいい職人さんに当たれば

もう少し綺麗な配線工事になるのかも知れませんが。。。

 

 


 

やはり、将来何かの工事に入った時や

トラブルが起きた際、原因ヶ所の特定に時間がかかったり

最悪は 釘やビスによる 配線の傷つけで起こる

ショートや漏電。

 

煩雑な仕上がりだと あり得る話です。

 

 

 

綺麗で整然とした配線の仕上がりに プライドを持つ西本電業さんの場合

他の工務店や メーカーに入った時に

ある監督さんが、

「見えんところに時間をかけずに早く仕上げて!」

と言われ それからもう二度とそこの仕事は請けないそうです。

 

 

 

 

 

 

・・・・・もう一つ。

 

今回の熊本地震ネタに近いかも知れませんが。

古いブロック塀の倒壊が非常に多く報告されているようです。

 

殆どが道路方向に倒れ 車だけでなく人の通行の妨げにも

なっているようです。

災害救助の邪魔にもなります。

 

 

高さのあるブロック塀の場合

実際に死傷者も出ており ほとんどが根元から

パタンと倒れた感じです。

 

 

皆さんの廻りにも、写真のようなブロック塀を見かけませんか?

 

「無筋」と呼ばれる 鉄筋が入っていないものや

あっても少なすぎたり、工事自体がテキトーな場合

比較的新しくても 倒れてしまいます。

 

 

大きなクラック(ひび割れ)が有ったり。

 


 

 

一部 剥離していたり、中の鉄筋が錆びて膨張していたり。

 


 

 

「透かしブロック(通気ブロックとも呼ばれる)」 と呼ばれるものだと

鉄筋自体が回らないので、弱く このように座屈することも

珍しくありません。

 

まして 塀の最上段にこの「透かしブロック」が

一列に並んでいたりすると もう「違反」のレベルです。

 

昔は何事も おおらかすぎる時代もあって

お客さんが望めば 業者もフツーにやってしまっています。

 


 

とにかくこのような ブロック塀が近くにある場合

普段から気を付けるのは勿論、地震の時などは

絶対に近づかないでください。

 

子供が触っただけで 倒れてくる可能性だってあります。

 

 

 

 

現在は きちんとした業者なら

基礎ベースの場合 基礎モルタルを流した後

横筋を折り曲げて 立て筋と緊結します。

 

ピッチは800mm間隔は最低です。

 

既存の土留めにタッピングアンカーを打ち込む場合

ピッチは 400㎜。 ブロック1個分の幅です。

 


 

 


 

 

チョット解りずらいですが、ブロック2個間隔で800mm間隔の鉄筋が

見えます。

 

 

建築基準法では 一般的なブロックの場合

6段(高さ1.2m)までなら 鉄筋を入れて

積むことが出来ますが、それを超える高さになると

「バックレスト(控え壁)」 を塀に対して直角に建て

鉄筋を回さなければいけません。

 

 

全国には 30年以上経過した

いつ倒れても不思議でない 古いブロック塀が

沢山あります。

 

気を付けるのは もちろん 新しくブロック塀を

工事する場合も 配筋の仕方をしっかり

確認しておいてくださいね。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/04/22 - 20:00 |
2016-03-29

 

少し間が空きましたが、打合せルームのリフォームは

そこそこ順調に進んでいます。

 

クロスも レーヨンや紙クロス(和紙系)など

馴れないと張りにくい部類のモノですが

キレイに 仕上げてくれています。

 


 

 

 

勿論 クロスの糊には 「コスミック・パウダー」が

混入しているので、ここに花粉症の方などが

入室されると 多少は心地よく感じて頂けると

思います。

 


 

ツーバイ材で ごっつい本棚が造り付けで

出来ています。

 


 

 

フロアはカーペットの予定です。

 


 

 


 

もう少しで 使えるようになります。

今しばらくの お時間を・・・・。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/03/29 - 16:12 |
2016-03-08

 

現在、当社が入居している

建物は2階と3階が アパートとなっています。

 

今回、少し縁あって 2階の1室を使うことが出来る様に

なったので、打合せルームとして リフォーム中です。

 

 


 

2LDKの間仕切りを撤去。

キッチンも撤去。

 


 

 

 

このビルは 大手住宅メーカーで鉄骨系の

「Tホーム」さんの 建築したモノです。

 

それなりに築年数が経過しているとはいえ

給排水のトラブル(主に水漏れ)や

1階なのに雨漏り(床や基礎面から雨水の進入)が

あり、多くの持病を抱えています。

 

水漏れで、和室のラミ天井がシミと変形を

起こしています。

 


 

細かいところで、マークが付く施工箇所が

散見できます。

 

不動産業者(仲介)さんは、親切に対応してくださるのですが

クレームに工事としての対応が全くないのが

設計施工したTホームさん。

 

オーナーさんも 各室入居者さんも

半分あきらめムードな感じです。

 

 

打合せルームとはいえ、コスミックガーデンが

手を入れるのであれば、後々 初歩的なマイナートラブルを

起こさないように先手を打った形にしておきます。

 

 


 

 

邪魔な壁や設備を どかして

便器も新調予定です。

 


 

実働している 現場の合間に大工さんたちに

入ってもらっているので

完成・オープンの日程はまだ

はっきりしていませんが、 工事の進捗状況は

おいおい ブログでご報告していきます。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/03/08 - 15:11 |
2016-01-26

1月の16日(土)・17日(日) の二日間

岡山市南区福富中と北区平野(庭瀬駅南側)の

2会場で 完成見学会を開催させて頂きました。





結構、気温も下がり 建物内のほんわかした

暖かさや、人数が居るときには

1・2階共にエアコンをストップしている状況を

確認して頂ける良い機会でした。






一般的な見学会では 設備や間取りを中心に

見学される方が多いのですが、コスミックの会場では

それらはもちろんの事、温度差・匂い・空気感・遮音性能など

一味違った 部分に感心をお寄せ下さる方がいらっしゃるのも

特徴の一つです。






ウィンターガーデンの広さや、輸入クロスのや

各居室のカラーコーディネートにも

沢山のお褒めの言葉を頂きました。












ホームページの画面や、雑誌の写真だけを観ると

「派手で、個性が強すぎて コスミックの家は 私にはちょっと・・・・。」

と 思って来たけれど、実物を見ると全く

「違和感が無く、気にならない。 むしろ、真っ白の部屋の方が不自然な感じがしますね。」

と おっしゃってくださるお客様も沢山いらっしゃいました。












それから1週間後の先週末

1月23日(土)・24日(日) の二日間は

倉敷市連島にて、構造見学会を 開催です。



G2 という ほぼ北海道レベルの 高気密・高断熱仕様です。



YKK APW430 トリプルガラス樹脂サッシや

厚吹きのウレタン断熱などの仕様です。






今年 最強の 寒波襲来時でしたが

ここまで工事が進むと、十分な暖かさを体感できます。








初日は 石油ストーブを使った事もあり、

来場者の方も、スタッフも 汗を拭きふきお話ししたくらいです。












前日にストーブを撤去した 2日目。



朝の建物内 約18℃

ほんわか暖かく、ダウンジャケットは不要です。



ちなみに この日の、私の自宅は 5℃を下回り

台所の水道の蛇口から 軽くシャーベット状のモノが出てきたくらいです。



こうなると、家の中なのに白い息が出ます。








岡本さんが Iphone   に装着の サーモカメラで

建物内をチェックしていきます。



非接触式(レーザー式) 温度計でも

各所の温度をピンポイントで 計測です。






30倍発泡の 硬質ウレタンと

水発泡・ノンフロン系と言われる 100倍発泡ウレタンとの

違いや、樹脂サッシの細かいところもご説明しています。








この現場には、ビルシュタイン製の 制震ダンパー 「エヴォルツ」 も

設置されており、 構造体も含めて

非常に耐震性能が高い。という事も

解り易い会場です。




ご来場いただいたみなさんが、お帰りの際

玄関ドアを開けたとたん 外の寒さに驚かれていたのが

印象的でした。





夏場の構造見学会は、少々解り難い高気密・高断熱性能ですが

冬場は今回の様に 誰でも体感できて ご納得しやすい時期だと思います。



2週連続の 完成(2会場同時)&構造見学会で

スタッフみんなが少々 お疲れ気味になってしまいましたが

今の季節だからの イベントでしたので

その手ごたえを実感しています。



今回 お越し頂けなかった 方も次回開催には

是非 ご体感ください。



ご来場いただいた皆様。

会場の提供をしてくださった 施主さんの皆様方

ご協力ありがとうございました。

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/01/26 - 15:17 |
2015-11-25

 

少し前のブログに書いた、HM(ハウスメーカー)の

リフォーム工事が ほぼ完了となりました。

 

いくつかの写真を ビフォア― ・ アフター 式に

ご覧いただきます。

 

 

キッチンの床を フローリングから。

 


 

フロアタイルに変更。

 


 

今迄もキレイに使われていましたが

これからは、汚れに強く 掃除や手入れが楽になります。

 

 

キッチンの柱の模様替え。

ビニールクロス張り。

 


 

高級クロス張り。

キッチン側は アスベールのようなパネル貼りなので

残りの2面を変えました。

 


 

白っぽいインテリアには インパクト大です。

光の当たり具合で 表情が変わります。

 


 

 

 

ココからは 仕上がりの写真です。

 

このお宅のHMの建物は、外壁の内側は

クロスを張ったりできない仕様で、

個室内でも外壁になる壁は どうしても模様替えが出来ません。

 

窓の付く壁面は、外壁のパネルなので

手つかずですが、それ以外は一気に質感向上しました。

 


 

カーペット敷きから、幅広のフローリング張りに変更もしています。

 


 

 

和室も フチなしの琉球畳タイプに入れ替えです。

 


 

玄関ホールの照明器具も交換し、

玄関ホール正面の壁面は

本物の刺繍を施した、布クロスを施工しました。

薄い紫の色合いが 高級な風合いを伝えます。

 


 


 

 

 

 

今回は、職種が多くならなくて済んだ

工事内容だったので、比較的 早く 予想外の事もなく

しっかりと工事できました。

 

一般的な 量産クロスや ビニールクロスからの

リフォームなので、目先だけでない 本質的な高級感が

実感できます。

 

施主さんは勿論、私も監督も満足のいく仕上がりになりました。

 

もうちょっと 残工事がありますので

追っかけながら 完成したいと思います。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2015/11/25 - 18:34 |
2015-11-11

 

新築工事の合間を縫って

倉敷市内で、あるハウスメーカーの建物をリフォーム中です。

 

当時モノの、カーペット敷きの階段や廊下を

フローリング仕様に変更します。

 

先ずは 既存のカーペットをひっぺがすところです。

このカーペットは、裏地の仕様や 貼り方、使用していたボンドの

状態で ひっぺがす作業のやり易さが大きく変わります。

 


 

下階への音の対策も兼用する為でしょうが

2階の寝室等の居室の床がカーペットという

建物があります。

 

薄いカーペットの下には、フェルトと呼ばれる

再生リサイクル品(衣服等の生地や綿のカタマリ)の厚手の

シートを先張りする仕様も多く見受けられます。

 


 

 

ハウスメーカー 特に鉄骨系の商品は

何事にも制限が多く、木造のようにはいきません。

 

電気配線工事一つとっても、配線の取り回しが出来るエリアが

狭かったり、隠ぺい配線の場合、ピンポイントの

隙間を狙って電線を送らなければならない等、結構大変です。

 

 

大手ハウスメーカーの中では、

「Mホーム」

「Pホーム」

「Dハウス」

の各社が 特にやりにくい。と 職人さんたちの間では

常識のようです。

 

 

 

 


 

 

このお宅でも、もともとの電気工事の業者さんが

非常に苦労された形跡が伺えます。

 

パッと見、「こんな事して大丈夫なんかな?」

という仕事もありましたが、「確かにこうするしかなかったんだろうなあ・・・。」

と 西本電業さんと納得。。。

 


 

最近は クランプのような専用パーツや治具が

ありますが、この当時は とにかく直結&ビニールテープ巻をしまくっています。

 

 

西本電業さんと 河原大工さんが

コツコツと地味な仕事をこなしています。

 

 


 

事前に 現場を退去してくださり、

家具・家電類も 1~2か所にキレイにまとめて頂いてるので

作業がしやすい 現場で非常に助かっています。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2015/11/11 - 17:45 |
2015-07-16

 

私がコスミックガーデンに 入社して初めての

施主さんとなってくださった I様邸。

 

2000年の春にお引渡しさせて頂きました。

 

 


 

当時まだまだ小さかった お子様も 巣立っていき

ご夫妻だけのお住まいとなっています。

 

 

 

もうそろそろ と言うことでシロアリ業者が 床下にもぐって

点検をしましたが 特に問題も被害も発生していないとの報告が

ありました。

 

 

それでも、ここからの 安全性と安心の為

再防蟻工事を行いました。

 


 

床下にもぐる為には 和室の有るお宅では

畳を上げて 点検口を解放します。

 


 

 

せっかくなので、床下の断熱材(当時は 旭化成 サニーライトを採用)、

床根太や土台、ツーバイフォー専用の釘類の状況もチェックしました。

 


 

全く 腐蝕 変色なども無く

換気口からの しっかりした通気(写真奥に見えるのが換気口)によって

涼しく乾燥した感じを体感することが出来ました。

 

 

当時の お宅では ベタ基礎でないかわりに

重量にして約2トン以上の 床下用木炭 「炭クール」 を

敷き詰めていました。

 

地面からの湿気対策や 木材や釘などに

好影響を与えることが 実証されています。

 


 

最新のコスミック・ガーデンの家では

炭が無い代わりに ベタ基礎やその仕様に

特殊な処理をすることで、炭を大量に敷き詰めるのと

同等以上の効果を発揮しています。

 

 

 

このI様邸が 建ったことで その後そのエリアで

ドンドン連鎖して 施工物件が増えた きっかけになったお客様だし、

そのご家族(ご両親とご姉弟の2世帯住宅)のお宅も

建てさせて頂いたうえ、現在も仕事上の

取り引きもさせて頂いてる 重要な施主さんです。

 

 

今以上に、無名で コスミック・ガーデンの認知度が低い

15年以上前に ご決断頂いた I 様。

 

これからも ずっとずっと快適にお住い頂けるよう

フォローしていきたいと思います。

 

 

コスミック・ガーデンに置いて 私の第一号受注の

お客様宅にて 感じたことでした。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2015/07/16 - 12:14 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp